増税前のリフォームをお考えの方必見!消費税8%でリフォームできる期限とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「増税前のリフォームをお考えの方必見!消費税8%でリフォームできる期限とは」についてです。

2019年10月1日から、消費税が10%に引き上げられることは、多くの人がご存知でしょう。
もちろん、リフォームにも消費税はかかりますので、リフォームを検討中の方はできるだけ消費税が8%のうちにやっておきたい!と思っているのではないでしょうか。
そこで今回は、いつまでに契約を行えば現状の消費税である8%でリフォームを行うことができるのか、その期限についてご紹介したいと思います。

【増税無しでリフォームできる条件2点】

リフォーム工事は、支払い価格が高額になることも多いですので、消費税の増税は大きな影響がありますよね。
増税無しの8%でリフォームするためには、下記の条件2点のうち、どちらかを満たす必要があります。

■工事請負契約を2019年3月31日までに結ぶ

まず1つ目の条件として、増税される日の6ヶ月前である2019年3月13日までに、工事請負契約を結んでいれば、引き渡しが2019年10月1日以降になっても増税前の消費税である8%が適用されます。
基本的にリフォーム工事は工事が完了し、引き渡し日の消費税率が適用されることになっています。
ただし、経過措置というものが設けられているのです。
その経過措置の内容に、上記の「増税される日の6ヶ月前である2019年3月13日までに、工事請負契約を結んでいる」という条件がありますので、2019年3月13日までに工事請負契約を結んでいれば、引き渡し日が2019年10月1日以降になっても増税前の消費税である8%が適用されるのです。
大規模なリフォームの場合、天候などによって工期が予定より延長されることもありますので、2019年3月13日までに工事請負契約を結んでおくと安心ですね。

■引き渡しを2019年9月30日までに完了させる

前述の通り、基本的にはリフォーム工事完了後、引き渡し日の消費税率が適用されますので、契約日に関わらず2019年9月30日までに引き渡しが完了すれば消費税8%でリフォームすることができます。
ただし、追加工事や悪天候などの理由で予定通りに工事が完了するとは限りませんので、ギリギリの計画には注意が必要です。
必ず消費税が8%のうちに、リフォームを終えたいという場合は、早めに計画をたて、ゆとりをもって工事に取り組むようにすることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「増税前のリフォームをお考えの方必見!消費税8%でリフォームできる期限とは」についてでした。
リフォームをご検討中の方は、増税前がオススメです!
ただし、今回ご紹介したように消費税8%でリフォームを行うには2つの条件のうちの、どちらか1つを満たしている必要があります。
まずは、検討中のリフォームが増税前に行えるかどうかについて、リフォーム業者に相談されるのがいいでしょう。
私たち広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リフォームに関するご相談を承っております。
まずはお気軽に、お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です