介護用リフォームならここをチェック!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「介護用リフォームならここをチェック!」についてです。

介護用リフォームとは、自宅で介護ができるように住空間を整えるために行なうリフォームのことです。
介護用リフォームには、様々なリフォーム内容がありますが、今回は「介護用リフォームを行なうなら、ここだけは押さえておきたい」というポイントについて、ご紹介したいと思います。

【介護用リフォームでは安全が第一】

介護用リフォームで、最も大切なことは安全性です。
介護する人、介護を受ける人、どちらにとっても安全で使いやすいことが重要になってきます。
床材を滑りにくい材質のものにしたり、手すりを設置したり、段差をなくしたりするリフォームを行なうことで、住宅の安全性を高めることが可能です。
その他にも、扉を引き戸に変えることで、介護しやすくなったり、車椅子でも移動しやすくなったりしますよ。

【介護用リフォーム3つのポイント】

次に、介護用リフォームで、どういった場所をリフォームすればよいかについて、ご紹介したいと思います。

■玄関の介護用リフォーム

玄関の介護用リフォームのポイントは、段差です。
玄関までの段差をなくすためにスロープを設置したり、上がり框をなくすことで、転倒防止にもなりますし、足腰が弱っている場合でも、不自由なく玄関の出入りをすることができるようになります。
さらに、玄関にも手すりを設置することで、怪我を防ぐことに繋がるのです。

■浴室の介護用リフォーム

浴室は水で濡れていることも多いですし、石鹸なども使用しますので、とても滑りやすい場所です。
そのため、浴室での事故も多いのです。
浴室の床を滑りにくいものにリフォームしたり、浴槽の高さを低くして、またぎやすくしたりするのも、介護用浴槽リフォームではポイントとなります。
さらに、浴室暖房などを設置することで、ヒートショックを防ぐことにも繋がりますよ。

■トイレの介護用リフォーム

既存のトイレが、和式の場合は、洋式にリフォームすることで、足腰が弱っていても使いやすくなります。
さらに、車椅子等で利用する場合は、L字型の手すりを設置するのがよいでしょう。
また、トイレの扉は引き戸に変え、入り口も車椅子で通れる、介助者と一緒に通れるほどの、広さを確保しておくことが大切です。

【まとめ】

今回のテーマは「介護用リフォームならここをチェック!」についてでした。
今回ご紹介したように、介護用リフォームを行なう場合は、安全性と使いやすさを一番に考えることが大切です。
特に、玄関・浴室・トイレのリフォームはポイントになってきますので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、介護用リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

浴室リフォームでヒートショック対策を

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「浴室リフォームでヒートショック対策を」についてです。

住宅リフォームの中でも、浴室リフォームは人気があります。
浴室のリフォームを行うことで、清潔で使いやすくなるだけでなく、安全面や健康面においてもメリットがあるのです。
今回は、浴室リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【主に浴室で起こっているヒートショックとは】

実は現在、年間約17,000人もの人がヒートショックによって、家庭内で亡くなっているのです。
ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧や脈拍が大きく変動し、体調を崩してしまう現象のことで、死に至ることもあるため、とても危険です。
ヒートショックは、特に冬場の浴室で発生することが多いです。
寒い冬の日、冷え切った浴室から、急に温かいお湯に浸かることで、体温が急激に変化し、気を失ってしまうということもあります。
ちなみに、2015年の交通事故による死者の数は約4100人です。
そう考えると、ヒートショックで亡くなる方の割合は、交通事故で亡くなる方よりも、圧倒的に多いということが言えます。

【浴室リフォームでできるヒートショック対策】

前述の通り、ヒートショックでの事故を防ぐためには、室内での寒暖差をできるだけ減らすことが大切です。
特に、浴室は寒暖差が大きくなりやすい場所です。
しかし、浴室リフォームを行うことで、ヒートショック対策を行うこともできます。
ここでは、浴室リフォームでできるヒートショック対策について、ご紹介したいと思います。

