計画が大切!リノベーションでおこる失敗例とは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「計画が大切!リノベーションでおこる失敗例とは」についてです。

リノベーションは家族が住む家をより良いものにするためのものですが、しっかりと計画をせずにリノベーションを進めてしまった結果、失敗したり後悔したりしてしまう場合もあります。

そのようなことが起きないためにも、今回はリノベーションでおこる可能性のある失敗例について、ご紹介したいと思います。

【リノベーションの失敗例を紹介する理由】

「なぜ、リノベーションの失敗例を紹介するの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん、誰にとっても失敗や後悔のないリノベーションが一番良いと思います。

しかし実際にリノベーションを行い失敗や後悔をされている方がいることも事実です。そこで、失敗例を知り、その理由や改善策を知ることで、これからリノベーションをされる方の失敗や後悔を防ぐことができるかもしれません。

あえて失敗例から学ぶというのも大切だと思いますよ。

【リノベーションでおこる失敗例とは】

■予算に関する失敗

リノベーションの失敗例の中でも意外と多い「予算」に関する資金面での失敗です。例えば、住宅ローンにリノベーション費用を組み入れることができず、フリーローンを借りて、毎月の支払いが高くなってしまうといったことや、様々な追加工事が原因で最初の見積もり費用よりも請求額が大幅に高くなってしまったという失敗もあります。

・解決策

ローンに関する失敗の場合は、物件探しの段階から資金計画をきちんと行っておくことをオススメします。住宅ローンにリノベーション費用が組み込めないということもよくありますので、資金計画はとても重要です。

また、追加工事が原因で当初の予定よりも費用が高くなってしまうということもあります。工事の途中でなにか変更や追加を業者にお願いする場合は、どのくらいの追加費用が必要か、その都度確認するようにしましょう。

■そもそもリノベーションができないという失敗

購入した物件をリノベーションしようと業者に見積もりをお願いしたものの、その物件の構造や規約が原因で希望するリノベーションができなかったということもあります。

・解決策

物件によって構造や規約というのは異なります。構造上、大幅な間取りの変更ができない物件も多くあります。

そのためリノベーションをすることを前提に物件を購入する場合は、購入前に物件の構造や規約を必ず確認しておきましょう。リノベーションを依頼する業者に物件選びに同行してもらうという方法もあります。

物件の購入とリノベーションの計画を同時に進行していくことで、このような失敗を防ぐことができますよ。

■出来上がりが希望のイメージとは異なる失敗

リノベーションを終えて、実際に住み始めると「思っていたより狭い」「家事の導線が使いにくい」など希望のイメージとは異なっていたという場合もあります。せっかくリノベーションを行ったのに、住みづらい自宅になってしまうのは残念ですよね。

・解決策

こういった失敗の場合、リノベーション業者とのコミュニケーション不足が原因であることが多いです。

リノベーションの希望を業者に伝える際は、できるだけ具体的に伝えるようにしましょう。完成イメージに近い写真などがある場合は、それを業者に見せるというのもよいでしょう。

そして、完成予想のイメージを業者に作成してもらいましょう。そこでイメージと異なるところがある場合は、その都度伝えて行くようにすることで、完成後のイメージのズレを防ぐことができます。

【まとめ】

今回のテーマは「計画が大切!リノベーションでおこる失敗例とは」についてでした。

せっかくリノベーションで、失敗や後悔することのないよう、リノベーションを検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

他にもリノベーションについて悩みやご相談がある場合は、私たち「ドゥクラフト 土肥家具」にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リノベーションに適した中古マンションの選び方

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「リノベーションに適した中古マンションの選び方」についてです。

最近は、あえて新築住宅ではなく中古マンションを購入して、自分好みにリノベーションをするという方も増えていますよね。

場合によっては、新築マンションを購入するよりも安い費用で自分好みのオシャレな部屋にリノベーションすることもできるため、大変人気があります。

しかし、リノベーションを考えて中古マンションを購入する場合は、中古マンションの選び方に注意が必要です。場合によっては、自分の思い描くリノベーションができない場合もあります。

