最近人気のスキップフロア!メリットやデメリットを解説します!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「最近人気のスキップフロア!メリットやデメリットを解説します!」についてです。

最近は、住宅のリフォームやリノベーションで、スキップフロアを作る人が増えています。
特に、都市部など、土地が狭くなりやすい場所で人気があるようです。
そこで今回は、スキップフロアについて、メリットやデメリットと共に、ご紹介したいと思います。

【スキップフロアとは?】

スキップフロアとは、小上がりとも呼ばれる「中2階」や「中3階」のようなフロアのことで、1つのフロア内に高さの変化があるスペースのことです。
床面の高さが異なるフロアへは、階段などを介して移動することができます。
スキップフロアは、住宅内に1つだけとは限らず、何箇所も作ることも可能です。

【スキップフロアのメリット3選】

まずは、スキップフロアのメリットについて、3つ紹介したいと思います。

■狭小住宅でも広く感じる

スキップフロアは、狭小住宅で人気がありますが、その理由として、実際の面積よりも広く感じることができるからというのが挙げられます。
スキップフロアは空間が拡げているため、視覚的に、実際よりも広く見えるのです。

■様々な使い方がある

スキップフロアは、様々な使い方をすることができます。
収納スペースとして使うのもよし、キッズスペースとして使うのも良いでしょう。
また、書斎や勉強部屋として使うこともできますよ。

■日当たりや風通しが良い

スキップフロアは、基本的にドアや壁などで仕切ってしまわないため、風通しや日当たりがよくなることが多いです。
スキップフロアに設置した窓から差し込む光が、隣接するフロアまで届き、部屋が明るくなりますよ。

【スキップフロアのデメリット3選】

次に、スキップフロアのデメリットを3つ、ご紹介したいと思います。

■費用が高くなりやすい

リフォームやリノベーションで、スキップフロアを設置するとなると、通常の住宅構造に比べ、コストがかかることが多いです。
その理由は、工事の手間や材料が増えるからです。
そのため、予算を考慮したうえで、スキップフロアの場所や数を決めることが大切ですね。

■バリアフリーになりにくい

スキップフロアは、バリアフリーとは正反対な家です。
バリアフリーが、できるだけ住宅の段差を無くすのに対し、スキップフロアは段差を作ります。
そのため、高齢者の方や、介護が必要な方と暮らす住宅の場合は、スキップフロアは向いていないかもしれませんね。

■固定資産税に影響がでることも

スキップフロアは、作り方によっては、固定資産税が高くなる可能性もあります。
ただし、施工法によっては、固定資産税が安くなる可能性もあるのです。
そのため、リフォームやリノベーションでスキップフロアを作る時は、きちんと知識のある、リフォーム業者に依頼することをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「最近人気のスキップフロア!メリットやデメリットを解説します!」についてでした。
今回ご紹介したように、スキップフロアにはメリットもデメリットもあります。
どちらも知った上で、ライフスタイルなどに合わせて、上手に取り入れるのがいいでしょう。

私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、スキップフロアリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【リフォームと建て替え】それぞれのメリットやデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【リフォームと建て替え】それぞれのメリットやデメリット」についてです。

「マイホームが古くなってきて、劣化や故障が目立つ」

このような悩みを、お持ちの方も多いでしょう。
マイホームが古くなってきた時、リフォームするべきか、建て替えるべきか悩むという方も少なくないはずです。
そこで今回は、リフォームと建て替え、それぞれのメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リフォームのメリット】

まずは、リフォームのメリットから、ご紹介します。
リフォームのメリットは、建て替えに比べて費用を抑えやすいという点です。
リフォームは、住宅の劣化や故障が目立つ部分だけを集中して工事することもできますし、予算に合わせてリフォーム内容を決めることができるため、予算組みがしやすいと言えます。
さらに、工事に必要な期間も、建て替えに比べて短くなるというのも、リフォームのメリットです。
リフォームの内容によっては、今の家に住みながら工事を行うことができる場合もありますよ。

【リフォームのデメリット】

次に、リフォームのデメリットについて、紹介します。
リフォームのデメリットは、住宅の基礎の部分は基本的に変えることができないということです。
そのため、場合によっては希望の間取りにリフォームすることができない場合もあります。
また、地盤沈下や、柱となっている木材の腐食、シロアリの被害などがある場合は、建て替えよりもリフォームの方が、費用が高くなる可能性もあるのです。

