セルフリノベで注意すべきポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベで注意すべきポイントとは」についてです。

リノベーションを業者に依頼せずに、自分で行なうことを「セルフリノベーション」や「セルフリノベ」と呼びます。
最近は、DIYを趣味とする人も多く、その延長上で、セルフリノベに挑戦する人も増えています。
「業者に依頼するよりも安くリノベーションができる」
「知識や技術が身につく」
セルフリノベには、上記のようなメリットがある一方で、場合によっては失敗する可能性や、家に不具合が起こる可能性もあるため注意が必要です。
そこで今回は、セルフリノベの際に、特に注意すべきポイントについて、ご紹介したいと思います。

【電気系統のセルフリノベ】

電気系統のリノベーションを行なう場合は、必ず専門業者に依頼する必要があります。
実は、コンセントの増設や、照明等の電気系統の工事を行なう場合は、資格が必要なのです。
そのため、資格を持っていない人がセルフリノベなどで、電気系統の工事を行なうと、法律違反となります。
また、資格が無い人が、電気系統の工事を行なうと、出火や感電など、様々な危険がありますので、絶対にやめましょう。

【ドアや窓のセルフリノベ】

リフォーム業者やプロ以外の方が、リノベーションを行なう場合には、不具合や失敗のリスクが伴います。
ドアや窓のセルフリノベを行い、不具合が起きた場合、防犯性に大きく関係してきますので注意が必要です。
また、マンションなどの集合住宅の場合は、基本的に窓やドアは共有部分となっており、リノベーションすることはできません。
知らずに、セルフリノベをしてしまった場合、規約違反になりますので、事前に確認が必要です。

【基礎部分のセルフリノベ】

住宅や建物の基礎となる部分や、構造に関わる部分のリフォームを行なうことはオススメできません。
建物の基礎部分や構造部分を変更してしまうと、耐震性や耐久性が低下する可能性があるのです。
建物の基礎部分や構造部分の工事は、非常に難しく、知識が必要になります。
そのため、安易に住宅の基礎部分をセルフリノベで、変更することはやめたほうがいいでしょう。
建物の基礎部分や構造部分を変更したい場合には、リフォーム業者など、プロに相談されることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベで注意すべきポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフリノベにはメリットがある一方で、失敗や危険のリスクも伴います。
さらに、電気系統や構造部分など、セルフリノべは施工できない箇所もありますので、注意が必要です。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

DIYでセルフリフォームをするメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「DIYでセルフリフォームをするメリット・デメリット」についてです。

最近なにかと注目を集めているDIY。
趣味でDIYに取り組んでいるという方も、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、DIYでセルフリフォームを行なう場合の、メリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【セルフリフォーム(DIYリフォーム)とは?】

まずは、セルフリフォームとは、どういったものかについて、ご説明したいと思います。
通常、リフォームは専門の業者に依頼して行ないます。
セルフリフォームとは、リフォーム業者に依頼せずに、自分で家のリフォームやリノベーションを行なうことです。
設計・施工・仕上げと、リフォームに必要な工程を全て、自分で行ないます。
特に、DIYが趣味で、様々なものを自分で作った事があるという方は、セルフリフォームに取り組んでみよう!と思う方が多いようです。
しかし、実際には、セルフリフォームは、決して容易ではありません。
場合によっては、怪我をしてしまう危険もありますし、希望通りにリフォームできない可能性もあるのです。

【セルフリフォーム(DIYリフォーム)のメリット】

次に、セルフリフォームのメリットについて、ご紹介します。

■費用が安くなる

まず、セルフリフォームのメリットとして、リフォーム費用を安く抑えることができるという点が挙げられます。
リフォームを業者に依頼する場合には、材料費の他に、人件費や設計費などが必要になってきます。
しかし、セルフリフォームの場合は、人件費や設計費が必要ありませんので、材料費のみでリフォームすることができるのです。

