【必見】後悔しないための中古マンションリフォームとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【必見】後悔しないための中古マンションリフォームとは」についてです。
最近は、マイホームを新築住宅ではなく、あえて中古マンションを購入し、自分の希望や好みの間取りやデザインにリフォームやリノベーションを行なうという人も増えています。中古マンションを購入し、リフォームやリノベーションを行えば、自由に自分の希望通りの間取りやデザインにすることができると考えている方も多いですが、実は全て自由にできるわけではないため注意が必要です。
大切なマイホームだからこそ、リフォームやリノベーションが始まってから「こんなはずじゃなかった」「もっと勉強しておけばよかった」などと後悔することのないようにしたいですよね。
そこで今回は、後悔しないためのマンションリフォームについてご紹介したいと思います。

【中古マンション購入前に確認してきたいこと】

これから中古マンションを探して購入し、リノベーションやリフォームをしようと考えている方は、中古マンション購入前に確認しておきたいポイントがあります。
まず、中古マンションの構造です、古いマンションは壁式構造である場合が多く、そのような構造のマンションの場合は、構造壁を壊すことはできないため、リフォームやリノベーションで間取りの変更や配管の移動が難しい場合があります。またパイプスペースが移動できないため、水回りの配置を大きく変更することが難しいです。またマンションごとに仕様や規約が異なりますので、事前にチェックしておくことをオススメします。
さらに、マンションの場合、基本的にリフォームやリノベーションなどを行えるのは住戸内だけに限られます。玄関ドアやバルコニーなどは共用部分となるため、変更を加えることはできません。もちろん、マンションの立地や近隣の環境もリフォームやリノベーションではどうすることもできませんので、しっかり確認しておきましょう。

【予算管理のコツ】

中古マンションを購入して、リフォームやリノベーションを行なう場合は「中古マンションの物件価格」+「リフォーム・リノベーション費用」が必要いなります。リフォームやリノベーションの費用がわからないまま、中古物件を購入してしまうと、結果、予算が合わず、希望通りのリノベーションやリフォームができなくなってしまうこともあります。ですので、中古マンションを先に購入するのではなく、リフォームやリノベーション業者に見積りを取ってから中古物件を購入することが予算管理に繋がります。

【信頼できる業者選び】

リフォームやリノベーションは、多額の費用と多くの時間を費やして行いますので、信頼できる業者に依頼することが、リフォームやリノベーションを成功させる大きなポイントになります。信頼できる業者を選ぶためには、いくつかの業者に資料請求や見積もりを依頼してみると良いでしょう。実際にいくつかの業者コンタクトをとってみることで、信頼できる業者を見つけやすくなります。信頼できる業者を選ぶためには、決して料金だけで決めるのではなく、希望や要望をきちんと聞いてくれるか、提案された内容が希望するものに近いかなどを総合的に判断する必要があります。「ここなら安心して任せられる」と思える業者に依頼することをオススメします。

今回のテーマは「【必見】後悔しないための中古マンションリフォームとは」についてでした。今回ご紹介した、いくつかのポイントに注意するだけでも、中古マンションリフォーム後の後悔を防ぐことにつながります。
マンションの構造など、「専門的なことはよくわからない」という方は、リフォーム業者にどんどん相談されると良いでしょう。大きな買い物ですので、後悔することのないよう、信頼できる業者と一緒に中古マンションのリフォームやリノベーションを進められることをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キッチンリフォームで大切な5つのポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「キッチンリフォームで大切な5つのポイント」についてです。
キッチンは毎日の生活に欠かせない空間です。特に主婦(夫)にとっては、一日の多くを過ごす場所である場合も多いです。食事は家族の幸せへと繋がります。そんな大切な食事の準備を行なうキッチンは、使用する人が一番使いやすい形であることが理想的です。現状のキッチンに不満を感じている場合はリフォームを検討されてみるのも良いでしょう。そこで今回はキッチンリフォームの際に気をつけたい5つのポイントについてご紹介したいと思います。

【キッチンリフォーム5つのポイント】

■1:収納の多さ

キッチンでは、包丁やまな板、鍋やフライパン、お玉などのキッチン用品から、食器、調味料など様々なものを使用します。それらの物を収納するための十分な収納スペースがないと、キッチンが散らかってしまい、作業効率も落ちますし、衛生的にもよくありません。パントリースペースも設置したり、吊り戸棚を設置するなど、収納スペースを多く確保するための工夫が大切です。

■2:掃除のしやすさ

キッチンは毎日、油や水を使用しますので、非常に汚れやすい場所です。しかし、家族の食事を準備する場所ですから、衛生面も非常に大切なのです。そのため、キッチンの掃除がしやすいかどうかは非常に重要だと言えるでしょう。最近ではガラストップコンロやレンジフードなど、比較的掃除のしやすい設備もたくさんあります。そのような設備にリフォームすることで、毎日のキッチン掃除がずいぶんと楽になるでしょう。