■浴室暖房の設置

まず、浴室暖房を設置することで、冬でも浴室を暖かく保つことができます。
浴室暖房には、乾燥機能がついたものが多いですので、浴室のカビ対策にもなり、清潔に保つことにも繋がります。
また、梅雨の時期に浴室に洗濯物を干すこともできるなど、浴室暖房の設置には、ヒートショック対策以外のメリットも多くあるのです。

■浴室窓の断熱リフォーム

浴室の窓を、断熱性の高い窓や、二重窓などにリフォームすることで、冬でも浴室が冷えにくくなります。
また、結露防止効果や防音効果もありますよ。

■システムバスにリフォーム

昔ながらのタイル式の浴室では、冬場、お風呂に入ろうとして、足がヒヤッとしたという経験がある方も多いでしょう。
しかし、現在主流になっている、システムバスにリフォームを行うことで、断熱性も高く、足がヒヤッとすることもありません。
ヒートショック対策以外にも、浴室での転倒防止効果もありますよ。

■脱衣所の床下に断熱材を

浴室リフォーム時には、脱衣所も合わせてリフォームされることをオススメします。
せっかく浴室で体を温めても、脱衣所に出たとたん体が冷えてしまっては、ヒートショックの危険が高くなります。
そのため、脱衣所の床下に断熱材を入れたり、足元に暖房用のコンセントを設置したりして、脱衣所と浴室の寒暖差もなくすようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「浴室リフォームでヒートショック対策を」についてでした。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、浴室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中古の平屋を購入してリノベーションするメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「中古の平屋を購入してリノベーションするメリット」についてです。

最近、注目を集めているリノベーション。
その中でも、中古の平屋を購入して、リノベーションを行うというのも人気があります。
そこで今回は、中古の平屋を購入してリノベーションするメリットについて、ご紹介したいと思います。

【平屋をリノベーションするメリット】

昔に比べると、平屋の住宅は減っていますよね。
しかし、平屋には、2階建てや3階建てにはないメリットがあります。
そのため、昔ながらの平屋のメリットを活かしつつ、現代のライフスタイルに合った住宅にリノベーションしたいという方も増えているのです。
ここでは、平屋をリノベーションするメリットを3つ、ご紹介したいと思います。

■動線がスムーズ

まず、平屋の大きなメリットの一つに、動線がスムーズになるということが挙げられます。
例えば、1階の洗濯機から取り出した洗濯物を、2階や3階のベランダまで運ばなければいけないというようなこともありません。
掃除機を持って階段を昇ることもありませんので、家事がしやすくなります。
小さなお子様がいらっしゃる場合は、安全面でも平屋はメリットが多いと言えますよ。

■バリアフリー化しやすい

平屋のリノベーションを行うことで、住宅をバリアフリー化しやすいというメリットもあります。
元々、平屋には階段がありません。
そのため、リノベーションで玄関にスロープを設置したり、ドアや廊下の段差をなくすことで、バリアフリー化することができるのです。
2階建てや3階建ての住宅をリノベーションするよりも、費用を抑えながらバリアフリー化できるというのも大きなメリットだと言えます。

■中古の平屋であれば新築に比べ費用を抑えられる

平屋を建てる場合、少し広めの土地が必要になります。
そのため、新築で平屋を建てるとなると費用が高くなりやすいですし、希望の土地に平屋を建てられるだけの大きさの土地を確保できない場合もあります。
そのため、新築ではなく、中古の平屋を購入してリノベーションをするというのがオススメなのです。
中古の平屋を購入してリノベーションすることで、新築で平屋を建てるよりも費用を抑えられるというメリットがありますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「中古の平屋を購入してリノベーションするメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、中古の平屋をリノベーションすることには、たくさんのメリットがあります。
平屋で暮らしたい!バリアフリー化を考えている!という方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、平屋のリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