そこで今回はリノベーションに適した中古マンションの選び方について、ご紹介したいと思います。

【リノベーションに適したマンションかを見分けるポイント】

中古マンションを購入しても、マンションの問題によって思うようなリノベーションができなかったら、せっかくのマイホーム計画を妥協しないといけなくなります。

そのようなことを防ぐためにも、リノベーションを考えて中古マンションを購入する場合は、以下のようなポイントに注意していただきたいと思います。

■耐震性能

東日本大震災以降、日本では熊本地震や大阪北部地震など大きな地震が続いています。また南海トラフ巨大地震なども予想されていますので、いつ大きな地震がきてもおかしくない状況です。

そんな日本では住宅の耐震性能がとても重要です。特に中古マンションを購入する場合は、1981年以降に建てられたマンションを選ぶ方がオススメです。

なぜなら1981年に耐震基準が改訂され、それ以前に建てられたマンションの場合は耐震補強がされていない危険性があるからです。

もしも1981年以前に建てられた中古マンションを購入する場合は、耐震補強がきちんと行われているかを確認しておいた方がよいでしょう。

■建物の構造

マンションの構造には「ラーメン構造」と「壁式構造」の二種類があります。

「ラーメン構造」の場合は梁と柱で建物を支える構造になっていますので、室内の間仕切り壁は、ほとんど取り外すことができ、間取りの変更がしやすいため、リノベーションに適しています。

「壁式構造」の場合は、壁と床で箱型を作って建物を支える構造になっています。そのため、基本的には間仕切りを取り外すことができず、間取りの変更が行いにくく、リノベーションにはあまり向いていません。

■管理やメンテナンスの状態

マンションのリノベーションが可能なのは基本的に、専用部分のみになります。例えばベランダやエントランスなどは共有部分となり、勝手に変更することはできません。

どれだけ室内をリノベーションで綺麗にしても、マンションの管理体制が悪く、エントランスや階段などの共有部分がボロボロになっているという状況は残念ですよね。

中古マンション購入時にはマンションの管理体制やメンテナンスがきちんと行われているかを確認しておくと安心です。

■管理規約

マンションには管理規約という名のルールが存在します。構造上可能なリノベーションであっても、管理規約によって、希望のリノベーションができない場合もあります。

管理規約はマンションによって異なりますので、中古マンションを購入する場合は事前に管理規約を確認させてもらいましょう。

■大規模修繕に関して

マンションのこれまでの大規模修繕歴や、修繕の計画なども確認しておきましょう。12年に1度の大規模修繕が推奨されていますが、マンションによっては修繕費を抑えるために、修繕計画を長い期間で設定している場合もあります。

適切な期間で修繕が計画され、実行されているかを確認しておくと安心ですね。

【まとめ】

今回のテーマは「リノベーションに適した中古マンションの選び方」についてでした。

中古マンションを購入し、自分好みのリノベーションを検討されている方は、中古マンションの選び方がとても大切です。

ぜひ今回の記事を参考に、ポイントに注意しながら、リノベーションに適した中古マンションを選んでくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

知っておきたい!マイホームのリフォームを検討する時期について

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「知っておきたい!マイホームのリフォームを検討する時期について」についてです。

マイホームを持っている人の多くは、リフォームのタイミングを考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし、リフォームについて考えてみたものの、本当に今リフォームするべきなのかわからないと悩んでしまう方も多いでしょう。

まだ新築のマイホームを購入したばかりの人でも、リフォームの時期を知っておけば、それに合わせてお金を貯めておくことができます。

そこで今回は、マイホームのリフォームを検討する時期についてご紹介したいと思います。

【リフォームを検討するタイミングとは】

実際には「家を建ててから○年でリフォームしないといけない」などといった決まりはありません。

住んでいる人の状況や、住宅の状況によってリフォームを検討する時期というのは異なります。

ここではリフォームを検討するタイミングについて、ご紹介したいと思います。

■家族構成やライフスタイルの変化

例えば、子どもが大きくなり1人づつの部屋が必要になった場合や、自宅で介護の必要性がでてきた場合など、家族構成やライフスタイルに変化があるとリフォームを検討した方がよい場合もあります。

また、最近では様々な働き方が増え、自宅をリフォームして、自宅兼仕事場にするという方も増えています。

■住宅設備の劣化や故障

住宅は日々、劣化していきます。経年劣化により、雨漏りなどが発生することもあります。

またトイレやお風呂、キッチンなど生活に直結する住宅設備が故障する場合もあります。そのような場合は検討する時間もなく、すぐにリフォームした方がよいでしょう。

住宅設備の種類や使用頻度などによっても異なりますが、多くの場合、寿命の目安は10年〜20年だと言われています。

■住宅のメンテナンス

故障したり、劣化したりする前に、住宅のメンテナンスを行なうことも検討した方がよいでしょう。大切なマイホームを長持ちさせるためには、定期的な塗装や設備交換が必要です。

