【キッチンリフォーム】家族のライフスタイルに合わせたキッチン選びがポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【キッチンリフォーム】家族のライフスタイルに合わせたキッチン選びがポイント」についてです。

リフォームの中でも、キッチンリフォームは人気が高いです。
本記事を読んでいただいている方の中にも、キッチンリフォームを検討しているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、キッチンリフォームと一言で言っても、キッチンには様々な種類がありますので、どうやって選んで良いかわからないという方も多いです。
そこで今回は、キッチンリフォームについて、ご紹介したいと思います。

【キッチンリフォームは家族のライフスタイルに合わせて選ぼう】

キッチンリフォームで、キッチンの種類を選ぶ時に大切なのが、家族のライフスタイルに合わせて選ぶということです。
例えば、お子さまがまだ小さく、子育て世帯の場合h、キッチンからリビングの様子が見守れるような対面型キッチンが人気です。
さらに、料理好きの奥様や、夫婦二人で一緒に料理をするというご家庭では、調理スペースを広くとれるL型キッチンが使いやすいという意見も多いです。
このように、家族構成や、ライフスタイルによって、使いやすいキッチンの型は異なりますので、自分たちにはどのタイプのキッチンが合っているのかを知ることが大切です。

【キッチンの型ごとのメリットやデメリット】

キッチンの型は大きく分けると、I型キッチン・L型キッチン・対面式キッチンの3つに分けることができます。
次は、それぞれのキッチンのメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

■I型キッチン

まずI型キッチンは、壁に向いて設置された直線型のキッチンです。
最も一般的な型の、キッチンだとも言えます。
省スペースでも設置可能ですので、小さめの住宅にも対応できるという特徴があります。

I型キッチンのメリットは、価格が比較的安いことや、シンプルであまり場所をとらないこと、レイアウトが変更しやすいことなどが挙げられます。
一方で、I型キッチンのデメリットは、動線が長くなると使いづらかったり、複数人での使用がしづらかったりするということです。

■L型キッチン

L型キッチンは、部屋のコーナー部に合わせてL字に設置するキッチンのことです。
L型キッチンのメリットは、とにかく広く使えるということです。お料理好きの方には特に人気があります。
また家族の人数が多く、一度にたくさんの量を作るという場合にもオススメです。
調理スペースが広いだけでなく、動線が楽だというメリットもあります。
一方で、L型キッチンのコーナー部分は、デッドスペースとなることもあるため、そこはL型キッチンのデメリットだと言えますね。

■対面式キッチン

対面式キッチンは、キッチン自体が室内の方に向かって設置されているキッチンのことです。
最近は、この対面式キッチンが人気です。
特に、子育て世帯のご家庭には対面式キッチンが人気がありますよ。
対面式キッチンのメリットは、キッチンからリビングにいる家族の様子を見ることができ、キッチンにいてもコミュニケーションをとることができるという点です。
一方で、キッチンにある程度のスペースが必要になることや、設置費用が比較的高額になるといったデメリットもあります。

【まとめ】

今回のテーマは「【キッチンリフォーム】家族のライフスタイルに合わせたキッチン選びがポイント」についてでした。
キッチンリフォームを、ご検討中の方は、今回の記事を参考に、家族のライフスタイルに合ったキッチンを選ばれてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、キッチンリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォーム検討中の方必見!寝室リフォームのポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォーム検討中の方必見!寝室リフォームのポイント」についてです。

寝室は、一日の疲れをしっかり取るための場所です。
人の睡眠時間は、一日の3分の1になるとも言われていますので、寝室はより長く過ごす部屋でもあります。
そこで今回は、寝室リフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。
自宅の寝室をリフォームしようとお考えの方は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてください。

【寝室リフォームのタイミングとは】

まず、寝室リフォームのタイミングについてです。
寝室リフォームのタイミングというのは、特に決まりがあるわけではありませんので、各ご家庭によってタイミングは様々です。
例えば、ライフスタイルが変わり、眠る時間が変わった時や、家族が増えたり減ったりした場合、さらに現在の寝室では熟睡できなっかたり、睡眠の質が悪いと感じている時などがリフォームのタイミングだと言えます。
それ以外にも、寝室の壁や床などが劣化してきた際も、リフォームのタイミングですね。