住む人に合わせたバリアフリーリフォーム

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「住む人に合わせたバリアフリーリフォーム」についてです。

少子高齢化が進む日本では、住宅をバリアフリー化するため、リフォームを行う人が増えています。
今のままの住宅だと、老後の生活に不安があるという方も少なくないはずです。
バリアフリーリフォームを成功させるポイントは、住む人に合わせたバリアフリーリフォームを行うということです。
今回は、バリアフリーリフォームについて、ご紹介したいと思います。

【住む人に合わせた生活動線を考えよう】

まず、バリアフリーリフォームで最も大切なのが、住む人に合わせた生活動線を考えることです。
高齢になると、足腰が弱くなってきます。
できるだけ、歩く負担を減らしたいですよね。
そのため、自宅での生活動線を考え、できるだけ移動距離を短くするリフォームを行うといいですよ。
寝室の隣をトイレにする、浴室やキッチンも近くにしておくことで、楽に移動することができます。
また、車椅子でも通れるように、廊下やドアを広くとることや、段差をなくすこともバリアフリーリフォームのポイントになります。

【車椅子に座ったまま料理ができるキッチンもある!】

もし、老後、車椅子生活になってしまった場合でも、車椅子に座ったまま料理ができるキッチンもあるのです。
また、車椅子でなくても、長時間キッチンで立っているのが辛いという方は、椅子に座ったまま料理をすることもできます。
リクシルの「ウェルライフ」というシリーズなら、老後も料理を楽しむことができますよ。
収納も座ったままで、出し入れできるようになっていますので、安全で快適に、キッチンを使えますね。

【手すりやドア、階段はバリアフリーリフォームのポイント】

バリアフリーリフォームでは、手すりの設置やドアの種類、階段のリフォームなどがポイントとなってきます。
できるだけ、自宅の段差を減らし、滑りにくい床材にリフォームするというのも、怪我を防ぐために大切です。
また、手すりは、住む人の身長に合わせて使いやすい高さに設置する必要があります。
さらに、開き戸タイプのドアは、車椅子だと使いにくく不便です。
そのため、ドアは引き戸タイプのものに変更するといいですよ。
高齢になると、階段の上り下りは大変です。
リフォームで平屋にすることで、階段をなくすという方法もありますが、難しい場合は、手すりの設置などで、転倒を防ぐようにするといいですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「住む人に合わせたバリアフリーリフォーム」についてでした。
バリアフリーリフォームを検討中という方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、バリアフリーリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?」についてです。

突然ですが、あなたの自宅や実家の階段に手すりはついていますか?
階段に手すりがついていない!という場合は、できるだけ早めに手すりを取り付けることをオススメします。
今回は、階段に手すりをつける必要性について、ご紹介したいと思います。

【階段に手すりは必要!その理由とは】


まずは、階段に手すりが必要かどうかということですが、結論から言うと階段に手すりは必要です!
ここでは階段に手すりが必要な理由について3つご紹介したいと思います。

■安全性の向上・転倒防止

まず第一に、階段に手すりを設置することで、安全性が向上します。
階段でのつまづきや転倒によって、大怪我に繋がることもあるのです。
階段に手すりを設置することで、転倒防止に繋がりますし、つまづいてしまっても手すりにつかまることで大きな事故には繋がりにくくなります。

■介護サポート


自宅での介護が必要になった場合や、足腰が衰えていると階段の上り下りには負担がかかります。
身体状態によっても異なりますが、階段に手すりがあることで自分で上り下りが可能になる場合もあります。
また、介護をサポートする家族やヘルパーさんにとっても、階段に手すりがあることで補助の負担を減らすことができるのです。

