【セルフリノベ】壁紙の種類と特徴

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【セルフリノベ】壁紙の種類と特徴」についてです。

最近、注目を集めている「セルフリノベ」とは、セルフリノベーションの略です。
セルフリノベーションは、住宅やオフイスなど、建物のリノベーションを業者に依頼せず、自分でDIYをしながら行うことを指します。
セルフリノベにも様々な種類がありますが、初心者でも比較的取り組みやすく、部屋の雰囲気を大きく変えることができる「壁紙の張替え」は人気です。
そこで今回は、セルフリノベで壁紙を張り替える際に知っておきたい、壁紙の種類や特徴について、ご紹介したいと思います。

【壁紙の種類と特徴】

まず、壁紙の種類は大きく4つに分けることができます。
ここでは、4つの壁紙それぞれの特徴についてご紹介します。

■のりなし壁紙

まず、一般的によく知られているのが、のりなし壁紙です。
そもそも壁紙には国産のものと輸入壁紙があります。
ここでいう、のりなり壁紙とは国産ののりなし壁紙のことです。
建売住宅など一般的に、使用されることが多い壁紙です。
壁紙に糊を塗って貼る方法以外にも、両面テープやホッチキスを使って壁に貼ることもできます。

▼のりなし壁紙の特徴

・ミミと呼ばれる印刷されていない部分がある
・様々な施工方法で貼ることができる
・1m単位で購入できる
・比較的安い値段で購入できる

■のり付き壁紙

上記の、国産のりなし壁紙に、のりが既についてあるものが、のり付き壁紙です。
デンプン系の生のりが壁紙についてあるため、そのまま壁に貼ることができます。

▼のり付き壁紙の特徴

・のりをつける手間が省ける
・ミミと呼ばれる印刷されていない部分がある
・のりが乾くまでは位置調整や貼り直しが可能
・長期保管はできない

■シール壁紙

シールタイプの壁紙もあります。
壁紙自体がシールになっていますので、簡単に貼ることができます。
はがせるシール壁紙は、賃貸住宅など原状回復が必要な住宅でも使用できるため人気です。

▼シール壁紙の特徴

・気軽に壁紙の張替えを楽しむことができる
・少ない道具で貼ることができる
・原状回復が可能

■輸入壁紙

輸入壁紙は、海外製の壁紙のことです。
ヨーロッパや欧米、韓国製のものなどがあります。

▼輸入壁紙の特徴

・国産壁紙に比べて巾が狭いため女性でも貼りやすい
・印刷されていない部分(ミミ)が無い
・デザインやカラーが豊富
・主に不織布素材でできており破れにくい

【まとめ】

今回のテーマは「【セルフリノベ】壁紙の種類と特徴」についてでした。
今回ご紹介したように、壁紙には様々な種類があり、それぞれに特徴が異なります。
セルフリノベで、壁紙の張替えを行う際は、お部屋の状態や希望の施工方法など、ご自身に合った壁紙を選ぶようにするといいですよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、壁紙のリフォームをはじめ、様々なリフォーム・リノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セルフリノベで大切なこと&やってはいけないこと」

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベで大切なこと&やってはいけないこと」についてです。

家の構造は変更せずに、内装を自分好みに変えたり、機能性を向上させたりする工事を「リノベーション」と呼びます。
近年では、中古住宅を購入してリノベーションを行うことも人気です。
リノベーションは、業者に依頼することが一般的ですが、できるところは自分たちでDIYをしながらリノベーションを行う「セルフリノベ」も注目を集めています。
そこで今回は、セルフリノベを行う際に大切なことや、やってはいけないことについて、ご紹介したいと思います。

【重要な管は触らないこと】

住宅の壁内や床下には、ガス管や電気の配管が通っていることがあります。
それらの配管を工事するためには、資格が必要です。
また、誤って重要な管を切ってしまうと、大きな事故に繋がる可能性もあります。
そのため、セルフリノベの際は、絶対にガス管や電気の配管などの重要な管を触らないようにしましょう。
そして、配管の移動などの必要性がある場合は、業者に依頼するようにしてくださいね。