【建て替えのメリット】

次は、建て替えのメリットについてです。
建て替えのメリットは、現在の住宅の構造に関係なく、希望の間取りに変更できるという点です。
さらに、耐震や断熱を向上させやすいというメリットもあります。

【建て替えのデメリット】

最後に、建て替えのデメリットを、ご紹介したいと思います。
建て替えのデメリットは、やはり費用が高額になるということです。
また、一から家を立て直すわけですから、新築時のような手間がかかります。
さらに、リフォームよりも長い工事期間になるということも、建て替えのデメリットだと言える
でしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「【リフォームと建て替え】それぞれのメリットやデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、リフォームと建て替えには、それぞれメリットとデメリットがあります。
どちらも知ったうえで、あなたに合った方を選んでみてくださいね。
予算や、今後どれくらい、その家で暮らすのかなども考えてみることで、どちらが自分たちに合っているのかを決める参考にもなりますよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リビング内階段を設置するメリットやデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リビング内階段を設置するメリットやデメリット」についてです。

リフォームやリノベーションの際に、リビング内階段を設置する家庭も増えています。
この記事を読んでいる方の中にも、リビング内階段の設置を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、リフォームやリノベーションで、リビング内階段を設置するメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【そもそもリビング内階段とは?】

まず、リビング内階段とは、どういったものなのかについて説明します。 
リビング内階段とは、戸建て住宅で2階や3階に上がるたるめの階段が、廊下ではなくリビングの中に設置されている間取りのことを指します。

つまり、リビング内階段を設置した場合、リビングを通らないと上の階に上がることができないということです。
リビング内階段は、数年前から人気となっています。
ただし、リビング内にはメリットもある一方で、デメリットも存在しますので、検討している方は下記を参考にしてみてくださいね。

【リビング内階段を設置するメリット】

まずは、リビング内に階段を設置するメリットについて、紹介します。

■リビングが広く感じる

1つ目のメリットは、リビング内に階段を設置することで、リビングが通常よりも広く感じるというメリットがあります。
リビングと階段の間に壁を作らないことで、開放感があり、視覚効果によってリビングが広く感じるのです。

■家族間のコミュニケーションが増える

前述の通り、リビング内階段の場合、リビングを通らなければ、上の階に上がることができません。
そのため、自然と家族が顔を合わす機会が増えます。
つまり、家族間でもコミュニケーションが増えるのです。
家族の帰宅や外出が、把握しやすくなるというのもメリットだと言えるでしょう。

【リビング内階段を設置するデメリット】

次に、リビング内階段を設置するデメリットについて、ご紹介します。

■空調が効きにくくなる

ドアを設置しないリビング内階段の場合、リビングの空調が効きにくくなるというデメリットがあります。
温かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に降りるという特性があります。
そのため、リビングで暖房をつけても、温かい空気がリビング内階段を通って、上の階に上がっていってしまうのです。
そうすることで、リビングの空調が効きにくくなるため、冬はリビングが寒いと感じることもあるようです。

■リビングの音や声が漏れやすい

リビング内階段は、空気だけでなく、リビングの声や音も、階段を通って上の階に漏れやすいというデメリットもあります。
プライバシーを保ちたい、リビングの声や音が漏れるのは絶対に嫌だ!という場合は、リビング内階段は不向きかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「リビング内階段を設置するメリットやデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、リビング内階段を設置することで、家族間のコミュニケーションが増えたり、リビングが広く感じたりするといったメリットもありますが、空調が効きにくかったり、声や音が漏れやすいなどのデメリットもあります。
リフォームやリノベーションで後悔しないようにするためにも、リビング内階段を設置する際には、メリット・デメリットを知った上で、検討されることをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リビングリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和式から洋式にトイレリフォーム!メリットや費用を解説します

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「和式から洋式にトイレリフォーム!メリットや費用を解説します」についてです。

昔の日本の住宅では主流だった和式トイレですが、現在では見かけることも少なくなってきました。
若い世代や、小さな子どもたちは、和式トイレを使えない子も増えているようです。
この記事を読んでいる方の中には、自宅のトイレがまだ和式で、洋式にリフォームしようか検討中という方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、トイレを和式から洋式にリフォームするメリットや、費用について、ご紹介したいと思います。

