単世帯から二世帯住宅にリフォームする場合の分け方によるメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「単世帯から二世帯住宅にリフォームする場合の分け方によるメリット・デメリット」についてです。

単世帯で暮らしていた住宅をリフォームして二世帯住宅として暮らす場合、どのように住宅を分けるかによって様々な違いがあることをご存知ですか?

今回は、二世帯住宅リフォームの分け方によるメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

この記事は、これから二世帯住宅リフォームをお考えの方に、ぜひ読んでいただきたいです。

【上下分離リフォーム】

まず初めに、単世帯を二世帯住宅にリフォームする場合、上下に分離するという方法があります。

つまり2階建ての住宅の場合であれば、1階と2階で世帯を変えるということです。

この方法の場合は、親世帯の階段の昇降による負担を減らすため、下の階を親世帯、上の階を子世帯が使用するといった形が一般的です。

■上下分離のメリット

上下分離による二世帯住宅リフォームのメリットは、リフォームにかかる費用を比較的安く抑えることができるという点です。

既存の階段や玄関をそのまま利用できる場合も多いです。

そういった場合は、リフォーム期間も短くすることができ、簡単な工事で単世帯住宅を二世帯住宅としてリフォームすることができます。

■上下分離のデメリット

上下分離による二世帯住宅リフォームのデメリットは、騒音や振動、臭いなどがあげられます。

特に木造住宅の場合は、上の階の騒音や振動が下の階に響きやすいため、防音対策を施す必要があるでしょう。

上の階では多少の生活音であっても、下の階に響くと、かなりの騒音だと感じることがありますので注意が必要です。

また臭いについてもデメリットがあげられます。臭いは基本的に上に向かっていきますので、下の階の生活臭が2階に流れてくるということもあります。

換気扇と窓の位置に配慮が必要になりますね。

【左右分離リフォーム】

次に、単世帯住宅を左右に分離し、二世帯住宅としてリフォームするという方法があります。

これは、現在の住宅を縦方向に分割して、世帯を左と右に分けるという方法です。

上下分離リフォームに比べ、それぞれの世帯が独立しているといった特徴があります。

■左右分離のメリット

左右分離の二世帯住宅リフォームのメリットは、それぞれの世帯が独立していてプライバシーが確保しやすいといった点です。

左右分離することで、二世帯住宅でありながら、お隣さんという感覚で生活することができます。

また光熱費なども明確に分割できるという点も左右分離のメリットです。

■左右分離のデメリット

左右分離のデメリットは、現在の住宅がある程度広くないと難しいという点です。

現在の単世帯住宅の面積があまり広くない場合、それを左右に分けてしまうと一世帯分の面積がかなり小さくなってしまいます。

そのため部屋が狭く住みづらいと感じてしまうかもしれません。

現在の住宅の面積はあまり広くないけれど、どうしても左右分離がよい場合は、玄関や廊下、階段などを共有部分として使用する方法を選ばれるといいかもしれません。

また土地に余裕がある場合は、増設をすることで、左右分離を行っても狭くならず、快適な二世帯住宅を建てることができます。

【まとめ】

今回のテーマは「単世帯から二世帯住宅にリフォームする場合の分け方によるメリット・デメリット」についてでした。

二世帯住宅は分け方によって、それぞれメリット・デメリットがあることを知っていただけたと思います。

二世帯住宅リフォームをお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!」についてです。

マンションは、戸建て住宅に比べ気密性が高く、室温を一定に保つことができるというメリットがあります。その反面、季節によっては、外の気温と室内の温度に差が生じ、室内に結露やカビが発生しやすくなります。

マンションのリノベーションを行う際、間取りやデザインばかりに気を取られがちですが、長く住みやすい家造りのためには、湿気や結露、カビ対策を行うことをオススメします。

今回はマンションのリノベーションで注意したい、湿気や結露対策のポイントをご紹介したいと思います。

【ポイント1:窓と壁の断熱効果の向上】

冬は窓の内側や壁が結露しやすくなります。外は寒く、室内は暖房で温かいことで気温差が大きくなることが原因です。

外の気温で窓ガラスや壁が冷たくなり、そこに室内の温かい空気が触れて、結露を発生させます。こういったことから、結露対策のためには「断熱」が重要だといえます。

マンションのリノベーションで、窓ガラスや壁の断熱効果を向上させるためには、以下のような方法があります。

■内窓の取り付けやペアガラスに取り替え

基本的にマンションのリノベーションが可能なのは専有部分のみになりますので、窓を変更することはできません。しかし、既存の窓の内側にもう一つ窓を設置することは専有部分への取り付けになりますので可能です。

