マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!」についてです。

マンションは、戸建て住宅に比べ気密性が高く、室温を一定に保つことができるというメリットがあります。その反面、季節によっては、外の気温と室内の温度に差が生じ、室内に結露やカビが発生しやすくなります。

マンションのリノベーションを行う際、間取りやデザインばかりに気を取られがちですが、長く住みやすい家造りのためには、湿気や結露、カビ対策を行うことをオススメします。

今回はマンションのリノベーションで注意したい、湿気や結露対策のポイントをご紹介したいと思います。

【ポイント1:窓と壁の断熱効果の向上】

冬は窓の内側や壁が結露しやすくなります。外は寒く、室内は暖房で温かいことで気温差が大きくなることが原因です。

外の気温で窓ガラスや壁が冷たくなり、そこに室内の温かい空気が触れて、結露を発生させます。こういったことから、結露対策のためには「断熱」が重要だといえます。

マンションのリノベーションで、窓ガラスや壁の断熱効果を向上させるためには、以下のような方法があります。

■内窓の取り付けやペアガラスに取り替え

基本的にマンションのリノベーションが可能なのは専有部分のみになりますので、窓を変更することはできません。しかし、既存の窓の内側にもう一つ窓を設置することは専有部分への取り付けになりますので可能です。

内窓を設置することで、既存の窓と内窓の間に空気層ができ、断熱することができ、結露を防いでくれます。

マンションの管理規約で、窓ガラスの変更が可能な場合は、ペアガラスという複層ガラスに変更することで断熱効果をあげる方法もあります。

■壁に断熱材を取り付ける

ボード状の断熱材を既存の壁に取り付けたり、発泡ウレタンの吹付けを行うことで断熱効果を向上させることができます。

断熱材の取り付けを行うことで、冷暖房の効果を高め、光熱費を節約することにもつながりますのでオススメです。

【ポイント2:風通しの良い間取り】

外と室内の温度差で発生する結露は断熱効果を向上させることで、防ぐことができますが、室内の部屋ごとの温度差でも結露が発生することがあります。

特にキッチンや押入れなどの風通しの悪い場所などに結露が発生しやすくなる場合が多いです。

室内の結露を防ぐためには間取りを決める際に、以下のようなポイントに注意しましょう。

■結露を防ぐ間取りのポイント

・部屋全体に空気の通り道をつくる
・収納はマンションの北側を避ける
・クローゼットや押入れの扉に通気口を設置する

【まとめ】

今回のテーマは「マンションのリノベーションでは湿気やカビ対策を!」についてでした。

せっかくリノベーションをしても、湿気や結露が原因でカビが発生してしまっては、とても残念ですし、健康にもよくありません。

そこでマンションのリノベーションを検討中の方は、今回の記事を参考に、湿気やカビ対策のためのポイントに注意していただきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です