【トイレを和式から洋式にリフォームするメリット3選】

和式トイレを洋式トイレにリフォームすることで、たくさんのメリットがあります。
まずは、トイレリフォームで、和式から洋式にするメリットを3つ、ご紹介します。

■水道代の節約になる

最近の洋式トイレは、節水効果が高いという特徴があります。
そのため、トイレを和式から洋式にリフォームすることで、節水につながり、水道代の節約になるというメリットがあります。

■高齢になっても使いやすい

和式トイレの場合、用を足す際に、しゃがまなければいけません。
高齢になり、足腰が弱くなってくると、和式トイレで用を足す姿勢がしんどくなってきます。
洋式トイレにリフォームすることで、椅子に腰掛けるような姿勢で、用を足すことができますので、随分と楽になりますよ。
さらに、介護が必要になった場合でも、和式トイレに比べ、洋式トイレは介護がしやすいこともメリットの1つです。

■掃除が楽になる

最近の洋式トイレは、掃除が楽になるように設計されたものが多いです。
中には、毎回トイレで用を足すたびに、自動洗浄をしてくれるものまであります。
掃除が楽になると、家事の負担を減らすことができますので、オススメです。

【トイレを和式から洋式にリフォームする際にかかる費用】

和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合、約30万円前後の費用が必要です。
ただし、選ぶトイレの種類によっても、トイレリフォームにかかる費用は異なりますので、あくまでも目安になります。
工事期間は約3〜4日程度で、リフォームを行うことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「和式から洋式にトイレリフォーム!メリットや費用を解説します」についてでした。
今回ご紹介したように、トイレを和式から洋式にリフォームすることで、様々なメリットがあります。
和式トイレのリフォームをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、トイレリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームで和室を作るメリットとデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームで和室を作るメリットとデメリット」についてです。

最近は、リフォームやリノベーションで、洋室を和室にするという方も増えています。
この記事を読んでいる方の中には、リフォームで和室を作ろうか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、リフォームで和室を作るメリットとデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【リフォームで和室を作るメリット】

まずは、リフォームで和室を作るメリットから、ご紹介します。

■畳が柔らかく赤ちゃんがいても安心

畳は、フローリングに比べて柔らかいため、赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも、安心して過ごすことができます。
万が一転んでしまっても、フローリングに比べてダメージが少ないです。
また、赤ちゃんのお世話をするときには、膝をつく姿勢になることも多いですが、畳であれば負担も少ないでしょう。
また、冬の時期でも、ハイハイ期の赤ちゃんの手足が冷えにくいというメリットもあります。

■い草の香りが落ち着く

和室の畳は、い草の香りが懐かしく、とても落ち着きますよね。
家族でテレビを見る場所や、お昼寝の場所としても、畳の敷かれた和室はピッタリです。
冬には、コタツを置いて過ごすのもいいですね。

■客間としても使える

和室は様々な使いみちがあることも、メリットの1つです。
例えば、急な来客時にも、和室を客間として使うこともできます。
さらに、和室に布団を敷いて、親戚や友人に泊まってもらうこともできますよ。

【リフォームで和室を作るデメリット】

次に、リフォームで和室を作るデメリットについて、ご紹介します。

■メンテナンスが必要

まず、和室の畳は、汚れやすかったり、傷がつきやすかったりといった特徴があります。
そのため、数年に1度は、畳を入れ替えるなどのメンテナンスが必要になるのです。
もちろん、その都度、費用がかかりますので、デメリットとも言えるでしょう。

■ダニが発生する可能性がある

和室の畳は、湿気を吸いやすいため、場合によってはダニが発生する可能性があります。
近年は、防虫性の高い畳も販売されていますが、基本的には部屋の換気を行うことが大切です。

■障子が破れやすい

和室といえば、障子がつきものですが、障子は和紙でできていることが一般的です。
そのため、小さな子どもやペットがいるご家庭では、障子が破れてしまう可能性も高いのです。
障子が破れたら、貼り替える必要があります。
最近は和紙ではなく、樹脂でできたシートを障子に貼って、破れにくくする家庭も増えているうようですね。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームで和室を作るメリットとデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、リフォームで和室をつくる場合は、メリットもデメリットもあります。
和室リフォームをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、和室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

