中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてです。

結婚や出産を機にマイホームを購入される方も多いですよね。

一昔前までは、マイホームと言えば新築!という方が多かったですが、最近は、あえて中古住宅を購入してリノベーションをされる方も増えています。

そこで今回は中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リノベーションとは?】

中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットをご紹介する前に、

「リノベーションという言葉は聞いたことがあるけれど、あまりよく知らない」

「リフォームとはどう違うの?」

といった方のために、まずはリノベーションについてご紹介したいと思います。

リノベーションとは、既存の建物に対して、性能を向上させたり、価値を高めたりするための工事を行うことをいいます。

上記のような説明だと、リフォームとの違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

リフォームは原状回復のための修繕が基本です。経年劣化しているものを新築の状態に戻すという考え方になります。

それに比べてリノベーションは、間取りや内装など様々な部分を、これから住む人に合わせて作り変え、住宅の機能や価値を新築以上にすることをいいます。

リフォームが「元に戻す」と考えるのであれば、リノベーションは「作り変える」というイメージになります。

リノベーションは既存の住宅にプラスαで新たな価値や機能を向上させることができますので、近年人気となっています。

【中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット】

では次に、中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

■メリット

まず、中古マンションをリノベーションする場合のメリットには以下のようなものがあります。

・マイホーム購入費用を安く抑えることができる

・新築マンションに比べ、中古マンションの物件数が多いため選択肢が増える

・近隣住民の雰囲気などを購入前に知ることができる

・新築以上に自分好みに設備や内装にこだわることができる

■デメリット

次に、中古マンションをリノベーションする場合のデメリットは以下のようなものがあります。

・玄関のドアや窓などの共有部分に関しては変更することができない

・住宅ローンにリノベーション費用を入れることができない

・マンションによっては、管理規約や構造が原因で希望通りのリノベーションができない場合がある

・1981年以前に建てられたマンションの場合、耐震性が弱い可能性がある

【まとめ】

今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてでした。

中古マンションのリノベーションにはメリットもデメリットも存在しますが、リノベーションに適した中古マンション選びを行うことで、デメリットを減らすことができます。

中古マンションのリノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です