【人気】介護保険を利用したリフォームとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「介護保険を利用したリフォームとは」についてです。
介護リフォームやバリアフリーリフォームは介護保険を活用して行なうことができます。介護保険制度の「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用することで、補助金を受け取ることができ、お得に介護リフォームや、バリアフリーリフォームをすることができます。しかしこの制度は対象になる人や上限額、リフォームの内容に制限があります。今回は介護保険を利用したリフォームについてご紹介したいと思います。

介護保険を利用したリフォーム

【介護保険を利用したリフォームの対象者や上限額】

「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用し補助金を受け取るには以下の条件を満たしている必要があります。
・要介護認定で「要支援」もしくは「要介護」の認定をされていること(要介護度の度合いによって受給額に差が生じることはありません)
・福祉施設に入所しておらず、病院にも入院していないこと
・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること

上記の条件を満たす人が、補助金の受給対象者になります。

また介護保険を利用して、介護リフォームやバリアフリーリフォームを行う場合の補助金の上限額は20万円です。原則、一人一回までの利用となっています。ただし、要介護度が3階級以上上がった場合や、転居した場合などは再申請ができます。

■介護保険の対象になるリフォームとは

介護保険を利用して補助金を受給することができる、リフォームの内容には以下のようなものがあります。保険は購入費用の9割に適用されます。

・転倒防止や移動のための手すり取り付け工事
・部屋と廊下や、玄関、脱衣所と風呂場などの段差を無くすための工事やスロープの設置
・滑りにくい床材や、車椅子の移動を楽にするための畳をフローリングに変更する工事
・移動や介護に必要な動作のために、引き戸や折戸、アコーディオンカーテンなどに既存のドアを変更する工事
・和式便座を洋式ぼトイレに変更する工事

上記の工事を行なうために必要な、下地の補強や壁や柱の改修などの工事も対象となります。

■その他の助成金や補助金も併用が可能

お住いの自治体で、高齢者や障害者のための介護リフォームやバリアフリーリフォームに対して、助成金を支給している場合もあります。条件や限度額などは、自治体によって異なりますが、そのような自治体の助成金や補助金などと、介護保険の「高齢者住宅改修費用助成制度」を併用することも可能ですので、介護リフォームやバリアフリーリフォームをご検討中の方は、お住いの自治体に確認されてみると良いかもしれませんね。

今回のテーマは「介護保険を利用したリフォームとは」についてでした。
介護保険の「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用し、少しでもお得にリフォームできるといいですよね。ただ、条件もありますので、まずは、ご自身や家族が、補助金の受給対象者になるのかを確認されることをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です