団地を購入してリノベーションを行うメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「団地を購入してリノベーションを行うメリット」についてです。

平成も終わり、令和を迎えたこの時代に、昭和の集合住宅である団地に注目が集まっています。
なぜなら、団地をリノベーションして、新たな暮らしを始めるという方が増えているからです。
そこで、今回は、なぜ団地リノベーションが注目を集めているのかがわかる、団地リノベーションのメリットについて、ご紹介したいと思います。

【メリット1:リノベーション費用に予算をかけられる】

まず最初の、団地リノベーションのメリットとして、物件購入価格が安く抑えられるという点が挙げられます。
団地の多くが、築30年以上経過しているため、ほぼ底値で売りに出されていることが多いです。
似たような立地や間取りなど、条件が同じ新築物件と比べると、約半分の価格で購入することができます。
物件購入価格を安く抑えられるということは、その分リノベーション費用に予算を当てることができますよね。
リノベーションは、間取りやデザイン、住宅設備など、自分たちの暮らしに合ったものを選択することができますので、希望に近い住宅を低予算で手に入れることができるのです。

【メリット2:壁式構造で、震災時にも安心】

中古住宅を購入する際には、注意しなければいけないポイントがあります。
それは、耐震基準に関する問題です。
実は、現在の耐震基準が適用されるようになったのは1981年以降で、それ以前に建てられた建物は旧耐震基準が適用されているため、耐震性に不安があります。
団地の中には1981年以前に建てられたものも多く、耐震性に不安を感じるという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、団地は地震に強いと言われています。
なぜなら、団地の多くは、壁式構造という、壁全体で建物を支える構造で建てられており、非常に堅牢です。
実際に、阪神淡路大震災や東日本大震災でも、団地は大きな被害を受けませんでした。
このように、団地は、古い建物にも関わらず、震災時にも安心というメリットがあるのです。

【メリット3:住民同士の交流があり子育てしやすい環境】

近年、住民同士のコミュニケーションが不足しており、隣にどんな人が住んでいるか知らないという方も少なくありません。
しかし、団地は、子ども会や季節のイベントなど、今でも住民同士の交流があるというところが多いのです。
なにか困ったことがあっても、地域で協力しようという雰囲気があるのも暮らしやすいポイントです。
さらに、敷地内に公園や緑地がある団地も多く、子育てしやすい環境だというのも大きなメリットですね。

【まとめ】

今回のテーマは「団地を購入してリノベーションを行うメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、団地リノベーションには、たくさんのメリットがあり注目を集めています。
団地リノベーションに興味があるという方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、団地リノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

天然素材を取り入れたリフォーム

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「天然素材を取り入れたリフォーム」についてです。

住宅のリフォームを検討する際は、どのような素材を使用するか悩みますよね。
壁紙やフローリングなど、様々な素材を用いることができますが、中でも天然素材は優しい質感や香りを感じることができ、心が、ほっと安らぎますよね。
天然素材と一言で言っても、たくさんの種類があります。
例えば、古くから日本家屋で使用されている、畳や障子も天然素材です。
今回は、天然素材を取り入れたリフォームについて、ご紹介したいと思います。

【天然の空気清浄機】

天然素材の中でも、珪藻土や漆喰、無垢材の床には、調湿効果があります。
無垢材のフローリングは、施工後も、空気中の湿気を吸ったり吐いたりしています。
つまり、木材が呼吸をしているのです。
そのため、無垢材の床は、常に湿度を調節してくれます。
合板のフローリングにはない、メリットですね。
また、無垢材のフローリングは、断熱効果がコンクリートの10倍とも言われており、一年中素足で過ごすことができます。
さらに、珪藻土や漆喰は、調湿効果以外に脱臭効果もあるため、ペットを室内で飼っているご家庭にもピッタリです。

【経年劣化が味わいに】

天然素材は、メリットも多い一方で、素材によっては傷がつきやすいという特徴もあります。
特に、無垢材の床は、合板のフローリング材に比べて、傷がつきやすいです。
しかし、時間経つに連れて、変化していく色を味わいとして楽しめるというメリットもあるのです。
ただし、無垢材は表面を保護するために、定期的にワックスがけなどの手入れが必要になります。