急な故障で慌ててしまわないように、定期的なメンテナンスを行なうことをオススメします。

■現状からのグレードアップ

故障はしていなくても、現在のキッチンやお風呂、トイレなどの住宅設備に不満がある場合や、生活導線に不満がある場合はリフォームを検討されてみてもよいでしょう。

マイホームは家族が一番安らげる場です。不満を抱えたまま生活していては、せっかくのマイホームがもったいないです。

少しのリフォームで毎日の生活がよりよいものになるかもしれませんよ。

【まとめ】

今回のテーマは「知っておきたい!マイホームのリフォームを検討する時期について」についてでした。

今回ご紹介したように、大切なマイホームのリフォームのタイミングは、ライフスタイルや家族構成にも関係してくるため、人それぞれ異なります。

しかし、マイホームのリフォームは、どのような場合でも、そこに住むご家族の生活がよりよいものになるためのものですので、この機会にぜひ、ご家族やご夫婦で自分たちのリフォームのタイミングについて話し合ってみられてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必見】太陽光発電リフォームの6つのメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【必見】太陽光発電リフォームの6つのメリット」についてです。

「太陽光発電」は、ここ数年で急速に普及しています。あなたのまわりにも「太陽光発電」を設置している住宅が建っていませんか?

「太陽光発電に関心があるけれど、どういったメリットがあるのかわからなくて不安」という方も多いでしょう。そこで今回は「太陽光発電リフォーム」のメリットについてご紹介したいと思います。

【太陽光発電とは】

「太陽光発電」のメリットをご紹介する前に、まずは「太陽光発電」とはそもそもどういったものなのかを簡単にご紹介したいと思います。

「太陽光発電」とは太陽電池(ソーラーパネル)に太陽の光が当たることで電気を作ることができる発電システムです。

一般家庭の場合、自宅の屋根に太陽電池(ソーラーパネル)を設置することで、発電することができ、作った電気を家庭で使用することができます。

【太陽光発電リフォームの6つのメリット】

次に、太陽光発電リフォームのメリットを6つご紹介します。

■1:電気代が安くなる

まず「太陽光発電リフォーム」を行なうことで、ご家庭の電気代を安く抑えることができます。

これは、自宅で作った電気を使用するため、電気代が通常より安くなるからです。

一般的に、1ヶ月の電気代が1万円程度のご家庭の場合、「太陽光発電」に変えることで年間2万1000円ほどの節約になると言われています。

■2:電気を売却できる

自宅の「太陽光発電」で作った電気は電力会社に売却することもできます。

ご家庭で使用しても、まだ余る電気を電力会社に売ることで収入になりますので、実際に支払う電気代はさらに安くなります。

■3:停電時にも電気の使用が可能

突然の停電や、災害時の停電などでも、太陽の光が太陽電池(ソーラーパネル)に当たっていれば、発電ができますので、電気を使用することができます。

このことから「太陽光発電リフォーム」は災害時、電気が止まってしまい生活が困難になるというリスクを防ぐことにつながります。

■4:最上階の部屋が涼しくなる

太陽電池(ソーラーパネル)を屋根に設置することで、自宅の最上階の部屋の温度を下げることができます。

一般的に最上階の部屋は屋根に太陽の光が当たることで熱せられ、部屋の温度が高くなるのですが、太陽電池(ソーラーパネル)を設置することで、部屋に直接熱が伝わりにくくなり、部屋の温度が下がるのです。