■知識や技術が身につく

セルフリフォームを行なうことで、施工に関する知識や技術を身につけることができます。
工具の使い方や、材料の選び方、設計の方法など、自分で全て行なうことで、自然と知識や技術が身につきますので、次の機会に役立てられる可能性があります。
また、DIYが好きという方にとっては、様々な知識や技術を習得できるというのは、嬉しいですよね。

【セルフリフォーム(DIYリフォーム)のデメリット】

最後に、セルフリフォームのデメリットについて、ご紹介します。

■時間と手間がかかる

セルフリフォームを行なうデメリットは、まず、時間と手間がかかるということです。
業者に依頼すれば、2〜3日で終わる作業も、セルフリフォームで行なうと1ヶ月以上かかることもあるでしょう。
また、仕事をしながら作業を行なう場合は、休日しか作業できないため、完成までに、さらに時間がかかってしまいます。
また、重いものを持ったりしなければいけない場面も出てきますので、体力がかなり必要です。
想像以上に時間がかかることと、労力が必要になるため、作業を途中で諦めてしまう人もいるほどです。

■失敗する可能性がある

やはり、プロが作業するのとは異なり、セルフリフォームを行うとなると失敗することも多いです。
施工時には、問題なくても、時間が経ってから、不具合が発生することもあります。
また、施工途中で、何らかの怪我をしてしまう可能性もあり、危険が伴うこともデメリットだと言えるでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「DIYでセルフリフォームをするメリット・デメリット」についてでした。
DIYでセルフリフォームを行なう場合には、メリットとデメリットの両方を理解した上で、取り組むようにしましょう。
セルフリフォームが難しいと感じる場合や、早くリフォームしたいという方は、リフォーム業者に依頼することをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近人気のスキップフロア!メリットやデメリットを解説します!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「最近人気のスキップフロア!メリットやデメリットを解説します!」についてです。

最近は、住宅のリフォームやリノベーションで、スキップフロアを作る人が増えています。
特に、都市部など、土地が狭くなりやすい場所で人気があるようです。
そこで今回は、スキップフロアについて、メリットやデメリットと共に、ご紹介したいと思います。

【スキップフロアとは?】

スキップフロアとは、小上がりとも呼ばれる「中2階」や「中3階」のようなフロアのことで、1つのフロア内に高さの変化があるスペースのことです。
床面の高さが異なるフロアへは、階段などを介して移動することができます。
スキップフロアは、住宅内に1つだけとは限らず、何箇所も作ることも可能です。

【スキップフロアのメリット3選】

まずは、スキップフロアのメリットについて、3つ紹介したいと思います。

■狭小住宅でも広く感じる

スキップフロアは、狭小住宅で人気がありますが、その理由として、実際の面積よりも広く感じることができるからというのが挙げられます。
スキップフロアは空間が拡げているため、視覚的に、実際よりも広く見えるのです。

■様々な使い方がある

スキップフロアは、様々な使い方をすることができます。
収納スペースとして使うのもよし、キッズスペースとして使うのも良いでしょう。
また、書斎や勉強部屋として使うこともできますよ。

■日当たりや風通しが良い

スキップフロアは、基本的にドアや壁などで仕切ってしまわないため、風通しや日当たりがよくなることが多いです。
スキップフロアに設置した窓から差し込む光が、隣接するフロアまで届き、部屋が明るくなりますよ。

【スキップフロアのデメリット3選】

次に、スキップフロアのデメリットを3つ、ご紹介したいと思います。

■費用が高くなりやすい

リフォームやリノベーションで、スキップフロアを設置するとなると、通常の住宅構造に比べ、コストがかかることが多いです。
その理由は、工事の手間や材料が増えるからです。
そのため、予算を考慮したうえで、スキップフロアの場所や数を決めることが大切ですね。

■バリアフリーになりにくい

スキップフロアは、バリアフリーとは正反対な家です。
バリアフリーが、できるだけ住宅の段差を無くすのに対し、スキップフロアは段差を作ります。
そのため、高齢者の方や、介護が必要な方と暮らす住宅の場合は、スキップフロアは向いていないかもしれませんね。

