【リフォームor建て替え】どうやって決めたらいいの?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【リフォームor建て替え】どうやって決めたらいいの?」についてです。

現在の住宅が老朽化していたり、ライフスタイルの変化で暮らしにくくなっていたりすると、リフォームをするか建て替えをするか悩むこともありますよね。
もちろん、それぞれのご家庭の環境や家の状態によって、どちらが適切であるかは異なります。

そこで今回は、リフォームか建て替えかを決める際の判断基準について、ご紹介したいと思います。

【法的な制約が無いか確認しましょう】

まず、リフォームや建て替えを行う際に確認しておきたいことが、法律や条例などの制約がないかということです。
住んでいる場所によっては、土地に規制がかかっていて、希望通りのリフォームや建て替えが行えない可能性があります。
土地を購入した頃とは、法律や条例が変わっていることもありますので、初めに確認しておくのが安心です。

【耐震性に問題はないか】

次に、住宅の耐震性能についても知っておく必要があります。
実は昔と今では、国の耐震基準が変わっているのです。
1981年(昭和56年)以前に建てられた住宅の場合、耐震性に問題があることが多いのです。
そのため、1981年以前に建てられて耐震性に問題がある住宅の場合、安全性を考えれば、リフォームよりも建て替えがいいということもあります。
ただし、耐震性を向上させるリフォームもありますし、1981年以降に建てられた住宅でも、土地の沈下や軟化によって耐震性に問題が生じていることもありますので、一概に建てられた年だけでリフォームか建て替えかを決めることはできません。

【予算や工事期間は】


リフォームと建て替えでは、必要な費用も工事にかかる期間も異なります。
基本的には、リフォームの方が建て替えに比べて安く、工事期間も短いことが多いです。
そのため、できるだけ短い期間で費用を抑えたいという方はリフォームを選ばれる方がいいでしょう。
ただし、住宅の状況によっては建て替えが必要になる場合もありますので、まずは業者に相談されることをオススメします。

【あと何年、そこで生活する予定か】


現在の住宅をリフォームするのか、建て替えるのかは、この先何年その家で暮らす予定かということもポイントの1つとなってきます。
例えば、あと10年程度しか住む予定はないという場合はリフォームで解決できることも多いでしょう。
しかし、この先30年以上、子どもたちの世帯も住み続けるというような予定であれば、建て替えが安心かもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「【リフォームor建て替え】どうやって決めたらいいの?」についてでした。
今回ご紹介したように、リフォームか建て替えか、一概にどちらが良いと判断することはできません。
ご自宅の状況や、ご家族のライフスタイル等に合わせて考えていくことが大切です。
しかし、中には専門的な知識が必要になることもありますので、早めにリフォーム業者に相談されることをオススメします。

プロに意見を聞きながら、あなたの住宅にはリフォームが適しているのか、それとも建て替えが良いのかを判断するのが安心です。
私たち、ドゥクラフト土肥家具でも、リフォームか建て替えかに関するご相談を承っております。
お気軽に、ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です