リフォームでできる!断熱工事について

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームでできる!断熱工事について」についてです。

夏の暑い季節や、冬の寒い時期になると、室内の温度を調整するために、エアコンや暖房器具を使用するというご家庭も多いですよね。
暑い時期はなかなか部屋が冷えず、冷房の設定温度が低くなったり、一日中つけっぱなしになったりということもあるでしょう。
冬の寒い時期も、同じように暖房器具をつけっぱなしにしているご家庭も多いでしょう。
そうなると、一年を通して光熱費が高くなる時期が多く、経済的にも負担となりますよね。
住宅の断熱工事を行うことで、夏は涼しく冬は暖かい家にすることが可能です。
建て替えなどを行わなくても、リフォームで断熱工事を行うことができます。
そこで今回は、断熱リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【断熱リフォームの種類】

断熱リフォームと一言で言っても、どのような工事を行うのかは、それぞれのご家庭や予算によって異なります。
ここでは、大きく分けて2つの断熱リフォームの種類を、ご紹介したいと思います。

■断熱材を入れる工事

住宅の断熱効果を高める重要なアイテムが、断熱材です。
その断熱材を、床や壁、天上に入れることで、住宅の断熱効果を高めることができます。
断熱材を入れる工事の中でも、構造の中(内壁と外壁の間)に入れる「充填断熱」と、外壁を断熱材で囲む「外張断熱」に分けることができます。
一般家庭では、「充填断熱」の方がコストが低く、工期も短いため、「充填断熱」が採用されることが多いです。

■窓に断熱ガラスを入れる工事

どれだけ暖房や冷房を効かせていても、窓の近くは寒かったり暑かったりしますよね?
その理由は、ガラスは、壁や屋根に比べると断熱性能が低いからです。
特に、大きな窓があったり、窓の数が多かったりすると、外の冷気や熱気が入ってきやすくなります。
そこで、窓に断熱ガラスを入れることで、住宅の断熱効果を高めることができるのです。
断熱ガラスには、ペアガラスや、金属膜でコーティングしたものなどがあります。
壁や床、天上に断熱材を入れる工事に比べ、手軽に変更することができるため、早く断熱したいという場合には、まず窓を断熱ガラスに変える工事から行ってみるといいかもしれませんね。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームでできる!断熱工事について」についてでした。
住宅の断熱工事を行うことで、冷暖房の効率が良くなり、光熱費の節約になります。
また、室内と廊下の気温差が少くなるというメリットもありますよ。
自宅の断熱リフォームをご検討中の方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、断熱リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です