キッチンリフォームで失敗しやすいポイントとは?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「キッチンリフォームで失敗しやすいポイントとは?」についてです。

「キッチン設備が故障した」
「キッチン収納が足りない」
「キッチンが古くて使い勝手が悪い」

上記のようなお悩みで、キッチンリフォームを検討されている方も多いでしょう。
キッチンリフォームは、リフォームの中でも人気があります。
その一方で、キッチンリフォームは、トイレや浴室などのリフォームに比べ選択肢が多く、悩む人も多いです。
また、選択肢が多いということは、選択を間違えれば、失敗してしまう可能性もあるということなのです。
そこで今回は、キッチンリフォームで失敗しやすいポイントについて、ご紹介したいと思います。

【ポイント1:キッチンの高さ】

キッチンで作業しやすい高さというのは、人によって異なります。
なぜなら、それぞれ身長が異なるからです。
キッチンの高さが身長と合っていないと、料理をしている時に首や腰が痛くなってしまうことがあります。
料理しやすいキッチンの高さは、料理をする人の身長÷2+5cmが目安になります。
もし、料理をする時に厚手のスリッパを履いたり、厚手のキッチンマットを敷いたりする場合には、その厚さも考慮するといいですよ。

【ポイント2:通路の幅】

対面キッチンや、アイランドキッチンの場合、料理をしている人の背面通路が狭すぎると、他の家族が通れなかったり、ぶつかってしまったりします。
対面キッチンやアイランドキッチンの場合、背面に冷蔵庫や食器棚を置くことも多いです。
一人で料理をする場合は、通路幅は90cm〜110cmが理想でしょう。
もし、夫婦ふたりで料理をしたり、子供と一緒に料理をするということが多い場合には、120cm以上の通路幅を確保したほうが良いでしょう。
ただし、通路幅を広くすることで、ダイニングのスペースが狭くなってしまうこともあるので、そういったことも考慮したうえで、通路幅を決めてくださいね。

【ポイント3:調理スペースの広さ】

シンクやコンロのスペースはしっかりととってあるのに、調理スペースが狭くなってしまっているということが、よくあります。
料理を手際よく行うには、調理スペースの広さはとても大切です。
最低でも50cmは確保しておくのが、良いでしょう。
キッチンに、コーヒーメーカーやケトルなどキッチン家電を置く予定の方は、それらを置くスペースも確保しておいてくださいね。
その場合は、コンセントの設置も忘れずに行いましょう。

【ポイント4:収納の量】

キッチン収納が足りない!という声をよく耳にします。
キッチンリフォームの失敗の中でも、多いのが収納の量が足りなかったということです。
キッチンでは、鍋やフライパンのキッチン用品以外にも、常備食や調味料など様々なものを収納します。
収納が少なければ、キッチンに物が溢れ、片付けにくくなるのです。
キッチン収納は、吊戸棚やパントリーを設置して増やすこともできますので、検討されてみるのがよいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「キッチンリフォームで失敗しやすいポイントとは?」についてでした。
キッチンリフォームで失敗しやすいポイントを知っておくことで、失敗を未然に防ぐことができますよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、キッチンリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

後悔したくない方必見!リノベーションの失敗事例

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「後悔したくない方必見!リノベーションの失敗事例」についてです。

リノベーションは、新築住宅を建てるよりも、コストを抑えながら希望のデザインや間取りのマイホームを手に入れることができるため、近年人気を集めています。
しかし、リノベーションを行った人が皆、理想通りのマイホームを手に入れられたわけではないのです。
なかには、リノベーションが思い通りにならず後悔しているという人もいます。
そこで今回は、リノベーションの失敗事例について、ご紹介したいと思います。
失敗事例を知っておくことで、同じような失敗を防ぐことができますよ。

【リノベーションの失敗事例】

■仕上がりが思っていたイメージと違った

まず、リノベーション後に後悔する人の中でも多いのが、仕上が思い描いたイメージと違ったということです。
着工までに何度も打ち合わせを行い、リノベーション業者やデザイナーさんと、イメージの共有をしてきたにも関わらず、実際リノベーションが完了したら、思っていたのと違うということがあるようです。
これは、リノベーション業者とイメージの共有がうまくできていなかったことが原因である場合が多いです。
デザインイメージの共有というのは、口頭の説明だけでは難しいものがあります。
そのため、希望に近いイメージの写真などをインターネットや本などで見つけておき、打ち合わせの段階で業者に見せておくことをオススメします。
また、なんだかセンスが合ってないなと感じた場合は、そのままにせず、その都度伝えるようにすることも大切です。