■固定資産税に影響がでることも

スキップフロアは、作り方によっては、固定資産税が高くなる可能性もあります。
ただし、施工法によっては、固定資産税が安くなる可能性もあるのです。
そのため、リフォームやリノベーションでスキップフロアを作る時は、きちんと知識のある、リフォーム業者に依頼することをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「最近人気のスキップフロア!メリットやデメリットを解説します!」についてでした。
今回ご紹介したように、スキップフロアにはメリットもデメリットもあります。
どちらも知った上で、ライフスタイルなどに合わせて、上手に取り入れるのがいいでしょう。

私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、スキップフロアリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【リフォームと建て替え】それぞれのメリットやデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【リフォームと建て替え】それぞれのメリットやデメリット」についてです。

「マイホームが古くなってきて、劣化や故障が目立つ」

このような悩みを、お持ちの方も多いでしょう。
マイホームが古くなってきた時、リフォームするべきか、建て替えるべきか悩むという方も少なくないはずです。
そこで今回は、リフォームと建て替え、それぞれのメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リフォームのメリット】

まずは、リフォームのメリットから、ご紹介します。
リフォームのメリットは、建て替えに比べて費用を抑えやすいという点です。
リフォームは、住宅の劣化や故障が目立つ部分だけを集中して工事することもできますし、予算に合わせてリフォーム内容を決めることができるため、予算組みがしやすいと言えます。
さらに、工事に必要な期間も、建て替えに比べて短くなるというのも、リフォームのメリットです。
リフォームの内容によっては、今の家に住みながら工事を行うことができる場合もありますよ。

【リフォームのデメリット】

次に、リフォームのデメリットについて、紹介します。
リフォームのデメリットは、住宅の基礎の部分は基本的に変えることができないということです。
そのため、場合によっては希望の間取りにリフォームすることができない場合もあります。
また、地盤沈下や、柱となっている木材の腐食、シロアリの被害などがある場合は、建て替えよりもリフォームの方が、費用が高くなる可能性もあるのです。

【建て替えのメリット】

次は、建て替えのメリットについてです。
建て替えのメリットは、現在の住宅の構造に関係なく、希望の間取りに変更できるという点です。
さらに、耐震や断熱を向上させやすいというメリットもあります。

【建て替えのデメリット】

最後に、建て替えのデメリットを、ご紹介したいと思います。
建て替えのデメリットは、やはり費用が高額になるということです。
また、一から家を立て直すわけですから、新築時のような手間がかかります。
さらに、リフォームよりも長い工事期間になるということも、建て替えのデメリットだと言える
でしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「【リフォームと建て替え】それぞれのメリットやデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、リフォームと建て替えには、それぞれメリットとデメリットがあります。
どちらも知ったうえで、あなたに合った方を選んでみてくださいね。
予算や、今後どれくらい、その家で暮らすのかなども考えてみることで、どちらが自分たちに合っているのかを決める参考にもなりますよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リビング内階段を設置するメリットやデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リビング内階段を設置するメリットやデメリット」についてです。

リフォームやリノベーションの際に、リビング内階段を設置する家庭も増えています。
この記事を読んでいる方の中にも、リビング内階段の設置を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、リフォームやリノベーションで、リビング内階段を設置するメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【そもそもリビング内階段とは?】

まず、リビング内階段とは、どういったものなのかについて説明します。 
リビング内階段とは、戸建て住宅で2階や3階に上がるたるめの階段が、廊下ではなくリビングの中に設置されている間取りのことを指します。

つまり、リビング内階段を設置した場合、リビングを通らないと上の階に上がることができないということです。
リビング内階段は、数年前から人気となっています。
ただし、リビング内にはメリットもある一方で、デメリットも存在しますので、検討している方は下記を参考にしてみてくださいね。