【それぞれの天然素材が持つメリット】

最後に、それぞれの天然素材が持つ特徴やメリットについて、ご紹介します。

■無垢材のメリット

・断熱効果が高い
・素足でも過ごしやすい
・室内の湿度を快適に保つ

■珪藻土のメリット

・脱臭効果がある
・室内の湿度を調整してくれる
・耐火性能が高い

■漆喰のメリット

・カビが生えにくい
・防音効果がある
・耐久性が高い

■畳のメリット

・湿気を吸収してくれる
・クッション性がある
・足音がひびきにくい

■障子のメリット

・通気性が良い
・夏は涼しく冬は温かい
・結露を防止する

■和紙のメリット

・保温性が高い
・通気性が良い

【まとめ】

今回のテーマは「天然素材を取り入れたリフォーム」についてでした。
住宅のリフォームやリノベーションで天然素材を取り入れることで、快適で過ごしやすい空間を作ることができます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、天然素材を取り入れたリフォームやリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中古の平屋を購入してリノベーションするメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「中古の平屋を購入してリノベーションするメリット」についてです。

最近、注目を集めているリノベーション。
その中でも、中古の平屋を購入して、リノベーションを行うというのも人気があります。
そこで今回は、中古の平屋を購入してリノベーションするメリットについて、ご紹介したいと思います。

【平屋をリノベーションするメリット】

昔に比べると、平屋の住宅は減っていますよね。
しかし、平屋には、2階建てや3階建てにはないメリットがあります。
そのため、昔ながらの平屋のメリットを活かしつつ、現代のライフスタイルに合った住宅にリノベーションしたいという方も増えているのです。
ここでは、平屋をリノベーションするメリットを3つ、ご紹介したいと思います。

■動線がスムーズ

まず、平屋の大きなメリットの一つに、動線がスムーズになるということが挙げられます。
例えば、1階の洗濯機から取り出した洗濯物を、2階や3階のベランダまで運ばなければいけないというようなこともありません。
掃除機を持って階段を昇ることもありませんので、家事がしやすくなります。
小さなお子様がいらっしゃる場合は、安全面でも平屋はメリットが多いと言えますよ。

■バリアフリー化しやすい

平屋のリノベーションを行うことで、住宅をバリアフリー化しやすいというメリットもあります。
元々、平屋には階段がありません。
そのため、リノベーションで玄関にスロープを設置したり、ドアや廊下の段差をなくすことで、バリアフリー化することができるのです。
2階建てや3階建ての住宅をリノベーションするよりも、費用を抑えながらバリアフリー化できるというのも大きなメリットだと言えます。

■中古の平屋であれば新築に比べ費用を抑えられる

平屋を建てる場合、少し広めの土地が必要になります。
そのため、新築で平屋を建てるとなると費用が高くなりやすいですし、希望の土地に平屋を建てられるだけの大きさの土地を確保できない場合もあります。
そのため、新築ではなく、中古の平屋を購入してリノベーションをするというのがオススメなのです。
中古の平屋を購入してリノベーションすることで、新築で平屋を建てるよりも費用を抑えられるというメリットがありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「中古の平屋を購入してリノベーションするメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、中古の平屋をリノベーションすることには、たくさんのメリットがあります。
平屋で暮らしたい!バリアフリー化を考えている!という方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、平屋のリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

外壁リフォームをするなら知っておきたいサイディングとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「外壁リフォームをするなら知っておきたいサイディングとは」についてです。

戸建住宅の場合、外壁が劣化してくるとリフォームする必要があります。
従来は、外壁リフォームは、モルタル壁に塗料を塗布して仕上げる工法が主流でした。
しかし、近年はサイディングでの外壁リフォームが人気を集めています。
外壁にサイディングを採用することで、多くのメリットがあるからです。
そこで今回は、サイディングの特徴やメリットについて、ご紹介したいと思います。

【サイディングとは?】

まずは、サイディングとは、どういったものなのかについて、ご紹介したいと思います。
サイディングとは、外壁に使用する外壁材の一種です。
サイディングボードと呼ばれる板を、建物の骨格に貼り付けて仕上げる工法です。
骨格に貼り付けたサイディングボードを、シーリング材でつなぎ合わせていきます。
セメント質と繊維質を原料に作られたサイディングボードは、従来のモルタルに比べて耐久性が高いとう特徴があります。