【完璧を求めないこと】

セルフリノベを行うメリットは、費用を抑えることができるだけでなく、手作り特有の味があることです。
少しのズレや、細かいミスを気にしすぎていると、なかなか作業が前に進みませんし、精神的にもしんどくなってしまいます。
そのため、プロのような仕上がりを求めないようにしましょう。
「失敗しても、またいつかやり直せばいいや」
「失敗がいい味出しているな」
これぐらいの気持ちの余裕をもって作業することが大切です。
もし、絶対に失敗したくないというのであれば、セルフリノベではなく、業者にリノベーション工事を依頼するのがオススメですよ。

【無理をしないこと】

そして、セルフリノベで一番と言ってもいいほど大切なのが「無理をしないこと」です。
どんな内容の工事であれ、無理をしてしまうと怪我や事故に繋がる可能性があります。
セルフリノベを行おうとする人は、一生懸命な方が多いです。
最後まで自分でやるんだ!と責任感の強い方も多いです。
しかし、無理をしてしまい、怪我や事故に繋がるとせっかく家が綺麗になっても快適に過ごせないかもしれません。
セルフリノベでは、決して無理をせずに、できる範囲で行うようにしましょう。
難しいと感じる作業については、リノベーション業者に依頼することをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベで大切なこと&やってはいけないこと」についてでした。
セルフリノベを行う際は、本記事を参考にしながら、無理をしないように取り組んでくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリノベーション工事を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セルフリノベで壁紙を張り替える時に知っておきたいこと

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベで壁紙を張り替える時に知っておきたいこと」についてです。

最近は、男女問わず、DIYが注目を集めていますね。
DIYやセルフリノベで、自宅の壁紙を好みの柄に張り替えるという方も多いようです。
壁紙を張り替えるだけで、部屋の雰囲気は大きく変わりますので人気があるのでしょう。
そこで今回は、セルフリノベで壁紙を張り替える時に知っておきたい知識について、ご紹介したいと思います。

【輸入壁紙と国内メーカーの壁紙の違い】

まず、セルフリノベで壁紙を張り替える際に、必ず用意しなければいけないのが、壁紙ですよね。
実は壁紙には、国内メーカーの壁紙と輸入壁紙があります。
輸入壁紙と国内メーカーの壁紙には様々な違いがあるのです。
セルフリノベで壁紙を張り替えるのであれば、輸入壁紙と国内メーカーの壁紙の違いについて知っておいた方がよいでしょう。

■デザイン性の違い

まず、輸入壁紙と国内メーカーの壁紙はデザイン性が大きく異なります。
国内メーカーの壁紙に比べ、輸入壁紙は、おしゃれなデザインやカラーのものが多く、インテリア性が高いです。
最近では、国内メーカーの壁紙でも、デザインが豊富になってきていますが、輸入壁紙には劣ります。
華やかなデザインが多いことも、輸入壁紙の特徴ですね。

■素材の違い

国内メーカーの壁紙は、表面が塩化ビニールでできたものがほとんどです。
一方で、輸入壁紙は、不織布や紙、織物など様々な素材のものがあります。
素材によって、質感も異なりますよ。

■ミミの有無

ミミとは、壁紙の両側にある何も印刷されていない部分のことです。
国内メーカーの壁紙には、このミミと呼ばれる部分があります。
そのため使用する際には、ミミの部分を切り落とす必要があります。
一方で輸入壁紙には、ミミがありません。
ですので、ミミを切り落とす工程は不要で、そのまま貼ることができるのです。

■巾の違い

輸入壁紙と国内メーカーの壁紙は、ロール巾も異なります。
国内メーカーの壁紙は、約90cm巾のものが多く、輸入壁紙は約50cm巾のものが多いのです。
海外では、自分で壁紙を貼ることも多く、DIYで女性でも一人で貼りやすい巾に設定されているからです。

