騒音が気になる方必見!マンションの防音リフォーム

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「騒音が気になる方必見!マンションの防音リフォーム」についてです。

マンションなどの集合住宅では、騒音に関する問題が発生することも少なくありません。
「隣の人のテレビの音が気になる」というような周りの音が自分の部屋にまで聞こえてきて困っているというケースや、「子供の足音が下の階の人に響いてるのではないか」など、自分たちが騒音を出す側になっている可能性を心配するといったケースもあるでしょう。
騒音が原因で、近隣住民とのトラブルになる可能性もあるため、防音対策は気になるところですよね。
そこで今回は、マンションの防音リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【防音リフォームは大きく分けて3つ!】

防音リフォームは、大きく3つの場所に分けることができます。
防ぎたい音の種類によって、リフォームする箇所を選ぶというのがオススメです。

■1,壁の防音リフォーム

壁の防音リフォームは、話し声やテレビの音など、空気伝搬音が気になるという方にオススメです。
隣の部屋との壁が薄かったり、コンクリートを使用していない壁であったりすると、隣の住戸の音が漏れやすい可能性が高いです。
壁と下地ボードの間に、遮音シートや吸音材をはさみこむことで、壁の防音性を向上させることができます。
一般的な壁の遮音リフォームには、6畳の戸境壁の場合で、約15万円〜25万円の費用が必要です。
工事期間は、2〜4日程度となることが多いでしょう。

■2,床や天井の防音リフォーム

足音が気になるという場合には、床や天井の防音リフォームが必要です。
人の歩く「ドスンドスン」という音は、遮音性の高い床材に変更することで防ぐことができます。
カーペットや畳、コルクなどの床材であれば、遮音性が高く、足音の衝撃音を吸収させることができますよ。
フローリングでも、遮音性の高いものがありますので、そういったものを選ぶという方法もあります。
上の階の人の足音が響いている場合は、天井に防音対策を行うことで、軽減することができます。

■3,窓ガラスやサッシの防音リフォーム

外の騒音が気になるという方は、窓ガラスやサッシの防音リフォームがオススメです。
しかし、マンションなどの集合住宅では、基本的に窓は共有部分となり、リフォームができません。
そのため、窓の内側にもう一枚窓を設置し、二重窓にするという方法があります。
二重窓にする場合は、内窓の窓サッシに、遮音性の高いものを選ぶことで、防音効果が高くなりますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「騒音が気になる方必見!マンションの防音リフォーム」についてでした。
今回ご紹介したように、騒音を防ぐための防音リフォームでは、音の種類によって、リフォームすべき箇所が異なります。
今、騒音でお悩みの方は、どういった防音リフォームが必要か、本記事を参考に考えてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、防音リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浴室リフォームでヒートショック対策を

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「浴室リフォームでヒートショック対策を」についてです。

住宅リフォームの中でも、浴室リフォームは人気があります。
浴室のリフォームを行うことで、清潔で使いやすくなるだけでなく、安全面や健康面においてもメリットがあるのです。
今回は、浴室リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【主に浴室で起こっているヒートショックとは】

実は現在、年間約17,000人もの人がヒートショックによって、家庭内で亡くなっているのです。
ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧や脈拍が大きく変動し、体調を崩してしまう現象のことで、死に至ることもあるため、とても危険です。
ヒートショックは、特に冬場の浴室で発生することが多いです。
寒い冬の日、冷え切った浴室から、急に温かいお湯に浸かることで、体温が急激に変化し、気を失ってしまうということもあります。
ちなみに、2015年の交通事故による死者の数は約4100人です。
そう考えると、ヒートショックで亡くなる方の割合は、交通事故で亡くなる方よりも、圧倒的に多いということが言えます。

【浴室リフォームでできるヒートショック対策】

前述の通り、ヒートショックでの事故を防ぐためには、室内での寒暖差をできるだけ減らすことが大切です。
特に、浴室は寒暖差が大きくなりやすい場所です。
しかし、浴室リフォームを行うことで、ヒートショック対策を行うこともできます。
ここでは、浴室リフォームでできるヒートショック対策について、ご紹介したいと思います。

■浴室暖房の設置

まず、浴室暖房を設置することで、冬でも浴室を暖かく保つことができます。
浴室暖房には、乾燥機能がついたものが多いですので、浴室のカビ対策にもなり、清潔に保つことにも繋がります。
また、梅雨の時期に浴室に洗濯物を干すこともできるなど、浴室暖房の設置には、ヒートショック対策以外のメリットも多くあるのです。

