セルフリノベで注意すべきポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリノベで注意すべきポイントとは」についてです。

リノベーションを業者に依頼せずに、自分で行なうことを「セルフリノベーション」や「セルフリノベ」と呼びます。
最近は、DIYを趣味とする人も多く、その延長上で、セルフリノベに挑戦する人も増えています。
「業者に依頼するよりも安くリノベーションができる」
「知識や技術が身につく」
セルフリノベには、上記のようなメリットがある一方で、場合によっては失敗する可能性や、家に不具合が起こる可能性もあるため注意が必要です。
そこで今回は、セルフリノベの際に、特に注意すべきポイントについて、ご紹介したいと思います。

【電気系統のセルフリノベ】

電気系統のリノベーションを行なう場合は、必ず専門業者に依頼する必要があります。
実は、コンセントの増設や、照明等の電気系統の工事を行なう場合は、資格が必要なのです。
そのため、資格を持っていない人がセルフリノベなどで、電気系統の工事を行なうと、法律違反となります。
また、資格が無い人が、電気系統の工事を行なうと、出火や感電など、様々な危険がありますので、絶対にやめましょう。

【ドアや窓のセルフリノベ】

リフォーム業者やプロ以外の方が、リノベーションを行なう場合には、不具合や失敗のリスクが伴います。
ドアや窓のセルフリノベを行い、不具合が起きた場合、防犯性に大きく関係してきますので注意が必要です。
また、マンションなどの集合住宅の場合は、基本的に窓やドアは共有部分となっており、リノベーションすることはできません。
知らずに、セルフリノベをしてしまった場合、規約違反になりますので、事前に確認が必要です。

【基礎部分のセルフリノベ】

住宅や建物の基礎となる部分や、構造に関わる部分のリフォームを行なうことはオススメできません。
建物の基礎部分や構造部分を変更してしまうと、耐震性や耐久性が低下する可能性があるのです。
建物の基礎部分や構造部分の工事は、非常に難しく、知識が必要になります。
そのため、安易に住宅の基礎部分をセルフリノベで、変更することはやめたほうがいいでしょう。
建物の基礎部分や構造部分を変更したい場合には、リフォーム業者など、プロに相談されることをオススメします。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリノベで注意すべきポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフリノベにはメリットがある一方で、失敗や危険のリスクも伴います。
さらに、電気系統や構造部分など、セルフリノべは施工できない箇所もありますので、注意が必要です。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です