【寝室リフォームで注意しておきたいポイント】


寝室リフォームをして、失敗だったと感じる方も少なからず、いらっしゃるようです。
例えば、寝室の窓を西側に設置したことにより、西日で室温が高くなり夏場は電気代がかかってしまうということや、防音性が低く眠りが浅くなってしまうということもあります。
ここでは、せっかくの寝室リフォームを失敗しないためのポイントをご紹介したいと思います。

■床材や壁材は落ち着いた色合いに

寝室リフォームでは、床材や壁材に落ち着いた色合いのものを選ぶことをオススメします。
ゆったりとリラックスできる空間で、しっかりと睡眠をとるためには、明るすぎる色よりも、落ち着いたダークブランやベージュなどを選ぶといいですよ。

■音や光の対策を

しっかりと睡眠をとるために、音や光を遮る工夫が必要です。
壁の防音性を高めたり、窓を設置する方角を工夫するといいですよ。
さらに、寝室の照明は明るすぎず暖色系のライトを選ぶのもオススメです。

■調湿タイルや調湿クロスもオススメ

寝室の湿度が高すぎたり、低すぎたりすると、質の良い睡眠が取りづらくなります。
60%前後の湿度を保てるといいでしょう。
そのために、寝室リフォームで、調湿タイルや調湿クロスを取り入れるのもオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォーム検討中の方必見!寝室リフォームのポイント」についてでした。
寝室のリフォームを行うことで、良質な睡眠を取ることができ、一日の疲れを次の日に残しにくくすることができます。
寝室リフォームを失敗しないために、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、寝室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォーム後の引き渡しでチェックするべきポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォーム後の引き渡しでチェックするべきポイント」についてです。

リフォームが完了したら、引き渡し作業を行います。
引き渡しの際は、自宅の状態やリフォーム箇所をチェックする必要があります。
このチェック作業は、実はとても重要なのです。
今回は、リフォーム後の引き渡しでチェックするべきポイントについて、ご紹介したいと思います。

【なぜ、リフォーム後の引き渡しでチェック作業が重要なのか】

リフォームをスタートさせる前は、リフォーム業者と何度も入念に打ち合わせを行いますよね?
しかし、それで安心してしまってはいけません。
場合によっては、打ち合わせ内容通りにリフォームが行われていない可能性もあるからです。
そういったことで起こる後々のトラブルを防ぐためにも、引渡し時にはきちんと細かい部分までチェックして確認する必要があります。
引渡し時にきちんとチェックすることで、万が一、何か問題や、打ち合わせ内容と異なる箇所を発見しても、すぐに業者と一緒に確認して修正することができるので、引渡し時のチェック作業はしっかりと行いましょう。

【引渡し時にチェックしておきたいポイント】

引渡し時の確認が大切だと前述しましたが、どこをチェックすればよいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
次は、引渡し時にチェックしておきたいポイントについて、ご紹介したいと思います。

■図面や事前の打ち合わせと異なる箇所はないか

まず大前提として、大規模なリフォームであれば事前の打ち合わせ内容を基に作成した図面に合わせて進めていきます。
そのため、「リフォームの完成=図面と同じ」でなければいけません。
小規模リフォームの場合は図面がないこともありますが、事前に図面をもらっている大規模リフォームでは、まず図面と異なっている点はないか確認しましょう。

■壁材や外壁材、屋根材などの剥がれやヒビ割れがないか


壁材に使用しているクロスやタイルの、剥がれや破れ、外壁材や屋根材の剥がれやヒビ割れ等が無いかも確認が必要です。
接着不良が発生している可能性もありますので、きちんとチェックすることをオススメします。

■食洗機や浴室乾燥などの電気系統が正常に動作するか

備え付けの食洗機や浴室乾燥などの家電製品を含む、電気系統が正常に作動するかも確認しておきましょう。
電気系統は稀に初期不良がある場合もありますので、引渡し時のチェックが大切です。

■ドアや窓はスムーズに動くか

ドアや窓の立て付けが悪いと、スムーズに開け閉めできなかったり、異音がしたりすることがあります。
その場ですぐに、対処できる場合もありますので、きちんと確認しておきましょう。

