押入れをクローゼットに!リフォームのメリットやポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「押入れをクローゼットに!リフォームのメリットやポイント」についてです。

自宅の押入れが、なんだか使いにくい・・・

そう感じたことはありませんか?

最近では、使いにくい押し入れを、クローゼットにリフォームされる方も増えています。

今回は、押し入れをクローゼットにリフォームするメリットやポイントについて、ご紹介したいと思います。

【押し入れをクローゼットにリフォームするメリット】

まず初めに、押し入れをクローゼットにリフォームすることで、どのようなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

押入れが使いづらいと感じる理由の多くは、「奥行きがありすぎること」と「仕切りが少ないこと」ではないでしょうか。

そもそも押入れは、和室に設置されていることが多く、布団を収納できるように奥行きが広くなっています。

しかし、現在は和室を利用する人が減っていたり、布団ではなくベッドを使用している人が多いことから、押入れが使いづらいと感じる方が増えているようです。

押入れには、奥行きがありすぎることで、奥に収納したものが取り出しにくかったり、仕切りが少ないことで、押し入れの中がグチャグチャになってしまいやすいといったデメリットがあります。

そこで、押入れをクローゼットにリフォームすることで、洋服や小物の収納がしやすくなり、取り出しやすくもなるといったメリットがあります。

【押し入れをクローゼットにリフォームする時のポイント】

次に、押し入れをクローゼットにリフォームする時に気をつけたいポイントについて、ご紹介したいと思います。

■床の補強

押入れの床は、薄いベニヤ板のみが張っていて、下地がきちんと組まれていない場合も多いです。

布団を収納する程度では問題ありませんが、クローゼットして洋服や荷物を収納していくと、床が重さに耐えきれず抜けてしまう可能性もあります。

そのため、場合によっては押入れをクローゼットにリフォームする際に、床の補強工事も行う必要があります。

床の補強工事について、必要かどうかはリフォーム業者に相談するようにしてください。

戸建て住宅で床材の補強工事を行う場合は床下にシロアリの被害がでていなかも一緒に見てもらうと安心ですね。

■結露防止のために断熱材

押し入れがカビや結露で傷んでいる場合があります。

押し入れやクローゼットは風通しが悪く、カビや結露が発生しやすくなります。

そこで押し入れをクローゼットにリフォームする際に、断熱材を追加し、結露防止の工事を行っておくことをオススメします。

せっかく押し入れをクローゼットにリフォームしたのに、結露やカビが発生してしまっては大変ですよね。

特に北側に押入れがある場合は、結露が発生しやすくなりますので注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは「押入れをクローゼットに!リフォームのメリットやポイント」についてでした。