■5:家族みんなで節電を意識することができる

「太陽光発電リフォーム」では太陽電池(ソーラーパネル)の設置だけでなく、電気の使用量や、発電量などがわかるモニターを室内に設置します。

そのことで、家族みんなが節電に対する意識を持つことができるのです。お子様がいるご家庭でも楽しく節電することができますね。

■6:地球環境改善に貢献できる

「太陽光発電リフォーム」は、現在とても深刻な問題になっている地球温暖化の改善に貢献することができます。

これからの地球のためにも「太陽光発電リフォーム」は大切だと言えます。

【まとめ】

今回のテーマは「【必見】太陽光発電リフォームの6つのメリット」についてでした。

「太陽光発電リフォーム」は経済的にも地球環境にもメリットがあるということを知っていただけたのではないでしょうか。

「太陽光発電リフォーム」のメリットはわかったけれど、まだ不安やわからないことがあるという場合は、ぜひ私たち「ドゥクラフト 土肥家具」にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スペースの有効活用!屋根裏リフォームとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「スペースの有効活用!屋根裏リフォームとは」についてです。

愛着もある大切なマイホームでも「家族が増えて部屋が足りない」ということや「荷物が多く収納スペースが足りないと」いうことはありませんか?

そんな時、屋根裏リフォームを行なうことで、スペースの有効活用ができ、部屋や収納を増やすことができます。

そこで今回は、屋根裏リフォームについてご紹介したいと思います。

【屋根裏リフォームのメリット】

屋根裏リフォームの最大のメリットは「デッドスペースを有効活用できる」という点ではないでしょうか。

屋根裏をもともと物置として使用されている方もいますが、物置として使用するように造られていない場合、気温や湿気に弱いため、保管しておくものの種類によっては、カビが生えるということもあります。

さらに床の強度も弱く、重いものを置いたり人がたくさん乗ると、床が抜けるという危険性もあります。

そこで使用用途に合わせた屋根裏のリフォームを行なうことで収納スペースや、部屋、ロフトとしてしようすることが可能になり、デッドスペースを有効活用することができます。

【屋根裏リフォームで必要なこと】

屋根裏リフォームを行なう際は「リフォームした屋根裏をどのように使用するのか」という使用用途によっても工事内容が多少変わってきますが、ここでは一般的な屋根裏リフォームで必要なことをご紹介します。

■断熱工事

屋根裏は屋根のすぐ下ということもあり、夏場はかなり高温になります。逆に冬はとても寒い場所でもあります。断熱工事を行なうことで、屋根裏でも部屋として使用できるような環境にすることができます。屋根裏を収納としてリフォームする場合は断熱工事を行わないということもありますが、部屋として使用する場合は断熱工事が必要になります。

■階段やはしごの設置

屋根裏に登るためのはしごや、階段が必要になります。できれば階段を設置することをオススメします。はしごは子どもやお年寄りには危険な場合もありますし、物置として屋根裏を使用する場合でも大きな荷物を運びやすいのは、はしごよりも階段だからです。屋根裏リフォームの際は階段の設置がよいでしょう。

■開口手すりの設置

屋根裏の開口部分3方向を囲むように手すりをつけることで、落下防止ができます。屋根裏を子供部屋やキッズスペースとして使用する場合は安全のために開口手すりの設置をオススメします。

■換気扇や窓の設置

屋根裏はどうしても薄暗く、湿気がたまりジメジメとした雰囲気になります。屋根裏リフォームで、窓や換気扇を設置することで、カビや結露を防ぐことができます。

■電気やコンセントの設置

屋根裏を収納スペースとして利用する場合は必要ないかもしれませんが、部屋として利用する場合は電気やコンセントの設置が必要になります。コンセントは壁の下部だけでなく、エアコンを設置するために上部にも設置しておくとよいでしょう。

【まとめ】

今回のテーマは「スペースの有効活用!屋根裏リフォームとは」についてでした。

屋根裏リフォームのメリットや、屋根裏リフォームで必要な工事がわかっていただけたのではないでしょうか。

部屋や収納スペースを増やしたい方は、ぜひ屋根裏リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたの家は大丈夫?地震に備えて耐震リフォームを検討するべき住宅とは?

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「あなたの家は大丈夫?地震に備えて耐震リフォームを検討するべき住宅とは?」についてです。

自宅にいる時に大地震が発生したら、あなたの家は大丈夫ですか?自分や家族の身を守ることができるでしょうか?

