老後に向けてオススメ!減築リフォームのメリットとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「老後に向けてオススメ!減築リフォームのメリットとは」についてです。

リフォームと言うと、「新しく部屋を作る」、「キッチンや浴室を広くする」など増築をイメージされる方が多いでしょう。
しかし最近では、老後に向けて減築リフォームを行うという方も増えています。
そこで今回は、減築リフォームのメリットについて、ご紹介したいと思います。

【減築リフォームとは】


減築リフォームとは、既存の住宅の部屋数を減らしたり、2階建てを平屋にしたり、床面積を減らしたりするリフォームのことです。
わざわざリフォーム費用をかけて、住宅を小さくする必要があるの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、減築リフォームには様々なメリットがあり、最近は人気のあるリフォームとなっているのです。
「子どもが家を出て夫婦2人だけの生活になった」
「年齢を重ね、階段の上り下りが大変」
上記のような理由で減築リフォームを検討される方も多いですよ。

【減築リフォームのメリット】

減築リフォームには様々なメリットがありますが、ここでは4つのメリットについてご紹介したいと思います。

■掃除が楽になる

普段使用していない部屋でも、掃除や換気を行う必要があります。
使用していないからといって放置していると、カビ等が発生する原因となるからです。
しかし、使用していない部屋が多いと掃除が大変だと感じるでしょう。
減築リフォームで使用していない部屋をなくすことで、生活動線もよくなりますし、掃除も楽になりますよ。

■バリアフリーになる


2階建ての住宅を減築リフォームして、平屋にすることで家の中に階段がなくなり、バリアフリー化することができます。
現在は問題がなくても、高齢になってくると階段の上り下りが大変になってきます。
老後の生活に向けて、減築リフォームを検討されるのもいいですね。

■耐震性や防犯性の向上

減築リフォームを行うことで、建物が軽くなり、耐震性が向上する場合があります。
さらに、使用していない部屋が多いと、家全体に目が届きにくく防犯性にも問題があります。
減築リフォームで使用していない部屋をなくすことで、耐震性や防犯性の向上にも繋がります。

■固定資産税が下がる

固定資産税は、敷地面積や床面積によって決定しています。
そのため、減築リフォームを行うことで固定資産税が下がるというメリットもあるのです。
使用していない部屋に対して、固定資産税を支払っているのは勿体無いですよね。
固定資産税は、建物や土地を所有している間ずっと払い続けなければいけませんので、減築リフォームを行い固定資産税を下げることで節約に繋がりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「老後に向けてオススメ!減築リフォームのメリットとは」についてでした。
減築リフォームには様々なメリットがあるということを知っていただけましたか?
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも減築リフォームを承っております。
まずはお気軽に、ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?」についてです。

突然ですが、あなたの自宅や実家の階段に手すりはついていますか?
階段に手すりがついていない!という場合は、できるだけ早めに手すりを取り付けることをオススメします。
今回は、階段に手すりをつける必要性について、ご紹介したいと思います。

【階段に手すりは必要!その理由とは】


まずは、階段に手すりが必要かどうかということですが、結論から言うと階段に手すりは必要です!
ここでは階段に手すりが必要な理由について3つご紹介したいと思います。

■安全性の向上・転倒防止

まず第一に、階段に手すりを設置することで、安全性が向上します。
階段でのつまづきや転倒によって、大怪我に繋がることもあるのです。
階段に手すりを設置することで、転倒防止に繋がりますし、つまづいてしまっても手すりにつかまることで大きな事故には繋がりにくくなります。

■介護サポート


自宅での介護が必要になった場合や、足腰が衰えていると階段の上り下りには負担がかかります。
身体状態によっても異なりますが、階段に手すりがあることで自分で上り下りが可能になる場合もあります。
また、介護をサポートする家族やヘルパーさんにとっても、階段に手すりがあることで補助の負担を減らすことができるのです。

