リフォームの豆知識

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社
ドゥクラフトがご提案する
リフォーム・リノベーション等の
役立つ豆知識ブログ

リフォーム

2019.11.20

家庭事故を防ぐ!老後のリフォームにオススメな床材は?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「家庭内事故を防ぐ!老後のリフォームにオススメな床材は?」についてです。

高齢者の家庭内での事故で最も多い原因が「転倒」です。
自宅で、転倒して怪我をする高齢者がとても多いのです。
日本では、靴を脱いで生活をするのが一般的で、室内ではスリッパを履く人も多いですよね。
そして、日本の住宅では床材にフローリングが使われていることが多いため、特に滑りやすくなっているのです。
老後に向けて、バリアフリー化や、減築など、自宅のリフォームをご検討中の方も多いでしょう。
そこで今回は、老後のリフォームにオススメの床材について、ご紹介したいと思います。

【滑りにくい床材はタイルカーペット】

自宅で、高齢者が転倒するのは、床が滑りやすいことも原因の1つです。
そのため、老後のリフォームには、滑りにくい床材を選ぶことがポイントです。
滑りにくい床材でオススメなのが、タイルカーペットです。
カーペットには凸凹があり、ツルツルとしたフローリングに比べ、足のグリップ力が高くなるため、転倒を防ぐことができます。
また、水に濡れた場合でも滑りにくいという特徴もあります。

【衝撃吸収性が良いのは畳】

滑りにくい床材を選ぶことも、転倒防止には効果的ですが、一方で万が一、転倒してしまった場合には、衝撃吸収性が高いということも重要なポイントになります。
高齢になると、若い頃に比べると、筋力が落ち、足腰が弱くなりやすいです。
そうなると、注意しても、何かの拍子で思いがけず転んでしまうこともあるのです。
転倒した際に、床の衝撃吸収が弱いと、大怪我に繋がる可能性があります。
畳は、衝撃吸収性の高い床材です。
高齢者だけでなく、小さなお子様がいらっしゃる家庭にもオススメの床材と言えますね。

【部屋や生活に合わせた床材選びを】

転倒を防止するためには、滑りにくい「タイルカーペット」がオススメですし、万が一のことを考えれば衝撃吸収性の高い「畳」がオススメです。
ただし、掃除のしやすさなどを考えれば「フローリング」や「タイル」を選択するという方もいらっしゃるでしょう。
キッチンなどの水回りの床材の場合は、撥水性のある床材が良いということもあります。
床材は、家族構成や生活スタイル、部屋の使用用途に合わせて選ぶというのが大切なのです。

【まとめ】

今回のテーマは「家庭内事故を防ぐ!老後のリフォームにオススメな床材は?」についてでした。
今回ご紹介したように、床材選びはリフォームを行なう中で大切なポイントです。
滑りにくい床材や、衝撃吸収性の高い床材は、老後リフォームにオススメですよ。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、床リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっと見る

リフォーム

2019.06.21

床のリフォームで床材選びに迷ったら

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「床のリフォームで床材選びに迷ったら」についてです。

住宅は年月が過ぎるにつれて、少しづつ劣化していきます。
浴室やトイレ、キッチンなどの水回りだけでなく、外壁や屋根など様々な箇所が劣化していくのです。
もちろん、床も例外ではありません。
そこで今回は、床のリフォームについて、ご紹介したいと思います。

【床のリフォームでは床材選びが大切】

床のリフォームで、最も大切と言っても過言ではないのが「床材選び」です。
どのような床材を選ぶかによって、部屋の雰囲気は大きく異なってきます。
また、床材には、それぞれの特徴があります。
ここでは、床材ごとの特徴などについて、ご紹介したいと思います。

■フローリング

一般的な床材として、多くのご家庭で使用されているのが、フローリング材です。
フローリング材は、木材を加工しており、衝撃や水分には弱いという特徴があります。
そのため、表面に凹みや傷がつきやすいです。
フローリング材は、定期的にメンテナンスが必要で、リフォームのタイミングは約10年が目安になります。

■カーペット

繊維質のカーペット材も、床材として利用されます。
カーペット材は、部屋に高級感を与えたり、冬でも床が冷たくなかったりといった特徴があります。
一方で、水には弱く、汚れやすいという特徴もあるのです。
カーペット材のリフォームのタイミングは、約5年が目安になります。

■タイル

タイルは、陶でできているため、水分に強いです。
ただし、強い衝撃が加わると割れてしまう可能性もあります。
また、冬場はタイルが冷たく感じるのも特徴の1つです。
タイルのリフォームタイミングは、剥がれや割れが生じた時です。

■クッションフロア

クッションフロアは、ビニール素材の床材です。
水には強く、熱には弱いという特徴があります。
床材の中では、柔らかい素材ですので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭のリフォームで、人気があります。

【床材はどうやって選ぶ?】

前述の通り、床材には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。
そのため、床材の選び方がわからず、悩むという方も多いでしょう。
基本的に、床材の選び方は、家族構成やライフスタイルに合わせて選ぶことをオススメします。
例えば、犬や猫などのペットを室内で飼っているご家庭であれば、ペットの足に負担になりにくい床材を選ぶ方がよいでしょう。
タイルなど硬く、滑りやすい床材は避けたほうがいいかもしれません。
また部屋の用途に合わせて、床材を選ぶというのも大切です。
水回りでは、カーペット材は避けた方がよいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「床のリフォームで床材選びに迷ったら」についてでした。
今回ご紹介したように、床のリフォームでは床材選びが重要になってきます。
床のリフォームをご検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、床のリフォームを承っております。
床材についても、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もっと見る

新着記事

二世帯のタイプ別リフォーム

2021.01.18

二世帯のタイプ別リフォーム

洗面所と脱衣所を分けるおすすめパターン

2021.01.14

洗面所と脱衣所を分けるおすすめパターン

和モダンな和室には琉球畳がおすすめ!

2021.01.12

和モダンな和室には琉球畳がおすすめ!

実際どうなの?~カーペットのメリット・デメリット~

2021.01.07

実際どうなの?~カーペットのメリット・デメリット~

ベランダ屋根後付けのポイントをご紹介!

2021.01.05

ベランダ屋根後付けのポイントをご紹介!

ドゥクラフトオフィシャルサイト

リフォーム・リノベーション プラン・見積もり無料依頼

自宅に居ながら簡単見積もり! LINEでかんたん! ご相談・お見積り

タグ