お風呂をリフォームでガラス張りにするメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「お風呂をリフォームでガラス張りにするメリット・デメリット」についてです。

ガラス張りの浴室は、ラグジュアリーなホテルやデザイナーズマンションで見かけることがありますよね。
お風呂リフォームで、ガラス張りの浴室にしたいと希望される方も最近増えています。
そこで今回は、お風呂をリフォームでガラス張りにするメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【浴室をガラス張りにするメリット】

まずは、浴室をガラス張りにするメリットについて、ご紹介したいと思います。

■開放感を感じられる

浴室をガラス張りにすることで、開放感を感じることができるというメリットがあります。
旅行先の温泉や銭湯などで広いお風呂に入ると、開放感があり自宅のお風呂よりもリラックスすることができますよね?
自宅の浴室は、温泉や銭湯ほど広くすることは難しいですが、壁でなくガラス張りにすることで通常の浴室よりも開放的になり、視覚的にも広く感じるため、開放感のある浴室にされたい方にはオススメです。

■オシャレな浴室になる

高級ホテルやリゾートホテル、デザイーナーズマンションなどで採用されていることも多いガラス張りの浴室は、とてもスタイリッシュでオシャレです。
浴室はどうしても生活感のでやすい場所になりますが、ガラス張りのお風呂にすることで、生活感のないオシャレな空間に変化させることができますね。

【浴室をガラス張りにするデメリット】

次に、浴室をガラス張りにするデメリットについて、ご紹介します。

■視線が気になる

やはり、今まで通常の浴室に慣れている方の場合、最初は他の部屋や脱衣所からの視線が気になるという方も多いです。
浴室の外からの視線が気になることで、リラックスできないという人もいるようです。
また、娘さんがいらっしゃる家庭では、年頃になるとガラス張りの浴室を嫌がるということもあるようです。
また、来客の多いご家庭には不向きかもしれませんね。
外からの視線が気になる場合は、パーテーションやカーテンなどで隠せる仕様にしておいたり、曇りガラスを採用するといった方法もあります。

■掃除が大変になる

ガラス張りの浴室は、掃除がとても大変です。
どうしてもガラスに水垢がついてしまったり、浴室内の汚れが外からでも見やすくなったりしますので、常に浴室全体を綺麗に保っておく必要があります。
しかし、綺麗が浴室を保つきっかけになるとも言えますね。

【まとめ】

今回のテーマは「お風呂をリフォームでガラス張りにするメリット・デメリット」についてでした。
「前面ガラス張りにするのには抵抗がある」「視線が気になるのや掃除が大変なのは嫌だけど開放感は感じたい」というような方は、浴室のドアのみをガラスにするという方法もあります。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも浴室リフォームを承っております。
まずはお気軽に、ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です