【豆知識】外構づくりで悩む目隠しフェンスの選び方

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「目隠しフェンスの選び方」についてです。
自宅の玄関の向きや窓の位置などによっては、道路や近隣の住宅に面しているなど、外からの視線が気になるということもありますよね。日当たりを重視して建てた家も、実際に生活していると外からの視線が気になるということもあると思います。そこで今回は、外からの視線が気になる方必見の、目隠しフェンスについてご紹介したいと思います。

外構フェンス

外構づくりで悩む目隠しフェンスの選び方x

目隠しフェンスとは

目隠しフェンスとは名前の通り、外からのの視線をカットするためのフェンスです。一般的なフェンスよりも高さがあり、1.8m以上で設置することが多いです。フェンスを単独で設置したり、ブロック塀の上に設置する場合もあります。

目隠しフェンスと一般的なフェンスの違いとは

基本的に、フェンスは境界ラインを示す目的で設置されることが多く、1mほどの高さである場合が多いです。ブロック塀の上にメッシュフェンスを設置したものが多いです。メッシュフェンスでは目隠しの役割を果たすことはできません。

目隠しフェンスの高さはどのくらい?

目隠しフェンスは約1.8m~2mであることが多いです。フェンスの高さが高すぎると、圧迫感がでてしまいます。2m以上の高さが必要な場合は、庭に木を植えて、木の高さで目隠しをするという方法もあります。4mや5mなどの高いフェンスは個人宅で設置することはほとんどないですし、高すぎると強風で倒れるといった危険もありますので、オススメできません。

目隠しフェンスの選び方

目隠しフェンスは設置する場所や目的によって選び方も異なります。また住宅の雰囲気によって、フェンスのデザインや素材選びをするのが良いでしょう。目隠しフェンスを設置することで、「風通しや日当たりが悪くなるのでは?」と心配される方も多いですが、風通しや日当たりも考慮した目隠しフェンスもたくさんあります。

例えば、ルーバータイプや板塀など隙間の少ない目隠しフェンスも選ぶことで、外からの目隠し効果もありながら、風も通すことができます。また、すりガラスのような雰囲気のポリカタイプの目隠しフェンスを設置すれば、外からの視線をカットしながら自然の光を取り入れることもできます。

目隠しフェンスを選ぶ時は、まず、設置する位置を決め、設置したい場所に応じたフェンスの高さを決め、デザインや用途に応じたフェンスの素材を決めるという流れが一般的でしょう。さらに予算などとすり合わせながら納得できるフェンスを設置することをオススメします。なかなか一般の人には選択が難しいこともありますので、外構業者やリフォーム業者などに、希望を伝え相談しながら決めていくことをオススメします。

今回のテーマは「外構づくりで悩む目隠しフェンスの選び方」についてでした。
目隠しフェンスと一言で言っても設置する目的、設置する場所、住宅のデザインなどによって、様々なものがあります。自分でDIYを行い、目隠しフェンスを設置される方もいますが、背の高い目隠しフェンスは風などにより倒れる危険もあるため、基礎がしっかりしている必要があります。目隠しフェンスが倒れ、通行人などが下敷きになるなどということは絶対にあってはいけません。目隠しフェンスは安全性を考慮し、外構業者やリフォーム業者などに依頼することをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です