■テープ跡やホコリが残っていないか

リフォーム時に養生で使用したテープ跡が残っていたり、ゴミやホコリが残っていたりすることがあります。
せっかくリフォームして綺麗な状態なのに、そういったテープ跡やゴミが残っていると不快ですよね。
すぐに綺麗にしてもらえますので、発見したら遠慮なく業者に伝えましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォーム後の引き渡しでチェックするべきポイント」についてでした。
リフォーム業者によっては、隅々まで細かくチェックしてもなんの問題もないことも多いです。
しかし場合によっては、ずさんなリフォームが行われてしまっている可能性もあります。
そのためにも、安心しきらず、リフォーム後の引き渡しでは、細かくチェックするようにしましょう。
広島市・呉市・東広島市でリフォームやリノベーションを、ご検討中の方は、私たちドゥクラフト土肥家具までお気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バルコニーとベランダは何が違うの?リフォームの注意点は?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「バルコニーとベランダは何が違うの?リフォームの注意点は?」についてです。

バルコニーやベランダは、洗濯物を干すだけでなく、ガーデニングなど様々な使用方法があり、住宅の大切なスペースです。
しかし、バルコニーやベランダは建物の外部分になりますので、直射日光や雨風の影響を受けやすい場所でもあります。
直射日光や雨風の影響を受けやすいということは、劣化しやすい場所だということですので、定期的にメンテナンスやリフォームを行う必要があるのです。
今回は、バルコニーやベランダリフォームを行う際の注意点について、ご紹介したいと思います。

【バルコニーとベランダって何が違うの?】


そもそも、バルコニーとベランダの違いをご存知でしょうか?
バルコニーとベランダは、同じようで実は少し違うのです。

■バルコニー

バルコニーとは、「建物の外壁から張り出した部分で、屋根がなく手すりがついているスペース」のことを指します。
バルコニーは、建築基準法で「100cm以上の幅と110cm以上の手すりをつけること」と定められています。
上記のことから、100cm未満の狭いスペースや、手すりがない場合はバルコニーとは呼ばないのです。

■ベランダ

一方、ベランダは「建物の外壁から張り出した部分で、屋根付きのスペース」のことを指します。
例えば、日本家屋によく見られる「縁側」もベランダに含まれるのです。

つまり、基本的には、屋根の有無によってバルコニーかベランダかに分かれるということです。
しかし、最近ではあまりきちんと区別せず、バルコニーをベランダと呼んだり、ベランダをバルコニーと呼ぶ人も増えています。

【バルコニーやベランダリフォームの注意点とは】

バルコニーやベランダの防水性能の寿命は、約10年だといわれています。
防水性能が低下すると、雨漏りや腐食等の原因となりますので、早めに防水塗装リフォームを行うことをオススメします。
ここでは、バルコニーやベランダリフォームの注意点について、ご紹介したいと思います。

■日当たりや風通しとプライバシー保護の両面を意識する

バルコニーやベランダは、天気のいい日に出ると、とても気持ちがいいですし、洗濯物を干す場合は日当たりがよく早く乾く方がいいですよね。
そのため、あまり住宅を覆いすぎることなく、日当たりや風通しがよいベランダやバルコニーにしたいという方も多いはずです。
ただし、日当たりや風通しばかりを意識してしまうと、外から家の中が見えやすくなりプライバシーが守られにくくなります。
外から家の中が見えやすいということは、防犯上もあまりよくありませんので、日当たりや風通しとプライバシー保護の両面を意識しながら、バルコニーやベランダのリフォームを行う方がよいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「バルコニーとベランダは何が違うの?リフォームの注意点は?」についてでした。
バルコニーとベランダは、似ているようで実は違いがありますが、普段の生活ではあまり細かく分けて呼ばなくてもいいでしょう。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、ベランダやバルコニーのリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな症状には注意!外壁塗装リフォームを行うタイミングや必要性

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「こんな症状には注意!外壁塗装リフォームを行うタイミングや必要性」についてです。

