補助金制度を使用してお得に介護リフォームをしよう!

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「補助金制度を使用してお得に介護リフォームをしよう!」についてです。

自宅での介護がきっかけで、リフォームを行う方も多いですよね。
現在、日本が高齢化社会となっていることも、介護をきっかけとするリフォームが増えている理由の1つでしょう。

自宅で介護を行うために必要なリフォームの場合、補助金制度を利用することができるというのはご存知ですか?

補助金制度を利用することで、お得に介護のためのリフォームを行うことができます。
ただし補助金制度を利用できるリフォームには条件があるのです。
そこで、今回は介護リフォームの補助金制度や、補助金の対象となるリフォーム内容について、ご紹介したいと思います。

【介護リフォームの補助金について】

自宅での介護を目的として介護リフォームを行う場合、介護保険を利用することで補助金を受け取ることが可能です。
介護保険を利用した補助金制度は「生涯で20万円まで、リフォームの90%」を補助金として受け取ることができます。

さらに補助金の対象となるのは、要支援、要介護1~5と認められた人が居住する住宅のリフォームを行った場合です。

「将来、介護が必要になるかもしれないから」と老後に備えて行ったリフォームは対象にはなりません。

【補助金が給付されるリフォームとは】

■手すりを設置

階段や玄関、浴室など、室内外問わず手すりを設置するリフォームを行う場合は、補助金の対象となります。
介護が必要な方の場合、手すりがあるだけで、かなり楽になる動作も多いですし、転倒防止にもなりますので手すりは設置した方が安心です。

■バリアフリーのために段差をなくす

例えば自宅で車椅子を使用する場合、部屋と廊下の間などに段差があると、とても不便です。
さらに車椅子に限らず、介護が必要な方の場合、小さな段差でもつまづいてしまうということがあるため、段差をなくす(バリアフリー化)リフォームが必要になることもあります。
その場合も補助金給付の対象となりますよ。

■洋式便座へ取り替え

和式便座は介護を行ううえで、かなり使いにくいと感じるでしょう。
和式便座は足腰への負担がかかるため、洋式便座への取り替えが必要です。
洋式便座への取り替えも、補助金の対象リフォームとなります。

■扉の変更

車椅子などで生活する場合、押したり引いたりするタイプのドアはとても不便です。
そこで、横にスライドできるドアなどに取り替えることで、生活がしやすくなります。
扉の変更についても補助金の対象です。

■滑りにくい床へ

現在の床材から、滑りにくい床材や、車椅子で移動しやすい床材へ変更する場合も、補助金の対象となります。
床材を変えるだけて、転倒のリスクを低くすることができますので、検討されてみてもあいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「補助金制度を使用してお得に介護リフォームをしよう!」についてでした。
補助金制度を利用することで、無理なくお得に介護リフォームを行うことができます。
今回ご紹介した以外にも、条件やリフォームの範囲がありますので、気になった方はぜひ1度、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具までご相談ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です