特に築年数の古い住宅の場合は、耐震性が低い場合が多く、大きな地震の発生によって、倒壊してしまう可能性があります。

そこで今回は大地震に備えた耐震リフォームについてご紹介したいと思います。

【耐震リフォームの重要性】

先日、大阪府北部を震源地とした最大震度6弱の「大阪府北部地震」がおこりました。大都市大阪で発生した地震ということもあり、ライフラインや交通機関にも大きな影響を与えました。さらに死者や負傷者もでているなど大きな被害が出ています。

大阪府北部では全壊や半壊、一部破損などの被害を受けた住宅も多かったようです。今回の地震は南海トラフ巨大地震の前兆ではないかという意見もあり、多くの方はまたいつくるかわからない大地震に不安を抱えているのではないでしょうか。

今回の大阪府北部地震だけでなく、2011年には東日本大震災、2016年には熊本地震など日本で大規模な地震が続いています。地震はいつ発生するかわからないため、普段から食料や水、緊急避難セットなど、自分たちの見を守るための備えをしておくことは重要です。

しかしどれだけ備えていても就寝中に地震が発生し、自宅が倒壊してしまうと最悪の場合、自宅の下敷きになってしまうということもあります。
逆に自宅の耐震が十分で倒壊の恐れがない場合は、避難所ではなく自宅で生活をすることも可能になります。

いつ大地震が発生するかわからない日本だからこそ、自宅の耐震補強リフォームは重要だと言えます。

【耐震リフォームをしたほうがよい住宅とは】

大地震に備えて、耐震リフォームは重要だということは理解していただけたと思いますが、実際に自分の家が耐震リフォームをした方がよい住宅なのかどうかの判断は難しいのではないでしょうか。

自分の家は大丈夫だろうと思っている方も以下のようなポイントを参考に、耐震リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。

■老朽化が進んでいる住宅

住宅はどんどん老朽化していきます。特に、住宅の基礎となる部分や柱などが老朽化してくると、耐震性も低くなります。新築で購入してから年数は経っているけれど、一度も補強工事などを行っていない住宅や、中古物件を購入された方などは耐震リフォームを検討されることをオススメします。

■建築年が1981年以前の住宅

1981年に耐震基準が変わり。1981年以降は耐震性の高い住宅が建築されるようになりました。そのため1981年以前に建てられた住宅には耐震性に不安があります。実際に阪神・淡路大震災でも1981年以前に建てられた住宅の被害が多かったそうです。

今住んでいる自宅が、1981年以前に建てられた住宅の場合は、安全のためにも早めに耐震リフォームを行なうことをオススメします。

上記以外にも、地盤の弱い住宅や、1階がガレージなどで強度に不安がある場合などは、耐震リフォームを検討されてみるのがよいかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「あなたの家は大丈夫?地震に備えて耐震リフォームを検討するべき住宅とは?」についてでした。

地震に対して、過度に不安になる必要はないと思いますが、自分や大切な家族の命を守るために地震に備えて準備をしておくことも大切です。

今回は「耐震リフォームの重要性」や「耐震リフォームをしたほうがよい住宅」についてご紹介しましたが、自分の家が耐震リフォームが必要なのかわからないという場合は、ぜひ私たち「ドゥクラフト 土肥家具」にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合のメリット・デメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合のメリット・デメリット」についてです。

最近はほとんどの住宅で洋式トイレが設置されていますが古い住宅や店舗などでは、まだ和式トイレを使用している場合も多くあります。

今回は「実家が和式トイレでリフォームしようか悩んでいる」「和式トイレから洋式トイレにリフォームしてメリットはあるの?」など、和式トイレのリフォームに悩んでいる方に向けた、和式トイレ・洋式トイレぞれぞれのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

【和式トイレのメリット・デメリット】

まずは、和式トイレのメリットとデメリットをご紹介します。

■メリット

和式トイレのメリットは、まず「掃除のしやすさ」です。洋式トイレに比べ、凹凸が少なく、シンプルな造りをしているため、掃除がしやすいというメリットがあります。

また「排便に適している」というメリットもあります。日本人に便秘の人が増えたのは洋式トイレを使用する人が増えたからだという意見もあるほどです。
和式トイレで排便する時の「しゃがむ」という姿勢は排便をスムーズにするために適していますし、足がしっかりと床面につき、踏ん張れるという姿勢も排便する時に適しているのです。

■デメリット

和式トイレのデメリットはまず「水道代」がかかるということです。一般的に洋式トイレに比べ、和式トイレの方が水道代が高くなると言われています。さらに環境保全の考えから最近の洋式トイレは節水に力をいれていますので、昔の和式トイレと比べると水道代に大きな差がでるのです。

