押入れをクローゼットに!リフォームのメリットやポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「押入れをクローゼットに!リフォームのメリットやポイント」についてです。

自宅の押入れが、なんだか使いにくい・・・

そう感じたことはありませんか?

最近では、使いにくい押し入れを、クローゼットにリフォームされる方も増えています。

今回は、押し入れをクローゼットにリフォームするメリットやポイントについて、ご紹介したいと思います。

【押し入れをクローゼットにリフォームするメリット】

まず初めに、押し入れをクローゼットにリフォームすることで、どのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

押入れが使いづらいと感じる理由の多くは、「奥行きがありすぎること」と「仕切りが少ないこと」ではないでしょうか。

そもそも押入れは、和室に設置されていることが多く、布団を収納できるように奥行きが広くなっています。

しかし、現在は和室を利用する人が減っていたり、布団ではなくベッドを使用している人が多いことから、押入れが使いづらいと感じる方が増えているようです。

押入れには、奥行きがありすぎることで、奥に収納したものが取り出しにくかったり、仕切りが少ないことで、押し入れの中がグチャグチャになってしまいやすいといったデメリットがあります。

そこで、押入れをクローゼットにリフォームすることで、洋服や小物の収納がしやすくなり、取り出しやすくもなるといったメリットがあります。

【押し入れをクローゼットにリフォームする時のポイント】

次に、押し入れをクローゼットにリフォームする時に気をつけたいポイントについて、ご紹介したいと思います。

■床の補強

押入れの床は、薄いベニヤ板のみが張っていて、下地がきちんと組まれていない場合も多いです。

布団を収納する程度では問題ありませんが、クローゼットして洋服や荷物を収納していくと、床が重さに耐えきれず抜けてしまう可能性もあります。

そのため、場合によっては押入れをクローゼットにリフォームする際に、床の補強工事も行う必要があります。

床の補強工事について、必要かどうかはリフォーム業者に相談するようにしてください。

戸建て住宅で床材の補強工事を行う場合は床下にシロアリの被害がでていなかも一緒に見てもらうと安心ですね。

■結露防止のために断熱材

押し入れがカビや結露で傷んでいる場合があります。

押し入れやクローゼットは風通しが悪く、カビや結露が発生しやすくなります。

そこで押し入れをクローゼットにリフォームする際に、断熱材を追加し、結露防止の工事を行っておくことをオススメします。

せっかく押し入れをクローゼットにリフォームしたのに、結露やカビが発生してしまっては大変ですよね。

特に北側に押入れがある場合は、結露が発生しやすくなりますので注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは「押入れをクローゼットに!リフォームのメリットやポイント」についてでした。

押し入れをクローゼットにリフォームすることで、収納しやすくなるといったメリットがあります。

押し入れをクローゼットにリフォームする場合は、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事前に知っておきたい!リフォームの流れとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「事前に知っておきたい!リフォームの流れとは」についてです。

