階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?」についてです。

突然ですが、あなたの自宅や実家の階段に手すりはついていますか?
階段に手すりがついていない!という場合は、できるだけ早めに手すりを取り付けることをオススメします。
今回は、階段に手すりをつける必要性について、ご紹介したいと思います。

【階段に手すりは必要!その理由とは】


まずは、階段に手すりが必要かどうかということですが、結論から言うと階段に手すりは必要です!
ここでは階段に手すりが必要な理由について3つご紹介したいと思います。

■安全性の向上・転倒防止

まず第一に、階段に手すりを設置することで、安全性が向上します。
階段でのつまづきや転倒によって、大怪我に繋がることもあるのです。
階段に手すりを設置することで、転倒防止に繋がりますし、つまづいてしまっても手すりにつかまることで大きな事故には繋がりにくくなります。

■介護サポート


自宅での介護が必要になった場合や、足腰が衰えていると階段の上り下りには負担がかかります。
身体状態によっても異なりますが、階段に手すりがあることで自分で上り下りが可能になる場合もあります。
また、介護をサポートする家族やヘルパーさんにとっても、階段に手すりがあることで補助の負担を減らすことができるのです。

■建築基準法

建築基準法では、床から1m以上の階段に手すりを設置しなければいけないと定められています。
建築基準法から考えても、階段に手すりは必要であると言えますね。

【階段に手すりを設置するリフォームはDIYできる?】

階段に手すりを設置するリフォームはDIYでも不可能ではありませんが、業者に任せる方が安心です。
その理由は、手すりには体重の重みがかかりますので、きちんと間柱に固定できていないと大変危険です。
不意に手すりが外れてしまうようなことがあれば、大事故に繋がりかねません。
きちんと業者に依頼することで、適切な高さや角度、間柱の位置など、安全性をきちんと考慮して手すりを設置してもらうことが可能です。
業者に依頼することは、「手間がかからない」「早い」「安全」などたくさんのメリットがありますよ。

【手すり設置のリフォームは介護保険制度も利用できる】

階段に手すりを設置するリフォームを業者に依頼した場合、階段の形状などによっても異なりますが約4万円〜10万円程度の費用が必要になります。
ただし、手すりの設置リフォームには、介護保険制度も利用できるのです。
要介護・要支援認定を受けている場合は、上限20万円までで収入に応じて1〜3割の自己負担で階段に手すりを設置することが可能です。
また、要支援認定を受けていない場合でも自治体によっては助成金を利用できる場合があります。
ご自身が利用できる制度がないか、ケアマネージャーやお住まいの自治体に、一度確認してみることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?」についてでした。
自宅の階段に手すりが無いという場合は、できるだけ早めに手すりの設置リフォームを行うことをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも手すり設置に関するご相談を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です