大切なマイホームを長く良い状態に保つためには、定期的なメンテナンスやリフォームが重要なポイントになります。
特に外壁は、建物の外側にあるため、常に紫外線や雨風、空気にさらされています。
そのため、経年劣化で新築時に施してある防水性能が低下していくのです。
今回は、外壁塗装リフォームのタイミングや必要性について、ご紹介したいと思います。

【外壁の塗膜寿命は約10年】

外壁の種類やグレード等でも異なりますが、一般的に外壁の塗膜寿命は約10年と言われています。
前述したように、新築時に施されていた防水性能が、長年、紫外線や雨風、空気にさらされたことにより低下していくからです。
防水性能が低下しても放置したままだと、建物内に水が侵入しやすくなります。
建物内に水が侵入してしまうと、断熱材や木部が腐食したり、雨漏りしたりする原因になるのです。
断熱材や木部の腐食、雨漏りは、建物の耐久性に影響を与え、建物自体の寿命が短くなってしまいます。
大切なマイホームを守るためにも、定期的な外壁塗装リフォームを行うことをオススメします。

【こんな症状があれば外壁塗装リフォームを!】


外壁の塗膜寿命は約10年であると前述しましたが、年数だけで判断するのは危険です。
住宅が建っている場所や、使用している種類によっても異なりますので、年数はあくまでも目安で、定期的に自宅の外壁の状態をチェックしておくのがよいでしょう。
そして下記のような症状が見つかった場合は、早めに外壁塗装リフォームを行うことをオススメします。

■塗膜の剥がれ

塗膜の剥がれが起きていると、その剥がれた部分から内部に水が入り込むことがあります。
塗膜の剥がれは、下地と塗料に密着が悪いことが原因で起きることもありますので、塗膜の剥がれを見つけた場合は、放置せずに早めに外壁塗装リフォームを行いましょう。

■ヒビ割れ(クラック)

外壁は、経年劣化によってヒビ割れ(クラック)が起こることがあります。
ヒビ割れ(クラック)も、内部に水が侵入する原因となりますので注意が必要です。
小さなヒビ割れでも、放置したことによって、ヒビ割れが大きくなる可能性がありますので、早めに対処することをオススメします。

■チョーキング

チョーキングとは、外壁を手で触った時に白い粉が付着する状態のことです。
この白い粉は塗料で、塗膜の劣化が原因で発生しています。
チョーキングが起きたまま放置していると、外壁の防水性能が低下してしまいますので、外壁塗装リフォームを行うことを検討しましょう。

■カビやコケ等の汚れ

もちろん、外壁は汚れやすい部分なのですが、カビやコケなどの汚れの場合は放置しないほうがいいでしょう。
カビやコケが発生しているということは、日当たりが悪い可能性があり、放置すると増えていく可能性が高いです。
内部にまで発生し、腐食の原因となりますので注意しましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「こんな症状には注意!外壁塗装リフォームを行うタイミングや必要性」についてでした。
大切なマイホームを守るためにも、定期的に外壁の点検を行い、必要があれば外壁塗装リフォームを行うことをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、外壁塗装リフォームを承っております。
まずは、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

洗面台の寿命やリフォームのポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「洗面台の寿命やリフォームのポイント」についてです。

洗面台に寿命なんてあるの?と思う方も多いかもしれませんが、実は洗面台にも寿命があるのです。
今回は洗面台の寿命や、寿命が近づいた時におこる症状、リフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【洗面台の寿命】

洗面台の寿命は一般的に、約10年〜20年と言われています。
なぜ、こんなにも寿命の幅が広いのかというと、使用している洗面台の素材や、使用頻度などによって異なってくるからです。
大家族のように、家族の人数が多ければ、その分、洗面台の使用頻度も多くなりますので寿命も短くなりやすいでしょう。
また、掃除やメンテナンスを怠っていると寿命が短くなりやすいですので注意しましょう。

【洗面台の寿命が近づいてくると表れる症状とは】

洗面台の寿命が近づいてくると、様々な症状がでてくる場合が多いです。
下記のような症状がでている場合は、寿命がきているサインだと考えていいでしょう。

■蛇口やシャワー部分からの水漏れ

蛇口をしっかり締めているにも関わらず、ポタポタと水が漏れていたり、蛇口についているシャワーのホースなどから水が漏れていたりすると劣化のサインです。
目に見えてわかりやすい部分になりますので、劣化に気づくのも早く、対処しやすい部分でしょう。