■糊付け方法の違い

国内メーカーの壁紙は、のり付きのものと、のりなしのものがあります。
のりなしのものは、壁紙の裏に糊をつけて貼ります。
輸入壁紙の場合は、素材によって施工方法が異なりますが、壁に直接のりを塗れるものもあるのです。

■値段の違い

国内メーカーの壁紙と輸入壁紙では、輸入壁紙の方が料金が高いことが一般的です。
壁紙の種類によっては、数倍以上変わってくることもあります。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベで壁紙を張り替える時に知っておきたいこと」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフリノベで壁紙を張り替える際には、輸入壁紙と国内メーカーの壁紙の違いについて知っておくことで、自分に適した壁紙を選ぶことができますよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、壁紙張り替えリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームやリノベーションで人気の西海岸スタイルとは?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームやリノベーションで人気の西海岸スタイルとは?」についてです。

リフォームやリノベーションで、壁紙や建具などの内装を変更する場合、どのようなデザインにしようか悩みますよね。
インテリアには様々なスタイルがあり、希望のスタイルに合わせて建具や壁紙などを選ぶことで、まとまりができ、おしゃれな部屋になるのです。
今回は、様々なインテリアスタイルの中でも、最近人気を集めている、西海岸風インテリアについて、ご紹介したいと思います。

【西海岸スタイルとは?】

西海岸スタイルとは、アメリカの西海岸地域の海や白い砂浜をイメージしたインテリアのことです。
カルフォルニアスタイルと呼ばれることもあります。
明るく、夏の雰囲気を感じることができるという特徴があります。
最近は、西海岸スタイルに合わせた雑貨や家具も、多く販売されていますし、インテリア雑誌などでも西海岸スタイル特集などを見かけることが増えました。

【西海岸スタイルのポイント】

部屋を、西海岸スタイルにリノベーションしたり、リフォームしたりするには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。
ここでは、西海岸スタイルにリノベーションするためのポイントを、5つご紹介したいと思います。

■水色と白を組み合わせる

まず、部屋全体のベースは、水色と白を基調とすることで、西海岸の海や白い砂浜にイメージに近づきます。
部屋全体は白い壁紙で、アクセントクロスに水色を使用するというのもいいですね。

■シャビー感のある木材を使う

西海岸スタイルの特徴は、シャビー感です。
海の家などを想像すると分かりやすいかもしれません。
潮風や日差しにさらされ、少し古びた感じの木材は、西海岸スタイルによく合います。
実際に古い木材を使用するのではなく、塗装でシャビー感を演出することができますよ。

■ヘリンボーン張りを取り入れる

ヘリンボーンとは、ニシンの骨のことです。
板の目を斜め45度で交互に組み合わせて張り合わせることで、まるでニシンの骨のように見えることから、ヘリンボーン張りと呼ばれています。
床材をヘリンボーン張りにしたり、壁の一部を木材でヘリンボーン張りにしてアクセントにしたりすることで、一気にオシャレな西海岸スタイルに近づきますよ。

■自然光を取り込む

西海岸スタイルでは、太陽をイメージさせる明るさも重要になってきます。
そのため、大きな窓や吹き抜け、天窓などを設置して、窓からたくさん自然光の光を取り入れられるようにするのがオススメです。
部屋全体が明るくなり、西海岸の海や太陽を感じることができますよ。

■デニムを使ったインテイリアを

西海岸スタイルには、ヴィンテージ風のデニム素材もよく合います。
ソファーやクッション、ラグやベッドカバーなどにデニム素材を取り入れるというのも素敵ですね。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームやリノベーションで人気の西海岸スタイルとは?」についてでした。
明るい雰囲気が好きという方には、西海岸スタイルがオススメです。
リフォームやリノベーションをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、西海岸スタイルのリフォームやリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

セルフリノベを成功させるために気をつけたいポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベを成功させるために気をつけたいポイント」についてです。

最近注目を集めているDIYやセルフリノベーションですが、場合によっては失敗してしまうこともあるため計画性や事前の準備が、とても大切になってきます。
失敗例を知っておくことで、同じ失敗を繰り返さないように対策を行うことができますよね。
そこで今回は、セルフリノベーションの失敗例から学ぶ、セルフリノベ成功のために気をつけたいポイントについて、ご紹介したいと思います。