■建築基準法

建築基準法では、床から1m以上の階段に手すりを設置しなければいけないと定められています。
建築基準法から考えても、階段に手すりは必要であると言えますね。

【階段に手すりを設置するリフォームはDIYできる?】

階段に手すりを設置するリフォームはDIYでも不可能ではありませんが、業者に任せる方が安心です。
その理由は、手すりには体重の重みがかかりますので、きちんと間柱に固定できていないと大変危険です。
不意に手すりが外れてしまうようなことがあれば、大事故に繋がりかねません。
きちんと業者に依頼することで、適切な高さや角度、間柱の位置など、安全性をきちんと考慮して手すりを設置してもらうことが可能です。
業者に依頼することは、「手間がかからない」「早い」「安全」などたくさんのメリットがありますよ。

【手すり設置のリフォームは介護保険制度も利用できる】

階段に手すりを設置するリフォームを業者に依頼した場合、階段の形状などによっても異なりますが約4万円〜10万円程度の費用が必要になります。
ただし、手すりの設置リフォームには、介護保険制度も利用できるのです。
要介護・要支援認定を受けている場合は、上限20万円までで収入に応じて1〜3割の自己負担で階段に手すりを設置することが可能です。
また、要支援認定を受けていない場合でも自治体によっては助成金を利用できる場合があります。
ご自身が利用できる制度がないか、ケアマネージャーやお住まいの自治体に、一度確認してみることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「階段に手すりをつける必要性は?DIYでも可能?」についてでした。
自宅の階段に手すりが無いという場合は、できるだけ早めに手すりの設置リフォームを行うことをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも手すり設置に関するご相談を承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

安心・安全なトイレリフォームのポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「安心・安全なトイレリフォームのポイントとは」についてです。

老後に向けたリフォームや、介護のためのリフォームを行う時は、トイレも重要なポイントです。
高齢者や介護が必要な人にとってトイレが使いにくいというのは、辛い問題です。
そこで今回は、老後に向けたリフォームや介護のためのリフォームを検討中の方に向けて、安心・安全なトイレリフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【トイレの中や間口は広めにしておく】

トイレは他の部屋に比べて小さいスペースに設置されることも多いですが、老後や介護を考えたリフォームでは、トイレの中やトイレの間口は広めに作っておくことをオススメします。
介護が必要な場合は、介助者が一緒にトイレに入る必要がでてきますので、狭いトイレではスムーズに動くことができません。
車椅子でも、問題なく利用できるぐらいの間口と中の広さがあれば安心です。
また、ドアはできるだけ引き戸タイプがいいでしょう。
さらに、トイレの出入り口の段差はなくし、フラットにしておくことをオススメします。

【便器が和式の場合は洋式に変更】

古い住宅の場合、和式便器を使用しているということもあるでしょう。
和式の便器は、足腰に負担がかかるため、高齢者の方には使いづらいです。
和式便器を使用しているという場合は、洋式便器にリフォームすることで、足腰への負担が減り、トイレを安心・安全に使えるようになりますよ。

【床材や手すりで転倒防止対策を!】

高齢者の方の自宅内での事故は、転倒が原因のことも多いです。
トイレでは滑りにくい床材を選んだり、手すりを設置したりすることで転倒防止になります。
トイレの床の場合は、滑りにくく掃除のしやすい塩化ビニール樹脂製のクッションフロアがオススメです。
手すりは、転倒防止だけでなく、立ち座りの動作の補助にもなりますよ。

【寝室の近くや緊急呼び出しボタンがあれば、さらに安心】

トイレは、できるだけ寝室の近くに設置することがオススメです。
介護者の場合、寝室からトイレが遠いと間に合わなかったり、転倒の可能性などもでてきますので、できるだけトイレを行きやすい場所に設置するといいですよ。
また、トイレに緊急呼び出しボタンがあれば、急に具合が悪くなった時にすぐに家族に伝えることができますので、より安心です。

【まとめ】

今回のテーマは「安心・安全なトイレリフォームのポイントとは」についてでした。
老後に向けたリフォームや介護のためのリフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、トイレリフォームを承っております。
お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームでヒートショック対策をしよう!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームでヒートショック対策をしよう!」についてです。