■欠陥工事があった

無事にリノベーション工事が終わり、暮らし始めてすぐに、水漏れなどのトラブルが起こってしまったというケースもあります。
リノベーション工事後すぐに、トラブルが起こる場合は、欠陥工事であった可能性が高いです。
もちろん、欠陥工事が無いことが前提ですが、万が一こういったトラブルが起きたときのために、保証のしっかりしているリノベーション業者を選ぶようにしておくと安心です。
また、対応が早いこと、丁寧であることなども、業者選びの際にチェックしておきましょう。

■予算オーバーで支払いが大変

リノベーションの費用を、ローンで支払うという方も多いでしょう。
さらに、中古住宅を購入してリノベーションを行う場合、物件の購入費用もローンを組むことになりますよね。
リノベーションにかかる費用がわからないまま、物件を購入してしまい、思ったよりもリノベーション費用がかかってしまい、予算オーバーになってしまったという事例もあります。
こういった失敗を防ぐためには、事前に予算を決めておき、ある程度リノベーション費用も計画した上で、予算に合う物件を購入するのがよいでしょう。
また、リノベーションの内容を決めていく中でも、あれもこれも取り入れたくなりますが、優先順位を決めて、予算の中で必要なものを取り入れていくという方がいいですよ。

■物件選ひで失敗

中古物件を購入して、リノベーションを行う場合、物件選びで失敗をしてしまうというケースもあります。
例えば、リノベーションで中は綺麗にするからということで、安い中古住宅を購入し、いざリノベーションを始めると、配管や下地がボロボロで、結局リノベーション費用が高額になってしまったということもあるようです。
また、構造や管理規約の問題で、希望通りの間取りやデザインに、リノベーションできないということもあります。
中古物件を購入してリノベーションを行う場合は、購入する前に、リノベーション業者にも相談されることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「後悔したくない方必見!リノベーションの失敗事例」についてでした。
今回ご紹介したように、リノベーションは失敗してしまう可能性もあります。
ただし、きちんと対策を行えば、予算を抑えて希望のマイホームを手に入れることができますよ。
リノベーションで後悔しないためにも、リノベーション業者選びや、物件選びは慎重に行いましょうね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

失敗から学ぶ!リノベーション失敗事例

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「失敗から学ぶ!リノベーション失敗事例」についてです。

近年、とても注目を集めているリノベーション。
本記事を、ご覧になっている方の中にも、中古住宅を購入してリノベーションをしようと考えている方も多いのではないでしょうか。
中古住宅を購入してリノベーションを行うことで、新築住宅を購入するよりも、費用が安くなる場合が多く、大変人気があります。
費用を抑えられるだけでなく、施主の希望に合わせた、設計やデザインの住宅にすることができますので、注文住宅のようにこだわったマイホームを作ることができるのも、リノベーションの魅力の1つです。
ただし、リノベーションは、物件探しやリノベーション業者選び、設計の打ち合わせなど、完成までに必要なこともたくさんあります。
さらに、新築住宅よりは低価格だとは言っても、大きな金額になります。
そのため、失敗はしたくないですよね?
リノベーションの失敗事例を知っておくことで、同じ失敗をする可能性が低くなります。
そこで今回は、リノベーションの失敗事例について、ご紹介したいと思います。

【業者とイメージの共有が出来ていなかったことによる失敗】

リノベーションの失敗の中でも、比較的多いのが、業者とのイメージ共有が出来ていなかったことによる失敗です。
リノベーション完了後に「思っていたイメージと違う」と思うこともあるようです。
例えば、「思っていたより狭い」「思っていたより暗い」など、イメージ通りになっていないと失敗と感じてしまいますよね。
この場合の原因の多くは、設計時に業者とのイメージ共有がうまく出来ていなかったことにあります。
業者と、イメージを共有するコツは、希望のイメージに近い写真を、雑誌やネットで見つけて業者に見せておくということです。
また、家族構成やライフスタイルなど、なるべく詳細に伝えておくのも大切です。
それらの情報から、業者に完成予想図(イラストや3DCGなど)を作成してもらいましょう。
完成予想図の時点で、イメージと異なる場合は、その都度伝えるようにするといいですよ。

