コンクリート打ちっぱなしの家って実際どうなの?オシャレだけれど意外な落とし穴も!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「コンクリート打ちっぱなしの家って実際どうなの?オシャレだけれど意外な落とし穴も!」についてです。

オシャレなマンションや、お店などでは、あえてコンクリート打ちっぱなしにしているというところも多いですよね。

最近は中古住宅をリノベーションして、オシャレでこだわりのある空間にする人が増えていますので、コンクリート打ちっぱなしの部屋を検討しているという方もいるでしょう。

しかしコンクリート打ちっぱなしの部屋はオシャレな反面、デメリットもあるのです。

そこで今回は、リノベーションでコンクリート打ちっぱなしの住宅にする場合の注意点について、ご紹介したいと思います。

【部屋の湿度が高くなる!カビも発生しやすい】

コンクリートは成分に水を含んでいます。コンクリート内の水が乾燥するのは3年以上の期間が必要です。

さらに、コンクリートは防水性に優れていませんので、雨でコンクリートに水が染み込む可能性もあります。

上記のような理由から、コンクリート打ちっぱなしの部屋は、湿度が高かったり、雨漏りしたりすることがあるのです。

日本は季節にによっては湿度が高くなるため、木造住宅でもカビや結露に悩ませられることが多いのですが、それ以上にコンクリート打ちっぱなしの部屋ではカビや結露が発生しやすくなります。

【室内の温度が調整しづらい】

コンクリート打ちっぱなしの部屋は、夏は暑く冬は寒いといった特徴があります。

コンクリートは熱伝導率が非常に高いという性質がありますので、夏場は外の熱が室内に伝わり、室内の温度が非常に高くなります。
逆に冬場は、室内で暖房をつけていても、壁をつたって外に暖かい空気が逃げてしまうのです。

そのため、夏や冬は冷房器具や暖房器具の使用が増え、光熱費が高くなってしまいます。

【コンクリート打ちっぱなしの部屋にリノベーションする場合は外断熱を!】

コンクリート打ちっぱなしのデメリットをご紹介しましたが「それでもあの無機質でかっこいいデザインが好き!」「どうしてもコンクリート打ちっぱなしにしたい!」という人もいるでしょう。

そういった方は、外断熱をしましょう。室内はコンクリート打ちっぱなしでも外壁にはきちんと断熱を行うことで、先述したようなデメリットを改善することができるでしょう。

その他にも、全ての壁ではなく、一部の壁のみをコンクリート打ちっぱなしにするという方法もいいかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「コンクリート打ちっぱなしの家って実際どうなの?オシャレだけれど意外な落とし穴も!」についてでした。

コンクリート打ちっぱなしの住宅は、確かに洗練されたイメージがあり、オシャレです。
ただし、オシャレだからといってデメリットを知らずに、リノベーションしてしまうのはとても危険です。

コンクリート打ちっぱなしのデメリットも知ったうえで、それでもリノベーションしたいという方は、デメリットを軽減するための工夫が必要となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です