あなたの家の畳は大丈夫?畳に生息する害虫とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「あなたの家の畳は大丈夫?畳に生息する害虫とは」についてです。

日本特有の床素材である「畳」は、イ草の香りがなんとも言えない癒やしを与えてくれますよね。
洋室が主流になっている日本の住宅でも、小上がりや一部屋部分だけは畳にしているというご自宅も多いのではないでしょうか。
そんな日本人の心とも言える「畳」ですが、実は害虫が生息することがあるって知っていましたか?
目には見えない害虫も多く、知らない間に肌に触れていることもあるのです。
特に、小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、心配ですよね。
そこで今回は、畳に生息する害虫や、その対処法について、ご紹介したいと思います。

【畳に生息する害虫とは】

まずは、畳に生息する害虫の種類について、ご紹介します。

■ダニ

まず、畳に生息する有名な害虫は「ダニ」でしょう。
畳に生息するダニは、大きく分けて2種類です。
1つ目は、ツメダニという、0.3〜0.5mmぐらいの大きさのダニです。
ツメダニは、人を刺すこともあり、刺されると痒みがでます。
2つ目は、コナダニという、0.2〜0.5mmぐらいの大きさのダニです。
人のフケや食べかすなどを食べていて、人を刺すことはありません。
ただし、アレルギーの原因になる可能性もある害虫なのです。

■シバンムシ

シバンムシは、2〜5mmぐらいの大きさの害虫で、本や畳、乾燥食品などを食べます。
人に害はないと言われていますが、アリガタバチが寄生する可能性があるため、駆除しておくと安心です。

■チャタテムシ

チャタテムシは、1〜2mmで、人には害がありません。
しかし、見た目の気持ち悪さが不快な気分になります。
チャタテムシは、高温多湿を好み、食品やカビを食べています。

■シミ

シミは、8〜10mmと大きめの害虫です。
畳だけでなく、家全体に発生します。
とにかく見た目が気持ち悪いです。
さらに、1年ほど何も食べなくても生きていられるという特徴があります。

【畳の害虫対策とは】

畳の害虫対策には、部屋の通気性をよくして、湿度が上がらないようにすることが大切です。
高温多湿は害虫にとって、快適な空間となりますので、避けるようにしましょう。
洗濯物の部屋干しをやめたり、除湿機を使用するなどの工夫が、畳の害虫対策に繋がります。
また、食べかすが落ちていると害虫が発生する原因になりますので、畳の上での食事を避けたり、掃除機をこまめにかけるようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「あなたの家の畳は大丈夫?畳に生息する害虫とは」についてでした。
畳が古くなり、害虫が多く生息しているようなら、畳の張り替えリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、畳の張り替えリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和室から洋室にリフォームしたい!料金相場や変更のポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「和室から洋室にリフォームしたい!料金相場や変更のポイントとは」についてです。

現代の住宅の多くは洋室をメインとしていることが多く、和室が使いにくいと感じる人も少なくないでしょう。
和室にもたくさんメリットがあるのですが、家族構成やライフスタイルによっては洋室の方が暮らしやすいということもあるようです。
そういったことから、和室を洋室に変更するリフォームは人気があります。
今回はそんな和室から洋室にリフォームする場合の料金の相場や、リフォームのポイントについてご紹介したいと思います。

【和室から洋室にリフォームする際の料金相場】

「和室から洋室にリフォームしたいけれど、いくらぐらい費用がかかるのか不安」
「リフォーム業者に見積もりをお願いしたけど、そもそも相場がわからないので適正な価格か判断できない」
リフォームは人生で何度も行うというものではありませんので、上記のような悩みをもっている方は多いでしょう。
和室から洋室にリフォームを行う場合の料金相場ですが、ほとんどの場合60万円以内で収まることが多いです。
もちろん、リフォームの費用は部屋の広さやリフォームの内容などによって異なりますので、必ず60万円以内で収まるというわけではありません。
あくまでも目安として考えましょう。
リフォーム内容によっては5万円から20万円程度で収まることもあります。
あなたがリフォームを検討している和室に合った費用の相場を知りたい場合は、数社のリフォーム業者に見積もりを依頼してみるといいでしょう。
その場合は全ての業者に同じ希望を伝えて見積もりを出してもらってください。
そうすることで、ある程度の相場を知ることができますよ。

【和室を洋室にリフォームする際のポイント】

次に、和室を洋室にリフォームする際のポイントについてご紹介したいと思います。

■畳をフローリングに

まず、和室を洋室にリフォームする場合、必ず行わなければいけないのが床材の変更です。
和室の床材は畳が使用されていることが一般的ですので、畳をフローリングやカーペットなどに変更する必要があります。
ただ畳をフローリングに変えるだけでなく、防音対策や高さの調整が必要になることもあるため、その場合は通常の料金よりも高くなることがあります。

