雨漏りしてからでは遅い!屋根のリフォームやメンテナンス

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「雨漏りしてからでは遅い!屋根のリフォームやメンテナンス」についてです。

戸建て住宅を所有している方は、定期的に屋根のリフォームやメンテナンスが必要です。
「雨漏りしてないから大丈夫」と考えている方も多いですが、雨漏りしてからでは遅すぎます!
屋根は、住宅を雨風から守る大切な役割をしています。
しかし、普段生活していて、ほとんど目にすることのない場所ですので、あまり気にしていないという人が多いのです。
大切な住宅で長く快適に生活するためには、屋根のリフォームやメンテナンスが欠かせません。
そこで今回は、屋根のリフォームやメンテナンスについて、ご紹介したいと思います。

【屋根リフォームやメンテナンスのタイミング】

屋根リフォームやメンテナンスは、約10年が目安だと言われています。
しかし、実際には、日当たりや屋根の形、屋根材の種類などによっても、屋根リフォームやメンテナンスのタイミングは異なってくるのです。
下記のような現象が起きていれば、屋根リフォームやメンテナンスのタイミングだと言えます。
特に、数字が大きくなればなるほど、劣化が進んでいるため注意が必要です。

1.新築時には合った塗装のツヤが無くなってきている
2.新築時に比べ、色が薄くなっている
3.手で触ると、白い粉が手につく(チョーキング現象)
4.カビやコケが発生して屋根の一部が変色している
5.塗料が剥がれて、下地が見えている

屋根の状態をチェックし、上記のような現象があれば、一度リフォーム業者など専門家に確認してもらうことをオススメします。

【屋根リフォームの種類】

屋根リフォームと一言で言っても、屋根の状態や種類によって、リフォームやメンテナンスの方法は異なります
ここでは、一般的な屋根リフォームの種類について、ご紹介したいと思います。

■補修工事・部分交換

こまめに屋根を点検していて、早めに屋根のダメージに気づいた場合は、ダメージのある部分のみを交換したり補修したりすることができます。費用も比較的、安く抑えることができますよ。

■塗装工事

ストレート屋根や金属屋根の防水機能や耐久性を維持するためには、塗装工事を定期的(目安は10年)に行う方がいいでしょう。
屋根材が破損していたり、劣化がひどい場合は、塗装工事ができないこともありますので早めの点検がオススメです。

■重ね葺き工事(カバー工法)

塗装工事では回復できないほど劣化している場合や、耐用年数が過ぎた屋根には、カバー工法と言って現状の屋根の上から新しい屋根を被せる工事を行います。
下地の劣化がない屋根や、軽い素材の屋根に向いている工法です。

■葺き替え工事

葺き替え工事は、現状の屋根を全て取り除き、防水シートや下地まで全てのリフォームを行うことです。
屋根のダメージが大きい場合は、葺き替え工事を行うこともあります。
葺き替え工事は、費用が高額になるというデメリットもあります。

【まとめ】

今回のテーマは「雨漏りしてからでは遅い!屋根のリフォームやメンテナンス」についてでした。
今回ご紹介したように、屋根hが住宅を守る大切な部分になりますので、定期的なリフォームやメンテナンスを心がけるようにしてください。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、屋根リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です