リフォームで子育てしやすい空間づくり

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リフォームで子育てしやすい空間づくり」についてです。

リフォームは住宅の老朽化だけではなく、ライフスタイルや家族構成の変化の際にも検討することが多いですよね。
今まで夫婦2人暮らしだったけれど、子どもが産まれたことをきっかけに、子育てしやすい住宅にリフォームしようと考える人も少なくありません。
そこで今回は、子育てしやすい空間づくりのためのリフォームについて、ご紹介したいと思います。

【キッチンは対面式がオススメ】

まず、子育て中のファミリーに人気なのが対面式キッチンの導入です。
朝昼夜ご飯の準備に片付けなど、主婦がキッチンに立っている時間は、とても長いです。
キッチンが対面式であれば、キッチンで用事をしながらでもお子様の様子を見守ることができますので安心です。
お子様にとっても、見える場所にお母さんがいてくれると安心ですよね。
お子様が大きくなっても、キッチンとダイニングで話ができますので学校であったことなどを話したり聞いたりすることができ、親子のコミュニケーションが増えますよ。

【家事動線を意識した間取りに!】

主婦は、洗濯、掃除、食事の用意、子どもの世話など、常に家の中でも動いていることが多いです。
自宅の動線がよくないと、家中をあちこち動き回ることになり無駄な時間が増えてしまいます。
洗濯機置場とベランダの位置関係や、キッチンから浴室等の位置関係など、できるだけ家事動線を意識した間取りにすることで、忙しいママの負担を少しでも減らすことができますよ。

【床暖房で寒い冬も安心】

寒い冬は、フローリングの床がヒヤっとしますよね。
特にお子様が小さいうちは、床をハイハイしますので、床が冷たいと赤ちゃんの身体が冷えてしまい心配ですよね。
さらに小さいお子様がいる間は、表面が熱くなる暖房器具は火傷の危険があるため使えないことが多いです。
またエアコンの暖房は、乾燥の原因になりますので苦手だという方もいらっしゃるでしょう。
そこでオススメなのが、床暖房の設置です。
床暖房を設置することで、足元から身体を温めることができますので、他の暖房器具を使用しなくても暖かく過ごすことができますよ。
ハイハイ期の赤ちゃんにも安心です。

【壁材や床材は汚れが落ちやすいものがGood】

子どもがいるご家庭では、壁にクレヨンや色えんぴつで落書きされてしまうということも少なくありません。
壁材の中には、汚れが落ちやすくなっているものもありますので、そういった壁材を選んでおくことで、お子様の落書きに備えることができますよ。
また、お子様の場合、お漏らしや食べこぼしで床を汚してしまうこともあります。
そのため床材も水分を吸収せず、汚れを落としやすい素材を選ぶといいでしょう。

【子ども部屋は将来も見据えて可変式に】

子どもの成長は、本当にあっという間です。
子どもの成長とともに、間取りの変更が必要になることもあります。
しかし、その都度リフォームを行うことは現実的に難しいでしょう。
そこで、将来も見据えて可変式の間取りにしておくことをオススメします。
子どもが小さい間は、壁を作らず大きな1一部屋として使用し、子どもが大きくなったら間仕切り壁で2部屋として使用するというように、初めから想定してリフォームしておくと安心ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「リフォームで子育てしやすい空間づくり」についてでした。
これからお子様が生まれるという方や、お子様が生まれて家族構成が変わったという方は、今回の記事を参考にリフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です