【失敗例1:他の家具や壁を傷つけてしまった】

まず、セルフリノベでよくある失敗の1つに、リノベーション箇所以外の場所を傷つけたり、汚したりしてしまったということです、
例えば、セルフリノベで、壁紙を塗り替えている時に、床にペンキをこぼしてしまい、床まで染まってしまったということもあります。
さらに、壁に棚を取り付けている時に、手元がズレて、必要のない場所に穴を開けてしまったという失敗例もあるようです。
このような失敗を防ぐためには、養生をきちんと行うことが大切です。
大切な家や家具を守るためには、事前の準備が重要なポイントとなってきます。
養生を面倒だと感じる人も多いようですが、取り返しのつかない失敗を避けるためにも、養生は必ず行いましょう。

【失敗例2:途中で断念してしまった】

意外と多いのが、セルフリノベの途中で断念してしまうという例です。
「思っていたよりも大変だった」
「途中で仕事が忙しくなり、作業する時間がなくなった」
上記のような理由で、セルフリノベが完成しないまま辞めてしまうという人が多いのです。
セルフリノベを行うには、根気、体力、時間が必要になります。
DIYが好きだから!となんとなく軽い気持ちで始めてしまうと、途中で断念してしまう可能性も高いです。
そういった状況を防ぐためにも、セルフリノベに取り掛かる前には、必ず長期スパンで計画をしっかりと立てておくようにしましょう。

【失敗例3:木材が思うように加工できない】

木材の加工は、素人にとっては意外と難しい作業です。
ノコギリを使って、木材をカットしようとしても、まっすぐカットできず、ガタガタになってしまったという失敗例も多くあります。
また、普段使い慣れていない道具を使いますから、怪我をしてしまうということもあるようです。
木材の加工に自信がないという方は、ホームセンターの木材カットサービスを利用するというのもオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベを成功させるために気をつけたいポイント」についてでした。
今回ご紹介したように、DIYやセルフリノベは近年、人気となっていますが、必ず成功できるという訳ではありません。
しかし、せっかく時間を割いてセルフリノベを行うのであれば、絶対に失敗したくないと思いますよね。
失敗を防ぐためには、事前の計画や準備が大切になってきます。
絶対に成功させたい!というのであれば、リノベーション業者に依頼する方が安心です。
リノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DIY初心者が、セルフリノベで失敗しやすいポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「DIY初心者が、セルフリノベで失敗しやすいポイント」についてです。

最近では、DIYが人気となっているため、興味があるという方も多いでしょう。
また、DIYで自宅をリノベーションするセルフリノベも注目を集めています。
しかし同時に、下記のような不安も持っているDIY初心者の方も多いはずです。

「DIY初心者でもセルフリノベできるの?」
「初心者がDIYをやって失敗しないの?」

この記事を読んでいるあなたも、もしかすると、このようなお悩みを持っているのではないでしょうか。
そこで今回は、DIY初心者の方に向けた、セルフリノベで失敗しやすいポイントについて、ご紹介したいと思います。

【DIYとは?セルフリノベとは?】

そもそもDIYやセルフリノベという言葉自体、よくわからない。
それぞれの言葉は知っているけれど、違いがわからないという方に向けて、DIYとセルフリノベについて、ご紹介したいと思います。
そんなこと知ってるよ!という方は、次に読み進めていただいても大丈夫です。

まず、DIYとは、「Do It Yourself」の略です。
「Do It Yourself」は、日本語で「自分でやってみよう」という意味があります。
つまり、DIYとは、業者に頼らず自分で、何かを作る作業のことなのです。

一方、セルフリノベは、「セルフリノベーション」の略で、住宅のリノベーションを業者に頼らず自分(セルフ)で行うことです。
つまり、DIYとセルフリノベは似ているようで少し違います。
しかし、セルフリノベを行うには、DIYがつきものになってくるのです。

