二世帯住宅リフォームの3つの住宅タイプ

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「二世帯住宅リフォームの3つの住宅タイプ」についてです。

親と子など、二世帯が同居するための住宅を二世帯住宅と呼びます。
同居をするにあたって、二世帯住宅へのリフォームをするという方も多いです。
二世帯住宅リフォームには、いくつかの形があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
そこで今回は、二世帯住宅リフォームの3つの住宅タイプについて、ご紹介したいと思います。

【二世帯住宅の3つの形】

二世帯住宅と一言で言っても、様々な形があります。
ここでは、一般的な二世帯住宅の住宅タイプを3つ、ご紹介したいと思います。

■完全独立型

まず1つ目は、完全独立型の二世帯住宅です。
完全独立型とは、玄関やキッチン、浴室、トイレなどを完全に別々にしたタイプの住宅のことです。
分かりやすく言うと、戸建てが2つ並んで建っているような形で、それぞれの住宅ごとに生活を完結することができます。
完全独立型のメリットは、同居感が薄く、それぞれのプライバシーが守られるという点です。
それぞれの住宅で、自分たちのライフスタイルに合わせて生活することができますので、互いに気を使わず過ごすことができます。
ですが、近くにいる安心感や、いざという時に協力を得られますので、二世帯住宅ならではのメリットも感じることができるのです。
一方で、完全独立型は、他の二世帯住宅タイプに比べ、費用が高額になってしまうというデメリットがあります。
さらに、広めの土地でないとリフォームが難しいというのも、完全独立型のデメリットです。

■完全同居型

2つ目は、完全同居型の二世帯住宅です。
完全同居型とは、玄関やキッチン、浴室、リビング、トイレ等を、二世帯が共有して使用するタイプの住宅です。
寝室等は、それぞれの世帯ごとに作りますが、それ以外の部分は共有して使用するため、一緒に過ごす時間が多くなるという特徴があります。
完全同居型のメリットは、リフォーム費用を抑えることが出来るという点です。
他のタイプに比べ、現状の住宅を大きく変更する必要なく二世帯住宅にすることができるため、費用だけでなく工事期間も短くすることができるというメリットもあります。
一方で、生活スタイルの違いなど、互いに気を使う場面も多くなるためトラブルに繋がる可能性が高いというデメリットもあるのです。

■部分共有型

3つ目は、部分共有型の二世帯住宅です。
部分共有型は、完全同居型と完全独立型の間とも言えるタイプの住宅で、部分的に生活スペースを共有します。
例えば、玄関は同じですが、キッチンや浴室、トイレなどは、それぞれの世帯ごとに独立しているといった形です。
どの部分を共有し、どの部分を独立させるかは、家族で相談して決めるのが良いでしょう。
完全同居型に比べると、プライバシーの確保ができ、完全独立型よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。

【まとめ】

今回のテーマは「二世帯住宅リフォームの3つの住宅タイプ」についてでした。
今回ご紹介したように、二世帯住宅リフォームは、大きく分けて3つの住宅タイプがあります。
それぞれの住宅タイプに、メリットとデメリットがありますので、予算やライフスタイルなどに合わせて、家族で話し合って決めることが大切です。
核家族が増える現代ですが、二世帯住宅で、親子の世代が同居を行なうことには、様々なメリットがありますので、ぜひこの機会に二世帯住宅リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、二世帯住宅リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
——————————————————

リフォーム・リノベーション・実家リノベーション お任せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二世帯住宅リフォームの4つのメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「二世帯住宅リフォームの4つのメリット」についてです。

少子高齢化と言われている日本では、住宅を二世帯住宅にリフォームするという方も増えています。
そこで今回は、二世帯住宅リフォームを行うメリットについて、ご紹介したいと思います。

【二世帯住宅リフォームの4つのメリット】

二世帯住宅に、ネガティブなイメージを持っている方も多いようですが、実は二世帯住宅には、たくさんのメリットがあるのです。
ここでは、二世帯住宅のメリットを4つご紹介したいと思います。

■親の近くにいられるので安心

親と離れて暮らしていると、やはり心配ですよね。
離れていると、突然の体調不良時など、すぐに駆けつけることができないということもあり、子どもの気持ちとしては不安でしょう。
二世帯住宅であれば、すぐ近くで様子を見ながら暮らすことができるため、安心です。
また、親世帯としても、そばに子どもたちがいてくれることで、安心して暮らすことができます。
もちろん、体調的な不安だけでなく、年金暮らしになってからの金銭的な不安も軽減することができますよ。