突然ですが、ヒートショックという言葉をご存知ですか?
ヒートショックとは、浴室やトイレなどと居室等の急激な温度差によって血圧が大きく変動し心筋梗塞や脳梗塞、失神等を引き起こすことをいいます。
年間で約17,000人もの人が、ヒートショックが原因で亡くなっているとも言われています。
特にヒートショックは、浴室と脱衣所の温度差によって起こりやすいと言われており、浴室リフォームでヒートショック対策を行うことも可能です。
そこで今回は、ヒートショック対策のための浴室リフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【浴室暖房の設置】

冬場、お風呂に入ろうと衣服を脱いで、風呂場のドアを開けると浴室の温度が低くヒヤっとすることがありますよね。
そのような温度差がヒートショックの原因となっているのです。
そこで浴室リフォームを行い、浴室暖房の設置をすることで、寒い冬でも事前に浴室を温めておくことができます。
そのおかげで、温度差がなくなりヒートショック対策になりますよ。
また、浴室暖房は梅雨の時期の洗濯物干し場としても活躍します。
雨が続く梅雨の時期でも、洗濯物を風呂場に干して、浴室乾燥をかけると洗濯物が早く乾いてくれますし、部屋干しの嫌な匂いも気にならなくなりますのでオススメです。

【断熱リフォーム】

次にヒートショック対策にオススメなのが、断熱リフォームです。
浴室や脱衣所をいくら温めても、熱が外に逃げやすいと、すぐに部屋が冷えてしまいます。
断熱リフォームを行うことで、部屋の熱が外に逃げにくくなるため、部屋を長時間温めることができ、室内での寒暖差を減らすことができます。
断熱リフォームにも様々な種類がありますが、熱が最も多く逃げてしまう「窓」を断熱サッシや2重ガラスに変更することで、断熱効果を高めることが可能です。
他にも、壁や屋根に断熱材を敷き詰めるという方法もありますので、ご自宅の状態にあった断熱リフォームを検討されるといいでしょう。

【脱衣所暖房や床暖房の設置】

お風呂に入り体が温まったあと、脱衣所に出た際に寒く感じるということもありますよね。
この寒暖差も、ヒートショックの原因となります。
そこで、脱衣所に暖房を設置して、脱衣所を温めておける状態を作るというのもヒートショック対策に繋がります。
さらに床暖房を脱衣所や廊下に設置することで、お風呂あがりに足元がヒヤッとすることがなくなりますのでオススメです。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームでヒートショック対策をしよう!」についてでした。
ヒートショック対策のためのリフォームを行うことは、自分や家族の命を守ることに繋がります。
特に、ヒートショックは高齢者の方に増えていますので、高齢者の方が住んでおられるご家庭や、老後のためのリフォームをされる方は、ぜひヒートショック対策リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
ヒートショック対策リフォームについて、ご検討中の方は私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社ドゥクラフト土肥家具まで、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームやリノベーションで介護の負担を減らそう!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームやリノベーションで介護の負担を減らそう!」についてです。

家族が要介護になった際、自宅で介護をするという方も多いですよね。
自宅介護に適したリノベーションやリフォームを行うことで、介護される家族も快適に過ごせますし、介護を行う人の負担も減らすことができます。

そこで今回は、介護を行う人の負担を減らすリフォームやリノベーションについて、ご紹介したいと思います。

【介護リフォームでは動線が大切なポイント】

リフォームで介護を行う人の負担を減らすための大切なポイントは「動線」です。
生活動線がスムーズになることで、介護を行う人の負担を大きく減らすことができます。
ここでは生活動線をスムーズにするためのポイントを4つ、ご紹介したいと思います。

■段差を無くす

まず1つ目は、当然ながら「段差を無くす」ということです。
介護リフォームはバリアフリー化が重要なポイントです。
自宅内(玄関も含む)に段差が多いと、介護するにあたって動線がスムーズとは言えません。
車椅子を使用しないとしても、介護される方にとって段差は辛いものです。
また、段差によって転倒してしまう可能性も考えられるため、自宅の段差は無くすのがいいでしょう。

