足場が必要なリフォームはまとめるとお得になる!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「足場が必要なリフォームはまとめるとお得になる!」についてです。

住宅は、月日と共に劣化していきます。
マイホームを良い状態で長持ちさせるには、定期的なメンテナンスやリフォームが大切です。
しかし、リフォームを行うには費用がかかりますよね。
できるだけ、費用を抑えたいというのが多くの方の本音でしょう。
そこで、少しでもお得にリフォームするために、足場が必要な箇所のリフォームは、まとめて行うことをオススメします。
今回は、足場が必要なリフォームの種類や、まとめて行うのがオススメの理由について、ご紹介したいと思います。

【足場とは?】

まず、足場について、紹介したいと思います。
足場とは、鋼管を組み立てて作った仮設の作業場のことで、高所工事で必要となる場合が多いです。
足場を設置することで、高所工事をスムーズに進めることができます。
足場は、高所のリフォームで作業を安全に行うだけでなく、工事の品質やスピード効率を保つために必要となるのです。
さらに、周囲にシートをかけることで、破片やペンキの飛沫を防ぐ役割も担っています。

【どんなリフォームに足場が必要になる?】

足場が必要になるのは、基本的に住宅の外側のリフォームです。
住宅の外壁や屋根が絡む工事では、足場が必要になります。
ここでは、足場が必要なリフォーム工事の例をご紹介したいと思います。

・屋根の葺き替えや塗り替え
・外壁の塗替えやサイディング工事
・太陽光発電の取り付け
・雨どいの交換工事
・破風や軒天の工事
・高所にある窓や雨戸の交換、取り付け工事
・高所の庇や霧除け工事
・その他(高所の壁の補修など)

上記以外にも、時には室内でも足場が必要になることもあります。
例えば、高い吹き抜けがある住宅では、吹き抜け部分の壁や天井などのクロスを張り替える際などに足場が必要となるのです。

【足場が必要なリフォームをまとめるとお得になる理由】


足場の費用は、住宅の大きさや、リフォーム工事の内容によっても異なりますが、一戸建て住宅の場合、約20万円前後が目安となります。
足場の費用には、足場のレンタル費用や、運搬費用、組み立て費用や解体費用などが含まれています。
例えば、外壁リフォームを行うのにかかる費用が120万円だったとしたら、そのうちの20万円程が足場代ということなのです。
どうですか?思ったよりも高いなーと感じた方も多いのではないでしょうか。
しかし、足場はリフォーム内容によっては、必ず必要になるため省くわけにはいきません。
そこで、少しでもお得にするために、足場が必要なリフォーム工事をまとめるのがオススメです。
足場が必要なリフォーム工事をまとめることで、その都度足場を組むよりも、結果的に支払う金額が少なくなるのです。

【まとめ】

今回のテーマは「足場が必要なリフォームはまとめるとお得になる!」についてでした。
今回ご紹介したように、足場を設置するリフォームを行う際は、できるだけまとめて行うのがオススメです。
そうすることで、その都度、足場を組むよりも費用を節約することができますよ。
屋根や外壁のリフォームをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、屋根や外壁のリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

外壁リフォームをするなら知っておきたいサイディングとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「外壁リフォームをするなら知っておきたいサイディングとは」についてです。

戸建住宅の場合、外壁が劣化してくるとリフォームする必要があります。
従来は、外壁リフォームは、モルタル壁に塗料を塗布して仕上げる工法が主流でした。
しかし、近年はサイディングでの外壁リフォームが人気を集めています。
外壁にサイディングを採用することで、多くのメリットがあるからです。
そこで今回は、サイディングの特徴やメリットについて、ご紹介したいと思います。