【予算や費用に関する失敗】

リフォーム工事を開始する前に、必ず見積もりを行いますが、工事の途中で追加工事が必要になることもあります。
基本的に、追加工事を行う場合、追加で費用が必要になります。
追加工事が必要な場合は、必ず事前に追加費用について確認しておくことが大切です。
きちんと見積書を見せてもらい、納得のいかない点については、遠慮せず聞いておきましょう。
また、ローンに関する失敗もあります。
思っていたより借り入れできる金額が少なかったということもありますので、物件探しの段階から、資金計画をきちんと立てておくことが大切です。

【希望のリノベーションができない失敗】

物件によっては、希望のリノベーションが行なえない場合があります。
構造上の問題や、管理規約の問題など、様々な理由がありますが、中古住宅購入後に希望のリノベーションができないと知って後悔しているという事例もあります。
そのため、中古住宅を購入する際は、物件選びの時点でリノベーション業者に同行してもらうというのもオススメです。
自分の希望のリノベーションができることを確認したうえで、中古住宅を購入するようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「失敗から学ぶ!リノベーション失敗事」についてでした。
今回ご紹介したように、少しのコツを知っておくことで、リノベーションの失敗を防ぐことができます。
中古住宅のリノベーションをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームのイメージを具体化するための方法とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームのイメージを具体化するための方法とは」についてです。

リフォームやリノベーションを成功に導くポイントは、完成イメージを具体化するということです。
イメージを具体化しておくことで、リフォームやリノベーションが完了してから「なんだか思っていたイメージと違う」と感じる可能性が低くなります。
イメージを具体化することで、業者と具体的なイメージの共有をすることもできますので、よりイメージに近いリフォームが可能になるのです。
そこで今回は、リフォームのイメージを具体化するための方法について、ご紹介したいと思います。

【インターネットや雑誌を参考にする】


インテリア雑誌や、リフォームに関する書籍はたくさん発売されています。
施工事例の写真もたくさん掲載されていますので、イメージを具体化する際の参考にすることができます。
さらにリフォームに関する書籍には、費用の概算が掲載されていることもありますので参考にしやすいでしょう。
雑誌や書籍だけでなく、最近はインターネットを使用して施工事例を見つけることもできます。
リフォーム業者のホームページや、実際にリフォームを行った人のブログやSNSを参考にするのもいいでしょう。

【ショールームやモデルルームに行ってみる】

キッチンや浴室などのリフォームを検討中の方は、ショールームに足を運んでみるのもオススメです。
じっさいに触れてみたり体験したりすることで、自分たちの希望に合った住宅設備を見つけることができるでしょう。
モデルルームも全体のイメージを見ることができるので参考になります。
住宅展示場などでは、たくさんのモデルルームを見ることができるので1度行ってみるといいでしょう。

【身近な経験者に話を聞く】

友達や家族にリフォームやリノベーションの経験者がいる場合は、話を聞いてみるのもいいでしょう。
経験者の意見が参考になることもありますよ。
経験者に話を聞くことで「リフォームしてよかった点」や「リフォームの失敗点」「リフォームする際の注意点」などリアルな声を知ることができるのです。
経験者の意見を聞いたうえで、自分たちの家族構成やライフスタイルなどに当てはめてながら、イメージを具体化していくのがオススメですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームのイメージを具体化するための方法とは」についてでした。
リフォームやリノベーションを検討中の方は、今回ご紹介した方法を参考にしながら完成イメージを具体化していくといいでしょう。
冒頭にも述べたように、完成後のイメージを具体化することがリフォームやリノベーションを成功させるポイントとも言えます。
またイメージは家族で話し合いながら、それぞれの希望を元に具体化していくことが大切です。
イメージを具体化していくうえで、どうするべきか悩んだ場合は、リフォーム業者に相談することで解決できる場合もありますので、家族だけで決めるのが難しい場合はリフォーム業者に、相談されてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

