【浴室リフォーム】ユニットバスと在来工法の違いとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【浴室リフォーム】ユニットバスと在来工法の違いとは」についてです。

「浴室が古くて汚れが目立ってきた」
「浴室が滑りやすく危険」
「浴室の段差が気になる」

上記のように浴室に悩みを抱えている方も多いです。
とくに、高齢になってくると浴室での事故も増えてきます。
浴室に悩みがある場合は、リフォームがオススメですが、浴室リフォームについて、よくわからないという方も多いでしょう。
そこで今回は、浴室リフォームのユニットバスと在来工法の違いについて、ご紹介したいと思います。

【浴室リフォームの施行法の違い】

浴室のリフォームには、大きく分けて2つの種類があります。
1つ目は、近年主流になっている「ユニットバス」です。
2つ目は、昔ながらの施行法で「在来工法」というものがあります。
これらの施行法は、方法や工事期間、費用など様々な面で大きく異なってきます。
自宅の浴室リフォームを検討しているのであれば、この2つの違いや特徴を知っておくといいですよ。

【近年はユニットバスが主流】

ユニットバスは、近年の浴室リフォームの主流となっていて、システムバスと呼ばれることもあります。
ユニットバスは、既成品の床や壁、天井や浴槽などを、浴室で組み立てる方法です。
防水性が高く、断熱性にも優れているという特徴があります。
それぞれのパーツは既成品から選ぶことになりますが、最近は種類もとても豊富です。
滑りにくい床や、水乾きが良く掃除のしやすい壁など、使いやすいものが多くあります。
また、ショールームなどで実際に見てから決めることができますので、完成イメージがしやすいというメリットもあります。
その他にも、工事期間が短いことや、費用が在来工法に比べて安いことも、ユニットバスが主流になっている理由でしょう。
ただし、浴室のスペースが規格サイズよりも小さい場合や、形状が変則的な場合などは設置できないというデメリットもあります。

【昔ながらの在来工法も】

在来工法は、昔ながらの方法で、造作と呼ばれることもあります。
壁や床、天井などを、防水処理をした下地に施工していく方法です。
デザインや大きさ、窓の位置など、様々なことを希望に合わせて施工することができ、フルオーダーメイドの浴室ができます。
しかし、在来工法は工事期間が長くなることや、費用が高くなるといったデメリットもあります。

【まとめ】

今回のテーマは「【浴室リフォーム】ユニットバスと在来工法の違いとは」についてでした。
最近は、ユニットバスを使用したリフォームが主流ですが、浴室にこだわりがある場合や、形状が変則的な場合などは、昔ながらの在来工法を選択するといいでしょう。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、浴室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です