キッチンリフォームで失敗しやすいポイントとは?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「キッチンリフォームで失敗しやすいポイントとは?」についてです。

「キッチン設備が故障した」
「キッチン収納が足りない」
「キッチンが古くて使い勝手が悪い」

上記のようなお悩みで、キッチンリフォームを検討されている方も多いでしょう。
キッチンリフォームは、リフォームの中でも人気があります。
その一方で、キッチンリフォームは、トイレや浴室などのリフォームに比べ選択肢が多く、悩む人も多いです。
また、選択肢が多いということは、選択を間違えれば、失敗してしまう可能性もあるということなのです。
そこで今回は、キッチンリフォームで失敗しやすいポイントについて、ご紹介したいと思います。

【ポイント1:キッチンの高さ】

キッチンで作業しやすい高さというのは、人によって異なります。
なぜなら、それぞれ身長が異なるからです。
キッチンの高さが身長と合っていないと、料理をしている時に首や腰が痛くなってしまうことがあります。
料理しやすいキッチンの高さは、料理をする人の身長÷2+5cmが目安になります。
もし、料理をする時に厚手のスリッパを履いたり、厚手のキッチンマットを敷いたりする場合には、その厚さも考慮するといいですよ。

【ポイント2:通路の幅】

対面キッチンや、アイランドキッチンの場合、料理をしている人の背面通路が狭すぎると、他の家族が通れなかったり、ぶつかってしまったりします。
対面キッチンやアイランドキッチンの場合、背面に冷蔵庫や食器棚を置くことも多いです。
一人で料理をする場合は、通路幅は90cm〜110cmが理想でしょう。
もし、夫婦ふたりで料理をしたり、子供と一緒に料理をするということが多い場合には、120cm以上の通路幅を確保したほうが良いでしょう。
ただし、通路幅を広くすることで、ダイニングのスペースが狭くなってしまうこともあるので、そういったことも考慮したうえで、通路幅を決めてくださいね。

【ポイント3:調理スペースの広さ】

シンクやコンロのスペースはしっかりととってあるのに、調理スペースが狭くなってしまっているということが、よくあります。
料理を手際よく行うには、調理スペースの広さはとても大切です。
最低でも50cmは確保しておくのが、良いでしょう。
キッチンに、コーヒーメーカーやケトルなどキッチン家電を置く予定の方は、それらを置くスペースも確保しておいてくださいね。
その場合は、コンセントの設置も忘れずに行いましょう。

【ポイント4:収納の量】

キッチン収納が足りない!という声をよく耳にします。
キッチンリフォームの失敗の中でも、多いのが収納の量が足りなかったということです。
キッチンでは、鍋やフライパンのキッチン用品以外にも、常備食や調味料など様々なものを収納します。
収納が少なければ、キッチンに物が溢れ、片付けにくくなるのです。
キッチン収納は、吊戸棚やパントリーを設置して増やすこともできますので、検討されてみるのがよいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「キッチンリフォームで失敗しやすいポイントとは?」についてでした。
キッチンリフォームで失敗しやすいポイントを知っておくことで、失敗を未然に防ぐことができますよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、キッチンリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です