計画が大切!リノベーションでおこる失敗例とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「計画が大切!リノベーションでおこる失敗例とは」についてです。

リノベーションは家族が住む家をより良いものにするためのものですが、しっかりと計画をせずにリノベーションを進めてしまった結果、失敗したり後悔したりしてしまう場合もあります。

そのようなことが起きないためにも、今回はリノベーションでおこる可能性のある失敗例について、ご紹介したいと思います。

【リノベーションの失敗例を紹介する理由】

「なぜ、リノベーションの失敗例を紹介するの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん、誰にとっても失敗や後悔のないリノベーションが一番良いと思います。

しかし実際にリノベーションを行い失敗や後悔をされている方がいることも事実です。そこで、失敗例を知り、その理由や改善策を知ることで、これからリノベーションをされる方の失敗や後悔を防ぐことができるかもしれません。

あえて失敗例から学ぶというのも大切だと思いますよ。

【リノベーションでおこる失敗例とは】

■予算に関する失敗

リノベーションの失敗例の中でも意外と多い「予算」に関する資金面での失敗です。例えば、住宅ローンにリノベーション費用を組み入れることができず、フリーローンを借りて、毎月の支払いが高くなってしまうといったことや、様々な追加工事が原因で最初の見積もり費用よりも請求額が大幅に高くなってしまったという失敗もあります。

・解決策

ローンに関する失敗の場合は、物件探しの段階から資金計画をきちんと行っておくことをオススメします。住宅ローンにリノベーション費用が組み込めないということもよくありますので、資金計画はとても重要です。

また、追加工事が原因で当初の予定よりも費用が高くなってしまうということもあります。工事の途中でなにか変更や追加を業者にお願いする場合は、どのくらいの追加費用が必要か、その都度確認するようにしましょう。

■そもそもリノベーションができないという失敗

購入した物件をリノベーションしようと業者に見積もりをお願いしたものの、その物件の構造や規約が原因で希望するリノベーションができなかったということもあります。

・解決策

物件によって構造や規約というのは異なります。構造上、大幅な間取りの変更ができない物件も多くあります。

そのためリノベーションをすることを前提に物件を購入する場合は、購入前に物件の構造や規約を必ず確認しておきましょう。リノベーションを依頼する業者に物件選びに同行してもらうという方法もあります。

物件の購入とリノベーションの計画を同時に進行していくことで、このような失敗を防ぐことができますよ。

■出来上がりが希望のイメージとは異なる失敗

リノベーションを終えて、実際に住み始めると「思っていたより狭い」「家事の導線が使いにくい」など希望のイメージとは異なっていたという場合もあります。せっかくリノベーションを行ったのに、住みづらい自宅になってしまうのは残念ですよね。

・解決策

こういった失敗の場合、リノベーション業者とのコミュニケーション不足が原因であることが多いです。

リノベーションの希望を業者に伝える際は、できるだけ具体的に伝えるようにしましょう。完成イメージに近い写真などがある場合は、それを業者に見せるというのもよいでしょう。

そして、完成予想のイメージを業者に作成してもらいましょう。そこでイメージと異なるところがある場合は、その都度伝えて行くようにすることで、完成後のイメージのズレを防ぐことができます。

【まとめ】

今回のテーマは「計画が大切!リノベーションでおこる失敗例とは」についてでした。

せっかくリノベーションで、失敗や後悔することのないよう、リノベーションを検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

他にもリノベーションについて悩みやご相談がある場合は、私たち「ドゥクラフト 土肥家具」にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必見】失敗例から学ぶ、リフォーム時に注意したいポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
GWはいかがお過ごしでしたか?広島市内で逃亡していた犯人が捕まったとニュースで聞きましたが、いろんな事件があるんですね。なんと海を泳いで逃げたとかでしたが、何にせよほっとしてます。

今回は「【必見】失敗例から学ぶ、リフォーム時に注意したいポイント」です。

【必見】失敗例から学ぶ、リフォーム時に注意したいポイント

リフォームやリノベーションを行う際、間取りのとり方などで悩む方も多いと思います。

もちろんドゥクラフト土肥家具のようなリフォーム会社と相談して進めていく場合がほとんどですが、実際出来上がってから、イメージと違うということや、暮らしてみると不便に感じてしまうということもあります。