リフォームを人生で何度も経験する人というのは少ないでしょう。リフォームを検討される方のほとんどが、初めての経験である場合が多いです。

リフォームにはそれなりの費用や時間がかかりますので、不安を抱えている人も少なくないでしょう。

そのような場合は、リフォームの流れを知ることで、少しはリフォームに対する不安が少なくなるのではないでしょうか。

そこで今回は事前に知っておきたいリフォームの流れについてご紹介したいと思います。

【現在の悩みや希望をまとめる】

基本的にリフォームは、現状の住宅で不満に感じていることや困っていることを改善するために行うことが多いです。

例えば「収納が足りない」「お風呂が使いにくい」「子どもが成長し部屋が足りない」など現状の住まいに対する問題点や不満点を出してみましょう。

それに対して、どのように改善したいかといった希望をまとめましょう。

例えば・・・

「収納が足りない」→「ウオークインクローゼットを作りたい」

「お風呂が使いにくい」→「浴槽を広くし、手すりをつけて滑りにくい床にしたい」

「子どもが成長し部屋が足りない」→「間取りの変更をし、現状1つの部屋を2つに分けたい」

上記のように「不満」に対する「希望」をまとめていくと、自然とどういったリフォームを行うべきかがわかってくるはずです。

ここで大切なのは、家族みんなで話し合うことです。それぞれの「不満」や「希望」を出し合うことがリフォーム成功のポイントですよ。

それぞれの「不満」や「希望」が出れば、インターネットなどを利用したり、ショールームに行くなどして、さらにイメージを具体化させておきましょう。

【リフォーム会社を決める】

リフォームを行う際は、ほとんどの場合、リフォーム会社に依頼することになりますが、まずは複数社に見積もりを依頼されることをオススメします。

複数社に見積もりを依頼することで、リフォームの相場がわかったり、各会社の対応などを見ることができます。

ここでのポイントは、各会社に同じ希望を伝えることです。各会社に異なる内容を伝えてしまうと当然ながら、見積り額が異なってくるため比較することができません。注意してくださいね。

見積もりを行い、家族の希望に合った業者と契約します。契約書に印鑑を押した時点で契約を結ぶことになりますので、押印の前には以下の点を確認しておきましょう。

・契約書の内容は家族の希望通りの内容になっているか

・費用の支払い方法や時期について

・保証について

・施工完了後のメンテナンスに関して

これらのポイントをきちんと確認したうえで押印することで、後々トラブルになることを防ぐことができます。

【施行開始→完了→引き渡し】

契約が完了すると、あとは決定した時期から施行開始です。リフォームの内容によっては一時的に現在の住宅を使用できなくなることもあるため、その場合は一時的な転居が必要になる可能性もあります。

施行が完了したら、引き渡し(確認作業)といった流れになります。この時点で傷や、契約の内容と異なる点がないかなどをしっかり確認しておくようにしましょう。

施行内容に納得したら、工事完了確認書にサインをします。

以上でリフォーム完了となります。

【まとめ】

今回のテーマは「事前に知っておきたい!リフォームの流れとは」についてでした。

リフォームの流れを知っておくことで、不安をなくしたり、トラブルを防いだりすることができます。

リフォームをご検討中の方は、今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームやリノベーションで大切な見積書のチェックポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームやリノベーションで大切な見積書のチェックポイントとは」についてです。

リフォームやリノベーションを行う際、必ず一度は目にするはずの「見積書」ですが、あなたはきちんと見積書のチェックができていますか?

「見積書」は普段あまり見ることのないものですので、どのポイントに注意してチェックしたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、見積書のチェックポイントについてご紹介したいと思います。

【見積もり費用の内訳とは】

見積書のチェックポイントをご紹介する前に、まずは基本的な見積もり費用の内訳についてご紹介したいと思います。

リフォームやリノベーションにかかる費用は「材料費」「施工費」「諸経費」を合わせたものです。

「材料費」とはリフォームやリノベーションを行う際に必要な材料にかかる費用のことです。

「施工費」とは工事を行うにあたって、職人さんたちに必要な人件費のことです。

「諸経費」とは工事の進み具合やスケージュールを管理する現場管理費のことや経費のことです。

基本的にはこの3つの費用を合わせたものが、見積り費用となり見積書に記載されています。

【見積書の8つのチェックポイント】

ここでは見積書のチェックポイントを8つに分けてご紹介します。

■チェックポイント1:作成年月日

見積書は修正のため何度か作成する場合があります。作成年月日を確認し、どれが最新の見積書であるのか把握しておくようにしましょう。見積書の取り違えには注意が必要です。

■チェックポイント2:押印の有無

押印や署名がされていない見積書の場合、正式な書類として扱われない場合があります。必ず押印の有無を確認してください。押印がない場合は、押印忘れである可能性もあるため、業者に確認するようにしましょう。そして改めて押印のある見積書を出してもらうようにお願いするといいでしょう。

■チェックポイント3:型番の記載

使用する材料の商品名はもちろん、メーカー型番まできちんと記載されているかを確認しておきましょう。

材料を指定した場合も、間違いがないか確認しておくと安心です。材料や設備の価格が適正かどうかは、商品名や型番をインターネットなどで調べてみるのもいいでしょう。インターネットは比較的安価なことが多いので、全く同じ価格ではないと思いますが、あまりにも高いなどといった場合は業者に理由を聞いてみてはいかがでしょうか。