押し入れをクローゼットにリフォームすることで、収納しやすくなるといったメリットがあります。

押し入れをクローゼットにリフォームする場合は、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてです。

結婚や出産を機にマイホームを購入される方も多いですよね。

一昔前までは、マイホームと言えば新築!という方が多かったですが、最近は、あえて中古住宅を購入してリノベーションをされる方も増えています。

そこで今回は中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リノベーションとは?】

中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットをご紹介する前に、

「リノベーションという言葉は聞いたことがあるけれど、あまりよく知らない」

「リフォームとはどう違うの?」

といった方のために、まずはリノベーションについてご紹介したいと思います。

リノベーションとは、既存の建物に対して、性能を向上させたり、価値を高めたりするための工事を行うことをいいます。

上記のような説明だと、リフォームとの違いがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

リフォームは原状回復のための修繕が基本です。経年劣化しているものを新築の状態に戻すという考え方になります。

それに比べてリノベーションは、間取りや内装など様々な部分を、これから住む人に合わせて作り変え、住宅の機能や価値を新築以上にすることをいいます。

リフォームが「元に戻す」と考えるのであれば、リノベーションは「作り変える」というイメージになります。

リノベーションは既存の住宅にプラスαで新たな価値や機能を向上させることができますので、近年人気となっています。

【中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット】

では次に、中古マンションをリノベーションする場合のメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

■メリット

まず、中古マンションをリノベーションする場合のメリットには以下のようなものがあります。

・マイホーム購入費用を安く抑えることができる

・新築マンションに比べ、中古マンションの物件数が多いため選択肢が増える

・近隣住民の雰囲気などを購入前に知ることができる

・新築以上に自分好みに設備や内装にこだわることができる

■デメリット

次に、中古マンションをリノベーションする場合のデメリットは以下のようなものがあります。

・玄関のドアや窓などの共有部分に関しては変更することができない

・住宅ローンにリノベーション費用を入れることができない

・マンションによっては、管理規約や構造が原因で希望通りのリノベーションができない場合がある

・1981年以前に建てられたマンションの場合、耐震性が弱い可能性がある

【まとめ】

今回のテーマは「中古マンションをリノベーションするメリット・デメリット」についてでした。

中古マンションのリノベーションにはメリットもデメリットも存在しますが、リノベーションに適した中古マンション選びを行うことで、デメリットを減らすことができます。

中古マンションのリノベーションをご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必見】太陽光発電リフォームの6つのメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【必見】太陽光発電リフォームの6つのメリット」についてです。

「太陽光発電」は、ここ数年で急速に普及しています。あなたのまわりにも「太陽光発電」を設置している住宅が建っていませんか?

「太陽光発電に関心があるけれど、どういったメリットがあるのかわからなくて不安」という方も多いでしょう。そこで今回は「太陽光発電リフォーム」のメリットについてご紹介したいと思います。

【太陽光発電とは】

「太陽光発電」のメリットをご紹介する前に、まずは「太陽光発電」とはそもそもどういったものなのかを簡単にご紹介したいと思います。

「太陽光発電」とは太陽電池(ソーラーパネル)に太陽の光が当たることで電気を作ることができる発電システムです。

一般家庭の場合、自宅の屋根に太陽電池(ソーラーパネル)を設置することで、発電することができ、作った電気を家庭で使用することができます。

【太陽光発電リフォームの6つのメリット】

次に、太陽光発電リフォームのメリットを6つご紹介します。

■1:電気代が安くなる

まず「太陽光発電リフォーム」を行なうことで、ご家庭の電気代を安く抑えることができます。

これは、自宅で作った電気を使用するため、電気代が通常より安くなるからです。

一般的に、1ヶ月の電気代が1万円程度のご家庭の場合、「太陽光発電」に変えることで年間2万1000円ほどの節約になると言われています。

■2:電気を売却できる

自宅の「太陽光発電」で作った電気は電力会社に売却することもできます。

ご家庭で使用しても、まだ余る電気を電力会社に売ることで収入になりますので、実際に支払う電気代はさらに安くなります。

■3:停電時にも電気の使用が可能

突然の停電や、災害時の停電などでも、太陽の光が太陽電池(ソーラーパネル)に当たっていれば、発電ができますので、電気を使用することができます。

このことから「太陽光発電リフォーム」は災害時、電気が止まってしまい生活が困難になるというリスクを防ぐことにつながります。

■4:最上階の部屋が涼しくなる

太陽電池(ソーラーパネル)を屋根に設置することで、自宅の最上階の部屋の温度を下げることができます。

一般的に最上階の部屋は屋根に太陽の光が当たることで熱せられ、部屋の温度が高くなるのですが、太陽電池(ソーラーパネル)を設置することで、部屋に直接熱が伝わりにくくなり、部屋の温度が下がるのです。

■5:家族みんなで節電を意識することができる

「太陽光発電リフォーム」では太陽電池(ソーラーパネル)の設置だけでなく、電気の使用量や、発電量などがわかるモニターを室内に設置します。

そのことで、家族みんなが節電に対する意識を持つことができるのです。お子様がいるご家庭でも楽しく節電することができますね。

■6:地球環境改善に貢献できる

「太陽光発電リフォーム」は、現在とても深刻な問題になっている地球温暖化の改善に貢献することができます。

これからの地球のためにも「太陽光発電リフォーム」は大切だと言えます。

【まとめ】

今回のテーマは「【必見】太陽光発電リフォームの6つのメリット」についてでした。

「太陽光発電リフォーム」は経済的にも地球環境にもメリットがあるということを知っていただけたのではないでしょうか。

「太陽光発電リフォーム」のメリットはわかったけれど、まだ不安やわからないことがあるという場合は、ぜひ私たち「ドゥクラフト 土肥家具」にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合のメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合のメリット・デメリット」についてです。