【セルフリノベでDIY初心者が失敗しやすいポイント】

■道具がうまく使えない

セルフリノベでは、様々な道具を使用します。
のこぎりや、かなづち、ドライバーやバールなど、一般の方は普段の生活では使用しないような道具を使用することになります。
これらの道具の中には、使い方が少しむずかしいものもあります。
例えば電動ノコギリを使って木材を切るだけでも、初心者の方は真っ直ぐ切れないことも多いのです。
道具には慣れていくしかないのですが、もし難しい場合は、ホームセンターなどで、木材カットをしてもらうというのもいいでしょう。

■釘やネジを打ち込んだ際に木材がひび割れる

セルフリノベでは、釘やネジをたくさん使います。
皆さん一度は、釘やネジを打ったことがあるでしょう。
そのため、多くの方が、釘やネジを打つぐらい失敗しないと思っています。
確かに、釘やネジを木材に打ち込む作業自体は難しいものではありません。
しかし、力強く打ち込みすぎてしまうと、木材がヒビ割れてしまうことがあるのです。
また、力が弱すぎると、木材に打ち込めず、場合によっては釘やネジが曲がってしまうこともあります。
木材を割らずに、上手に打ち込むためには、先に下穴をあけることがポイントですよ。

■塗装が上手にできない

セルフリノベでは、塗料を使って壁や木材を塗装することもあります。
塗装なんて簡単そうと思われる方も多いですが、実は意外と失敗しやすいポイントなのです。
例えば、塗装ムラができたり、塗る予定ではないところに塗料がついてしまったり、滲んだりすることがあるのです。
木材に塗料を塗る際に、直接塗ってしまうと滲む可能性が大きいです。
そのため、下地処理を行う必要があります。
また、塗りたい場所だけをきちんと塗るためには、養生が大切になってきますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「DIY初心者が、セルフリノベで失敗しやすいポイント」についてでした。
今回ご紹介したように、DIY初心者の方でもセルフリノベを行うことはできますが、失敗する可能性も高いです。
その失敗も、思い出や経験だと捉えられる場合はいいですが、絶対に失敗したくない!という方は、リノベーション業者に依頼するのがオススメです。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リノベーション工事を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セルフリノベではここに注意!失敗しやすいポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベではここに注意!失敗しやすいポイントとは」についてです。

自宅のリノベーションを自分たちで行う、セルフリノベが近年人気となっています。
しかし、セルフリノベは注意しなければ失敗してしまう可能性もあります。
そこで今回は、セルフリノベを行う際に注意しておきたいポイントについて、ご紹介したいと思います。

【セルフリノベを行うメリット】

「もっと、オシャレな家に住みたい」
「快適な環境で過ごしたい」
このようなとき、住宅のリノベーションを検討する方も多いでしょう。
ただし、リノベーションを行うには、それなりにまとまった費用が必要になります。
そこで、できるだけ費用を抑えて、希望に近い環境にリノベーションすることができるセルフリノベが注目を集めています。
セルフリノベとは、セルフ=自分でリノベーションを行うということで、DIY好きの人を中心に人気になっているのです。
つまり、セルフリノベの最大のメリットは、業者に依頼するよりも費用を抑えてリノベーションができるということです。

【セルフリノベで失敗しやすいポイント】

上記のようなメリットを持つ、セルフリノベですが、場合によっては失敗してしまうこともあります。
せっかく時間と労力を使って、セルフリノベに取り組んだにも関わらず、失敗してしまうのは悲しいですよね。
ここでは、セルフリノベで失敗しやすいポイントについて、ご紹介したいと思います。
セルフリノベに取り組む前に知っておくことで、失敗を防ぐことに繋がりますよ。