■排水管からの水漏れ

経年劣化によって、排水管から水漏れが起こる可能性もあります。
排水管は、洗面台の下の収納部分の奥についていることが多く、普段はなかなか目にする場所ではありませんので、水漏れに気づくのが遅くなってしまうこともあります。
そうなると、水漏れの放置によってカビが発生してしまうこともありますので注意が必要です。
時々、配管部分にも注意してチェックしておくといいですよ。

■洗面ボウルのヒビや割れ

洗面ボウルに、硬い物や重い物を落としてしまうとヒビが入ったり、割れてしまったりすることもあります。
ヒビぐらいなら大丈夫だろうと油断していると、そのヒビから内部に水が染み込んでしまう可能性もありますので、洗面ボウルのヒビや割れは放置しないようにしましょう。
内部に水が染み込むと、カビなどの原因となります。

【洗面台リフォームのポイント】

洗面台リフォームは、下記のポイントに注意しながら行うといいですよ。

■サイズ

洗面台の高さは、身長の半分程度が使いやすいとされており、75cm〜85cm程度が一般的ですが、家族の身長などに合わせて皆が使いやすいサイズを選ぶといいでしょう。
横幅に関しては、設置するスペースを顧慮して選ぶ必要があります。

■デザイン

洗面台にも様々なデザインがあります。
部屋の雰囲気に合わせたり、浴室のデザインに合わせたりすることもできます。
タイル張りなど、外国風のデザインも人気がありますよ。

■機能性

洗面台の機能性にも注目しましょう。
収納が多いタイプのもの、コンセントの位置や数、シャワー付きのものなど、家族構成などによって使いやすいものを選ぶといいですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「洗面台の寿命やリフォームのポイント」についてでした。
洗面台にも寿命があり、寿命を迎えた洗面台はリフォームするのがいいでしょう。
洗面台リフォームと一緒に、浴室のリフォームをされる方も多いですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【浴室リフォーム】どのメーカーを選ぶ?ユニットバスの選び方

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【浴室リフォーム】どのメーカーを選ぶ?ユニットバスの選び方」についてです。

毎日使用する浴室は、長年の使用で水垢やカビが発生しやすい場所ですので、リフォームされる方も多い場所です。
浴室リフォームを検討する場合、ユニットバスをどこのメーカーにするか悩むという方も少なくありません。
そこで今回は、ユニットバスの選び方について、ご紹介したいと思います。

【ユニットバスの寿命】

ユニットバスの選び方をご紹介する前に、まずはユニットバスの寿命についてご紹介したいと思います。
ユニットバスの寿命は、約15年と言われています。
もちろん、使用頻度や使用環境によっても異なりますので一概には言えませんが、15年というのを一つの交換目安と考えてもいいでしょう。
年数だけでなく、壁や浴槽のヒビ、カビが大量に発生、コーキングの劣化などの症状がある場合は早めに浴室のリフォームを行うことをオススメします。

【ユニットバスの選び方】

次に、ユニットバスの選び方について、ご紹介したいと思います。
よく、ユニットバスはどのメーカーがいいですか?と聞かれますが、ご家庭の環境やどういった機能を優先したいかによって良いユニットバスというのは異なります。

■機能性から選ぶ

最近のユニットバスには、様々な高性能な機能が備わったものもたくさん販売されています。
各メーカーや、ユニットバスの種類によって、どういった機能に力を入れているかは異なりますので、カタログなどを参考にしてみるといいでしょう。
例えば、下記のような機能が備わったユニットバスがありますので、どの機能を優先したいかと予算を合わせながら選ぶというのも1つの方法です。

・浴室の床が暖かい
・浴槽のお湯が冷めにくい
・掃除がしやすい
・床の水はけがいい
・汚れがつきにくい
・カビが発生しにくい
・耐久性が高い

上記のような特徴の中から、家族構成やライフスタイルに合わせて選んでいくといいですよ。

■デザイン性から選ぶ

デザイン性からユニットバスを決めるというのも、一つの方法です。
例えば、「洗面台に合わせたデザインがいい」「シックで落ち着いた雰囲気の浴室にしたい」などの希望があれば、デザイン重視で選ぶのもいいでしょう。
毎日使用する場所ですし、リラックスする場所でもありますので、お気に入りのデザインにしたいという方も多いのではないでしょうか。