最近はほとんどの住宅で洋式トイレが設置されていますが古い住宅や店舗などでは、まだ和式トイレを使用している場合も多くあります。

今回は「実家が和式トイレでリフォームしようか悩んでいる」「和式トイレから洋式トイレにリフォームしてメリットはあるの?」など、和式トイレのリフォームに悩んでいる方に向けた、和式トイレ・洋式トイレぞれぞれのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

【和式トイレのメリット・デメリット】

まずは、和式トイレのメリットとデメリットをご紹介します。

■メリット

和式トイレのメリットは、まず「掃除のしやすさ」です。洋式トイレに比べ、凹凸が少なく、シンプルな造りをしているため、掃除がしやすいというメリットがあります。

また「排便に適している」というメリットもあります。日本人に便秘の人が増えたのは洋式トイレを使用する人が増えたからだという意見もあるほどです。
和式トイレで排便する時の「しゃがむ」という姿勢は排便をスムーズにするために適していますし、足がしっかりと床面につき、踏ん張れるという姿勢も排便する時に適しているのです。

■デメリット

和式トイレのデメリットはまず「水道代」がかかるということです。一般的に洋式トイレに比べ、和式トイレの方が水道代が高くなると言われています。さらに環境保全の考えから最近の洋式トイレは節水に力をいれていますので、昔の和式トイレと比べると水道代に大きな差がでるのです。

その他にも「足腰への負担が大きいこと」や「臭いが出やすいこと」「詰まりやすいこと」などもデメリットだと言えるでしょう。

【洋式トイレのメリット・デメリット】

次に多くの家庭で使用されている、洋式トイレのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

■メリット

洋式トイレのメリットは「どの年代でも使いやすい」ということです。椅子に座るような体勢で用を足すことができますので、小さい子どもから、足腰が不自由な高齢者の方まで、どの年代でも使いやすい形だと思います。

その他にも最近の洋式トイレには「温水洗浄便座」のように座面を温かく保てるものや、お尻を洗浄する機能なのが付いているものも多く販売されているため、寒い日でも快適ですし、衛生的だというメリットもあります。

また消臭効果や、節水効果などが備わった洋式トイレにリフォームすれば、さらにメリットも多くなると言えるでしょう。

■デメリット

洋式トイレのデメリットは「掃除の大変さ」ではないでしょうか。様々な機能を備えた洋式トイレは、シンプルな造りの和式トイレに比べ、複雑な造りをしていますので、細かい部分まで綺麗に掃除をすることが難しいと言えます。

洋式トイレは和式トイレに比べるとデメリットは少ないですが、中にはお尻が直接、便座に触れることが嫌で、それが洋式トイレのデメリットだと考える人もいるかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合のメリット・デメリット」についてでした。

和式トイレを洋式トイレにリフォームすることで、多くのメリットを感じられることができますのでオススメです。
洋式トイレにリフォームするかどうか悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カウンターキッチンにリフォームするメリットとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「カウンターキッチンにリフォームするメリットとは」についてです。

突然ですが、あなたはキッチンは自宅の中で、どういった場所だと考えますか?
多くの方が「料理を作る場所」だと答えるでしょう。
しかしキッチンは、料理を作るだけの場所ではなく、家族とのコミュニケーションを取る場所でもあるのです。家族とのコミュニュケーションをより良いものにするためにキッチンリフォームを行なう人も増えています。

最近のキッチンリフォームではカウンターキッチンへのリフォームが圧倒的に人気です。そこで今回は、カウンターキッチンにリフォームするメリットについてご紹介したいと思います。

【カウンターキッチンとは】

そもそも、カウンターキッチンとは、どういったキッチンのことを指すかご存知ですか?

カウンターキッチンとはキッチンとダイニングの間にカウンターを設置し、料理のやり取りなどをできるように造られたキッチンのことを指します。多くのカウンターキッチンはダイニングに向き合う形で設置されることから「対面キッチン」とも呼ばれています。

【カウンターキッチンの種類】

カウンターキッチンと一言でいっても様々な種類があります。ここでは大きく分けて5つのタイプをご紹介したいと思います。

■アイランドキッチン

キッチンが、どの壁にも接していないキッチンのことを指し、部屋の中で島のような造りになっていることからアイランド(島)キッチンと呼ばれています。

■ペニンシュラキッチン

アイランドキッチンによく似た造りですが、ペニンシュラキッチンの場合は、キッチンの左右どちらかが壁にくっついています。「ペニンシュラ=半島」ということからペニンシュラキッチンと呼ばれています。