■浴室窓の断熱リフォーム

浴室の窓を、断熱性の高い窓や、二重窓などにリフォームすることで、冬でも浴室が冷えにくくなります。
また、結露防止効果や防音効果もありますよ。

■システムバスにリフォーム

昔ながらのタイル式の浴室では、冬場、お風呂に入ろうとして、足がヒヤッとしたという経験がある方も多いでしょう。
しかし、現在主流になっている、システムバスにリフォームを行うことで、断熱性も高く、足がヒヤッとすることもありません。
ヒートショック対策以外にも、浴室での転倒防止効果もありますよ。

■脱衣所の床下に断熱材を

浴室リフォーム時には、脱衣所も合わせてリフォームされることをオススメします。
せっかく浴室で体を温めても、脱衣所に出たとたん体が冷えてしまっては、ヒートショックの危険が高くなります。
そのため、脱衣所の床下に断熱材を入れたり、足元に暖房用のコンセントを設置したりして、脱衣所と浴室の寒暖差もなくすようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「浴室リフォームでヒートショック対策を」についてでした。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、浴室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1日で完了!?窓リフォームの種類とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「1日で完了!?窓リフォームの種類とは」についてです。

窓のリフォームは、短期間、低予算で行うことができますので、比較的取り組みやすいリフォームだと言えます。
窓リフォームを行うことで、防犯性や断熱性、遮熱性が向上するメリットがあります。
今回は、そんな窓リフォームの種類について、ご紹介したいと思います。

【窓リフォームは住みながらできる!】

窓リフォームは外壁や内壁なども関係してくるため、大掛かりなリフォームのイメージをお持ちの方も多いでしょう。
しかし、最近では、リフォーム向けの商品が多く発売されているのです。
そのため、多くの窓リフォームは、数時間〜一日で完了します。
したがって、現在の住宅に暮らしながら、窓リフォームを行うことができるのです。

【短期間で完了する窓リフォームの種類】

短期間で完了する窓リフォームの中にも、様々な種類があります。
住宅の条件や、既存の窓の状態、予算などで選びます。
ここでは、短期間で完了する窓リフォームの種類を4つ、ご紹介したいと思います。

■既存の枠は残してガラス障子に交換する

まず、既存の窓枠を残し、そのまま利用して障子を交換する方法の窓リフォームがあります。
既存の窓ガラスが、単板ガラスの場合、複層ガラス(ペアガラス)に交換することで、断熱性の向上に繋がります。

■既存の枠は残しながらサッシを新しくする

既存の窓枠を、新しい枠で覆う方法の窓リフォームもあります。
開閉方法の異なる窓に取り替えられる商品もありますよ。

■既存のサッシの内側に新しいサッシをつける

既存の窓は、そのままにしておいて、既存の窓の内側に新しい窓枠を設置する方法もあります。
つまり、窓自体が二重になりますので、断熱性が向上します。
また、結露対策にもなりますよ。
窓が共用部分でリフォームできないマンションなどでも、この方法であればリフォームが可能です。

■外側から新しい窓を設置し二重にする

内側に新しい窓を設置出来ない場合は、外側に設置する方法もあります。
さらに、外壁をいためないタイプのカバーサッシなどを利用することも可能ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「1日で完了!?窓リフォームの種類とは」についてでした。
窓リフォームは、手軽に行えるリフォームの1つでありながら、断熱性が向上することで、夏も冬も暮らしやすい住宅になるというメリットがあります。
窓リフォームをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、窓リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エアコンが効かない!?原因と対策とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「エアコンが効かない!?原因と対策とは」についてです。

毎日暑い日が続いていますね。
少しでも夏を快適に過ごすためには、エアコンが欠かせないという方も多いでしょう。
一方で、クーラーの温度をいくら下げても部屋が涼しくならないと感じている方も少なくないようです。
そこで今回は、エアコンが効かない原因や対策について、ご紹介したいと思います。

【エアコンや室外機本体の問題】

まず、エアコンが効かない原因として、エアコン本体や室外機の故障や不具合があります。
全く冷たい風がエアコンから出ていない場合や、エアコンや室外機から変な音がしている場合は、エアコンや室外機が故障している場合もあります。
また、エアコンや室外機にホコリが溜まっていることが、冷房が効かない原因になっている可能性もあります。
その場合は、一度綺麗に掃除してもみることをオススメします。
汚れが酷い場合は、専門業者に依頼するという方法もありますよ。