■建築基準法

建築基準法では、床から1m以上の階段に手すりを設置しなければいけないと定められています。
建築基準法から考えても、階段に手すりは必要であると言えますね。

【階段に手すりを設置するリフォームはDIYできる?】

階段に手すりを設置するリフォームはDIYでも不可能ではありませんが、業者に任せる方が安心です。
その理由は、手すりには体重の重みがかかりますので、きちんと間柱に固定できていないと大変危険です。
不意に手すりが外れてしまうようなことがあれば、大事故に繋がりかねません。
きちんと業者に依頼することで、適切な高さや角度、間柱の位置など、安全性をきちんと考慮して手すりを設置してもらうことが可能です。
業者に依頼することは、「手間がかからない」「早い」「安全」などたくさんのメリットがありますよ。

【手すり設置のリフォームは介護保険制度も利用できる】

階段に手すりを設置するリフォームを業者に依頼した場合、階段の形状などによっても異なりますが約4万円〜10万円程度の費用が必要になります。
ただし、手すりの設置リフォームには、介護保険制度も利用できるのです。
要介護・要支援認定を受けている場合は、上限20万円までで収入に応じて1〜3割の自己負担で階段に手すりを設置することが可能です。
また、要支援認定を受けていない場合でも自治体によっては助成金を利用できる場合があります。
ご自身が利用できる制度がないか、ケアマネージャーやお住まいの自治体に、一度確認してみることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?」についてでした。
自宅の階段に手すりが無いという場合は、できるだけ早めに手すりの設置リフォームを行うことをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも手すり設置に関するご相談を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの家は大丈夫?地震に備えて耐震リフォームを検討するべき住宅とは?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「あなたの家は大丈夫?地震に備えて耐震リフォームを検討するべき住宅とは?」についてです。

自宅にいる時に大地震が発生したら、あなたの家は大丈夫ですか?自分や家族の身を守ることができるでしょうか?

特に築年数の古い住宅の場合は、耐震性が低い場合が多く、大きな地震の発生によって、倒壊してしまう可能性があります。

そこで今回は大地震に備えた耐震リフォームについてご紹介したいと思います。

【耐震リフォームの重要性】

先日、大阪府北部を震源地とした最大震度6弱の「大阪府北部地震」がおこりました。大都市大阪で発生した地震ということもあり、ライフラインや交通機関にも大きな影響を与えました。さらに死者や負傷者もでているなど大きな被害が出ています。

大阪府北部では全壊や半壊、一部破損などの被害を受けた住宅も多かったようです。今回の地震は南海トラフ巨大地震の前兆ではないかという意見もあり、多くの方はまたいつくるかわからない大地震に不安を抱えているのではないでしょうか。

今回の大阪府北部地震だけでなく、2011年には東日本大震災、2016年には熊本地震など日本で大規模な地震が続いています。地震はいつ発生するかわからないため、普段から食料や水、緊急避難セットなど、自分たちの見を守るための備えをしておくことは重要です。

しかしどれだけ備えていても就寝中に地震が発生し、自宅が倒壊してしまうと最悪の場合、自宅の下敷きになってしまうということもあります。
逆に自宅の耐震が十分で倒壊の恐れがない場合は、避難所ではなく自宅で生活をすることも可能になります。

いつ大地震が発生するかわからない日本だからこそ、自宅の耐震補強リフォームは重要だと言えます。

【耐震リフォームをしたほうがよい住宅とは】

大地震に備えて、耐震リフォームは重要だということは理解していただけたと思いますが、実際に自分の家が耐震リフォームをした方がよい住宅なのかどうかの判断は難しいのではないでしょうか。

自分の家は大丈夫だろうと思っている方も以下のようなポイントを参考に、耐震リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

■老朽化が進んでいる住宅

住宅はどんどん老朽化していきます。特に、住宅の基礎となる部分や柱などが老朽化してくると、耐震性も低くなります。新築で購入してから年数は経っているけれど、一度も補強工事などを行っていない住宅や、中古物件を購入された方などは耐震リフォームを検討されることをオススメします。