【外壁リフォームでサイディングを採用するメリット】

次に、サイディングを採用するメリットについて、ご紹介します。

■耐久性が高い

前述の通り、サイディングは、従来の工法に比べて耐久性が高いというメリットがあります。
従来のモルタル壁は、ヒビが入りやすかったのですが、サイディングはヒビも入りにくいです。
さらに、サイディングは10年以上の耐用年数のものもありますし、防水性や遮熱性にも優れています。

■デザインが豊富で、完成イメージが湧きやすい

サイディングボードは、繊維質とセメント質で作られた物以外にも、金属や木質などを原料としたものもあり、デザインも豊富です。
また、すでに仕上がっているサイディングボードを貼っていきますので、完成イメージが湧きやすいというメリットもあります。
たくさんのデザインの中から、希望のデザインのものを選べるというのは嬉しいですよね。

■施行時間や費用を抑えることができる

サイディング工法は、比較的作業時間が短く、費用も安い傾向にあります。
工事内容も、複雑ではありませんので、業者による仕上がりの差や施工ミスが少ないというのもメリットだと言えます。

【まとめ】

今回のテーマは「外壁リフォームをするなら知っておきたいサイディングとは」についてでした。
今回ご紹介したサイディング工法は、外壁リフォームの主流となってきています。
従来の工法に比べて、メリットも多いですので、外壁リフォームを検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、外壁リフォームを承っております。
もちろん、サイディング工法での外壁リフォームも可能です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【トイレリフォーム】近年、人気のタンクレストイレとは?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【トイレリフォーム】近年、人気のタンクレストイレとは?」についてです。

トイレは、住宅設備の中でも使用頻度が高いため、重要な部分と言えます。
トイレの劣化や故障をきっかけに、リフォームを検討する方も多いです。
せっかくトイレのリフォームをするなら、オシャレで快適に利用できるようにしたいですよね。
そこで最近人気を集めているのが、タンクレストイレです。
「タンクレストイレって何?」という方も安心してください。
本記事では、タンクレストイレについて、メリットなども含めて詳しく解説していきたいと思います。

【タンクレストイレとは?】

タンクレストイレとは、名前の通り、水を溜めておくタンクがついていないトイレのことです。
これまで主流であったタンク式トイレは、水を溜めておくためのタンクがあり、そのタンクに溜まった水を使って、トイレを流すという仕組みです。
一方で、タンクレストイレは、水を溜めておくタンクが無く、トイレと直結した水道からの水を、電気を使って流すという仕組みになっています。
タンク式トイレは、便座の後ろに大きなタンクがあるため、存在感がありますよね?
タンクレストイレは、そのタンクが無いため、スッキリとしていてオシャレな雰囲気になります。

【タンクレストイレのメリット】

近年、トイレリフォームでタンクレストイレが人気を集めているのには、タンクレストイレを設置するメリットが多くあるからです。
ここでは、タンクレストイレのメリットを3つ、ご紹介したいと思います。

■狭いスペースでも圧迫感がない

まず、タンクレストイレはタンクが無いことで、狭いスペースに設置しても圧迫感を感じにくく、トイレを広く見せる効果があります。
狭いスペースでも設置しやすいので、その分、居住スペースを広くとることができますよ。

■手入れがしやすい

タンクレストイレは、タンク式トイレに比べて、シンプルな構造の製品が多いです。
そのため、掃除や手入れがしやすいというメリットもあります。
トイレは、特に汚れやすい場所ですし、常に綺麗に保っておきたい場所でもあるため、手入れがしやすいというのは、嬉しいですよね。

■連続して流すことができる

タンク式トイレで、連続して水を流そうとしたら、チョロチョロとしか水が流れなかったという経験をしたことはありませんか?
タンク式トイレの場合、タンクに水を溜める時間が必要になりますので、連続して水を流すことができません。
一方、タンクレストイレの場合は、水道と直結していますので、連続して水を流すことができます。

【まとめ】

今回のテーマは「【トイレリフォーム】近年、人気のタンクレストイレとは?」についてでした。
従来のタンク式トイレには無いメリットが、タンクレストイレには、たくさんあります。
トイレリフォームをご検討中の方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、トイレリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━