■I型キッチン

一番よく使用されている、カウンターキッチンの形ではないでしょうか。コンロからシンクまでが横一直線で並んでいることからI型キッチンと呼ばれています。

■L型キッチン

L字に曲げて設置されているキッチンをL型キッチンと呼んでいます。料理を作るスペースが広く取れるという特徴があります。

■セパレート型キッチン

シンクとコンロが分けて設置されているキッチンをセパレートキッチンと呼びます。Ⅱ型キッチンと呼ばれることもあります。日本の住宅で設置されるのは珍しいですが、海外では多く設置されています。

【カウンターキッチンリフォームのメリット・デメリット】

リフォームでも人気の高い、カウンターキッチンですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここではカウンターキッチンのメリットだけでなく、デメリットについてもご紹介したいと思います。

■メリット

カウンターキッチンのメリットの中でも一番は「料理をしながらでも家族とコミュニケーションが取れる」ということではないでしょうか。

家庭の中でもお母さんはキッチンに立っている時間がとても長いです。調理中だけでなく洗い物も合わせると何時間もキッチンに立っています。

カウンターキッチン(対面キッチン)にすることで、キッチンにいながらも、ダイニングやリビングの家族と顔を合わせることができ、コミュニケーションを取ることができます。

子どもがいる家庭では子どもの遊んでいる様子や宿題をしている様子を見守ってあげることもできます。

上記以外にも「開放感がある」などのメリットもあります。

■デメリット

カウンターキッチンはメリットが多いですが、デメリットが無いわけではありません。

カウンターキッチンにすることで、料理の匂いが部屋中に広がりやすかったり、キッチンカウンターを有効活用できず、カウンターの上が物で溢れてしまうといったデメリットもあります。

またカウンターキッチンの種類によっては、コンロやシンクを含め、常にキッチンを綺麗にしておく必要があるので大変だという声もあります。

【まとめ】

今回のテーマは「カウンターキッチンにリフォームするメリットとは」についてでした。

キッチンリフォームの中でも、カウンターキッチンへのリフォームは人気が高いです。

しかし、カウンターキッチンの特徴やメリット・デメリットを理解しないままリフォームしてしまうと「思っていたより使いにくい」などの不満がでてくる可能性もあります。

後悔のない、キッチンリフォームを行なうためにも、自分に合ったキッチンを選ぶようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必見】二世帯住宅リフォームのメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【必見】二世帯住宅リフォームのメリット」についてです。

核家族化が進んでいる日本ですが、最近では高齢化や共働き夫婦が増加したことで、二世帯住宅へのリフォームを検討される方も増えています。しかし、二世帯住宅リフォームに対して、うまくやっていけるかなどの不安や、間取りの決め方について迷われる方も多いでしょう。そこで今回は、二世帯住宅リフォームのメリットについて、ご紹介したいと思います。

玄関アプローチ

【二世帯住宅とは】

二世帯住宅とは、同一棟の中に親と子のに二世代が一緒に住むための住宅をさします。二世帯住宅と一言で言っても、寝室などのプライベート空間以外のリビングやキッチン、トイレや浴室といった部分は共用で使用する「完全同居型」や玄関のみ共有や玄関と浴室のみ共有など設備の一部のみを共有で使用する「部分共有型」、建物を上下や左右で分け、それぞれに個別での住宅機能を備えたり、二棟の住宅を庭や廊下でつないだ二棟タイプなどの「完全分離型」などがあります。予算や希望する条件によって、どのタイプにするのか家族や業者と話し合いながら決めることが一般的です。

【二世帯住宅のメリット】

二世帯住宅に不安を感じる方も多いですが、実は二世帯住宅には様々なメリットがあるのです。

■家事や育児の負担を軽減
夫婦共働きの家庭の場合、親世帯との二世帯住宅によって、家事や育児を助けてもらうことができ、自分たちの負担を減らしたり、子どもに安心感を与えることができるなどのメリットがあります。親世帯にとっても孫と長い時間を共有できることは嬉しいものです。