【室外機の環境問題】

実は、室外機の置き場所や周りの環境が原因で、エアコンが効きにくくなることもあります。
例えば、朝日や夕日など直射日光が差し込む位置に、室外機が置いてあったり、鉄製のベランダに置いてあったりすることで、室外機そのものが熱くなってしまい、冷房が効きづらくなってしまうのです。
また、室外機の周りに壁や物置があり、空気の流れを遮っている場合も、エアコンが効きにくくなってしまいます。
これらの場合は、室外機の場所を移動させるか、周りの物を移動させるなどすることで解決出来る場合があります。
ただし、無理に室外機を動かすと、冷房ガスが漏れ、冷風が出なくなってしまうこともあるため注意が必要です。

【住宅の断熱性能の問題】

エアコンや室外機本体、室外機の周りの環境にも問題がない場合は、エアコンの問題ではなく住宅の断熱性能が低いことが原因だと考えられます。
住宅の断熱性能が低いと、いくらエアコンから冷たい風が出ていても、外の温度で家の中が暖められてしまい、冷風が効かないと感じるのです。
断熱性能が低い場合、冷房だけでなく暖房も効きづらくなるため、一年中光熱費が高くなりやすいというデメリットがあります。
住宅の断熱性能は、断熱リフォームを行うことで改善することができます。
断熱リフォームにも様々な種類があり、窓を断熱窓に変更するリフォームや、壁や屋根、床に断熱材を貼るといったリフォームもあります。
予算や、現在の住宅の状況に合わせて選ぶことができますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「エアコンが効かない!?原因と対策とは」についてでした。
エアコンが効かない原因は、エアコン本体だけとは限りません。
住宅の断熱性の低さが原因の場合、エアコンを買い替えても改善されないのです。
自宅のエアコンが効きづらく困っているという方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、断熱リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームでできる!断熱工事について

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームでできる!断熱工事について」についてです。

夏の暑い季節や、冬の寒い時期になると、室内の温度を調整するために、エアコンや暖房器具を使用するというご家庭も多いですよね。
暑い時期はなかなか部屋が冷えず、冷房の設定温度が低くなったり、一日中つけっぱなしになったりということもあるでしょう。
冬の寒い時期も、同じように暖房器具をつけっぱなしにしているご家庭も多いでしょう。
そうなると、一年を通して光熱費が高くなる時期が多く、経済的にも負担となりますよね。
住宅の断熱工事を行うことで、夏は涼しく冬は暖かい家にすることが可能です。
建て替えなどを行わなくても、リフォームで断熱工事を行うことができます。
そこで今回は、断熱リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【断熱リフォームの種類】

断熱リフォームと一言で言っても、どのような工事を行うのかは、それぞれのご家庭や予算によって異なります。
ここでは、大きく分けて2つの断熱リフォームの種類を、ご紹介したいと思います。

■断熱材を入れる工事

住宅の断熱効果を高める重要なアイテムが、断熱材です。
その断熱材を、床や壁、天上に入れることで、住宅の断熱効果を高めることができます。
断熱材を入れる工事の中でも、構造の中(内壁と外壁の間)に入れる「充填断熱」と、外壁を断熱材で囲む「外張断熱」に分けることができます。
一般家庭では、「充填断熱」の方がコストが低く、工期も短いため、「充填断熱」が採用されることが多いです。

■窓に断熱ガラスを入れる工事

どれだけ暖房や冷房を効かせていても、窓の近くは寒かったり暑かったりしますよね?
その理由は、ガラスは、壁や屋根に比べると断熱性能が低いからです。
特に、大きな窓があったり、窓の数が多かったりすると、外の冷気や熱気が入ってきやすくなります。
そこで、窓に断熱ガラスを入れることで、住宅の断熱効果を高めることができるのです。
断熱ガラスには、ペアガラスや、金属膜でコーティングしたものなどがあります。
壁や床、天上に断熱材を入れる工事に比べ、手軽に変更することができるため、早く断熱したいという場合には、まず窓を断熱ガラスに変える工事から行ってみるといいかもしれませんね。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームでできる!断熱工事について」についてでした。
住宅の断熱工事を行うことで、冷暖房の効率が良くなり、光熱費の節約になります。
また、室内と廊下の気温差が少くなるというメリットもありますよ。
自宅の断熱リフォームをご検討中の方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、断熱リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