【まとめ】

今回のテーマは「【浴室リフォーム】どのメーカーを選ぶ?ユニットバスの選び方」についてでした。
浴室リフォームでユニットバスを選ぶ際は、機能性やデザイン性を見ながら選ぶといいですよ。
カタログだけでは、わからない点についてはショールームなどを訪れてみるのもオススメです。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも浴室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

古いキッチンをリフォームする際の注意点

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「古いキッチンをリフォームする際の注意点」についてです。

キッチンは、ほとんどの方が毎日使用する場所です。
キッチンが古くなっていると、住宅に影響を与えることもあるため早めのリフォームがオススメです。
今回は、古くなったキッチンのリフォームについて、ご紹介したいと思います。

【キッチンリフォームが空室対策に!?】

古いアパートのオーナーさんの中には、なかなか借りてがつかず、空室が多いことで悩んでいる方も少なくないでしょう。
古いアパートの場合、基本的に室内の設備も古くなっています。
室内のリフォームを行うことは、空室状況にも大きく影響してくるでしょう。
しかし、室内全てをリフォームするにはコストがかかりますので、難しいというオーナーさんも多いはずです。
そこでオススメなのが、キッチンのリフォームです。
最近は、一人暮らしの人でも男女問わず、自炊をするという方が増えています。
そのため賃貸物件を探す時に、キッチンを重視する方も多いのです。
機能性やデザイン性に優れたキッチンにリフォームを行うことで、「この部屋を借りたい」と思ってもらえる可能性が高くなります。
キッチンのリフォームだけであれば、室内全てをリフォームするよりも比較的少ない費用ですみますので、オススメなのです。

【古いキッチンをリフォームするなら知っておきたい注意点】

古い団地やアパートなどのキッチンをリフォームする場合は注意すべきことがあります。
それは、「排水管の位置や経路」です。
排水管がコンクリートに埋め込まれていて動かせない場合だと、キッチンの間取りを変更できないこともあります。
キッチンの間取りとは、壁付けキッチンを対面キッチンに変更するといった場合です。
配管については、一般の方ではわからないことが多いですので、まずはリフォーム業者などに依頼して見積もりしてもらうことをオススメします。

【計画的なキッチンリフォームを】

キッチンの寿命は約15年〜20年ぐらいだと言われています。
特にキッチンは水回りですので、古くなると水漏れやシロアリ被害がおきている可能性もあります。
食事の用意を行うキッチンは、できるだけ綺麗に使い勝手のいい状態にしておきたいですよね。
そういったことも含め、キッチンリフォームは計画的に行っていただきたいと思います。

【まとめ】

今回のテーマは「古いキッチンをリフォームする際の注意点」についてでした。
築年数の古い住宅にお住まいの方や、古いアパートを経営されているオーナーさんは、ぜひキッチンリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でもキッチンリフォームを承っております。
排水管等についても、確認させていただくことが可能です。
まずは、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安心・安全なトイレリフォームのポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「安心・安全なトイレリフォームのポイントとは」についてです。

老後に向けたリフォームや、介護のためのリフォームを行う時は、トイレも重要なポイントです。
高齢者や介護が必要な人にとってトイレが使いにくいというのは、辛い問題です。
そこで今回は、老後に向けたリフォームや介護のためのリフォームを検討中の方に向けて、安心・安全なトイレリフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【トイレの中や間口は広めにしておく】

トイレは他の部屋に比べて小さいスペースに設置されることも多いですが、老後や介護を考えたリフォームでは、トイレの中やトイレの間口は広めに作っておくことをオススメします。
介護が必要な場合は、介助者が一緒にトイレに入る必要がでてきますので、狭いトイレではスムーズに動くことができません。
車椅子でも、問題なく利用できるぐらいの間口と中の広さがあれば安心です。
また、ドアはできるだけ引き戸タイプがいいでしょう。
さらに、トイレの出入り口の段差はなくし、フラットにしておくことをオススメします。