その他にも「足腰への負担が大きいこと」や「臭いが出やすいこと」「詰まりやすいこと」などもデメリットだと言えるでしょう。

【洋式トイレのメリット・デメリット】

次に多くの家庭で使用されている、洋式トイレのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

■メリット

洋式トイレのメリットは「どの年代でも使いやすい」ということです。椅子に座るような体勢で用を足すことができますので、小さい子どもから、足腰が不自由な高齢者の方まで、どの年代でも使いやすい形だと思います。

その他にも最近の洋式トイレには「温水洗浄便座」のように座面を温かく保てるものや、お尻を洗浄する機能なのが付いているものも多く販売されているため、寒い日でも快適ですし、衛生的だというメリットもあります。

また消臭効果や、節水効果などが備わった洋式トイレにリフォームすれば、さらにメリットも多くなると言えるでしょう。

■デメリット

洋式トイレのデメリットは「掃除の大変さ」ではないでしょうか。様々な機能を備えた洋式トイレは、シンプルな造りの和式トイレに比べ、複雑な造りをしていますので、細かい部分まで綺麗に掃除をすることが難しいと言えます。

洋式トイレは和式トイレに比べるとデメリットは少ないですが、中にはお尻が直接、便座に触れることが嫌で、それが洋式トイレのデメリットだと考える人もいるかもしれません。

【まとめ】

今回のテーマは「和式トイレから洋式トイレにリフォームする場合のメリット・デメリット」についてでした。

和式トイレを洋式トイレにリフォームすることで、多くのメリットを感じられることができますのでオススメです。
洋式トイレにリフォームするかどうか悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

広島県呉市で介護保険を利用してリフォームを行なうには

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「広島県呉市で介護保険を利用してリフォームを行なうには」についてです。

介護のために必要なリフォームや、自宅をバリアフリーにする場合にかかる、費用を介護保険を利用することで、あなた自身が負担する費用を減らすことができます。

今回は広島県呉市で、介護のためのリフォームや自宅のバリアフリー化を考えている方に向けて、対象となるリフォームや申請の流れ等についてご紹介したいと思います。

【介護保険を利用したリフォームの支給限度額について】

広島県呉市では、要介護区分にかかわらず、住民票がある住宅について、介護保険を利用して住宅改修を行なう場合の上限額は20万円です。
20万円まででリフォームにかかった費用の1割または2割が自己負担になります。

原則、介護保険を利用したリフォームの費用負担は1人1回までですが、「介護の必要の程度」の段階が3段階以上重くなった場合や、転居した場合は再度20万円まで利用することができます。

介護保険の対象とならないリフォームや、費用が20万円を超えた場合は全額自己負担となりますので注意が必要です。

【介護保険の対象となるリフォームの種類】

■手すりの取付け

廊下や玄関、お風呂やトイレなどに、移動のために手すりを設置する場合は介護保険の対象となります。
ただし、レンタルの手すりは対象外です。

■段差の解消

部屋や廊下、トイレやお風呂、玄関などの床の段差を解消するためのリフォームも介護保険の対象です。
例えば、敷居を低くする、スロープを設置する、お風呂の床をかさ上げするなどの工事が対象となります。

■滑り防止や移動をスムーズにするための床や通路の材料変更

畳をフローリングやビニール系の床材に変更し、車椅子などでもスムーズに移動できるようにする工事も介護保険の対象です。他にも浴室や廊下の床材を滑りにくいものに変更したり、舗装するなどのリフォームも対象となります。

■扉を引き戸等に変更

開き戸だった扉を引き戸や折戸、アコーディオンカーテンなどに変更したり、扉自体を撤去してしまうリフォームも対象になります。

ドアノブを変更したり、戸車を設置する工事も対象となりますが、自動ドアに取り替えた場合の、自動ドアの動力部分の設置に関しては介護保険の対象外となりますので気をつけましょう。

