リフォームで老後も暮らしやすい家にしよう!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームで老後も暮らしやすい家にしよう!」についてです。

定年退職をし、子どもたちも家から巣立っていくと、現在の暮らしとは全く異なる生活になりますよね。
そうなると、現在の住宅では不自由だと感じる点も出てきます。
しかし思い出の詰まった我が家ですから、終の棲家にしたいと思っている方が多いでしょう。
そこでオススメなのが、老後も暮らしやすい家にするためのリフォームです。
今回は、老後にむけたリフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【バリアフリーを意識したリフォーム】


まず、老後に向けたリフォームでのポイントは、バリアフリーということです。
年を重ねると、どうしても足腰の筋力が弱ってきます。
小さな段差でもつまづきやすくなるということもあります。
高齢者の自宅内での事故が多いのもそういった理由からです。
老後でも安全に暮らしやすい住宅にするために、部屋と廊下や玄関の段差をなくしたり、様々な場所に手すりをつけたりすることも大切です。
完全にバリアフリーにするのは難しくても、必要な部分やできる範囲でバリアフリーを意識したリフォームを行うことをオススメします。

【夫婦それぞれの空間を作る】

定年退職し、子どもも巣立った後は夫婦2人の時間が長くなりますよね。
もちろん長い間、苦楽を共にしたパートナーで大切な存在ではありますが、ずっと同じ空間で過ごしていると息が詰まることもあるでしょう。
また、老後も自分らしく生き生きと過ごしたいと思っている方も多いです。
そこで大切なのが、夫婦それぞれのプライベート空間を作るということです。
互いに趣味の部屋やリラックスする部屋を用意しておくというのは、最後まで仲の良い夫婦でいられる秘訣かもしれませんね。

【減築リフォームもオススメ】

老後に向けたリフォームでは、減築リフォームというのもオススメです。
減築リフォームとは、現在の住宅から不要な部屋を減らし住宅の面積を小さくするリフォームのことです。
減築リフォームは耐震性や防犯性の向上にも繋がります。
さらに減築リフォームを行い、必要な空間をまとめることでムダな移動をする必要がなくなり、老後でも過ごしやすい住宅になるのです。
年を重ねると、夜中にトイレに行くために何度も目覚めるということも増えますよね。
減築リフォームで寝室とトイレを近くしておくことで、夜中のトイレのストレスを軽減することもできますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームで老後も暮らしやすい家にしよう!」についてでした。
最期の時まで自分たちらしく、生き生きと暮らすために、老後に向けたリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
「こんなことをしてみたいけど、できるのかしら?」
「いくらぐらい費用が必要なの?」
上記のような疑問がある場合は、私達ドゥクラフト土肥家具まで、お気軽にご相談ください。
それぞれのご家族のライフスタイルやご希望に応じたリフォーム内容をご提案させていただきます。
ぜひ一度、お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です