リビング内階段を設置するメリットやデメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リビング内階段を設置するメリットやデメリット」についてです。

リフォームやリノベーションの際に、リビング内階段を設置する家庭も増えています。
この記事を読んでいる方の中にも、リビング内階段の設置を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、リフォームやリノベーションで、リビング内階段を設置するメリットやデメリットについて、ご紹介したいと思います。

【そもそもリビング内階段とは?】

まず、リビング内階段とは、どういったものなのかについて説明します。 
リビング内階段とは、戸建て住宅で2階や3階に上がるたるめの階段が、廊下ではなくリビングの中に設置されている間取りのことを指します。

つまり、リビング内階段を設置した場合、リビングを通らないと上の階に上がることができないということです。
リビング内階段は、数年前から人気となっています。
ただし、リビング内にはメリットもある一方で、デメリットも存在しますので、検討している方は下記を参考にしてみてくださいね。

【リビング内階段を設置するメリット】

まずは、リビング内に階段を設置するメリットについて、紹介します。

■リビングが広く感じる

1つ目のメリットは、リビング内に階段を設置することで、リビングが通常よりも広く感じるというメリットがあります。
リビングと階段の間に壁を作らないことで、開放感があり、視覚効果によってリビングが広く感じるのです。

■家族間のコミュニケーションが増える

前述の通り、リビング内階段の場合、リビングを通らなければ、上の階に上がることができません。
そのため、自然と家族が顔を合わす機会が増えます。
つまり、家族間でもコミュニケーションが増えるのです。
家族の帰宅や外出が、把握しやすくなるというのもメリットだと言えるでしょう。

【リビング内階段を設置するデメリット】

次に、リビング内階段を設置するデメリットについて、ご紹介します。

■空調が効きにくくなる

ドアを設置しないリビング内階段の場合、リビングの空調が効きにくくなるというデメリットがあります。
温かい空気は上に上がり、冷たい空気は下に降りるという特性があります。
そのため、リビングで暖房をつけても、温かい空気がリビング内階段を通って、上の階に上がっていってしまうのです。
そうすることで、リビングの空調が効きにくくなるため、冬はリビングが寒いと感じることもあるようです。

■リビングの音や声が漏れやすい

リビング内階段は、空気だけでなく、リビングの声や音も、階段を通って上の階に漏れやすいというデメリットもあります。
プライバシーを保ちたい、リビングの声や音が漏れるのは絶対に嫌だ!という場合は、リビング内階段は不向きかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「リビング内階段を設置するメリットやデメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、リビング内階段を設置することで、家族間のコミュニケーションが増えたり、リビングが広く感じたりするといったメリットもありますが、空調が効きにくかったり、声や音が漏れやすいなどのデメリットもあります。
リフォームやリノベーションで後悔しないようにするためにも、リビング内階段を設置する際には、メリット・デメリットを知った上で、検討されることをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、リビングリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です