セルフリフォーム(DIYリフォーム)の注意点

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「セルフリフォーム(DIYリフォーム)の注意点」についてです。

自宅のリフォームやリノベーションを、リフォーム業者に依頼せず、設計から施工、仕上げまで全て自分で行なうことをセルフリフォーム(DIYリフォーム)と呼びます。
セルフリフォーム(DIYリフォーム)には、費用を抑えることができるメリットがある一方で、注意しなければいけないポイントもあるのです。
また、セルフリフォーム(DIYリフォーム)の注意点は、持ち家か賃貸か、マンションか戸建てかによっても変わってきます。
そこで今回は、それぞれのケースでのセルフリフォームの注意点について、ご紹介したいと思います。

【賃貸住宅の場合】

賃貸住宅の場合、まずは、住宅の持ち主である大家さんや、オーナー、管理会社等に、セルフリフォームの許可をとる必要があります。
さらに、基本的に、賃貸住宅は退去時に、原状回復の義務があるため、元の状態に戻さなければいけません。
そのため、セルフリフォームを行なうにしても、最終的には戻す必要があるため、あまりオススメはできないのです。
ただし、最近は、リフォーム(DIY)可能物件というものもありますので、セルフリフォームを希望する場合は、そういった物件を借りるというのもいいかもしれません。

【持ち家の場合】

持ち家、つまり自分名義(または家族名義)のマイホームの場合は、賃貸住宅のケースのように、事前に大家さんに許可をとるなどの必要はありません。
しかし、持ち家だからといって、自由にセルフリフォームができるというわけではないので、注意が必要です。
また、持ち家でも、マンションか戸建てかによって、注意すべき点は異なります。

■持ち家マンションの場合

マンションの場合は、持ち家であっても、とくに注意が必要です。
マンションは、管理規約によって様々なルールが定められています。
その中には、リフォームに関する制限が含まれていることも多いです。
さらに、マンションの場合は基本的に、玄関や窓、バルコニーなどはリフォームすることができません。
なぜなら、それらの部分は共有部分に当たるため、個々で自由に変えることはできないのです。

■持ち家戸建ての場合

最も、セルフリフォームに向いているのが、持ち家の戸建てとも言えます。
マンションのように、決められたルールもありませんので、基本的には自由にセルフリフォームを行なうことができます。
ただし、施工内容や方法によっては、住宅の寿命を短くしたり、耐震性に問題が起きたり、建ぺい率に違反してしまったりする可能性もあるため注意が必要です。

【まとめ】

今回のテーマは「セルフリフォーム(DIYリフォーム)の注意点」についてでした。
今回ご紹介したように、セルフリフォーム(DIYリフォーム)には、注意しなければいけないポイントもあります。
セルフリフォームは難しいと感じる場合は、リフォーム業者に依頼するのが安心ですよ。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です