■チェックポイント4:単価の記載

それぞれの単価がきちんと記載されているかも確認しておきましょう。他の業者とあまりにも差がある場合は、遠慮せずに業者に確認するようにしましょう。

■チェックポイント5:適切な量の材料か

材料が適切な量で記載されているか、作業時間や施工面積などが適切かなどの確認もしておきましょう。

少しでも疑問に感じることがあれば迷わず、業者に確認することをオススメします。後々トラブルにならないためにも、きちんと納得できる説明をお願いしましょう。

■チェックポイント6:全体金額に対する諸経費の%

諸経費はおおよそ、工事費全体の10〜15%であることが一般的です。業者によって諸経費は異なりますので一概には言えませんが、あまりにも高い場合は、内訳を聞いてみましょう。

■チェックポイント7:合計金額

見積り金額の合計が間違っていないかも念のため確認しておきましょう。

見積書といえ、やはり人が作成しているものですので、ミスがあるかもしれません。最後は自分の目でしっかり確認しておくべきでしょう。

■チェックポイント8:有効期限

見積書には有効期限がある場合が多いです。

基本的には有効期限内に決断することになりますが、有効期限があまりにも短い見積書には注意しましょう。

有効期限を短く設定し、契約を焦らせるというのは良い業者ではありません。

リフォームやリノベーションは焦って決めるものではありません、じっくりと考えて答えを出すようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームやリノベーションで大切な見積書のチェックポイントとは」についてでした。

リフォームやリノベーションを行う際の見積書は大切な書類です。合計金額だけを見て、高いか安いかを判断するのではなく内容をしっかりと確認するようにしてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必見】リノベーション前に決めておきたい4つのこと

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【必見】リノベーション前に決めておきたい4つのこと」についてです。

近年では、中古マンションを購入して、リノベーションを行い理想の住空間を作るという方も増えています。

新築マンションを購入するよりも比較的安い値段で、理想のマイホームを手に入れることができるため、中古マンションのリノベーションは人気があります。

しかし、せっかく中古マンションを購入してリノベーションを行っても希望通りにならず、後悔してしまう場合もあります。そのようなことにならないためにも、事前の計画はとても大切になります。

そこで今回は、リノベーションを行う前に決めておきたい4つのポイントについてご紹介したいと思います。

【リノベーション前に決めておくべき4つのポイント】

リノベーションの成功の鍵をにぎるのは、事前の計画だといっても過言ではありません。ここではリノベーションを成功させるために、事前に決めておくべきことを4つご紹介します。

■1:予算

やはり大切になってくるのが、予算です。お金がいくらでもあるという人でもない限り、やはり予算を事前に決めておくべきでしょう。

中古マンションをこれから購入してリノベーションを行う場合は、物件購入の予算とリノベーションの予算を設定しておく必要があります。

ローンを利用される場合は、金融機関に相談して、自分のだいたいの与信枠を確認しておきましょう。与信枠に応じて、返済に無理のない範囲で予算の設定を行うとよいでしょう。

また物件の下見時に、リノベーション業者に同行してもらうことで、物件価格と工事価格が予算内で行えるかを検討することができますのでオススメです。

予算設定をうまく行わなければ、希望通りのリノベーションができなかったり、生活が始まってからローンの返済が大変になったりすることもあるので、最初の予算設定はしっかり決めておきましょう。

■2:購入する中古マンションの条件

これは、中古マンションをこれから購入してリノベーションを行う場合の話ですが、その場合は購入する物件の条件をある程度、決めておきましょう。

例えば、立地や価格帯、日当たりやセキュリティーなど、マンション購入にあたって様々な条件があると思います。まずは、自分たちのライフスタイルに合わせ、それらの条件をまとめておくといいでしょう。