内窓を設置することで、既存の窓と内窓の間に空気層ができ、断熱することができ、結露を防いでくれます。

マンションの管理規約で、窓ガラスの変更が可能な場合は、ペアガラスという複層ガラスに変更することで断熱効果をあげる方法もあります。

■壁に断熱材を取り付ける

ボード状の断熱材を既存の壁に取り付けたり、発泡ウレタンの吹付けを行うことで断熱効果を向上させることができます。

断熱材の取り付けを行うことで、冷暖房の効果を高め、光熱費を節約することにもつながりますのでオススメです。

【ポイント2:風通しの良い間取り】

外と室内の温度差で発生する結露は断熱効果を向上させることで、防ぐことができますが、室内の部屋ごとの温度差でも結露が発生することがあります。

特にキッチンや押入れなどの風通しの悪い場所などに結露が発生しやすくなる場合が多いです。

室内の結露を防ぐためには間取りを決める際に、以下のようなポイントに注意しましょう。

■結露を防ぐ間取りのポイント

・部屋全体に空気の通り道をつくる
・収納はマンションの北側を避ける
・クローゼットや押入れの扉に通気口を設置する

【まとめ】

今回のテーマは「マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!」についてでした。

せっかくリノベーションをしても、湿気や結露が原因でカビが発生してしまっては、とても残念ですし、健康にもよくありません。

そこでマンションのリノベーションを検討中の方は、今回の記事を参考に、湿気やカビ対策のためのポイントに注意していただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必見】後悔しないための中古マンションリフォームとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【必見】後悔しないための中古マンションリフォームとは」についてです。
最近は、マイホームを新築住宅ではなく、あえて中古マンションを購入し、自分の希望や好みの間取りやデザインにリフォームやリノベーションを行なうという人も増えています。中古マンションを購入し、リフォームやリノベーションを行えば、自由に自分の希望通りの間取りやデザインにすることができると考えている方も多いですが、実は全て自由にできるわけではないため注意が必要です。
大切なマイホームだからこそ、リフォームやリノベーションが始まってから「こんなはずじゃなかった」「もっと勉強しておけばよかった」などと後悔することのないようにしたいですよね。
そこで今回は、後悔しないためのマンションリフォームについてご紹介したいと思います。

【中古マンション購入前に確認してきたいこと】

これから中古マンションを探して購入し、リノベーションやリフォームをしようと考えている方は、中古マンション購入前に確認しておきたいポイントがあります。
まず、中古マンションの構造です、古いマンションは壁式構造である場合が多く、そのような構造のマンションの場合は、構造壁を壊すことはできないため、リフォームやリノベーションで間取りの変更や配管の移動が難しい場合があります。またパイプスペースが移動できないため、水回りの配置を大きく変更することが難しいです。またマンションごとに仕様や規約が異なりますので、事前にチェックしておくことをオススメします。
さらに、マンションの場合、基本的にリフォームやリノベーションなどを行えるのは住戸内だけに限られます。玄関ドアやバルコニーなどは共用部分となるため、変更を加えることはできません。もちろん、マンションの立地や近隣の環境もリフォームやリノベーションではどうすることもできませんので、しっかり確認しておきましょう。

【予算管理のコツ】

中古マンションを購入して、リフォームやリノベーションを行なう場合は「中古マンションの物件価格」+「リフォーム・リノベーション費用」が必要いなります。リフォームやリノベーションの費用がわからないまま、中古物件を購入してしまうと、結果、予算が合わず、希望通りのリノベーションやリフォームができなくなってしまうこともあります。ですので、中古マンションを先に購入するのではなく、リフォームやリノベーション業者に見積りを取ってから中古物件を購入することが予算管理に繋がります。

【信頼できる業者選び】

リフォームやリノベーションは、多額の費用と多くの時間を費やして行いますので、信頼できる業者に依頼することが、リフォームやリノベーションを成功させる大きなポイントになります。信頼できる業者を選ぶためには、いくつかの業者に資料請求や見積もりを依頼してみると良いでしょう。実際にいくつかの業者コンタクトをとってみることで、信頼できる業者を見つけやすくなります。信頼できる業者を選ぶためには、決して料金だけで決めるのではなく、希望や要望をきちんと聞いてくれるか、提案された内容が希望するものに近いかなどを総合的に判断する必要があります。「ここなら安心して任せられる」と思える業者に依頼することをオススメします。

今回のテーマは「【必見】後悔しないための中古マンションリフォームとは」についてでした。今回ご紹介した、いくつかのポイントに注意するだけでも、中古マンションリフォーム後の後悔を防ぐことにつながります。
マンションの構造など、「専門的なことはよくわからない」という方は、リフォーム業者にどんどん相談されると良いでしょう。大きな買い物ですので、後悔することのないよう、信頼できる業者と一緒に中古マンションのリフォームやリノベーションを進められることをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━