浴室リフォームでヒートショック対策を

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「浴室リフォームでヒートショック対策を」についてです。

住宅リフォームの中でも、浴室リフォームは人気があります。
浴室のリフォームを行うことで、清潔で使いやすくなるだけでなく、安全面や健康面においてもメリットがあるのです。
今回は、浴室リフォームについて、ご紹介したいと思います。

【主に浴室で起こっているヒートショックとは】

実は現在、年間約17,000人もの人がヒートショックによって、家庭内で亡くなっているのです。
ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧や脈拍が大きく変動し、体調を崩してしまう現象のことで、死に至ることもあるため、とても危険です。
ヒートショックは、特に冬場の浴室で発生することが多いです。
寒い冬の日、冷え切った浴室から、急に温かいお湯に浸かることで、体温が急激に変化し、気を失ってしまうということもあります。
ちなみに、2015年の交通事故による死者の数は約4100人です。
そう考えると、ヒートショックで亡くなる方の割合は、交通事故で亡くなる方よりも、圧倒的に多いということが言えます。

【浴室リフォームでできるヒートショック対策】

前述の通り、ヒートショックでの事故を防ぐためには、室内での寒暖差をできるだけ減らすことが大切です。
特に、浴室は寒暖差が大きくなりやすい場所です。
しかし、浴室リフォームを行うことで、ヒートショック対策を行うこともできます。
ここでは、浴室リフォームでできるヒートショック対策について、ご紹介したいと思います。

■浴室暖房の設置

まず、浴室暖房を設置することで、冬でも浴室を暖かく保つことができます。
浴室暖房には、乾燥機能がついたものが多いですので、浴室のカビ対策にもなり、清潔に保つことにも繋がります。
また、梅雨の時期に浴室に洗濯物を干すこともできるなど、浴室暖房の設置には、ヒートショック対策以外のメリットも多くあるのです。

■浴室窓の断熱リフォーム

浴室の窓を、断熱性の高い窓や、二重窓などにリフォームすることで、冬でも浴室が冷えにくくなります。
また、結露防止効果や防音効果もありますよ。

■システムバスにリフォーム

昔ながらのタイル式の浴室では、冬場、お風呂に入ろうとして、足がヒヤッとしたという経験がある方も多いでしょう。
しかし、現在主流になっている、システムバスにリフォームを行うことで、断熱性も高く、足がヒヤッとすることもありません。
ヒートショック対策以外にも、浴室での転倒防止効果もありますよ。

■脱衣所の床下に断熱材を

浴室リフォーム時には、脱衣所も合わせてリフォームされることをオススメします。
せっかく浴室で体を温めても、脱衣所に出たとたん体が冷えてしまっては、ヒートショックの危険が高くなります。
そのため、脱衣所の床下に断熱材を入れたり、足元に暖房用のコンセントを設置したりして、脱衣所と浴室の寒暖差もなくすようにしましょう。

【まとめ】

今回のテーマは「浴室リフォームでヒートショック対策を」についてでした。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、浴室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です