■手すりをつける

そして、自宅内に手すりを設置するのもオススメです。
玄関、階段、廊下、洋室、トイレ等に手すりを設置することで、転倒防止にもつながりますし、介護を行う人の負担を減らすことにもつながります。
手すりがないと、介護される方が介護を行う人に頼るしかないことでも、手すりがあることで介護を行う人の助けを必要としなくてもよい場合があります。
また、介護を行う人自身も手すりがあることで、体の負担を少しでも減らすことができるのです。

■ドアを引き戸に

開き戸は介護に適していません。
自宅内のドアを全て引き戸にリフォームすることで、介護生活の動線をスムーズにすることができますよ。

■廊下や脱衣所を広めに

廊下や脱衣所などを広くとっておくことで、車椅子でも動きやすい空間になります。
また、廊下の曲がり角も広めにとっておくのがいいでしょう。
さらに廊下から各部屋にはできるだけ直線で入れるようにしておくと、介護の負担を減らすことができますよ。

【これからリノベーションするための住宅を購入する場合は共用部分もチェックしよう!】

これから介護をするために、中古マンションを購入してリノベーションを検討しているという方は、マンション選びも重要なポイントです。
希望のリノベーションができるかどうかも大切ですし、共用部分のチェックも忘れないようにしてください。
マンションでリノベーションできるのは、あくまでも専用部分だけですので、共用部分のチェックが大切なのです。
エレベーターや、共用の廊下の広さ、駐車場までの距離等、様々な箇所をチェックしておくことで、介護がしやすいマンションであるかを知っておくことをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームやリノベーションで介護の負担を減らそう!」についてでした。
「これから、自宅介護をしなければいけない」
「現在、自宅で介護しているが負担が多く辛い」
上記のような方は、今回の記事を参考に「介護の負担を減らすリフォームやリノベーション」に取り組まれてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リフォームで老後も暮らしやすい家にしよう!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームで老後も暮らしやすい家にしよう!」についてです。

定年退職をし、子どもたちも家から巣立っていくと、現在の暮らしとは全く異なる生活になりますよね。
そうなると、現在の住宅では不自由だと感じる点も出てきます。
しかし思い出の詰まった我が家ですから、終の棲家にしたいと思っている方が多いでしょう。
そこでオススメなのが、老後も暮らしやすい家にするためのリフォームです。
今回は、老後にむけたリフォームのポイントについて、ご紹介したいと思います。

【バリアフリーを意識したリフォーム】


まず、老後に向けたリフォームでのポイントは、バリアフリーということです。
年を重ねると、どうしても足腰の筋力が弱ってきます。
小さな段差でもつまづきやすくなるということもあります。
高齢者の自宅内での事故が多いのもそういった理由からです。
老後でも安全に暮らしやすい住宅にするために、部屋と廊下や玄関の段差をなくしたり、様々な場所に手すりをつけたりすることも大切です。
完全にバリアフリーにするのは難しくても、必要な部分やできる範囲でバリアフリーを意識したリフォームを行うことをオススメします。

【夫婦それぞれの空間を作る】

定年退職し、子どもも巣立った後は夫婦2人の時間が長くなりますよね。
もちろん長い間、苦楽を共にしたパートナーで大切な存在ではありますが、ずっと同じ空間で過ごしていると息が詰まることもあるでしょう。
また、老後も自分らしく生き生きと過ごしたいと思っている方も多いです。
そこで大切なのが、夫婦それぞれのプライベート空間を作るということです。
互いに趣味の部屋やリラックスする部屋を用意しておくというのは、最後まで仲の良い夫婦でいられる秘訣かもしれませんね。