窓断熱リフォームで寒い冬も快適に!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「窓断熱リフォームで寒い冬も快適に!」についてです。

「エアコンなどの暖房器具を使用していても、なかなか部屋が温まらない」
「1日中暖房をつけていないと部屋が寒い」

上記のようなことはありませんか?
ずっと暖房器具を使用していると、光熱費や乾燥なども気になりますよね。
しかし、部屋が寒いと辛いですよね。
そこで、オススメなのが断熱リフォームです。
断熱リフォームの中でも今回は窓断熱リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【家の熱が窓から逃げている!?】


熱は温度の高い所から低いところへ移動する性質があります。
暖房で温められた空気は、温度の低い外へ移動してしまい、暖房が効きづらいと感じるのです。
温められた室内の空気が逃げないように、家の壁には断熱材が施されているのですが、それでも部屋が温まらない理由には窓が大きく関係しています。
窓には断熱材を入れることはできませんし、ガラスは熱を逃がしやすい性質なのです。
室内の熱の半分近くが窓から逃げていると言われていますので、窓の断熱リフォームを行うことで部屋の温められた空気を外に逃がしにくくすることができるのです。

【自分で窓断熱対策は可能?】


できるでけ費用をかけず、自分で窓断熱対策を行いたい!という方もいらっしゃるでしょう。
簡単な対策であれば、自分でできるものもあります。
ただし効果は低い場合が多く、気休め程度と考える方がよいでしょう。
自分で窓断熱対策を行う場合には、下記のような方法があります。

■窓断熱シート

ポリエチレンのシートを水を使って窓に貼り付けることで、シートの断熱効果+ガラスとシートの間の空気層による断念効果を感じることができるというものです。
ホームセンター等で購入することができますよ。

■窓断熱スプレー

窓にスプレーを吹き付け、乾拭きすることでシリコンコーティングができるというものもあります。
誰でも簡単にできるというメリットもありますが、効果のほどや持続力は商品によっても異なりますが、長く続かない場合が多いです。

【高い断熱効果を望むなら業者に窓断熱リフォームを依頼しよう】

高い断熱効果を求める場合は、やはり業者に依頼することをオススメします。
業者に依頼する窓断熱リフォームにも、窓断熱フィルムや、断熱ガラス、二重窓など様々な方法があります。
お部屋の状態や予算などに合わせて、業者に相談してみるのが良いでしょう。
リフォームに少し費用をかけても、結果的に光熱費の節約になる場合も多いですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「窓断熱リフォームで寒い冬も快適に!」についてでした。
「部屋が寒い」、「暖房が効かない」と感じている方は、窓断熱リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、窓断熱リフォームを承っております。
まずはお気軽に、ご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

断熱リフォームを行うメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「断熱リフォームを行うメリット」についてです。

毎日寒い日が続きますね。
これからの時期は、ヒートショックなどにも注意が必要です。
しかし、下記のようなことはありませんんか?
「暖房をつけていてもなかなか部屋が温まらない」
「暖房が切れたらすぐに部屋が冷える」

上記のような悩みをお持ちの方は、断熱リフォームを行うことで解決できる場合があります。
そこで今回は、断熱リフォームを行うメリットについてご紹介したいと思います。

【メリット1:光熱費を節約できる】

断熱リフォームの最大のメリットは、光熱費の節約ができるということではないでしょうか。
断熱リフォームを行うことで、外気温の影響を受けにくくなります。
そのため、寒い冬でも暖房を使用する頻度が減ります。
また、すぐに暖房を使用してもすぐに部屋が暖まりやすくなりますので、光熱費が節約できるのです。
これは冬の暖房に限らず、夏場の冷房でも同じことが言えます。

【メリット2:ヒートショック対策につながる】

冬場の室内で多い死亡原因の中の1つに「ヒートショック」というものがあります。
ヒートショックとは急激な温度差によって、血圧が大きく変動し、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことを言います。
実は年間で約17,000人もの人が、このヒートショックが原因で命を落としているとも言われているのです。
特に、高齢者の方が若い人に比べてヒートショックを起こすことが多いですので、高齢者の方と一緒に暮らしている方は注意が必要です。
断熱リフォームを行うことで、ヒートショック対策につなげることができます。
前述したように、ヒートショックは室内の寒暖差によって引き起こされますので、室内の温度差を無くすことが重要なポイントとなります。
断熱リフォームで、外気温の影響を受けにくくなれば、室内の温度差を減らすことができます。
特に冷えやすい、浴室や脱衣所、トイレなどと廊下や室内の温度差が少なくなることで、ヒートショックを防げる可能性が高くなります。