■子どもの世話を頼むことができる

都市部では、保育園に入れたくても入れない待機児童がたくさんいます。
保育園に入れないため、働けないお母さんも多いでしょう。
二世帯住宅リフォームを行い、親世帯と一緒に暮らすことで、子どもの面倒をみてもらいやすい環境になります。
また、親としても可愛い孫たちと一緒に暮らすことで、老後の楽しみの1つになるため、双方にとってメリットとなるでしょう。

■資金を抑えながら高性能な家に住める

例えば、実家をリフォームして二世帯住宅にする場合は、新築マイホームを建てるよりも子世帯の負担は少なくなります。
親世帯からしても、古くなった家のリフォームを、子世帯と分け合うことができるのですから、自己資金を抑えることができますね。
親世帯にとっても、子世帯にとっても資金を抑えることができますので、その分、住宅の設備や性能に費用をあてることができます。
その結果、バリアフリー対応なども含め、高性能な家にリフォームすることができるというメリットがあるのです。

■光熱費の節約になる

二世帯住宅リフォームを行い、親世帯と子世帯が一緒に暮らすことで、別々に暮らすよりも光熱費の節約になります。
エネルギーの消費量は、2〜3割も削減できると言われているのです。
特に、キッチンやお風呂を共有する間取りの場合は、光熱費の削減率も高くなります。
また、一緒に食事をするとなると、食費の節約にもなりますよ。
料理も交代で行うことで、互いの負担を減らすことにも繋がりますね。

【まとめ】

今回のテーマは「二世帯住宅リフォームの4つのメリット」についてでした。
今回ご紹介したように、二世帯住宅リフォームには、たくさんのメリットがあります。
二世帯住宅リフォームを、ご検討中の方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも、二世帯住宅リフォームを承っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島営業所:  広島市中区幟町15-4  TEL 082-222-8201 フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

二世帯住宅リフォームの間取りを決めるポイントとは

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「二世帯住宅リフォームの間取りを決めるポイントとは」についてです。

最近は、共働きの家庭が増えていることもあり二世帯住宅のメリットが注目されています。
二世帯住宅リフォームを検討しているという方も多いのではないでしょうか。
二世帯住宅には様々なメリットもありますが、何かと不安もあるでしょう。
円満な二世帯住宅生活を行うには、間取りも重要なポイントです。
そこで今回は、二世帯住宅リフォームの間取りを決めるポイントについて、ご紹介したいと思います。

【二世帯住宅リフォームのメリット】


二世帯住宅リフォームで、3世代が一緒に暮らすことには多くのメリットがあります。
ここでは3つのメリットをご紹介したいと思います。
まず1つめは、夫婦が共働きであっても、両親に家事や育児を手伝ってもらうことができるため負担を減らすことができるということです。
子どもたちも両親が仕事で忙しくても、おじいちゃんやおばあちゃんがいてくれるので安心できるでしょう。
2つめは、生活費を節約できるということです。二世帯住宅の場合は、別々に暮らすよりも生活費がかかりにくいです。
親世代、子世代が共にすでに持ち家の場合は、一方の住宅を貸したり売ったりすることで収入にもなりますし、現在が賃貸住宅の場合は一方の家賃が必要なくなりますので節約になりますね。
3つめは、両親が高齢になっても安心して過ごせるということです。
今は元気な両親も高齢になってくると様々な身体の不調が出てくる可能性があります。
別々に暮らしていたり、遠くで暮らしていると両親の体調は常に気がかりですし、何かあった時にすぐに対応することが難しい場合があります。
二世帯住宅では、毎日顔を合わせますし、何かあればすぐに対応することができますので安心ですね。