■建築年が1981年以前の住宅

1981年に耐震基準が変わり。1981年以降は耐震性の高い住宅が建築されるようになりました。そのため1981年以前に建てられた住宅には耐震性に不安があります。実際に阪神・淡路大震災でも1981年以前に建てられた住宅の被害が多かったそうです。

今住んでいる自宅が、1981年以前に建てられた住宅の場合は、安全のためにも早めに耐震リフォームを行なうことをオススメします。

上記以外にも、地盤の弱い住宅や、1階がガレージなどで強度に不安がある場合などは、耐震リフォームを検討されてみるのがよいかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「あなたの家は大丈夫?地震に備えて耐震リフォームを検討するべき住宅とは?」についてでした。

地震に対して、過度に不安になる必要はないと思いますが、自分や大切な家族の命を守るために地震に備えて準備をしておくことも大切です。

今回は「耐震リフォームの重要性」や「耐震リフォームをしたほうがよい住宅」についてご紹介しましたが、自分の家が耐震リフォームが必要なのかわからないという場合は、ぜひ私たち「ドゥクラフト 土肥家具」にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ペット好きの方必見】愛犬のためのリフォームポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【ペット好きの方必見】愛犬のためのリフォームポイント」についてです。
現在は室内で犬や猫などのペットを飼う方が多くなっています。犬も猫も本当に可愛くて癒やされますよね。私は特に犬が好きでチワワを飼っています。そこで今回は大切な家族の一員である愛犬のためのリフォームポイントについてご紹介したいと思います。

【犬にも人にも優しい住まいとは】

「犬のためにリフォーム!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、愛犬家にとって犬はペットというより、もはや家族の一員です。大切な家族のためにリフォームを行なうというのは決して特別なことではないでしょう。また、犬に優しい住まいは、人にとっても優しい住まいになるものです。愛犬にとっても、飼い主にとっても優しい家にリフォームすることで、家族の笑顔がさらに増えるのではないでしょうか。

【愛犬にも飼い主にも優しいリフォームのポイント】

ここでは愛犬にとっても飼い主にとっても優しい住まいづくりのためのリフォームのポイントをご紹介したいと思います。

■床材

室内で飼育されている犬に、股関節の病気や脱臼などの怪我が増えていると言われています。その理由は、床が滑りやすく犬に大きな負担となっているからです。リフォームの際には、滑りにくい床材を選ぶことで、愛犬への負担を減らすことができます。さらに滑りにくい床材は高齢者や小さなお子さんにとっても安心できる優しい床なのです。
また、滑りにくさ以外にも床材選びで気をつけたいポイントは、床材の強度です。愛犬と室内で暮らす場合、爪などで床に傷がついてしまうことがありますが、ある程度強度のある床材を選んでいると安心です。強度のある床は、キャスターを使用したときにできる傷なども防ぐことができますので、人にとっても優しいと言えるでしょう。さらに掃除のしやすい床材を選ぶことで、愛犬の換毛期でも住まいを清潔に保つことができます。

■壁材

愛犬家の中には、壁を愛犬が傷つけてしまったり、汚してしまった経験があるという方も多いでしょう。思わず愛犬を叱ってしまい、自己嫌悪に陥るということもあるかもしれません。そのようなことを防ぐためにも、壁材は傷がつきにくく汚れにも強いものを選ばれることをオススメします。

・珪藻土

壁材に珪藻土を使用すれば、傷に強くなりますし、傷がついても自分で傷の部分を塗り直すこともできます。

・エコカラット

エコカラットはLIXILのタイル建材です。エコカラットを使用することで湿度を快適に保ったり、部屋の消臭や空気中の有害物質の低減ができます。さらに手入れもしやすいことからペットのいる家庭には特にオススメです。