しかし、限られた予算の中で全ての条件をクリアできる物件が見つかるとは限りません。そのためにも条件の優先順位を決めておくことをオススメします。

妥協できる条件、妥協できない条件、どこまでであれば妥協できるかなど、家族で話し合って細かく決めておくことで、物件探しをスムーズに行うことができますよ。

■3:完成イメージ

リノベーション後に後悔される内容で多いのが「イメージと違う」ということです。このようなトラブルは、リノベーション業者との認識のズレからおこる場合が多いです。

そういったズレを無くすためにも、まずは家族でどういった部屋にしたいのか、具体的に話し合って決めておきましょう。

例えば「かわいい感じ」「スタイリッシュに」などの表現は人によって感覚が異なり、イメージにズレを生じさせることがあります。

そのためにもイメージするものに近い写真や雑誌の切り抜きなどを集めておき、リノベーション業者にそれらを見せながら希望を伝えることをオススメします。

■4:優先順位

予算がある限り、どうしても希望のリノベーションが全てできるとは限りません。そこで無理をして予算を上げてしまっては後々の生活が苦しくなることもありますので、あまりオススメできません。

予算内で納得のいくリノベーションを行うためにも、物件探しと同じように、リノベーション工事の内容にも優先順位を決めておくことをオススメします。

優先順位を決めずに工事をスタートさせてしまうと、どんどん追加工事が発生し、予算オーバーになってしまうこともあります。

家族と話し合いながら、「必ず行いたいこと」や「できれば行いたいこと」などに分けておくといいでしょう。

さらに優先にを決める時は、誰か1人の生活がよくなることではなく、家族全員の生活に関わるところを優先することで、家族みんなが暮らしやすい住宅にリノベーションすることができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「【必見】リノベーション前に決めておきたい4つのこと」についてでした。

後悔のないリノベーションを行うためにも事前の計画はとても大切です。

これから中古マンションを購入しリノベーションを行うことを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

睡眠の質をあげて健康に!寝室リフォームのポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「睡眠の質をあげて健康に!寝室リフォームのポイント」についてです。

突然ですが、あなたは朝起きたとき、スッキリしていますか?

しっかり寝たにも関わらず、起きた時あまり疲れがとれていないというようなことはありませんか?

もし当てはまる場合は、良質な睡眠が取れていない可能性があります。

人間にとって睡眠はとっても大切で、睡眠不足や不眠の人は生活習慣病になる危険性が高くなるなど、健康にも影響するそうです。

そこで今回は睡眠の質をあげるための寝室リフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【睡眠の質をあげる寝室づくりで気をつけたいポイント】

睡眠の質をあげるには以下ポイントに注意した寝室づくりをされるとよいでしょう。

・湿度
・明るさ

次は、これらのポイントを意識した寝室リフォームについてご紹介したいと思います。

【湿度調整のための壁材選び】

寝室の湿度が高すぎる場合は、ジメジメしたり、室内にカビが生えやすくなります。

逆に湿度が低すぎると、乾燥し、喉が痛くなったりします。

良質な睡眠をとるために適切な湿度は50%前後だと言われています。

寝室の温度は高すぎても低すぎても、良質な睡眠をとることができません。

そこで寝室の湿度調整にオススメなのが以下の2種類の壁材(クロス)です。

■珪藻土の壁

珪藻土には、ナノレベルの穴が無数に空いているため、調湿や脱臭機能があります。

日本では昔から土壁の原料として使用されていましたが、近年、再注目され、人気を集めています。

■調湿機能付きクロス

クロスの中には、調湿機能の付いたものがあります。

そのようなクロスは、親水性高分子ポリマーというオムツなどにも使用されている素材を使って、湿気を吸収したり、乾燥時には水分を放出するなどして、湿度の調整を行います。

【寝室の配置は採光が少ない北側がオススメ】

寝室が南向きにあると、夏場の朝など早い時間から日差しが差込み、睡眠の妨げになる場合があります。

また夏場は暑く寝苦しくなることもあるでしょう。

そこで寝室は採光の少ない北側に配置されることをオススメします。

間取りの都合で寝室が南向きになる場合や、日当たりのいい寝室がお好みの場合は遮光性の高いカーテンをつけて、採光量を調整されるといいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「睡眠の質をあげて健康に!寝室リフォームのポイント」についてでした。