■洋式便座への取り替え

和式便座を様式便座に取り替えたり、便器の位置や向きの変更を行なうための工事も対象となります。

ただし、すでにある洋式便座を暖房機能や洗浄機能付きのものに変更するといった工事は対象外です。

※その他、上記のリフォームに付帯して必要となる工事も対象となります。

【介護保険を利用したリフォームの申請方法】

一般的には、ケアマネージャーなどの介護支援専門員などに相談しながら申請手続きを進めていきます。

■1:業者に見積もりを依頼

まずはリフォームを依頼する業者を決めて、見積書の作成を依頼しましょう。

■2:事前申請を行なう

事前に広島県呉市の介護保険課に申請を行います。

■リフォーム業者と契約し工事開始

工事にかかる日数はリフォーム内容によって異なりますが、手すりの取付けやドアの取り替えなどの場合、1日で完了する場合もあります。

■支給申請を行なう

工事完了後、改めて呉市の介護保険課に支給申請を行います。この際、工事にかかった費用に関する領収書や完了証明書が必要になりますので、捨てずに取っておきましょう。

■費用の支給

支給申請を行ったあと、審査が行われ、問題がなければ、代金が支給されます。

これで介護保険を利用したリフォームが完了となります。

【まとめ】

今回のテーマは「広島県呉市で介護保険を利用してリフォームを行なうには」についてでした。
介護保険を利用してお得に介護のためのリフォームをされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ペット好きの方必見】愛犬のためのリフォームポイント

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【ペット好きの方必見】愛犬のためのリフォームポイント」についてです。
現在は室内で犬や猫などのペットを飼う方が多くなっています。犬も猫も本当に可愛くて癒やされますよね。私は特に犬が好きでチワワを飼っています。そこで今回は大切な家族の一員である愛犬のためのリフォームポイントについてご紹介したいと思います。

【犬にも人にも優しい住まいとは】

「犬のためにリフォーム!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、愛犬家にとって犬はペットというより、もはや家族の一員です。大切な家族のためにリフォームを行なうというのは決して特別なことではないでしょう。また、犬に優しい住まいは、人にとっても優しい住まいになるものです。愛犬にとっても、飼い主にとっても優しい家にリフォームすることで、家族の笑顔がさらに増えるのではないでしょうか。

【愛犬にも飼い主にも優しいリフォームのポイント】

ここでは愛犬にとっても飼い主にとっても優しい住まいづくりのためのリフォームのポイントをご紹介したいと思います。

■床材

室内で飼育されている犬に、股関節の病気や脱臼などの怪我が増えていると言われています。その理由は、床が滑りやすく犬に大きな負担となっているからです。リフォームの際には、滑りにくい床材を選ぶことで、愛犬への負担を減らすことができます。さらに滑りにくい床材は高齢者や小さなお子さんにとっても安心できる優しい床なのです。
また、滑りにくさ以外にも床材選びで気をつけたいポイントは、床材の強度です。愛犬と室内で暮らす場合、爪などで床に傷がついてしまうことがありますが、ある程度強度のある床材を選んでいると安心です。強度のある床は、キャスターを使用したときにできる傷なども防ぐことができますので、人にとっても優しいと言えるでしょう。さらに掃除のしやすい床材を選ぶことで、愛犬の換毛期でも住まいを清潔に保つことができます。

■壁材

愛犬家の中には、壁を愛犬が傷つけてしまったり、汚してしまった経験があるという方も多いでしょう。思わず愛犬を叱ってしまい、自己嫌悪に陥るということもあるかもしれません。そのようなことを防ぐためにも、壁材は傷がつきにくく汚れにも強いものを選ばれることをオススメします。

・珪藻土

壁材に珪藻土を使用すれば、傷に強くなりますし、傷がついても自分で傷の部分を塗り直すこともできます。

・エコカラット

エコカラットはLIXILのタイル建材です。エコカラットを使用することで湿度を快適に保ったり、部屋の消臭や空気中の有害物質の低減ができます。さらに手入れもしやすいことからペットのいる家庭には特にオススメです。

・表面強化クロス

表面強化クロスは一般的なビニールクロスに比べ、傷や汚れに強い壁紙です。抗菌効果などもあるため、愛犬にも優しく、小さなお子様がいる家庭でも安心です。

■玄関

多くの犬は散歩が大好きですよね。中には一日に3回以上も散歩を行なう家庭もあるようです。散歩から帰ってきた愛犬をそのまま室内に入れてしまうのは衛生上よくありませんので、玄関を清掃性の高いタイル敷きにリフォームし、足を洗えるようにすると良いでしょう。
愛犬家の中には、犬専用の入口をつけて簡易の洗い場を設置される方もいらっしゃいます。
また、玄関にはお散歩用品を収納できるスペースを設置することで、玄関がスッキリ綺麗に片付きます。