■希望のリノベーションができない

まず、希望のリノベーションができなかったという失敗例があります。
特に、マンションの管理規約によって禁じられている内容もあるため、注意が必要です。
マンションなどの集合住宅では、管理規約があり、その中でリフォームやリノベーションに関するルールが定められていることも多いのです。
例えば、ベランダや玄関ドアなどは、共有部分となり、リノベーションが禁止されていることが一般的です。
また、その他にもマンションのよってルールが異なりますので、初めに必ず最新の管理規約を確認しておくようにしましょう。
また、これから中古マンションを購入して、セルフリノベを行う予定の方は、マンション購入前に、管理規約を見せてもらうことをオススメします。

■近隣とのトラブル

直接的な失敗とは言えませんが、セルフリノベが原因で近隣とトラブルになってしまうことがあります。
近隣とトラブルになってしまうと、いくら部屋の中が希望通りになっても、住みやすい環境とは言えませんよね。
近隣とのトラブルを防ぐためには、セルフリノベを始める前に、両隣や向かい、上下の部屋の方には挨拶に行くのがよいでしょう。
また、作業を行う時間を決めて、夜中や明け方などに行うことは避けてください。
また、セルフリノベでゴミや廃材が出たときの、処理もご近所に迷惑がかからないようにしましょう。

■日常生活に影響がでる

セルフリノベを始めると、日常生活に影響が出ます。
そのため、無計画で始めるのは避けるべきです。
セルフリノベの内容によっては、工事期間中、その家で暮らせないこともあります。
また、仕事をしながらセルフリノベをするのは、体力的にも時間的にも厳しく、思ったよりも作業がスムーズに進まないこともあるでしょう。
できるだけ、セルフリノベ中の生活に支障がでないように、事前の計画が大切です。
セルフリノベ期間中に暮らす家の確保や、仕事との兼ね合いなど、しっかりと計画しましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベではここに注意!失敗しやすいポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフリノベが失敗しないためには、いくつかの注意が必要です。
これから、セルフリノベに挑戦しようとお考えの方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
また、セルフリノベでは難しいリノベーションに関しては、業者への依頼がオススメですよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セルフリノベにもオススメ!エコカラットDIYとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベにもオススメ!エコカラットDIYとは」についてです。

梅雨のこの時期、家の湿気や匂いが気になるという方も多いでしょう。
このような住宅のお悩みを、軽減することができるのが「エコカラット」です。
今回は、エコカラットの効果について、ご紹介したいと思います。

【住宅の湿気や匂いが気になる原因】

住宅の湿気や匂いが気になる原因は、住宅の気密や断熱に関する基準が定められたことや、窓やサッシの性能が向上していることがあげられます。
こういったことが理由で、昔の住宅に比べ、現在の住宅は気密性や断熱性が高くなっています。
もちろん、気密性や断熱性が高まることで、エアコンの効きがよくなりますのでエコで暮らしやすい住宅になります。
その一方で、室内に湿気や匂いがこもりやすくなってしまうのです。
特に梅雨の時期や、ペットを飼っているご家庭などでは、湿気や匂いが気になることが多くなってしまいます。

【エコカラットとは?どんな効果があるの?】

エコカラットとは、LIXILの室内用タイル建材です。
このエコカラットには、目には見えないほどの微細な孔があり、この孔が室内の湿気や匂いを吸着してくれるため、部屋の湿度を調整したり、空気を清浄したりすることができるのです。
エコカラットを壁材として取り入れることで、部屋にカビが発生するのを防ぐことができます。
また、トイレやキッチン、ペットの匂いなど、不快な匂いをやわらげる効果もあります。
さらに、エコカラットには、有害物質を低減する効果もあり、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心して利用することができます。

【エコカラットDIYなら、セルフリノベにもオススメ!】

エコカラットには、様々なバリエーションがあり、利用する場所に合わせて、豊富なデザインやカラーの中から選ぶことが出来ます。
さらに、エコカラットDIYは、エコカラット本体と施工に必要な接着剤や工具がセットになっているため、DIYやセルフリノベを行う時にも、簡単に取り付けることができます。
ただし、広い範囲の壁にエコカラットを施工する場合や、DIYは苦手だという方は、リフォーム業者などに依頼して、エコカラットの施工を行ってもらう方が良いかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベにもオススメ!エコカラットDIYとは」についてでした。
今回ご紹介したように、LIXILの室内用タイル建材であるエコカラットには、室内の湿気や匂いを軽減させる効果があります。
室内の湿気や匂いにお悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、エコカラットの施工を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近話題のセルフリノベ!失敗しないポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「最近話題のセルフリノベ!失敗しないポイントとは」についてです。