睡眠の質は健康にも大きな影響を与えるということを知っていただけたかと思います。

良質な睡眠を得るための寝室リフォームのポイントは「湿度と明るさ」です。

寝室のリフォームをお考えの方は、今回の記事を参考に「湿度と明るさ」に注意されるとよいでしょう。

寝室のリフォームでお悩みの場合は、私たち「ドゥクラフト 土肥家具」にご相談ください。

あなたに合ったご提案をさせていただきます。

是非一度、お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてです。

結婚や出産を機にマイホームを購入される方も多いですよね。

一昔前までは、マイホームと言えば新築!という方が多かったですが、最近は、あえて中古住宅を購入してリノベーションをされる方も増えています。

そこで今回は中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リノベーションとは?】

中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットをご紹介する前に、

「リノベーションという言葉は聞いたことがあるけれど、あまりよく知らない」

「リフォームとはどう違うの?」

といった方のために、まずはリノベーションについてご紹介したいと思います。

リノベーションとは、既存の建物に対して、性能を向上させたり、価値を高めたりするための工事を行うことをいいます。

上記のような説明だと、リフォームとの違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

リフォームは原状回復のための修繕が基本です。経年劣化しているものを新築の状態に戻すという考え方になります。

それに比べてリノベーションは、間取りや内装など様々な部分を、これから住む人に合わせて作り変え、住宅の機能や価値を新築以上にすることをいいます。

リフォームが「元に戻す」と考えるのであれば、リノベーションは「作り変える」というイメージになります。

リノベーションは既存の住宅にプラスαで新たな価値や機能を向上させることができますので、近年人気となっています。

【中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット】

では次に、中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

■メリット

まず、中古マンションをリノベーションする場合のメリットには以下のようなものがあります。

・マイホーム購入費用を安く抑えることができる

・新築マンションに比べ、中古マンションの物件数が多いため選択肢が増える

・近隣住民の雰囲気などを購入前に知ることができる

・新築以上に自分好みに設備や内装にこだわることができる

■デメリット

次に、中古マンションをリノベーションする場合のデメリットは以下のようなものがあります。

・玄関のドアや窓などの共有部分に関しては変更することができない

・住宅ローンにリノベーション費用を入れることができない

・マンションによっては、管理規約や構造が原因で希望通りのリノベーションができない場合がある

・1981年以前に建てられたマンションの場合、耐震性が弱い可能性がある

【まとめ】

今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてでした。

中古マンションのリノベーションにはメリットもデメリットも存在しますが、リノベーションに適した中古マンション選びを行うことで、デメリットを減らすことができます。

中古マンションのリノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!」についてです。

マンションは、戸建て住宅に比べ気密性が高く、室温を一定に保つことができるというメリットがあります。その反面、季節によっては、外の気温と室内の温度に差が生じ、室内に結露やカビが発生しやすくなります。

マンションのリノベーションを行う際、間取りやデザインばかりに気を取られがちですが、長く住みやすい家造りのためには、湿気や結露、カビ対策を行うことをオススメします。

今回はマンションのリノベーションで注意したい、湿気や結露対策のポイントをご紹介したいと思います。

【ポイント1:窓と壁の断熱効果の向上】

冬は窓の内側や壁が結露しやすくなります。外は寒く、室内は暖房で温かいことで気温差が大きくなることが原因です。

外の気温で窓ガラスや壁が冷たくなり、そこに室内の温かい空気が触れて、結露を発生させます。こういったことから、結露対策のためには「断熱」が重要だといえます。

マンションのリノベーションで、窓ガラスや壁の断熱効果を向上させるためには、以下のような方法があります。

■内窓の取り付けやペアガラスに取り替え

基本的にマンションのリノベーションが可能なのは専有部分のみになりますので、窓を変更することはできません。しかし、既存の窓の内側にもう一つ窓を設置することは専有部分への取り付けになりますので可能です。