今回のテーマは「【ペット好きの方必見】愛犬のためのリフォームポイント」についてでした。
家族の一員である愛犬のためのリフォームは人にも優しいリフォームであることがわかっていただけたのではないでしょうか。愛犬との幸せな生活を、リフォームを行なうことでさらに、より良いものにされてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カウンターキッチンにリフォームするメリットとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「カウンターキッチンにリフォームするメリットとは」についてです。

突然ですが、あなたはキッチンは自宅の中で、どういった場所だと考えますか?
多くの方が「料理を作る場所」だと答えるでしょう。
しかしキッチンは、料理を作るだけの場所ではなく、家族とのコミュニケーションを取る場所でもあるのです。家族とのコミュニュケーションをより良いものにするためにキッチンリフォームを行なう人も増えています。

最近のキッチンリフォームではカウンターキッチンへのリフォームが圧倒的に人気です。そこで今回は、カウンターキッチンにリフォームするメリットについてご紹介したいと思います。

【カウンターキッチンとは】

そもそも、カウンターキッチンとは、どういったキッチンのことを指すかご存知ですか?

カウンターキッチンとはキッチンとダイニングの間にカウンターを設置し、料理のやり取りなどをできるように造られたキッチンのことを指します。多くのカウンターキッチンはダイニングに向き合う形で設置されることから「対面キッチン」とも呼ばれています。

【カウンターキッチンの種類】

カウンターキッチンと一言でいっても様々な種類があります。ここでは大きく分けて5つのタイプをご紹介したいと思います。

■アイランドキッチン

キッチンが、どの壁にも接していないキッチンのことを指し、部屋の中で島のような造りになっていることからアイランド(島)キッチンと呼ばれています。

■ペニンシュラキッチン

アイランドキッチンによく似た造りですが、ペニンシュラキッチンの場合は、キッチンの左右どちらかが壁にくっついています。「ペニンシュラ=半島」ということからペニンシュラキッチンと呼ばれています。

■I型キッチン

一番よく使用されている、カウンターキッチンの形ではないでしょうか。コンロからシンクまでが横一直線で並んでいることからI型キッチンと呼ばれています。

■L型キッチン

L字に曲げて設置されているキッチンをL型キッチンと呼んでいます。料理を作るスペースが広く取れるという特徴があります。

■セパレート型キッチン

シンクとコンロが分けて設置されているキッチンをセパレートキッチンと呼びます。Ⅱ型キッチンと呼ばれることもあります。日本の住宅で設置されるのは珍しいですが、海外では多く設置されています。

【カウンターキッチンリフォームのメリット・デメリット】

リフォームでも人気の高い、カウンターキッチンですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここではカウンターキッチンのメリットだけでなく、デメリットについてもご紹介したいと思います。

■メリット

カウンターキッチンのメリットの中でも一番は「料理をしながらでも家族とコミュニケーションが取れる」ということではないでしょうか。

家庭の中でもお母さんはキッチンに立っている時間がとても長いです。調理中だけでなく洗い物も合わせると何時間もキッチンに立っています。

カウンターキッチン(対面キッチン)にすることで、キッチンにいながらも、ダイニングやリビングの家族と顔を合わせることができ、コミュニケーションを取ることができます。

子どもがいる家庭では子どもの遊んでいる様子や宿題をしている様子を見守ってあげることもできます。

上記以外にも「開放感がある」などのメリットもあります。

■デメリット

カウンターキッチンはメリットが多いですが、デメリットが無いわけではありません。

カウンターキッチンにすることで、料理の匂いが部屋中に広がりやすかったり、キッチンカウンターを有効活用できず、カウンターの上が物で溢れてしまうといったデメリットもあります。

またカウンターキッチンの種類によっては、コンロやシンクを含め、常にキッチンを綺麗にしておく必要があるので大変だという声もあります。

【まとめ】

今回のテーマは「カウンターキッチンにリフォームするメリットとは」についてでした。

キッチンリフォームの中でも、カウンターキッチンへのリフォームは人気が高いです。

しかし、カウンターキッチンの特徴やメリット・デメリットを理解しないままリフォームしてしまうと「思っていたより使いにくい」などの不満がでてくる可能性もあります。

後悔のない、キッチンリフォームを行なうためにも、自分に合ったキッチンを選ぶようにしたいですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━