・表面強化クロス

表面強化クロスは一般的なビニールクロスに比べ、傷や汚れに強い壁紙です。抗菌効果などもあるため、愛犬にも優しく、小さなお子様がいる家庭でも安心です。

■玄関

多くの犬は散歩が大好きですよね。中には一日に3回以上も散歩を行なう家庭もあるようです。散歩から帰ってきた愛犬をそのまま室内に入れてしまうのは衛生上よくありませんので、玄関を清掃性の高いタイル敷きにリフォームし、足を洗えるようにすると良いでしょう。
愛犬家の中には、犬専用の入口をつけて簡易の洗い場を設置される方もいらっしゃいます。
また、玄関にはお散歩用品を収納できるスペースを設置することで、玄関がスッキリ綺麗に片付きます。

今回のテーマは「【ペット好きの方必見】愛犬のためのリフォームポイント」についてでした。
家族の一員である愛犬のためのリフォームは人にも優しいリフォームであることがわかっていただけたのではないでしょうか。愛犬との幸せな生活を、リフォームを行なうことでさらに、より良いものにされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大地震の際、ブロック塀は危険?安全確認のポイントとは

【大阪北部地震について】

2018年6月18日の早朝に起きました大阪北部地震において、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

ーーーー

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「大地震の際、ブロック塀は危険?安全確認のポイントとは」についてです。

2018年6月18日の早朝に起きた大阪北部地震で、大阪府高槻市の小学校に通う小学4年生(9歳)の女の子が、登校中に学校のブロック塀が崩れ下敷きになり亡くなるという痛ましい事故がありました。

さらに、同じく大阪北部地震で、小学校に通う児童の登校を見守る「見守り隊」を行っていた80歳の男性も地震で倒壊した民家のブロック塀の下敷きになって亡くなりました。

これらの悲しい事故が起きてしまったことにより、ブロック塀の安全性が取り沙汰されています。

日本は地震大国です。いつ、どの地域で大きい地震が来てもおかしくないと言われています。もう二度と同じ事故が起きないためにも、今回はブロック塀の安全性についてご紹介したいと思います。

【ブロック塀の耐用年数とは】

ブロック塀は古い民家の塀などでも、多く使用されていますが、実際ブロック塀の耐用年数はどのくらいなのでしょうか。

実はブロック塀の耐用年数は約30年と言われていますが、これはあくまでも目安であり、ブロックの品質や建てられ方、建ててある場所によっても大きく異なります。

ブロック内の鉄筋が錆びたり、腐食してしまうと台風や地震などで倒れやすくなりますので、建ててから15年以上経過しているブロック塀は一度、専門家に見てもらうことをオススメします。

【ブロック塀の安全性をチェックするポイント】

ここではブロック塀の安全性をチェックするポイントをご紹介したいと思います。
自宅のブロック塀の安全性を確認する際の参考にしてみてください。

■鉄筋コンクリート製の基礎があるかどうか

ブロック塀はブロックを積み重ねるだけでなく、内部に塀を補強するための鉄筋が配置されています。しかし、今回の大阪北部地震で犠牲になった9歳の女の子が通う小学校のブロック塀には、この鉄筋が入っていなかったと言われています。実際にこういった建築基準法に違反して建てられているブロック塀も存在しますので、自宅のブロック塀にきちんと鉄筋コンクリート製の基礎があるかどうかをチェックしておきましょう。

また、基礎に使用されている鉄筋が適切に配置されているかどうかや、鉄筋が基礎に適切に差し込まれているかなどもブロック塀の安全を確認するうえで重要なポイントです。

■控え壁は設置されているか

控え壁とは塀が台風や地震などで倒れないようにするための補強壁のようなもので、ブロック塀の高さがまたは1.6mを超え、横の長さが3.4m以上の場合は、長さ方向3.4m以内ごとに控え壁を設置し安全対策を取る必要があります。

