浴室換気扇をリフォームするタイミングや換気扇の種類

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「浴室換気扇をリフォームするタイミングや換気扇の種類」についてです。

浴室の換気扇は、ある程度の年数が経てば交換する必要があります。
しかし「どのタイミングで浴室の換気扇をリフォームすれば良いのかわかならい」という方や「どのような種類があるのかが分からない」という方も少なくないはずです。
そこで今回は、浴室換気扇をリフォームするタイミングや換気扇の種類について、ご紹介したいと思います。

【浴室換気扇をリフォームするタイミングについて】

浴室換気扇をリフォームするタイミングは、劣化や故障が生じた時や、耐用年数を超えた場合などです。
浴室換気扇の耐用年数(寿命)は、約8年〜15年と言われています。
この耐用年数を目安に、10年を超えた場合には、一度点検を行い、必要に応じてリフォームすることをオススメします。
また、耐用年数に関わらず、故障や劣化が見られる場合には、交換や修理が必要になります。
例えば、下記のような症状がある場合は、故障や劣化している可能性が高いです。

・動かない
・風が出ていない(弱い)
・換気されていない
・音が大きい
・変な音がする
・異臭がする
・振動音が聞こえる

上記のような症状が見られる場合には、一度業者に相談されるといいでしょう。

【浴室換気扇の種類について】

浴室換気扇には、大きく分けて2つの種類があります。
ここでは、それぞれの浴室換気扇の特徴について、ご紹介したいと思います。

■直接排出式(プロペラ型)

直接排出式とは、プロペラの形状をしている、換気扇のことで、在来工法の浴室に設置されていることが多いです。
プロペラを回して、直接外に向かって換気を行います。
掃除がしやすく、たくさんの風を取り込めるというメリットがある一方で、外の風の影響を受けやすいというデメリットもあります。
また、換気以外、乾燥や暖房などの機能はありません。

■ダクト排出式(シロッコ型)

ダクト排出式の浴室換気扇は、専用のダクトから換気を行なうものです。
外の風の影響を受けにくいことや、暖房や乾燥などの多機能な浴室換気扇もあるという特徴があります。
最近のユニットバスでは、ダクト排出式の浴室換気扇で使用されていることが多いです。

【まとめ】

今回のテーマは「浴室換気扇をリフォームするタイミングや換気扇の種類」についてでした。
今回ご紹介したように、浴室換気扇は、10年を目安にリフォームするのがオススメです。
また、10年を経過していなくても、劣化や故障などの症状が見られる場合には、交換するのが良いでしょう。
浴室換気扇のリフォームをご検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、浴室リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です