浴室リフォームで注意すべきこと

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「浴室リフォームで注意すべきこと」についてです。

浴室リフォームは、人気のリフォームの1つです。
浴室が綺麗になったり、使いやすくなったりすることで、1日の疲れを癒やすことができますよね。
そんな浴室リフォームには、注意すべきこともあります。
そこで今回は、浴室リフォームで注意すべきことについて、ご紹介したいと思います。

【浴室リフォームには在来工法とユニットバスがある】

浴室リフォームには、昔ながらの在来工法と、現在主流になっているユニットバスの二種類があります。
在来工法とは、浴室に防水加工を施し、壁や床などを作っていきます。
浴槽の大きさや素材など、オーダーメイドで自由に浴室を作れるというメリットがある一方で、費用が高くなりやすかったり、メンテナンスが必要になってきたりするデメリットもあります。
もう一つの方法で、現在主流となっているユニットバスは、床や壁、浴槽や天井など、既にできあがっているものを組み立てるといったタイプです。
ユニットバスは、水漏れの心配がほとんどなく、工期が短いことや、低価格でリフォームできるなどのメリットがあります。
ただし、在来工法に比べると、デザインなどの自由度が低いというデメリットもあるのです。

【在来工法の浴室をリフォームする際に注意すべきこと】

在来工法の浴室を、ユニットバスにリフォームする場合、既存の壁などを解体する必要があります。
解体時には、大きな音や、たくさんのホコリがでるため、近隣の方へ事前に伝えておいた方がよいでしょう。
特に、タイル張りの浴室の壁を解体する場合は、騒音が大きくなりやすいですので、注意が必要です。
また、浴室リフォームだけの場合、暮らしながらリフォームすることもできますが、在来工法の浴室の場合、ホコリがたくさんでますし、音も大きくなりますので、リフォームを行っている時間は、外出している方がいいかもしれません。
さらに、在来工法の浴室をリフォームする場合は、工事期間が長くなってしまう可能性もありますので、その間のお風呂をどうするか、考えておきましょう。

【ユニットバスの浴室をリフォームする際に注意すべきこと】

在来工法の浴室に比べ、ユニットバスからユニットバスにリフォームする場合は、比較的短期間で行うことができます。
ただし、場合によってはサイズが合わなかったり、リフォーム前よりも浴室が狭くなってしまう可能性もありますので注意が必要です。
また、ユニットバスは、サイズが大きいですので、搬入経路を確保しておくことも大切です。
搬入できなければ、また他のユニットバスを選ぶ必要がでてきますので、工事期間が伸びてしまう可能性もあるのです。

【まとめ】

今回のテーマは「浴室リフォームで注意すべきこと」についてでした。
今回ご紹介したように、浴室リフォームには「在来工法」と「ユニットバス」の二種類があります。
どちらの浴室かによって、注意点も異なりますので、まずはご自宅の浴室が、どのような形状であるかを確認してみましょう。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、浴室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です