再建築不可物件とは?リノベーションは可能?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「再建築不可物件とは?リノベーションは可能?」についてです。

突然ですが、再築不可物件というのを、ご存知でしょうか?
現存している建物の中には、この再築不可物件というのが存在しています。
では、この再築不可物件というのは、どういった物件のことなのでしょうか。
中古物件を購入してリノベーションをしようと考えている方にとっては、この再築不可物件が関係してくることもあるでしょう。
気に入った物件が、再築不可物件だった場合、リノベーションすることはできるのでしょうか?
今回は、再築不可物件についてや、リノベーションが可能かどうかについて、ご紹介したいと思います。

【再築不可物件とは?】

まず、再築不可物件について、ご説明したいと思います。
再築不可物件とは、現存する建物を壊して、同じ場所に新しく建物を建て直すということができない物件のことです。
再築不可物件は、建築基準法によって定められています。
下記の条件に当てはまる物件は、再築不可物件となります。

・物件の前面が建築基準法上の道路と面していない
(建築基準法上の道路とは、幅4メートル以上の公道などです。)

・物件が上記の道路に2メートル以上接していない

上記の条件に当てはまる物件は、再築不可物件となるのです。
なぜなら、現在の建築基準法では、上記に当てはまる土地には建物を建てることができないと定められているからです。
つまり、再築不可物件は、現在の建築基準法が施行される前に建てられた建物で、壊してしまうと、もう建て直すことはできないということなのです。

【再築不可物件はリノベーションできるの?】

では、再築不可物件をリノベーションすることは、できるのでしょうか?
結論から述べると「リノベーションは可能。ただし条件による」ということです。
再築不可物件でも、条件を満たしていればリノベーションが可能ですが、下記のようなリノベーションはできません。

■増築

延べ床面積を増やす、増築は、再築不可物件ではできません。
敷地内に新たな建物を作ることになるので、再築不可物件ではできないのです。

■改築

改築は、間取りや構造を変えずに、解体や撤去を行い、再度作り直すということです。
改築は、再建築と同じと捉えられるため、再築不可物件では難しいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「再建築不可物件とは?リノベーションは可能?」についてでした。
再築不可物件であっても、大規模な修繕や、建物の構造を変更するためのリノベーションなどであれば可能です。
もし、気に入った中古物件が再築不可物件だった場合、自分たちの希望のリノベーションが可能かどうか、まずは業者に問い合わせてみることをオススメします。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、様々なリノベーション工事を承っております。
ご相談だけでも可能です。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です