団地リノベーションを行う際に注意すべきポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「団地リノベーションを行う際に注意すべきポイントとは」についてです。

最近は、あえて新築ではなく中古住宅を購入し、自分たち好みにリノベーションを行うという方が増えています。
中でも、団地をリノベーションして蘇らせる「団地リノベーション」が注目を集めているのです。
団地リノベーションには、様々なメリットがある一方で、注意しなければいけないポイントもあります。
そこで今回は、団地リノベーションを行う際に注意すべきポイントについて、ご紹介したいと思います。

【リノベーション出来ない箇所がある】

団地でリノベーションを行っても良いのは、専有部分に限られます。
専用部分とは、住戸内のことです。
玄関ドアやバルコニーは共有部分になりますので、リノベーションなど改装を行うことはできません。
さらに、住戸内と言っても、基本的には、部屋の広さや天井の高さを変えることもできないのです。
これらは、団地に限らず、マンションなどでも同じで、集合住宅では、共有部分のリノベーションはできないということを知っておきましょう。

【構造壁は壊せない】

団地リノベーションを行う際、住戸内であればリノベーションが可能なので、間取りなどを変更することもできます。
ただし、多くの団地は壁式構造で建てられているため、構造上壊すことができない壁があるのです。
そのような壁を、構造壁と呼びます。
団地を購入してリノベーションをしようと考えている方は、この構造壁の場所がどこにあたるのかを、事前に確認しておきましょう。
構造壁が邪魔をして、希望通りのリノベーションができない可能性もあるからです。

【電気やガスの容量に注意】

古い団地の場合、キッチンには瞬間湯沸かし器、浴室にはバランス釜といった給湯設備が取り付けられているケースもあります。
これらを、ガス給湯器に変更する場合、外壁に設置しなければいけません。
それには、管理組合の許可が必要になりますので、事前に確認しておきましょう。
さらに、団地によっては、電気やガスの容量が小さく、上限が決められていることもあります。
そういった場合は、容量の大きな給湯器やガス暖房を導入できないという可能性があるのです。
IHや、浴槽の追い焚き機能などの設置を検討シている場合は、購入前に容量を確認しておくことが大切ですよ。

【まとめ】

今回のテーマは「団地リノベーションを行う際に注意すべきポイントとは」についてでした。
今回ご紹介したように、団地リノベーションにはメリットだけでなく、注意すべき点もあるのです。
これらのポイントを知らずに、団地を購入してリノベーションを行うと、希望通りのリノベーションが行えず後悔してしまう可能性もあります。
団地を購入してリノベーションを検討している場合は、今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、団地リノベーションを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です