【リビング内階段を設置するメリット】

まずは、リビング内に階段を設置するメリットについて、紹介します。

■リビングが広く感じる

1つ目のメリットは、リビング内に階段を設置することで、リビングが通常よりも広く感じるというメリットがあります。
リビングと階段の間に壁を作らないことで、開放感があり、視覚効果によってリビングが広く感じるのです。

■家族間のコミュニケーションが増える

前述の通り、リビング内階段の場合、リビングを通らなければ、上の階に上がることができません。
そのため、自然と家族が顔を合わす機会が増えます。
つまり、家族間でもコミュニケーションが増えるのです。
家族の帰宅や外出が、把握しやすくなるというのもメリットだと言えるでしょう。

【リビング内階段を設置するデメリット】

次に、リビング内階段を設置するデメリットについて、ご紹介します。

■空調が効きにくくなる

ドアを設置しないリビング内階段の場合、リビングの空調が効きにくくなるというデメリットがあります。
温かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に降りるという特性があります。
そのため、リビングで暖房をつけても、温かい空気がリビング内階段を通って、上の階に上がっていってしまうのです。
そうすることで、リビングの空調が効きにくくなるため、冬はリビングが寒いと感じることもあるようです。

■リビングの音や声が漏れやすい

リビング内階段は、空気だけでなく、リビングの声や音も、階段を通って上の階に漏れやすいというデメリットもあります。
プライバシーを保ちたい、リビングの声や音が漏れるのは絶対に嫌だ!という場合は、リビング内階段は不向きかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「リビング内階段を設置するメリットやデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、リビング内階段を設置することで、家族間のコミュニケーションが増えたり、リビングが広く感じたりするといったメリットもありますが、空調が効きにくかったり、声や音が漏れやすいなどのデメリットもあります。
リフォームやリノベーションで後悔しないようにするためにも、リビング内階段を設置する際には、メリット・デメリットを知った上で、検討されることをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リビングリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームで和室を作るメリットとデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームで和室を作るメリットとデメリット」についてです。

最近は、リフォームやリノベーションで、洋室を和室にするという方も増えています。
この記事を読んでいる方の中には、リフォームで和室を作ろうか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、リフォームで和室を作るメリットとデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リフォームで和室を作るメリット】

まずは、リフォームで和室を作るメリットから、ご紹介します。

■畳が柔らかく赤ちゃんがいても安心

畳は、フローリングに比べて柔らかいため、赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも、安心して過ごすことができます。
万が一転んでしまっても、フローリングに比べてダメージが少ないです。
また、赤ちゃんのお世話をするときには、膝をつく姿勢になることも多いですが、畳であれば負担も少ないでしょう。
また、冬の時期でも、ハイハイ期の赤ちゃんの手足が冷えにくいというメリットもあります。

■い草の香りが落ち着く

和室の畳は、い草の香りが懐かしく、とても落ち着きますよね。
家族でテレビを見る場所や、お昼寝の場所としても、畳の敷かれた和室はピッタリです。
冬には、コタツを置いて過ごすのもいいですね。

■客間としても使える

和室は様々な使いみちがあることも、メリットの1つです。
例えば、急な来客時にも、和室を客間として使うこともできます。
さらに、和室に布団を敷いて、親戚や友人に泊まってもらうこともできますよ。

【リフォームで和室を作るデメリット】

次に、リフォームで和室を作るデメリットについて、ご紹介します。

■メンテナンスが必要

まず、和室の畳は、汚れやすかったり、傷がつきやすかったりといった特徴があります。
そのため、数年に1度は、畳を入れ替えるなどのメンテナンスが必要になるのです。
もちろん、その都度、費用がかかりますので、デメリットとも言えるでしょう。

■ダニが発生する可能性がある

和室の畳は、湿気を吸いやすいため、場合によってはダニが発生する可能性があります。
近年は、防虫性の高い畳も販売されていますが、基本的には部屋の換気を行うことが大切です。