【減築リフォームもオススメ】

老後に向けたリフォームでは、減築リフォームというのもオススメです。
減築リフォームとは、現在の住宅から不要な部屋を減らし住宅の面積を小さくするリフォームのことです。
減築リフォームは耐震性や防犯性の向上にも繋がります。
さらに減築リフォームを行い、必要な空間をまとめることでムダな移動をする必要がなくなり、老後でも過ごしやすい住宅になるのです。
年を重ねると、夜中にトイレに行くために何度も目覚めるということも増えますよね。
減築リフォームで寝室とトイレを近くしておくことで、夜中のトイレのストレスを軽減することもできますよ。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームで老後も暮らしやすい家にしよう!」についてでした。
最期の時まで自分たちらしく、生き生きと暮らすために、老後に向けたリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
「こんなことをしてみたいけど、できるのかしら?」
「いくらぐらい費用が必要なの?」
上記のような疑問がある場合は、私達ドゥクラフト土肥家具まで、お気軽にご相談ください。
それぞれのご家族のライフスタイルやご希望に応じたリフォーム内容をご提案させていただきます。
ぜひ一度、お問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

補助金制度を使用してお得に介護リフォームをしよう!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「補助金制度を使用してお得に介護リフォームをしよう!」についてです。

自宅での介護がきっかけで、リフォームを行う方も多いですよね。
現在、日本が高齢化社会となっていることも、介護をきっかけとするリフォームが増えている理由の1つでしょう。

自宅で介護を行うために必要なリフォームの場合、補助金制度を利用することができるというのはご存知ですか?

補助金制度を利用することで、お得に介護のためのリフォームを行うことができます。
ただし補助金制度を利用できるリフォームには条件があるのです。
そこで、今回は介護リフォームの補助金制度や、補助金の対象となるリフォーム内容について、ご紹介したいと思います。

【介護リフォームの補助金について】

自宅での介護を目的として介護リフォームを行う場合、介護保険を利用することで補助金を受け取ることが可能です。
介護保険を利用した補助金制度は「生涯で20万円まで、リフォームの90%」を補助金として受け取ることができます。

さらに補助金の対象となるのは、要支援、要介護1~5と認められた人が居住する住宅のリフォームを行った場合です。

「将来、介護が必要になるかもしれないから」と老後に備えて行ったリフォームは対象にはなりません。

【補助金が給付されるリフォームとは】

■手すりを設置

階段や玄関、浴室など、室内外問わず手すりを設置するリフォームを行う場合は、補助金の対象となります。
介護が必要な方の場合、手すりがあるだけで、かなり楽になる動作も多いですし、転倒防止にもなりますので手すりは設置した方が安心です。

■バリアフリーのために段差をなくす

例えば自宅で車椅子を使用する場合、部屋と廊下の間などに段差があると、とても不便です。
さらに車椅子に限らず、介護が必要な方の場合、小さな段差でもつまづいてしまうということがあるため、段差をなくす(バリアフリー化)リフォームが必要になることもあります。
その場合も補助金給付の対象となりますよ。

■洋式便座へ取り替え

和式便座は介護を行ううえで、かなり使いにくいと感じるでしょう。
和式便座は足腰への負担がかかるため、洋式便座への取り替えが必要です。
洋式便座への取り替えも、補助金の対象リフォームとなります。

■扉の変更

車椅子などで生活する場合、押したり引いたりするタイプのドアはとても不便です。
そこで、横にスライドできるドアなどに取り替えることで、生活がしやすくなります。
扉の変更についても補助金の対象です。

■滑りにくい床へ

現在の床材から、滑りにくい床材や、車椅子で移動しやすい床材へ変更する場合も、補助金の対象となります。
床材を変えるだけて、転倒のリスクを低くすることができますので、検討されてみてもあいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「補助金制度を使用してお得に介護リフォームをしよう!」についてでした。
補助金制度を利用することで、無理なくお得に介護リフォームを行うことができます。
今回ご紹介した以外にも、条件やリフォームの範囲がありますので、気になった方はぜひ1度、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具までご相談ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━