いつ起こるかわからない!地震から家を守る耐震リフォーム

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「いつ起こるかわからない!地震から家を守る耐震リフォーム」についてです。

2011年3月11日に発生した、東日本大震災をはじめ、近年日本では、大規模な地震が多く発生しています。
また日本は、地震が多い国で、今後も大規模な地震が起こる可能性が高いと言われています。
東日本大震災でも、たくさんの住宅が、大きな揺れに耐えられず、倒壊してしまいました。
崩れた住宅の下敷きになり、命を落とす可能性もあるのです。
そのため、地震に備えて「耐震リフォーム」を行う方も増えています。
そこで今回は、耐震リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【耐震リフォームとは?】

耐震リフォームとは、住宅の耐震性能を高めるためのリフォームです。
実は、現在の耐震基準は1981年と2000年に基準が大きく見直されて、定められたものです。
つまり、1981年以前に建てられた住宅と、1981年〜2000年の住宅、2001年以降に建てられた住宅では、耐震基準が異なっています。
見直されるたびに、耐震基準は厳しくなっていますので、2000年より前に建てられた住宅は、現在の住宅よりも耐震性能が低い可能性が高いです。
そのため、2000年以前に建てられた住宅にお住まいの方は、耐震リフォームを行うことをオススメします。

【耐震構造リフォームと制震構造リフォームの違い】

耐震リフォームは、大きく2つの種類に分けることができます。
1つ目は、地震の揺れに対して、住宅(建物)の強度を高めて、倒壊を防ぐための「耐震構造リフォーム」です。
2つ目は、制震ダンパーと呼ばれる装置を設置して、地震の揺れを吸収し、家を揺れにくくする「制震構造リフォーム」です。
どちらのリフォームが良いということは、一概には言えません。
現在の住宅の状態などによっても、異なってきます。

【耐震リフォームで行う主な工事】

次は、耐震リフォームで行う主な工事について、ご紹介したいと思います。

・腐食や破損している柱等、基礎となる木材の補強や交換。
・構造同士をつないでいる金具の補強や交換。
・耐震性能を満たしていない基礎の補強。
・耐震壁の追加や補強

上記が、耐震リフォームの主な工事内容です。
住宅の状態や構造によって、必要な工事は異なってきますので、まずはリフォーム業者に相談されるといいですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「いつ起こるかわからない!地震から家を守る耐震リフォーム」についてでした。
今回ご紹介したように、いつ起こるかわからない地震から家や家族、自分の命を守るためには、耐震リフォームが大切です。
特に、2000年以前に建てられた住宅の場合、一度、リフォーム業者に相談されることをオススメします。

私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、耐震リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です