リノベーションに不向きな中古マンションとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リノベーションに不向きな中古マンションとは」についてです。

最近は、中古マンションがよく売れているそうです。
なぜなら、あえて新築マンションではなく中古マンションを購入し、自分好みにリノベーションするという方が増えているからです。
低価格で状態の良い中古物件が増えているというのも、理由の一つでしょう。
しかし、全ての中古マンションで、理想通りのリノベーションが行えるというわけではありません。
中には、リノベーションに不向きな中古マンションもあるのです。
では、リノベーションを行うために中古マンションを購入する場合、どのようなことに気をつけてマンション選びを行えばよいのでしょうか。
今回は、リノベーションに不向きな中古マンションについて、ご紹介したいと思います。

【1981年より前に建てられたマンションには注意】

中古マンションを選ぶ時、できるだけ安く購入したいと思いますよね。
築年数が古ければ、価格が安くなる場合が多いですが、1981年以前に建てられたマンションには注意が必要です。
なぜなら、1981年以前のマンションは、旧耐震基準で建てられているため、現在の耐震基準とは異なります。
そのため、耐震補強工事の必要が出てくるのです。
いくら安く中古マンションを購入しても、耐震補強工事にお金がかかってしまっては意味がありませんよね。
1981年以降に建てられたマンションであっても、きちんと耐震等級を確認しておくことが重要です。
耐震等級は、全部で3段階で、数字が大きければ大きいほど、耐震性能に優れているということになります。

【マンションの構造に注目!壁式構造はリノベーションに不向き】

中古マンションのリノベーションを行う場合、マンションの構造も確認しておきましょう。
壁式構造は、壁で支える構造になっていますので、大きな間取りの変更ができない場合があります。
必要のない壁を除き、大きな空間を作るというような場合には、壁式構造ではなく、ラーメン構造のマンションを選ぶようにするといいですよ。
さらに、キッチンやお風呂、トイレなどの水回りの場所を移動させる場合は、給水管の位置なども関係してきますので、その点も事前に確認しておきましょう。

【管理規約で制約がないか事前に確認しておこう】

基本的に、マンションでは「管理規約」が定められています。
管理規約とは、簡単にいうと、そのマンションごとのルールです。
この管理規約の内容には、リフォームやリノベーションに関する内容が含まれていることも多いです。
管理規約で、自分が行いたいリノベーションが認められているかどうかを、事前に確認しておく必要があります。

【まとめ】

今回のテーマは「リノベーションに不向きな中古マンションとは」についてでした。
中古マンションを購入し、リノベーションを行うことは様々な面でメリットも多く、人気がありますが、ポイントを知っていないことで、結果的に理想通りのリノベーションが行えない可能性もあります。
中古マンションを購入し、リノベーションを検討しているという方は、今回ご紹介したポイントを参考に、リノベーションに適した中古マンション選びを行われてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、中古マンションのリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です