屋根の素材によっても異なる!屋根リフォームのタイミング

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「屋根の素材によっても異なる!屋根リフォームのタイミング」についてです。

普段、あなたは自分の家の屋根を見ることがありますか?
ほとんどの人が「無い」と答えるでしょう。
通常の生活をしていれば、屋根の状態を見る機会というのは、ほとんどありませんが、屋根は住宅を雨や風、紫外線などから守っている重要な部分です。
そのため、定期的なメンテナンスが必要になってきます。
屋根のメンテナンスやリフォームのタイミングは、屋根に使用している素材によっても異なります。
今回は、屋根の素材ごとのリフォームのタイミングや、屋根リフォームの種類について、ご紹介したいと思います。

【屋根の素材によって異なるリフォームのタイミング】

■瓦

瓦屋根は、屋根の素材の中でも寿命が長いと言われています。
メンテナンスやリフォームのタイミングは、約30年〜35年です。
年数だけでなく、瓦のズレや割れ、変色などがあればリフォームを行う方がいいでしょう。

■ストレート

ストレート屋根の場合は、約10年で一度目のメンテナンスを行うのがいいでしょう。
劣化がひどくない場合は、塗装工事だけでOKですし、20年以上経過していたり、劣化がひどい場合は、葺き替え工事やカバー工法などのリフォームが必要になってきます。
その他にも、塗料の剥がれやカビ・コケの発生、ヒビ割れや変色があればメンテナンスのタイミングと言えます。

■金属

金属屋根も、約10年を目安にメンテナンスを行う方がいいでしょう。
ストレート屋根と同じように、劣化がひどい場合は葺き替え工事やカバー工法などのリフォームが必要になってきます。
また、サビや釘抜け、素材の浮きや塗料の剥がれ、変色などがあればメンテナンスのタイミングだと思ってください。

【屋根リフォームの種類】

屋根のリフォームには、素材や劣化の状況によって下記のように様々な工事の種類があります。

・葺き替え工事
・カバー工法
・雨樋工事
・塗装工事
・板金工事
・漆喰工事

これらは、工事の種類によって、費用も異なってくるのです。
長い間、メンテナンスを行わず、劣化がひどくなってしまった場合は、大きな工事が必要になり、費用も高くなることが多いですので、なるべく定期的に屋根のチェックやメンテナンスを行うのがいいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「屋根の素材によっても異なる!屋根リフォームのタイミング」についてでした。
屋根は普段あまり目にすることがないので、劣化に気づきにくい場所ですが、住宅にとっては重要な部分となりますので、定期的に屋根リフォームを行うことをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、屋根リフォームを承っております。
まずはお気軽に、ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です