【便器が和式の場合は洋式に変更】

古い住宅の場合、和式便器を使用しているということもあるでしょう。
和式の便器は、足腰に負担がかかるため、高齢者の方には使いづらいです。
和式便器を使用しているという場合は、洋式便器にリフォームすることで、足腰への負担が減り、トイレを安心・安全に使えるようになりますよ。

【床材や手すりで転倒防止対策を!】

高齢者の方の自宅内での事故は、転倒が原因のことも多いです。
トイレでは滑りにくい床材を選んだり、手すりを設置したりすることで転倒防止になります。
トイレの床の場合は、滑りにくく掃除のしやすい塩化ビニール樹脂製のクッションフロアがオススメです。
手すりは、転倒防止だけでなく、立ち座りの動作の補助にもなりますよ。

【寝室の近くや緊急呼び出しボタンがあれば、さらに安心】

トイレは、できるだけ寝室の近くに設置することがオススメです。
介護者の場合、寝室からトイレが遠いと間に合わなかったり、転倒の可能性などもでてきますので、できるだけトイレを行きやすい場所に設置するといいですよ。
また、トイレに緊急呼び出しボタンがあれば、急に具合が悪くなった時にすぐに家族に伝えることができますので、より安心です。

【まとめ】

今回のテーマは「安心・安全なトイレリフォームのポイントとは」についてでした。
老後に向けたリフォームや介護のためのリフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、トイレリフォームを承っております。
お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リビングリフォームの事例やポイントをご紹介!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リビングリフォームの事例やポイントをご紹介!」についてです。

リビングは住宅の中でも、家族が集まりコミュニケーションを図る大切な空間です。
そのため、リビングの過ごしやすさはとても重要だと言えるでしょう。
では、リビングをもっと過ごしやすくするためのリフォームには、どういったものがあるのでしょうか。
今回は、リビングリフォームの事例やポイントについて、ご紹介したいと思います。

【リビングリフォームの事例】

まずは、リビングリフォームの事例を2つご紹介したいと思います。

■クロスの張り替え

リビングは一番過ごす時間が長い部屋ですので、経年劣化により壁や天井のクロスの汚れが目立ってくることも多いです。
リビングで喫煙をされる方は壁にヤニが付着し、白い壁も黄ばんでしまっていることがあるでしょう。
そういった事から、リビングリフォームの中でも、クロスの張り替えは人気です。
クロスを張り替えるだけで、部屋が明るくなります。
また、消臭や防カビ、光拡散機能など様々な機能がついた高機能クロスに張り替えることで、リビングがさらに過ごしやすい空間に生まれ変わりますよ。
高機能クロス以外にも、エコカラットなどを一部の壁面に使うというのもオススメです。
リビングのクロスの張り替えの費用は約15万円〜25万円程度ですが、これはどういったクロスを使用するかやリビングの広さなどでも変わってきます。
また必要な期間は、約1〜3日です。

■フローリングの張り替え


壁材だけでなく、フローリングも経年劣化により汚れや凹みなどが出やすくなります。
また、好みのインテイリアとフローリングの色が合わないということもあるでしょう。
フローリングと一言でいっても自然の雰囲気を活かした無垢のものから、手入れのしやすい合板材まで様々な種類があります。
また色合いも白いものから濃い茶色のものまで、豊富です。
フローリングの色合いが変わるだけで、部屋の雰囲気は大きく変わってきます。
床材は好きなインテリアや、持っている家具の色合いに合わせて選ぶといいですよ。
フローリングの張り替えにかかる費用は、6畳の部屋で約10〜25万円程度です。
しかし、こちらも選ぶ床材によって異なります。
必要な期間は約2〜4日ぐらいが一般的です。

【リビングリフォームのポイント】

リビングリフォームの際は、下記のポイントを参考にされてみるのがオススメです。
・複数箇所を同時に行う
・複数の業者に見積りを依頼する
・予算を事前に決めておく
・完成イメージを明確にしておく

上記のポイントに注意してリビングリフォームに取り組むことで、より良いリフォームを行うことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「リビングリフォームの事例やポイントをご紹介!」についてでした。
リビングリフォームをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━