近年、注目を集めているセルフリノベ。
自分たちで作り上げていく楽しさがある一方で、「思うようにならなかった」「予定より時間もお金もかかってしまった」など、セルフリノベを失敗してしまう方も多いようです。
そこで今回は、セルフリノベを失敗しないためのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【セルフリノベとは?】

セルフリノベとは、セルフリノベーションの略語です。
リノーベーションは、住宅の内装や間取り、様々な設備などを作りかえたり、補修や改修を行う工事のことです。
一般的には、リノーベーションを行う場合は、専門の業者に依頼することが多いのですが、最近はDIYブームなどの影響から、自分たちでリノーベーションを行う、セルフリノベが注目を集めているのです。
間取りを大きく変えるような大規模なリノベーションは難しいですが、壁紙の張り替えや、棚の設置など、DIYが得意な方であれな、セルフで行えるリノベーションもあるのです。

【セルフリノベを失敗しないための3つのポイント】

冒頭でもお伝えしたように、セルフリノベは失敗する可能性もあります。
せっかく頑張ったのに、失敗してしまい、結局業者に依頼することになったという事例も少くありません。
そこで、次は、セルフリノベで失敗しないためのポイントについて、3つご紹介したいと思います。

■計画と準備が重要

セルフリノベを失敗させないために重要なのが、事前の計画と準備です。
計画と準備が、セルフリノベの9割を占めると言っても過言ではないでしょう。
どこをどのようにリノベーションするのか、そのために必要なものは何かを、詳細にメモしておきましょう。
必要な材料や工具は、リストアップしておくと分かりやすいですよ。
これらの計画や準備が、きちんと出来ていなければ、作業が手際よく進みません。
手際よく進められなければ、美しくリノベーションすることはできないのです。
また、作業場所や資材置場などの確保も忘れずに行いましょう。
いざ作業を始めると、場所が無くて困るという事もよくありますよ。

■リノベーションできる箇所を確認しておこう

計画の段階で、行っておきたいのが、リノベーションできる箇所の確認です。
どういうことかと言うと、例えば賃貸住宅をセルフリノベする場合は、基本的に原状回復できる状態で行わなければいけません。
原状回復とは、退去時に元の状態に戻すことです。
そのため、元々の壁を塗料で塗ってしまってはいけません。
壁紙を変えたいのであれば、既存の壁紙の上から貼っても、綺麗に剥がせるタイプのものを使用する方がよいでしょう。
また、持ち家であってもマンションの場合は、共有部分である玄関ドアやバルコニーなどはリノベーションすることができません。
さらに、管理規約によってリノベーションできる範囲などが決められていることも多いです。
そのため、自分たちがリノベーションしたい箇所は、本当にリノベーションを行ってもよい場所なのかについて、しっかりと確認しておくことが大切です。

■養生は忘れずに!

リノベーション作業中に、施工箇所以外の場所を塗料で汚してしまったり、傷つけてしまったりという失敗もよくあります。
それらの失敗を防ぐポイントは、施工箇所以外の養生です。
木材の組み立てを行う際は、床を傷つけないように、マットや厚手のタオルを敷きましょう。
また、壁の塗装を行う際は、養生テープで縁取りをしたり、塗装しない部分はブルーシートで覆ったりすることで、失敗を防ぐことができます。
養生は面倒だと感じる作業ですが、この一手間が、仕上がりに大きな差を生みますので、忘れずに行いましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「最近話題のセルフリノベ!失敗しないポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフリノベを失敗させないためには、いくつかの大切なポイントがあります。
セルフリノベをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
また、セルフリノベでは難しいリノベーションは、業者に依頼するのがオススメですよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━