【二世帯住宅リフォームの間取りを決めるポイント】

二世帯住宅リフォームを行う場合、「完全分離型」や「部分共有型」、「完全同居型」など、それぞれの生活スタイルに合わせた間取りを選ぶことができます。
この間取り選びは、二世帯住宅生活を円滑にするために重要になってきます。
ここでは、二世帯住宅リフォームの間取りを決めるポイントについて、ご紹介したいと思います。
基本的には、どのくらいプライベート空間が必要かということを中心に間取りを考えるのが良いでしょう。
玄関やリビング、キッチン、浴室、トイレなど基本的な生活空間を全て共有しても構わないという方は「完全同居型」を選ぶと良いでしょう。
「完全同居型」はリフォームの費用を一番抑えることができますが、場合によっては生活スタイルの違いでストレスになることもありますので注意が必要です。
玄関を含めた全ての生活空間を世帯ごとに分けたい!という方は「完全分離型」を選びましょう。
「完全分離型」では、住宅を左右や上下で分けて、それぞれの空間で生活が完結できる状態にします。
そのためリフォーム費用は高額になることが多いですが、それぞれのライフスタイルやプライバシーが確保できますので、トラブルになる可能性が低くなりますよ。
「完全分離型」にするまでの予算は無いけれど、ある程度それぞれの生活に合わせた空間がほしいという方には「部分共有型」がオススメです。
「部分共有型」では、玄関は1つだけれども、キッチンや浴室はそれぞれ別に設けるといったような部分的に間取りを共有する方法です。
この場合は、それぞれのライフスタイルに合わせて、どの部分を共有し、どの部分を別に設けるのかを事前にしっかり話し合い検討することが大切になってきます。

【まとめ】

今回のテーマは「二世帯住宅リフォームの間取りを決めるポイントとは」についてでした。
二世帯住宅リフォームをご検討中の方は、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。
私たち、広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具でも二世帯住宅リフォームを承っております。
まずは、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

意外と知らない!?二世帯住宅の形について

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「意外と知らない!?二世帯住宅の形について」についてです。

二世帯住宅はネガティブなイメージをもつ方も少なくないですが、実際には「子育てや家事を協力しながら行える」「祖父母と一緒に暮らすことで子供の心が豊かになる」などのメリットも多いのです。

最近ではそういったメリットを取り入れたいと、自宅を二世帯住宅へリフォームしたりリノベーションしたりする人が増えています。

そこで今回は、二世帯住宅の形について、ご紹介したいと思います。

【二世帯住宅の形とは】

二世帯住宅と一言でいっても、様々な形があるのをご存知ですか?

リフォームの予算や、家の間取り、希望のライフスタイルによって、どの形を選ぶかは異なります。
二世帯住宅の形は大きく3つに分けることができますので、ここではそれぞれの特徴について、ご紹介していきます。

■完全分離型

二世帯住宅でも、それぞれの世帯ごとのライフスタイルで暮らしたいという方には「完全分離型」がオススメです。
完全分離型とは、1つの住宅を左右や上下で完全に分けてしまい、それぞれにキッチンやトイレ、お風呂などの設備が全て揃っているという状態です。
基本的にはそれぞれのスペースで生活することができますので、二世帯住宅でありながらそれぞれのペースで暮らすことがができます。
完全分離型の場合は、ある程度の土地の広さや住宅の大きさが必要なうえ、設備を2つずつ設置する必要がありますので費用が高くなることが多いですが、二世帯住宅でありがちなライフスタイルの違いによるトラブル等を避けることができますよ。

■完全同居型

「完全同居型」は、一つの住宅で設備等は共有し、それぞれの部屋だけを個別に設けるといった形です。
先述した「完全分離型」とはの環境で、基本的には寝たりくつろいだりするための個室以外では一緒に生活をする必要があります。
現在の住宅を完全同居型にリフォームする場合は、個室を増やしたり、お風呂やトイレ、玄関などを高齢者でも使いやすいようにバリアフリー化するといった方が多いです。
「完全分離型」の二世帯住宅リフォームに比べ、費用を安く抑えられるといったメリットがあります。

■部分共有型

「完全同居型」のように個室以外のプライベート空間がないのは嫌だけれど「完全分離型」にする程の予算はないという方は「部分共有型」をオススメします。
例えば、キッチンやお風呂は両方の世帯スペースに確保されていたり、玄関だけは世帯ごとに別れているなど、部分的に共有し、それ以外の部分は分離するといった形です。
どの部分を共有し、どの部分を分離するかは、それぞれのご家族のライフスタイルに合わせて、決めていくといいでしょう。
「完全分離型」に比べて予算を抑えながらも、ある程度のプライベートを確保できるというメリットがあります。