内窓を設置することで、既存の窓と内窓の間に空気層ができ、断熱することができ、結露を防いでくれます。

マンションの管理規約で、窓ガラスの変更が可能な場合は、ペアガラスという複層ガラスに変更することで断熱効果をあげる方法もあります。

■壁に断熱材を取り付ける

ボード状の断熱材を既存の壁に取り付けたり、発泡ウレタンの吹付けを行うことで断熱効果を向上させることができます。

断熱材の取り付けを行うことで、冷暖房の効果を高め、光熱費を節約することにもつながりますのでオススメです。

【ポイント2:風通しの良い間取り】

外と室内の温度差で発生する結露は断熱効果を向上させることで、防ぐことができますが、室内の部屋ごとの温度差でも結露が発生することがあります。

特にキッチンや押入れなどの風通しの悪い場所などに結露が発生しやすくなる場合が多いです。

室内の結露を防ぐためには間取りを決める際に、以下のようなポイントに注意しましょう。

■結露を防ぐ間取りのポイント

・部屋全体に空気の通り道をつくる
・収納はマンションの北側を避ける
・クローゼットや押入れの扉に通気口を設置する

【まとめ】

今回のテーマは「マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!」についてでした。

せっかくリノベーションをしても、湿気や結露が原因でカビが発生してしまっては、とても残念ですし、健康にもよくありません。

そこでマンションのリノベーションを検討中の方は、今回の記事を参考に、湿気やカビ対策のためのポイントに注意していただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

空き家の放置は危険!?空き家をリフォームして活用する方法

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「空き家の放置は危険!?空き家をリフォームして活用する方法」についてです。

親から受け継いだ家や、親族から譲り受けた家など、うまく活用できず空き家のまま放置しているということはありませんか?

空き家をそのまま放置しておくと問題がおこる場合もあるため、あまりオススメできません。

そこで今回は、空き家を放置した場合の問題点や、空き家の活用方法についてご紹介したいと思います。

【空き家放置でおきる問題とは】

最近は「空き家問題」という言葉を耳にする機会が増えるほど「空き家」は深刻な問題となっています。

では実際「空き家」を放置することでおきる可能性のある問題とは、どういったものなのでしょうか。

■防災上の問題

最近は日本で地震や大雨の被害が多発していますよね。

「空き家」を放置することで、建物の老朽化が進みます。そこに、地震・台風・大雨などの自然災害が起きた場合、空き家が倒壊する可能性が高くなります。

「空き家」の倒壊によって、人的被害や緊急車両が通れないなどといったことがおこり、被害が拡大してしまう可能性があります。

■防犯上の問題

街に空き家が増えると治安が悪くなりやすいと言われています。

「空き家」は犯罪者の隠れ場所として利用されたり、放火の対象となることが多いからです。

「空き家」を放置することで、その周りの住人にも被害が及ぶ可能性があります。

■景観や衛生的な問題

「空き家」が老朽化していたり、庭が手入れされず雑草が伸びている場合などは街の景観を損なってしまいます。

また放置された空き家のブロック塀に落書きなどをされる可能性もあります。

さらに「空き家」を放置していると、害虫や野良猫、ネズミなどが発生し、それらの糞尿が異臭を放つ可能性もあります。

空き家の放置は景観的にも衛生的にもよくありません。

【空き家をリフォームして活用しよう!】

空き家の放置がよくないことはわかっていただけたのではないでしょうか。

しかし、そのままの状況では借り手もつかず、どうしようもないという場合もあるでしょう。

そういった場合「空き家のリフォーム」をオススメします。

そのままの状態では借り手のいない住宅でも、リフォームやリノベーションを行なうことで借り手がつくことも多いです。

実際に空き家のリフォームを行い、収益物件に変えられている方もたくさんいらっしゃいます。

■空き家リフォーム活用例

・カフェ
・外国人観光客向け宿泊施設
・シェアハウス
・シェアオフィス

上記はあくまでも一例ですが、空き家のリフォームを行なうことで様々な収益物件に変えることができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「空き家の放置は危険!?空き家をリフォームして活用する方法」についてでした。

「空き家」は放置していても、固定資産税などが発生しますし、今回ご紹介したような問題がおきる可能性もあります。

空き家のリフォームを行なうことで収益物件に変えることもできますので、空き家をお持ちの方はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━