■生活費を節約
二世帯住宅リフォームを検討した時に、リフォームにかかる費用で悩まれる方も多いですが、実は二世帯住宅リフォームを行い、二世帯が一緒に暮らすことにより、生活費を節約することができるのです。親世帯・子世帯がバラバラに生活している場合、例えば親世帯は持ち家だけど、子世帯は賃貸に住んでいる場合、親世帯の家を二世帯住宅にリフォームすることで、子世帯が毎月支払っている家賃が必要なくなります。また、一緒に生活することでそれぞれが別で支払っていた光熱費も一つになり、様々な面で生活費の節約につながるのです。

■近くで見守ることができる安心感
最近では高齢者の一人暮らしで、真夏の熱中症や冬場のヒートショックなどで自宅で突然亡くなるということも多いです。それ以外にも高齢者になってくると、体調に様々な不安がでてくるものです。二世帯住宅リフォームを行い、親世帯と子世帯が一緒に暮らすことにより、家族の体調の変化にも気づきやすくなったり、突然倒れるなんてことがあっても、すぐに対応をとることで命が助かることもあります。近くで大切な家族を見守ることができる二世帯住宅は安心です。

このように二世帯住宅リフォームには様々なメリットがあるのです。

今回のテーマは「【必見】二世帯住宅リフォームのメリット」についてでした。
二世帯住宅リフォームに不安を感じている方は、ぜひ参考にしていただきたいと思います。
二世帯住宅リフォームを行なう際は、家族皆の意見を大切にし、信頼できる業者に依頼することをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【豆知識】健康にも好影響!断熱リフォームとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「断熱リフォームとは」についてです。
毎年、夏になると暑さが厳しく、自宅内で熱中症になり、最悪の場合は命を落とすというニュースも、よく耳にします。逆に冬には、自宅内の室温差によるヒートショックなどが原因で命を落とされる方も多くいます。しかし、実際にエアコンなどの冷暖房機器を使用していても、部屋があまり涼しくならなかったり、エアコンを使用している部屋と浴室などのエアコンを使用していない場所との温度差が激しかったりということはよくあります。そこで今回は健康にも好影響を与える、断熱リフォームについてご紹介したいと思います。

断念素材

健康にも好影響!断熱リフォームとは

断熱リフォームとは

断熱リフォームとは、名前の通り、住宅の断熱性能をあげるためのリフォームです。この30年間で、住宅の断熱性能はすごく向上しています。実際に、築30年の住宅と、新築住宅では室温の感じ方に5℃程度の差があると言われています。そのため、築30年以上の住宅は断熱リフォームを行うことで、

自宅の断熱性能を格段にあげることができます。

断熱リフォームを行うメリット

断熱リフォームを行う最大のメリットはもちろん、住宅の断熱性能が向上するということですが、住宅の断熱性能が向上するということは様々なメリットがあるのです。

例えば、住宅の断熱性能が向上することにより、外気温の影響を受けにくくなります。その為、エアコンなどの冷暖房効率がよくなります。ずっと冷房をかけているのに、部屋が暑いといったことや、逆にずっと暖房をかけているのに部屋が寒いということがなくなり、少しのエネルギーで部屋の温度を適温にすることができますので、光熱費の節約にも繋がります。また、自宅内の室温のムラが少なくなるため、ヒートショックのリスクも減り、健康にも好影響を与えます。

断熱リフォームの方法

断熱リフォームといっても規模の大きなものから小さなものまで様々です。床や壁、天井、窓など住宅まるごと断熱性能を高める大規模なリフォームや、既存の窓の内側に断熱窓を設置する比較的簡易な断熱リフォームなどがあります。もちろん窓のみのリフォームよりも住宅まるごと断熱性能を高めるリフォームを行う方が、断熱性能は向上するのでオススメですが、生活環境や予算などによって、どの規模の断熱リフォームを行うかを、リフォーム業者と相談しながら決めると良いでしょう。住宅まるごと断熱が難しい場合でも、天井と床のみ断熱リフォームを行うことで、夏の暑さや、冬の寒さを軽減することができます。

今回のテーマは「健康にも好影響!断熱リフォームとは」についてでした。
断熱リフォームを行うことで、冷暖房などの光熱費を節約することもできますし、ヒートショックや熱中症などの命に関わるようなリスクも減らすことができます。もう、すぐそこまで来ている猛暑日や、年末からの寒さに備えて、ぜひ断熱リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━