【マンションのリノベーション】火災対策はどうする?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【マンションのリノベーション】火災対策はどうする?」についてです。

寒くなってきて、空気が乾燥していることもあり、近日、火災のニュースをよく目にします。
特に暖房器具などを使うことが多い、冬の時期は火災が増加する可能性が高いです。
火災から住宅を守るためには、火災対策が必要です。
最近は、新築マンションを購入するよりも、中古マンションを購入してリノベーションする方が、少ない予算で希望の立地や間取り、デザインのマイホームを手に入れることができるということから、最近は中古マンションのリノベーションを行なう人が増えています。
そこで今回は、マンションのリノベーションで行なうべき「火災対策」について、ご紹介したいと思います。

【中古マンション購入時には火災に強いマンションを選ぼう】

これから、中古マンションを購入してリノベーションを行なう場合には、火災に強いマンションを選ぶことも大切です。
基本的に、RC造や鉄骨造のマンションは、火災に強いです。
ただし、建物が密集したエリアの場合は、隣の物件からの飛び火などの可能性があります。
できるだけ、隣の建物との間に、空間があることが望ましいですが、都心部などでは、建物が密集している場合が多いです。
隣の建物と、5メートル以上空いているのが望ましいですね。
中古マンション購入時には、ぜひチェックしてみてください。

【リノベーションでできる火災対策のポイント】

次に、リノベーショでできる火災対策のポイントについて3つ、ご紹介したいと思います。

■防炎・耐火性能のある内装材を選ぶ

まず1つ目は、火災に強い内装材を選ぶということです。
リノベーションは、自分好みの内装材を選べることも魅力の1つですよね。
もちろん、デザイン面も大切ですが、耐火性や防炎性などの機能面もチェックしていただきたいと思います。
火災に強い材料を選ぶことは、住宅の火災対策に繋がりますよ。

■火災警報器の設置

2つ目は、火災警報器の設置です。
住宅用火災警報器の設置は、2004年より義務付けられています。
そのため、2004年以降に建てられたマンションには、火災警報器が設置されています。
しかし、それ以前に建てられたマンションの場合、火災警報器が設置されていない場合があるのです。
火災警報器が設置されていないマンションの場合は、設置することによって、火災に強くなると言えます。
ただし、火災警報器を新設する場合、設置場所は市町村の条例等によって異なりますので、事前に確認が必要です。

■緊急時の避難経路を確保する

3つ目は、緊急時の避難経路を確保するということです。
火災の際に、避難経路となる、玄関やバルコニーの避難ハッチへの動線を考えて間取りを決める必要があります。
また、間仕切り壁の移動や、部屋の増設など、間取りを変更する場合は、火災警報器の増設や移設が必要になることもあります。
このような場合には、条例や管理規約の確認が必要になりますので注意しましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「【マンションのリノベーション】火災対策はどうする?」についてでした。
今回ご紹介したように、中古マンションをリノベーションする際には、火災対策を行なうのがオススメです。
中古マンションのリノベーションをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、マンションのリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
——————————————————

リフォーム・リノベーション・実家リノベーション お任せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です