大阪北部地震でブロック塀が倒壊した小学校では、控え壁も設置されていなかったそうです。

■ひび割れやグラつきがないかどうか

ブロック塀は経年劣化によって、ひび割れや傾き、グラつきなどが起きる場合があります。

ひび割れや傾き、グラつきなどが起きているブロック塀は放置していると大変危険ですので、早めにリフォームされることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「大地震の際、ブロック塀は危険?安全確認のポイントとは」についてでした。古いブロック塀や、劣化がおきているブロック塀は、地震や台風などで倒れてしまう危険があります。

今回の大阪北部地震のような悲しい事故がおこらないためにも、また自分自身の命を守るためにも、この機会に自宅のブロック塀の安全性の見直しをされてみてはいかがでしょうか。

自宅のブロック塀に不安を感じた場合は早めにリフォームを行なうことをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【豆知識】家の顔!安全で素敵な玄関アプローチの作り方

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「安全で素敵な玄関アプローチの作り方」についてです。
毎日利用しているし、来客時にはお家の第一印象を左右すると言っても過言ではない玄関アプローチ。
なかなか意識されない点もあるので、ぜひ以下の記事を読んでいただき、興味を持たれた方はお気軽にスタッフにご相談ください。

玄関アプローチ

お家の印象から防犯、老後まで。玄関アプローチは大切

玄関アプローチは家の顔と言っても過言ではないでしょう。玄関アプローチで住人のイメージができることもあるのでデザインももちろん大切ですが、実は防犯面への影響もあるのです。今回は安全で素敵な玄関アプローチの作り方について、ご紹介したいと思います。

【玄関アプローチとは】

玄関アプローチとは、敷地の入口から玄関までの道筋のことを指します。玄関アプローチは住んでいる人の個性が出ます。植木や花などのガーデニングを行ったり、タイルなど床の素材を工夫し素敵な空間づくりを行うことで良い印象を与えることができるでしょう。さらにデザインだけでなく、防犯面にも関係しているので、少しの工夫で、自宅の防犯性をアップさせることができます。

【安全で素敵な玄関アプローチを作るポイント】

ここでは安全で素敵な玄関アプローチを作るためのポイントを3つご紹介したいと思います。玄関アプローチ作成の際の参考にされてみてはいかがでしょうか。

ポイント1:玄関までの動線を大切にする
敷地の入口から玄関までの動きをイメージしてみましょう。敷地の入口と玄関の距離が近いと、動く距離は少なくなり楽だと感じるかもしれませんが、泥棒にとっては侵入しやすい家だと感じるため、注意が必要です。さらに、玄関と敷地の入口が直線で繋がっている場合、玄関のドアを開けた時に家の中が丸見えになるため避けた方が良いでしょう。同じような理由で、玄関アプローチがトイレやお風呂などに隣接した作りは避けることをオススメします。塀を使って、外からの視線を避けるという方法もあります。

ポイント2:死角をなくす
塀は外からの視線を避けるという、プライバシー保護の観点ではオススメですが、塀の高さや設置する場所によっては、死角の原因となり、防犯性が悪くなる場合もあります。塀を作る場合は、光や風を取り込め、防犯面も考えてデザインを選ぶことをオススメします。人感センサー付きのライトを設置するのもいいですよ。

ポイント3:老後のためにスロープを
すでに高齢のご家族がいる家庭や、老後のために住宅をリフォームされる方は、玄関アプローチにスロープを設置することをオススメします。特に手すりをつけたスロープは、高齢のご家族にとっても事故防止の役割を果たすので安心です。高齢者や車椅子が必要な場合だけに限らず、ベビーカーが必要な子育て世代にとってもスロープがあれば便利ですよ。また、趣味でサイクリングなどを行う方など、自転車を玄関内に入れたいという場合もスロープがあれば楽に入ることができます。

今回のテーマは「家の顔!安全で素敵な玄関アプローチの作り方」についてでした。
玄関アプローチは、その家に住んでいる人はもちろん、道行く人にも印象を与える重要なものです。デザインにこだわりながらも、防犯面や機能面でも納得のできる玄関アプローチを作りたいですね。今回の記事を参考に、ぜひ素敵な玄関アプローチを作ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00〜18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━