■障子が破れやすい

和室といえば、障子がつきものですが、障子は和紙でできていることが一般的です。
そのため、小さな子どもやペットがいるご家庭では、障子が破れてしまう可能性も高いのです。
障子が破れたら、貼り替える必要があります。
最近は和紙ではなく、樹脂でできたシートを障子に貼って、破れにくくする家庭も増えているうようですね。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームで和室を作るメリットとデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、リフォームで和室をつくる場合は、メリットもデメリットもあります。
和室リフォームをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、和室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リノベーションにもメリットとデメリットがあるって知ってますか?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リノベーションにもメリットとデメリットがあるって知ってますか?」についてです。

リノベーションには、多くの魅力があり、最近人気を集めています。
一昔前までは、「マイホーム=新築」という考え方が一般的でしたが、現在では、中古住宅を購入してリノベーションを行うという方も増えているのです。
ただし、リノベーションにもメリットとデメリットがあります。
メリット・デメリットを、それぞれ把握しておかないと、リノベーションした後に、後悔してしまう可能性も少くありません。
そこで今回は、リノベーションのメリット・デメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リノベーションのメリット】

まずは、リノベーションのメリットから、ご紹介していきます。

■希望の立地でマイホームを手に入れやすい

まず、リノベーションのメリットには、物件数が多いというメリットがあります。
というのも、希望の立地で新築の戸建て住宅やマンションを探すとなると、数に限りがあります。
場合によっては、希望の立地には新築物件が無いという時もあるのです。
しかし、中古住宅や中古マンションは、新築に比べて数が多く、希望の立地内で見つけやすいという特徴があります。
つまり、中古住宅や中古マンションを購入してリノベーションを行うことで、希望の立地でマイホームを手に入れやすくなるというメリットがあるのです。

■新築に比べてお得

新築の戸建てや、新築マンションは「新築」という部分に付加価値がでてきます。
そのため、価格設定が高めの場合がほとんどです。
逆に、中古住宅の場合は、物件の価値や土地代がそのまま価格に反映されています。
そのため、比較的安い価格で中古住宅を手に入れることができるのです。
物件購入の費用を抑えられることで、リノベーションに費用をかけることができますので、新築に比べてお得に希望に合ったマイホームをGETできるというメリットがあります。

■自由な設計ができる

リノベーションのメリットには、生活スタイルや、好みのデザインに合わせて、間取りや内装を自由に設計できるということも挙げられます。
もちろん新築でも、注文住宅のように自由設計ができる物件もありますが、やはり費用が高額になることが多いです。
リノベーションは、費用を抑えながら、希望のデザインや間取りにできるというメリットがあります。

【リノベーションのデメリット】

リノベーションのメリットをご紹介しましたが、一方リノベーションにはデメリットも存在します。
まず、リノベーションを行う場合は、物件探しからリノベーション完了し住み始めることができるまで、少し時間がかかるということです。
すぐに、住環境を変える必要がある方には向いていないと言えます。
さらに、中古住宅の物件によっては、リノベーションできる内容に制限があったり、耐震性に不安があったりする場合もあります。
リノベーションで耐震性を向上させることも可能ですが、費用が高額になりやすいというデメリットがあるのです。

【まとめ】

今回のテーマは「リノベーションにもメリットとデメリットがあるって知ってますか?」についてでした。
今回ご紹介したように、リノベーションにもメリットとデメリットがあることを知っていただけたのではないでしょうか。
リノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リノベーション工事を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セルフリノベーションのメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベーションのメリット・デメリット」についてです。

最近は、テレビの企画などで、芸能人が家を自分でリフォームやリノベーションする様子が放送されていることもあります。
そういった影響で、セルフリノベーションに興味を持っているという方も多いのではないでしょうか。
セルフリノベーションには、メリットもある反面、デメリットも存在します。
今回は、セルフリノベーションのメリット・デメリットについて、ご紹介したいと思います。