せっかくリフォームやリノベーションを行ったのに、理想のイメージと違ったり、暮らしが不便になってしまっては、とても残念です。そこで今回はリフォームやリノベーションで後悔することのないよう、失敗例をご紹介し、実際にリフォームやリノベーションを行う際に注意していただきたいと思います。

【キッチンリフォームでの失敗例】

キッチンをアイランドキッチンにしたり、対面キッチンにするなど、キッチンの間取りを変更するリフォームは印象を大きく変えますし、家事の動線もよくなり、便利になる場合が多いです。しかし、少しのミスで予想外の問題が起こる例もあります。

例えば、冷蔵庫をキッチンの奥に配置する設計をしたことにより、飲み物を取るだけでも、わざわざキッチンの奥まで行かなければいけないということがおきてしまい、無駄な生活動線になってしまうということがありました。さらに、冷蔵庫をキッチンの奥に配置したことにより、冷蔵庫を交換する際の通路が確保されておらず、冷蔵庫の交換作業が大変になったということもあります。

逆にキッチンの手前に冷蔵庫を配置していても、冷蔵庫の扉をあけた時のスペースを確保していなかったために、冷蔵庫をあけている時は、通路がふさがり、他の人が通れなくて不便といった事例もあります。

このような失敗を防ぐためにも、事前にキッチンで使用する冷蔵庫や食器棚のサイズ、扉の開ける方向や開けた時の距離などを確認して間取りを設計するようにすると安心です。

【トイレリフォームでの失敗例】

トイレは省スペースで設計される場合が多いですが、狭くしすぎて、トイレットペーパーや掃除用具などを保管しておくスペースが取れなかったり、トイレを設置する場所によっては、使用中の音が隣の部屋に響き気になるという失敗例もあります。

トイレは過ごす時間も少ないため、軽視しがちですが、設置場所や広さなどしっかりと考えてリフォームされることをオススメします。

【リビングリフォームでの失敗例】

リビング階段

リビング階段は子どもとのコミュニケーションが取れるという理由から人気ですが、リビング階段にしたことによる失敗例もあります。例えば、リビング階段にしたことにより、リビングの空間が狭くなり、圧迫感がでてしまったり、キッチンの匂いが2階に上昇する、エアコンが効きにくい、音が上の階に響くなど、リフォーム後、生活をしてから初めて気づくということもあります。このような失敗を防ぐために、リビング階段を設置する場合は、蹴込み板のないスケルトンの階段にして圧迫感を減らしたり、換気扇や窓の一を工夫し、キッチンの匂いが上昇しにくいようにするなどの対策が必要です。

吹き抜け

吹き抜けを作ることで、部屋に日光をたくさん取り入れることができ、明るく開放的な雰囲気になりますので、とても人気があります。ただし、吹き抜けにしたことにより、冷暖房が効きにくいということもあります。対策として、床下の断熱材を追加したり、床暖房を設置するなどの工夫が必要になります。対策をせずに、吹き抜けを作るだけだと、せっかくの吹き抜けも居心地が悪くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

【寝室リフォームでの失敗例】

寝室は人生の四分の一以上の時間を過ごすと言われています。誰でもいい環境の寝室で良質な睡眠をとりたいと思っています。ところが、寝室の間取りミスで、予想外の問題が起こる場合もあります。
例えば、寝室を東向きに設置した結果、冬は暖かくなり、よかったが、夏は朝から強い日差しが差し込むことにより、暑く、眩しく、寝れなくなってしまうという事例もあります。また寝室とトイレが同じ階になく、夜中に階段の昇り降りが必要になる場合や、寝室の隣にキッチンがあり、夜中に生ゴミ処理の機械の音が響いて眠れないなどの失敗例もあります。よりよい暮らしのために寝室はとても重要ですので、寝室の設置場所、窓の位置などはしっかりと検討されることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「【必見】失敗例から学ぶ、リフォーム時に注意したいポイント」でした。せっかく行うリフォームやリノベーションで後悔することがないように、失敗例を参考にしていただけたらと思います。リフォームやリノベーションを行う際は実際の生活を想像しながら、細かなことまで検討してドゥクラフト土肥家具と相談しながら間取りを決めましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00〜18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━