■3:効率的な導線

キッチンの幅が狭かったり、コンロと冷蔵庫の位置が遠いなど、料理をするうえで導線がスムーズでないと、いくらオシャレなキッチンであっても「使いにくいキッチン」になってしまうでしょう。キッチンリフォームでは、調理から配膳までの流れを考え、スムーズに動きやすい導線づくりが大切です。

■4:身長に適した高さ

キッチンは様々なメーカーから発売されていますが、基本的に80cm〜95cmの高さになります。身長に対してキッチンが低くなりすぎると、調理中の姿勢が前かがみになり、腰痛の原因になります。身長は人によって異なりますし、使いやすい高さも人それぞれ好みがありますので、実際にショールームなどで様々な高さのキッチンに触れてみることをオススメします。

■5:ゴミのスペースの確保

忘れてはいけないのが、ゴミのスペースの確保です。キッチンでは様々な種類のゴミがでます。数種類のゴミ箱を用意すればそれなりに多くのスペースが必要になりますし、ゴミ袋やゴミ箱がキッチンの導線を妨げてしまっては元も子もありません。キッチンリフォームの際は、ゴミ箱を置くのか置かないのか、置く場合はどこに何種類置くのかなど、事前に決めておきゴミのスペースを確保することをオススメします。

今回のテーマは「キッチンリフォームで大切な5つのポイント」についてでした。キッチンリフォームの成功は、家族の幸せにもつながると言っても過言ではないでしょう。キッチンリフォームをご検討中の方は今回ご紹介した、キッチンリフォームで大切な5つのポイントを参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【豆知識】外構づくりで悩む目隠しフェンスの選び方

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「目隠しフェンスの選び方」についてです。
自宅の玄関の向きや窓の位置などによっては、道路や近隣の住宅に面しているなど、外からの視線が気になるということもありますよね。日当たりを重視して建てた家も、実際に生活していると外からの視線が気になるということもあると思います。そこで今回は、外からの視線が気になる方必見の、目隠しフェンスについてご紹介したいと思います。

外構フェンス

外構づくりで悩む目隠しフェンスの選び方x

目隠しフェンスとは

目隠しフェンスとは名前の通り、外からのの視線をカットするためのフェンスです。一般的なフェンスよりも高さがあり、1.8m以上で設置することが多いです。フェンスを単独で設置したり、ブロック塀の上に設置する場合もあります。

目隠しフェンスと一般的なフェンスの違いとは

基本的に、フェンスは境界ラインを示す目的で設置されることが多く、1mほどの高さである場合が多いです。ブロック塀の上にメッシュフェンスを設置したものが多いです。メッシュフェンスでは目隠しの役割を果たすことはできません。

目隠しフェンスの高さはどのくらい?

目隠しフェンスは約1.8m~2mであることが多いです。フェンスの高さが高すぎると、圧迫感がでてしまいます。2m以上の高さが必要な場合は、庭に木を植えて、木の高さで目隠しをするという方法もあります。4mや5mなどの高いフェンスは個人宅で設置することはほとんどないですし、高すぎると強風で倒れるといった危険もありますので、オススメできません。

目隠しフェンスの選び方

目隠しフェンスは設置する場所や目的によって選び方も異なります。また住宅の雰囲気によって、フェンスのデザインや素材選びをするのが良いでしょう。目隠しフェンスを設置することで、「風通しや日当たりが悪くなるのでは?」と心配される方も多いですが、風通しや日当たりも考慮した目隠しフェンスもたくさんあります。

例えば、ルーバータイプや板塀など隙間の少ない目隠しフェンスも選ぶことで、外からの目隠し効果もありながら、風も通すことができます。また、すりガラスのような雰囲気のポリカタイプの目隠しフェンスを設置すれば、外からの視線をカットしながら自然の光を取り入れることもできます。

目隠しフェンスを選ぶ時は、まず、設置する位置を決め、設置したい場所に応じたフェンスの高さを決め、デザインや用途に応じたフェンスの素材を決めるという流れが一般的でしょう。さらに予算などとすり合わせながら納得できるフェンスを設置することをオススメします。なかなか一般の人には選択が難しいこともありますので、外構業者やリフォーム業者などに、希望を伝え相談しながら決めていくことをオススメします。

今回のテーマは「外構づくりで悩む目隠しフェンスの選び方」についてでした。
目隠しフェンスと一言で言っても設置する目的、設置する場所、住宅のデザインなどによって、様々なものがあります。自分でDIYを行い、目隠しフェンスを設置される方もいますが、背の高い目隠しフェンスは風などにより倒れる危険もあるため、基礎がしっかりしている必要があります。目隠しフェンスが倒れ、通行人などが下敷きになるなどということは絶対にあってはいけません。目隠しフェンスは安全性を考慮し、外構業者やリフォーム業者などに依頼することをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━