【セルフリノベーションとは】

まずは、セルフリノベーションとは、どういったことを指すのかについて、ご紹介したいと思います。
セルフリノベーションとは、大工さんや内装業者さんなどの手を借りず、自分自身でDIYしながら、リノベーションを行うことを指します。
DIYブームの中、セルフで、自宅を自分好みのデザインにリノベーションしようという方も、増えているのです。
テレビなどでは、芸能人が、簡単にセルフリノベーションしているようにも見えるため、「自分でもできるかもしれない」「セルフリノベーションをやってみたい」という方も多いでしょう。

【セルフリノベーションのメリット】

では、次にセルフリノベーションのメリットについて、ご紹介したいと思います。

■費用を安く抑えることができる

セルフリノベーションの最大のメリットは、業者に依頼するよりも、リノベーションにかかる費用を安く抑えることができるという点です。
業者にリノベーションを依頼すると、「材料費」の他に「人件費」や「設計費」が必要になります。
一方、セルフリノベーションの場合は、基本的に「材料費」のみで行うことができるのです。
リノベーションの規模や内容によっても異なりますが、数百万円の節約になる場合もありますよ。

■技術や知識が身につく

普段の生活では、建材や工具を扱うことのない方がほとんどでしょう。
セルフリノベーションを行うことで、これらの知識や技術を身につけることができるというのも、セルフリノベーションのメリットです。
技術や知識を身につけることができれば、もう一度リノベーションすることもできますし、何か故障や不具合があっても自分で対応できることが多くなります。

【セルフリノベーションのデメリット】

最後に、セルフリノベーションのデメリットについて、ご紹介したいと思います。

■時間と体力が必要

セルフリノベーションは、時間がかかります。
さらに、かなりの体力が必要です。
リノベーションの内容や規模によって、リノベーションにかかる期間は異なりますが、業者に依頼する場合の2〜3倍の期間が必要になるでしょう。
また、普段は仕事で作業ができないため休みの日のみ作業を行うという場合は、さらに長い期間が必要になります。

■全て一人ではできないことも

リノベーション工事では、重いガラスや木材などを運ばなければいけないことも、でてきます。
全て一人で作業するというのは、難しい場合もあります。
そのため、友人や家族など、周りの人に手伝ってもらえるよう、お願いしなければいけません。

■危険を伴うことも

リノベーションでは、様々な工具を使用します。
中には、電動ドリルや、ノコギリなど、使用方法を誤れば、大怪我に繋がる危険な工具も含まれています。
また、重いものを運んでいる時に手を滑らせて足の上に落としてしまったり、ぎっくり腰になってしまったりする可能性もあるのです。
このように、セルフリノベーションでは、危険を伴うこともありますので注意が必要です。

■大規模なリノベーションは難しい

大規模なリノベーションを行う場合は、建築基準法の知識が必要になることもあります。
そのため、セルフリノベーションでは、大規模なリノベーションを行うことは難しいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベーションのメリット・デメリット」についてでした。
セルフリノベーションに興味を持っているという方は、今回ご紹介した、メリットやデメリットを参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でもリノベーションを承っております。
セルフリノベーションが難しいと感じられた方は、お気軽にお問い合わせください。

リフォームでロフトを作るメリットとデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームでロフトを作るメリットとデメリット」についてです。

リフォームを検討中の方は、どんな部屋にしようかな?と様々な想像を膨らませているのではないでしょうか。
最近は、リフォームでロフトを作るという方も増えています。
子供部屋でも、寝室でも、様々な部屋に作ることができるロフトですが、メリットやデメリットも存在します。
そこで今回は、リフォームでロフトを作るメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【ロフトとは?屋根裏部屋とは違う?】


そもそもロフトって何?という方もいらっしゃるかもしれません。
ロフトって屋根裏部屋のことでしょ?と思っている方も少なくないようです。
しかし、ロフトと屋根裏部屋は異なります。
屋根裏部屋とは、天井と屋根の間のスペースを利用して作るスペースのことです。
一方でロフトは、天井近くに作るスペースのことなのです。
そのため、屋根裏部屋は、最上階に作ることになりますが、ロフトは必ずしも最上階という訳ではありません。
つまり、一階の部屋にロフトを設置することも可能だということです。
もちろん、屋根裏部分を利用して、ロフトを作ることも出来ますよ。