【サイディングとは?】

まずは、サイディングとは、どういったものなのかについて、ご紹介したいと思います。
サイディングとは、外壁に使用する外壁材の一種です。
サイディングボードと呼ばれる板を、建物の骨格に貼り付けて仕上げる工法です。
骨格に貼り付けたサイディングボードを、シーリング材でつなぎ合わせていきます。
セメント質と繊維質を原料に作られたサイディングボードは、従来のモルタルに比べて耐久性が高いとう特徴があります。

【外壁リフォームでサイディングを採用するメリット】

次に、サイディングを採用するメリットについて、ご紹介します。

■耐久性が高い

前述の通り、サイディングは、従来の工法に比べて耐久性が高いというメリットがあります。
従来のモルタル壁は、ヒビが入りやすかったのですが、サイディングはヒビも入りにくいです。
さらに、サイディングは10年以上の耐用年数のものもありますし、防水性や遮熱性にも優れています。

■デザインが豊富で、完成イメージが湧きやすい

サイディングボードは、繊維質とセメント質で作られた物以外にも、金属や木質などを原料としたものもあり、デザインも豊富です。
また、すでに仕上がっているサイディングボードを貼っていきますので、完成イメージが湧きやすいというメリットもあります。
たくさんのデザインの中から、希望のデザインのものを選べるというのは嬉しいですよね。

■施行時間や費用を抑えることができる

サイディング工法は、比較的作業時間が短く、費用も安い傾向にあります。
工事内容も、複雑ではありませんので、業者による仕上がりの差や施工ミスが少ないというのもメリットだと言えます。

【まとめ】

今回のテーマは「外壁リフォームをするなら知っておきたいサイディングとは」についてでした。
今回ご紹介したサイディング工法は、外壁リフォームの主流となってきています。
従来の工法に比べて、メリットも多いですので、外壁リフォームを検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、外壁リフォームを承っております。
もちろん、サイディング工法での外壁リフォームも可能です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

外壁を触ったら白い粉!?原因と対処法

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「外壁を触ったら白い粉!?原因と対処法」についてです。

外壁は、大切なマイホームを紫外線や雨風から守ってくれています。
そのため、年数が経つと必ず劣化してくるのです。
外壁の劣化を放置していると、建物内に雨などの水分が侵水する原因となりますので注意が必要です。
外壁の劣化を現す状態の1つに、チョーキング現象と呼ばれるものがあります。
今回は、外壁のチョーキング現象の原因や対処法について、ご紹介したいと思います。

【自宅の外壁を触ったら、白い粉!?それがチョーキング現象です】

普段はあまり意識することのない外壁ですが、ふと触ってみると手に白い粉がついてビックリしたという経験はありませんか?
ホコリや砂などの汚れであれば、手が黒く汚れるはずですので、白い粉がついたらビックリしますよね。
その白い粉こそが、外壁の劣化を現す、チョーキング現象と呼ばれるものなのです。
チョーキング現象は、白亜化現象と呼ばれることもあり、外壁の塗料の塗膜が劣化している状態なのです。

【外壁にチョーキング現象が起こる原因とは】

外壁にチョーキング現象が起こる原因は、長い間、紫外線や雨風などにさらされたことにより、外壁の塗膜が劣化してくるためです。
塗膜の劣化によってチョーキング現象が起こるのは、塗装から約5〜10年だと言われています。
外壁の塗膜が劣化すると、顔料が粉化してしまうため、外壁を手で触ると白い粉がつくという現象が起こるのです。

【外壁のチョーキング現象は放置してもいいの?】

では、外壁のチョーキング現象は放置していても大丈夫なのでしょうか。
結論から言うと、チョーキング現象を放置しておくのは危険だと言えます。
その理由は、チョーキング現象を放置することで、建物の耐久性を低下させてしまうことになるからです。
建物の外壁を守っている塗料が劣化していると、外壁の劣化が進んでしまいます。
さらに外壁の劣化が進めば、家の寿命までも短くなってしまう可能性があるのです。
外壁のチョーキング現象を見つけたら、決して放置しないようにしてくださいね。