■襖を変更

和室の出入り口には襖が使用されていることが多いです。
襖をドアや、洋風の引き戸に変更することで、洋室らしくなりますよ。
ドアに比べ引き戸に変更する方が費用は比較的安くなりますので、コストをできるだけ抑えたいという方は、襖の変更はドアよりも洋風の引き戸がオススメです。

■壁材を変更

和室の壁は、砂壁でできていることが多いです。
洋室にリフォームするためには、この壁材も変更する必要があります。
洋室の壁材は壁紙(クロス)、珪藻土、漆喰などから選ぶことができます。
もちろん選ぶ壁材によって費用は異なってきます。
ペットを室内で飼っているなど、匂いが気になるという方は、消臭機能付きの壁紙や、珪藻土などを選ぶといいでしょう。
他にも汚れがとれやすいものや、防炎、防カビなど様々な種類がありますので、ライフスタイルに合わせた壁材を選ばれるといいですよ。

■押入れをクローゼットに

和室の収納といえば、布団が収納できるように奥行きのある押入れが主流です。
洋室の場合は衣服などが収納しやすいようにハンガーパイプ等が取り付けられたクローゼットがメインとなります。
特に押入れは湿気がたまりやすい場所です。
押入れをクローゼットにリフォームすることも可能ですが、その場合は湿気対策を行うことをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「和室から洋室にリフォームしたい!料金相場や変更のポイントとは」についてでした。
和室を洋室にリフォームしたいとお考えの方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームで人気の小上がり和室とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームで人気の小上がり和室とは」についてです。

最近は洋室を主とする住宅が増え、和室を洋室にリフォームする人も増えています。

しかし、その一方でリフォームで和室を作るという方も少なくないのです。

その中でも「小上がり和室」は人気が高く、リフォーム時にリビングの一角に小上がり和室を作る方が増えています。

そこで今回は「小上がり和室」について、ご紹介したいと思います。

【小上がり和室とは】

小上がり和室とは、部屋の一角の床面に高さを設けて、小上がりにした場所に畳等を設置して作る和室のことをさします。

一般的には、小上がり和室はリビングルームの中に作ることが多いです。

一般的な和室を作る場合に比べ、比較的設置しやすいといった特徴もあります。

【小上がり和室のメリット】

次に小上がり和室のメリットについてご紹介します。

■収納が増える

まず小上がり和室のメリットの一つに、収納が増えるということがあります。

小上がり和室は床面に高さを設けているため、床下部分を収納として利用することができます。

一般的には、段差部分に引き出しを設置して収納として利用される方が多いです。

■ソファ代わりとして使える

小上がり和室の段差を利用して、ソファーのように腰掛けることもできます。

床に長時間座るのは難しいですが、小上がり和室であれば、畳なので座り心地も悪くありません。

部屋の配置によっては、小上がり和室の段差に腰掛けてテレビを見るなど、ソファー代わりとしても利用できます。

■寝転んでリラックスできる

フローリングに寝転ぶと地面に寝転んでいるような感覚になることもありますが、小上がり和室の場合は高さが低すぎないため、寝転んでも違和感がありません。

また畳を敷いていますので、薄い布団を1枚敷くだけで、眠ることもできます。

小さなお子様のお昼寝場所としても便利ですね。

■部屋を広く見せることができる

小上がり和室は、室内を広く見せる効果もあります。

室内に段差ができることで空間に立体感や奥行きがでるため、部屋が広く感じられるのです。

また、小上がり和室を設置するだけで、少しおしゃれな雰囲気の部屋になるのもメリットですね。

【小上がり和室のデメリット】

小上がり和室にはメリットが多いですが、人によっては使いにくいと感じることもあるかもしれません。

ここでは小上がり和室のデメリットについてもご紹介したいと思います。

■リビングが狭くなる

基本的に、小上がり和室はリビングの一角に設置しますので、リビングが狭くなると感じる人もいるでしょう。

しかし、小上がり和室も含めてリビングと考えれば、決して部屋が狭くなるということはありません。

ただ、小上がり和室は床面に高さを設けるため、その分天井が低くなります。

小上がり和室を設置する際は、天井の高さにも注意が必要です。

■子どもが転倒する可能性がある

お子様のいる家庭では、小上がり和室の段差が原因で、子どもが転んでしまうということもあります。

特に段差が低い場合がつまづいて、転びやすくなります。

35センチ程度の高さがあれば、つまづきにくくなるでしょう。

ただし、小さなお子様の場合は、小上がり和室から落ちるということもありますので気をつけなければいけません。

■バリアフリーではない

小上がり和室は段差を利用して作りますので、バリアフリーではありません。

自宅で車椅子を利用する人がいる場合や、将来的にバリアフリー化を考えている場合などは、小上がり和室への移動方法も初めに検討しておきましょう。

スロープを設置するなどの方法もあります。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームで人気の小上がり和室とは」についてでした。

やはり日本人にとって和室は、落ち着く空間です。畳の香りに癒やされるという方も多いでしょう。

少しのスペースで作ることができる小上がり和室は現代の住宅に適していると言えるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━