【リフォームでロフトを作るメリット】

リフォームでロフトを作るメリットには、下記のようなものがあります。

■スペースの拡充

まず、ロフトを作るメリットとして挙げられるのが、スペースの拡充です。
ロフトを作ることで、一つの部屋に2つのスペースを作ることができます。
ロフト部分を収納スペースや、寝室として利用することで、生活スペースに置く家具を少なくすることができ、広く使うことが可能になります。

■特別な空間を作れる

やはり、ロフトは特別な空間ですよね。
子供の頃に憧れた、秘密基地のような雰囲気もあります。
子供部屋にロフトを作れば、子供たちにとって最高の空間になりますよ。
寝室や、書斎、リビングなどにロフトを設置すれば、大人にとっても特別な雰囲気を演出することができます。
ロフトは特別な空間でありながら、様々な用途で使用できるのも、メリットの1つですね。

【リフォームでロフトを作るデメリット】

リフォームでロフトを設置することには、少なからずデメリットもあるようです。
ロフト部分はどうしても天井が低くなってしまいますので、高身長の人が動きづらかったり、掃除機がかけにくかったりするということもあります。
さらに、ロフトへの上り下りは、ハシゴを使うことが多いですので、高齢者や子供などの使用には注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームでロフトを作るメリットとデメリット」についてでした。
憧れのロフトですが、メリットもデメリットも存在しています。
リフォームでロフトを設置するかどうかは、家族構成や使用用途など、様々なことを考慮した上で検討されるのがよいでしょう。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、ロフト設置のリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてです。

結婚や出産を機にマイホームを購入される方も多いですよね。

一昔前までは、マイホームと言えば新築!という方が多かったですが、最近は、あえて中古住宅を購入してリノベーションをされる方も増えています。

そこで今回は中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リノベーションとは?】

中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットをご紹介する前に、

「リノベーションという言葉は聞いたことがあるけれど、あまりよく知らない」

「リフォームとはどう違うの?」

といった方のために、まずはリノベーションについてご紹介したいと思います。

リノベーションとは、既存の建物に対して、性能を向上させたり、価値を高めたりするための工事を行うことをいいます。

上記のような説明だと、リフォームとの違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

リフォームは原状回復のための修繕が基本です。経年劣化しているものを新築の状態に戻すという考え方になります。

それに比べてリノベーションは、間取りや内装など様々な部分を、これから住む人に合わせて作り変え、住宅の機能や価値を新築以上にすることをいいます。

リフォームが「元に戻す」と考えるのであれば、リノベーションは「作り変える」というイメージになります。

リノベーションは既存の住宅にプラスαで新たな価値や機能を向上させることができますので、近年人気となっています。

【中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット】

では次に、中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

■メリット

まず、中古マンションをリノベーションする場合のメリットには以下のようなものがあります。

・マイホーム購入費用を安く抑えることができる

・新築マンションに比べ、中古マンションの物件数が多いため選択肢が増える

・近隣住民の雰囲気などを購入前に知ることができる

・新築以上に自分好みに設備や内装にこだわることができる

■デメリット

次に、中古マンションをリノベーションする場合のデメリットは以下のようなものがあります。

・玄関のドアや窓などの共有部分に関しては変更することができない

・住宅ローンにリノベーション費用を入れることができない

・マンションによっては、管理規約や構造が原因で希望通りのリノベーションができない場合がある

・1981年以前に建てられたマンションの場合、耐震性が弱い可能性がある

【まとめ】

今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてでした。

中古マンションのリノベーションにはメリットもデメリットも存在しますが、リノベーションに適した中古マンション選びを行うことで、デメリットを減らすことができます。

中古マンションのリノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━