大地震の際、ブロック塀は危険?安全確認のポイントとは

【大阪北部地震について】

2018年6月18日の早朝に起きました大阪北部地震において、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

ーーーー

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「大地震の際、ブロック塀は危険?安全確認のポイントとは」についてです。

2018年6月18日の早朝に起きた大阪北部地震で、大阪府高槻市の小学校に通う小学4年生(9歳)の女の子が、登校中に学校のブロック塀が崩れ下敷きになり亡くなるという痛ましい事故がありました。

さらに、同じく大阪北部地震で、小学校に通う児童の登校を見守る「見守り隊」を行っていた80歳の男性も地震で倒壊した民家のブロック塀の下敷きになって亡くなりました。

これらの悲しい事故が起きてしまったことにより、ブロック塀の安全性が取り沙汰されています。

日本は地震大国です。いつ、どの地域で大きい地震が来てもおかしくないと言われています。もう二度と同じ事故が起きないためにも、今回はブロック塀の安全性についてご紹介したいと思います。

【ブロック塀の耐用年数とは】

ブロック塀は古い民家の塀などでも、多く使用されていますが、実際ブロック塀の耐用年数はどのくらいなのでしょうか。

実はブロック塀の耐用年数は約30年と言われていますが、これはあくまでも目安であり、ブロックの品質や建てられ方、建ててある場所によっても大きく異なります。

ブロック内の鉄筋が錆びたり、腐食してしまうと台風や地震などで倒れやすくなりますので、建ててから15年以上経過しているブロック塀は一度、専門家に見てもらうことをオススメします。

【ブロック塀の安全性をチェックするポイント】

ここではブロック塀の安全性をチェックするポイントをご紹介したいと思います。
自宅のブロック塀の安全性を確認する際の参考にしてみてください。

■鉄筋コンクリート製の基礎があるかどうか

ブロック塀はブロックを積み重ねるだけでなく、内部に塀を補強するための鉄筋が配置されています。しかし、今回の大阪北部地震で犠牲になった9歳の女の子が通う小学校のブロック塀には、この鉄筋が入っていなかったと言われています。実際にこういった建築基準法に違反して建てられているブロック塀も存在しますので、自宅のブロック塀にきちんと鉄筋コンクリート製の基礎があるかどうかをチェックしておきましょう。

また、基礎に使用されている鉄筋が適切に配置されているかどうかや、鉄筋が基礎に適切に差し込まれているかなどもブロック塀の安全を確認するうえで重要なポイントです。

■控え壁は設置されているか

控え壁とは塀が台風や地震などで倒れないようにするための補強壁のようなもので、ブロック塀の高さがまたは1.6mを超え、横の長さが3.4m以上の場合は、長さ方向3.4m以内ごとに控え壁を設置し安全対策を取る必要があります。

大阪北部地震でブロック塀が倒壊した小学校では、控え壁も設置されていなかったそうです。

■ひび割れやグラつきがないかどうか

ブロック塀は経年劣化によって、ひび割れや傾き、グラつきなどが起きる場合があります。

ひび割れや傾き、グラつきなどが起きているブロック塀は放置していると大変危険ですので、早めにリフォームされることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「大地震の際、ブロック塀は危険?安全確認のポイントとは」についてでした。古いブロック塀や、劣化がおきているブロック塀は、地震や台風などで倒れてしまう危険があります。

今回の大阪北部地震のような悲しい事故がおこらないためにも、また自分自身の命を守るためにも、この機会に自宅のブロック塀の安全性の見直しをされてみてはいかがでしょうか。

自宅のブロック塀に不安を感じた場合は早めにリフォームを行なうことをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です