【まとめ】

今回のテーマは「意外と知らない!?二世帯住宅の形について」についてでした。
二世帯住宅には大きく分けて3つの形があり、希望のライフスタイルや予算に合わせて選ぶことができます。
二世帯住宅リフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【必見】二世帯住宅リフォームのメリット

広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社、ドゥクラフト土肥家具のリフォームブログをご覧いただきありがとうございます。
今回のテーマは「【必見】二世帯住宅リフォームのメリット」についてです。

核家族化が進んでいる日本ですが、最近では高齢化や共働き夫婦が増加したことで、二世帯住宅へのリフォームを検討される方も増えています。しかし、二世帯住宅リフォームに対して、うまくやっていけるかなどの不安や、間取りの決め方について迷われる方も多いでしょう。そこで今回は、二世帯住宅リフォームのメリットについて、ご紹介したいと思います。

玄関アプローチ

【二世帯住宅とは】

二世帯住宅とは、同一棟の中に親と子のに二世代が一緒に住むための住宅をさします。二世帯住宅と一言で言っても、寝室などのプライベート空間以外のリビングやキッチン、トイレや浴室といった部分は共用で使用する「完全同居型」や玄関のみ共有や玄関と浴室のみ共有など設備の一部のみを共有で使用する「部分共有型」、建物を上下や左右で分け、それぞれに個別での住宅機能を備えたり、二棟の住宅を庭や廊下でつないだ二棟タイプなどの「完全分離型」などがあります。予算や希望する条件によって、どのタイプにするのか家族や業者と話し合いながら決めることが一般的です。

【二世帯住宅のメリット】

二世帯住宅に不安を感じる方も多いですが、実は二世帯住宅には様々なメリットがあるのです。

■家事や育児の負担を軽減
夫婦共働きの家庭の場合、親世帯との二世帯住宅によって、家事や育児を助けてもらうことができ、自分たちの負担を減らしたり、子どもに安心感を与えることができるなどのメリットがあります。親世帯にとっても孫と長い時間を共有できることは嬉しいものです。

■生活費を節約
二世帯住宅リフォームを検討した時に、リフォームにかかる費用で悩まれる方も多いですが、実は二世帯住宅リフォームを行い、二世帯が一緒に暮らすことにより、生活費を節約することができるのです。親世帯・子世帯がバラバラに生活している場合、例えば親世帯は持ち家だけど、子世帯は賃貸に住んでいる場合、親世帯の家を二世帯住宅にリフォームすることで、子世帯が毎月支払っている家賃が必要なくなります。また、一緒に生活することでそれぞれが別で支払っていた光熱費も一つになり、様々な面で生活費の節約につながるのです。

■近くで見守ることができる安心感
最近では高齢者の一人暮らしで、真夏の熱中症や冬場のヒートショックなどで自宅で突然亡くなるということも多いです。それ以外にも高齢者になってくると、体調に様々な不安がでてくるものです。二世帯住宅リフォームを行い、親世帯と子世帯が一緒に暮らすことにより、家族の体調の変化にも気づきやすくなったり、突然倒れるなんてことがあっても、すぐに対応をとることで命が助かることもあります。近くで大切な家族を見守ることができる二世帯住宅は安心です。

このように二世帯住宅リフォームには様々なメリットがあるのです。

今回のテーマは「【必見】二世帯住宅リフォームのメリット」についてでした。
二世帯住宅リフォームに不安を感じている方は、ぜひ参考にしていただきたいと思います。
二世帯住宅リフォームを行なう際は、家族皆の意見を大切にし、信頼できる業者に依頼することをオススメします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島市・呉市・東広島市のリフォーム会社@ドゥクラフト土肥家具

■ 本店ショールーム:
広島県呉市中通1丁目4-1
フリーダイヤル 0120-359-919 営業時間 10:00~18:30 定休日:火曜日
TEL 0823-21-5811 FAX 0823-21-5812

■ 広島三滝本町モデルルーム:広島市西区三滝本町1-1-2三滝コーポラス
フリーダイヤル 0120-359-919

■ 呉中央モデルルーム:呉市中央6-4-12アスティア蔵本公園
TEL 0823-21-5791 FAX 0823-22-9973

——————————————————
建設業(建築、内装仕上業)広島県知事(般-29)第31618号
【資格】一級建築士、二級建築士、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーター、耐震診断士、古民家鑑定士
——————————————————
HP: http://docraft.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━