【メリット3:室内を快適な温度に保つことができる】

冬場、寒さをしのぐため、エアコンで暖房などをつけていると肌や喉が乾燥するため辛いと感じる人も多いでしょう。
また夏場の冷房も、常につけていると体が冷えて辛いけれど、消すと暑くて耐えられないという方も少なくありません。
断熱リフォームを行うことで、暖房や冷房を使用する頻度を減らすこともできますし、少しの使用で部屋を快適な温度に長時間保つことができますので、ずっとつけっぱなしということが無くなります。
そうなると、体に影響を受けにくいですので快適に過ごすことができるのです。

【まとめ】

今回のテーマは「断熱リフォームを行うメリット」についてでした。
断熱リフォームには、壁や屋根に断熱材を使用するものや、窓を二重ガラスにするものなど様々な種類があります。
ご家庭の状況やリフォーム箇所によって、選択されるとよいでしょう。
私た
ち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、断熱リフォームを承っております。
断熱リフォームをご検討中の方は、お気軽にご相談くださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【豆知識】健康にも好影響!断熱リフォームとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「断熱リフォームとは」についてです。
毎年、夏になると暑さが厳しく、自宅内で熱中症になり、最悪の場合は命を落とすというニュースも、よく耳にします。逆に冬には、自宅内の室温差によるヒートショックなどが原因で命を落とされる方も多くいます。しかし、実際にエアコンなどの冷暖房機器を使用していても、部屋があまり涼しくならなかったり、エアコンを使用している部屋と浴室などのエアコンを使用していない場所との温度差が激しかったりということはよくあります。そこで今回は健康にも好影響を与える、断熱リフォームについてご紹介したいと思います。

断念素材

健康にも好影響!断熱リフォームとは

断熱リフォームとは

断熱リフォームとは、名前の通り、住宅の断熱性能をあげるためのリフォームです。この30年間で、住宅の断熱性能はすごく向上しています。実際に、築30年の住宅と、新築住宅では室温の感じ方に5℃程度の差があると言われています。そのため、築30年以上の住宅は断熱リフォームを行うことで、

自宅の断熱性能を格段にあげることができます。

断熱リフォームを行うメリット

断熱リフォームを行う最大のメリットはもちろん、住宅の断熱性能が向上するということですが、住宅の断熱性能が向上するということは様々なメリットがあるのです。

例えば、住宅の断熱性能が向上することにより、外気温の影響を受けにくくなります。その為、エアコンなどの冷暖房効率がよくなります。ずっと冷房をかけているのに、部屋が暑いといったことや、逆にずっと暖房をかけているのに部屋が寒いということがなくなり、少しのエネルギーで部屋の温度を適温にすることができますので、光熱費の節約にも繋がります。また、自宅内の室温のムラが少なくなるため、ヒートショックのリスクも減り、健康にも好影響を与えます。

断熱リフォームの方法

断熱リフォームといっても規模の大きなものから小さなものまで様々です。床や壁、天井、窓など住宅まるごと断熱性能を高める大規模なリフォームや、既存の窓の内側に断熱窓を設置する比較的簡易な断熱リフォームなどがあります。もちろん窓のみのリフォームよりも住宅まるごと断熱性能を高めるリフォームを行う方が、断熱性能は向上するのでオススメですが、生活環境や予算などによって、どの規模の断熱リフォームを行うかを、リフォーム業者と相談しながら決めると良いでしょう。住宅まるごと断熱が難しい場合でも、天井と床のみ断熱リフォームを行うことで、夏の暑さや、冬の寒さを軽減することができます。

今回のテーマは「健康にも好影響!断熱リフォームとは」についてでした。
断熱リフォームを行うことで、冷暖房などの光熱費を節約することもできますし、ヒートショックや熱中症などの命に関わるようなリスクも減らすことができます。もう、すぐそこまで来ている猛暑日や、年末からの寒さに備えて、ぜひ断熱リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━