【チョーキング現象の対処法】


チョーキング現象が起きている外壁は、塗装の塗り直しを行う必要があります。
そのまま塗り直しするのではなく、まずは粉化した塗膜を綺麗に洗い落としたり、塗装の下地処理なども行わなければいけませんので、専門業者に依頼することをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「外壁を触ったら白い粉!?原因と対処法」についてでした。
外壁を触って白い粉がついたら、チョーキング現象と言って、外壁が劣化状態であると思ってください。
チョーキング現象は放置せず、塗装の塗り直しを行いましょう。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、外壁塗装リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんな症状には注意!外壁塗装リフォームを行うタイミングや必要性

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「こんな症状には注意!外壁塗装リフォームを行うタイミングや必要性」についてです。

大切なマイホームを長く良い状態に保つためには、定期的なメンテナンスやリフォームが重要なポイントになります。
特に外壁は、建物の外側にあるため、常に紫外線や雨風、空気にさらされています。
そのため、経年劣化で新築時に施してある防水性能が低下していくのです。
今回は、外壁塗装リフォームのタイミングや必要性について、ご紹介したいと思います。

【外壁の塗膜寿命は約10年】

外壁の種類やグレード等でも異なりますが、一般的に外壁の塗膜寿命は約10年と言われています。
前述したように、新築時に施されていた防水性能が、長年、紫外線や雨風、空気にさらされたことにより低下していくからです。
防水性能が低下しても放置したままだと、建物内に水が侵入しやすくなります。
建物内に水が侵入してしまうと、断熱材や木部が腐食したり、雨漏りしたりする原因になるのです。
断熱材や木部の腐食、雨漏りは、建物の耐久性に影響を与え、建物自体の寿命が短くなってしまいます。
大切なマイホームを守るためにも、定期的な外壁塗装リフォームを行うことをオススメします。

【こんな症状があれば外壁塗装リフォームを!】


外壁の塗膜寿命は約10年であると前述しましたが、年数だけで判断するのは危険です。
住宅が建っている場所や、使用している種類によっても異なりますので、年数はあくまでも目安で、定期的に自宅の外壁の状態をチェックしておくのがよいでしょう。
そして下記のような症状が見つかった場合は、早めに外壁塗装リフォームを行うことをオススメします。

■塗膜の剥がれ

塗膜の剥がれが起きていると、その剥がれた部分から内部に水が入り込むことがあります。
塗膜の剥がれは、下地と塗料に密着が悪いことが原因で起きることもありますので、塗膜の剥がれを見つけた場合は、放置せずに早めに外壁塗装リフォームを行いましょう。

■ヒビ割れ(クラック)

外壁は、経年劣化によってヒビ割れ(クラック)が起こることがあります。
ヒビ割れ(クラック)も、内部に水が侵入する原因となりますので注意が必要です。
小さなヒビ割れでも、放置したことによって、ヒビ割れが大きくなる可能性がありますので、早めに対処することをオススメします。

■チョーキング

チョーキングとは、外壁を手で触った時に白い粉が付着する状態のことです。
この白い粉は塗料で、塗膜の劣化が原因で発生しています。
チョーキングが起きたまま放置していると、外壁の防水性能が低下してしまいますので、外壁塗装リフォームを行うことを検討しましょう。

■カビやコケ等の汚れ

もちろん、外壁は汚れやすい部分なのですが、カビやコケなどの汚れの場合は放置しないほうがいいでしょう。
カビやコケが発生しているということは、日当たりが悪い可能性があり、放置すると増えていく可能性が高いです。
内部にまで発生し、腐食の原因となりますので注意しましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「こんな症状には注意!外壁塗装リフォームを行うタイミングや必要性」についてでした。
大切なマイホームを守るためにも、定期的に外壁の点検を行い、必要があれば外壁塗装リフォームを行うことをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、外壁塗装リフォームを承っております。
まずは、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━