外壁のコーキングをDIYで補修する危険性

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「外壁のコーキングをDIYで補修する危険性」についてです。

外壁の劣化に伴うリフォームを、自分(DIY)で行いたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
特に、外壁のコーキングの補修程度であれば、自分(DIY)で出来るだろうと思う方も多いようです。
しかし、実際には外壁のコーキングをDIYで補修するのは危険な場合があります。
そこで今回は、外壁のコーキングをDIYで補修する危険性について、ご紹介したいと思います。

【外壁のコーキングとは?】

まず、最初に、外壁のコーキングについて、説明したいと思います。
外壁のコーキングとは、シーリングと呼ばれることもあり、外壁材の目地に充填されているもので、外壁材のズレを吸収する役割を担っているのです。
また、外壁のひび割れ補修の際にも、コーキングを使用することがあります。
コーキングは約5年〜10年で劣化が始まり、ひび割れや剥がれなどの症状が出るようになります。
そうなると、コーキングの隙間から雨水などが浸水し、建物が腐食したり、シロアリが発生したりする原因となるのです。
そのため、コーキングが劣化してきたら、早めに補修やリフォームを行なうことが大切です。

【外壁のコーキングをDIYで補修するのは危険!】

コーキングに必要なシーリング剤は、ホームセンター等で手軽に購入することができます。
そのため、自分でDIYをして、外壁のコーキング補修を行おうと考える人も多いのです。
しかし、前述の通り、DIYで外壁のコーキング補修を行なうことは、とても危険ですし大変ですので、オススメできません。
外壁のコーキング補修リフォームでは、高所作業も含まれます。
はしご等を使って作業を行っていて、転落してしまう可能性もあるのです。
また、コーキングの方法によっては、きちんと施工されずに、雨漏りを防ぐことができない場合もあります。
それ以外にも、今後コーキングの打ち替えを行なう場合に、DIYで行ったコーキングが原因で、リフォーム費用が高額になる場合もあるのです。
こういった理由からも、外壁のコーキングはDIYで行わず、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「外壁のコーキングをDIYで補修する危険性」についてでした。
今回ご紹介したように、外壁のコーキングをDIYで補修することは、危険性もあるためオススメできません。
たかが、外壁のコーキングと安易に考えず、信頼できる業者に依頼するのが良いでしょう。
また、外壁のリフォームと同時に、屋根のリフォームを行うことで、足場の費用を節約することができますのでオススメですよ。
外壁のコーキングの劣化が気になっている方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、外壁のリフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です